バイバイマンの作品情報・感想・評価

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

面白かったす
謎が残る終わり方だった。
Sora

Soraの感想・評価

2.9
日常に現れる幻覚が妙に怖くて、観終わった後、トイレから出てきた人にめちゃビックリして「うわ!!!」って言ってもうたの恥ずかしかった(笑)
安易なグロやドッキリに頼らずシナリオや演出で勝負してる感じ あの逃げ場のない絶望感は見事としか言いようがない
外国のホラーが肌に合わないのか中盤以降はあまり怖くなかったけど新手のモンスターパニックとしてかなり楽しめた
古典的な虚仮威しの怖さだけど、それがホラー映画の本質だし、主人公(?)が着てたジョイ・ディヴィジョンとかデッド・ケネディーズのTシャツ、その割りにHR/HMなヴィジュアルのバイバイマン(クロウのブランドン・リーっぽくもあるが脱ぐとイマイチ)や、伝染して人を支配する思念こそ呪い、という京極夏彦的な側面も含めて、個人的にはこういうの大好きです笑
KEISUKE

KEISUKEの感想・評価

3.5
Don't think it,don't say it.

名前を言ってはいけないあの人!

ヴォルデモートにしか見えなかった笑
まさか、
こんな古くからある映画館が、
リニューアルして綺麗になり、
マイナーな映画の上映をしてくれてるなんて、
知らなかった!
昔は、ドラえもんとかピカチューとか、
子供達を連れて来てたよな〜。
と懐かしくなりました。

そして、この作品の鑑賞。
「ドント なんとか」
ってタイトルにならなくってよかったね。
ってお話でした。

話したり、考えたり、言葉にしたり、書いてもダメ!
あっ!そっか〜!
やっちゃダメが多すぎるから「ドント なんとか」にならなかったのかな?

で?
汽車?
コイン?
猟犬?
どこに繋がっていくの?

台風接近のため、街が混雑し、上映時間に間に合いそうになくて、
かなり走って行ったため、
始まってから疲れが出て、
危うく寝そうになり、
うとうとしかけたところで、
いきなり何かが起こり、
びっくりってことが数度。

面白くないわけじゃない。
この手のホラーを劇場で鑑賞するには体力が落ちすぎた。

お話の中では、
若い主人公たちは走り回り、元気あるな〜。
イケメン2人も素敵だし、
ヒロインはかなりかわいい。
サービスショットもあるけど、チッパイ。
親友は細マッチョ。
名優も出てきたし、
よかったと思うけど、

自分の軟弱さと台風に負けてしまったな〜⤵︎

残されたお兄さんファミリーが気になるお話でした。
そして、そんなマント部屋に置くなよ!!
ちゃき

ちゃきの感想・評価

2.0
私「明日バイバイマン見に行くんですよ」
会社の人「バイバイwなにそれw」

いやまぁほんま、なにそれ?て感じでしたね!

コインの音、列車の音、引っ掻く音、猟犬、なにひとつ意味が存在しない!意味が存在しないから怖さを見つけられない!
引っ掻く音がしたところで、別に引っかき殺されるわけじゃないんだもの。

登場人物4人もいたのに全然活かせてないのが勿体無い!
途中で眠気を誘う授業のような良質な眠気に襲われた…。
解決策が存在しないからハラハラもしようがない。

せめてもうちょっとバイバイマンのフェイスに力を入れて欲しかったし、猟犬がチープすぎた。
ていうかバイバイマンなんもしてないよね…物理的に。
どっちかというと薬物系の幻覚っぽくて怖さが分かんなかった。

兄貴「バイバイ…なんだって?!」

確かになんやねん。

何故かとてもババドックが見たくなった。
しあん

しあんの感想・評価

3.5
続編出す気満々な終わり方だったけど続きはDVDでいいかな。
学者

学者の感想・評価

3.4
備忘録
>|