バイバイマンの作品情報・感想・評価

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

面白かったす
YN

YNの感想・評価

2.2
ネタはいいが人物に魅力のない凡作ホラー。

名前を知ると死ぬ、という、もう言ってしまえばただそれだけの話であって、コピー見た時点でどんな話かはわかる。
「知る=死」は雑だけど、逃れられないのでそれなりに恐怖を煽る設定ではある。
この設定を活かすには、登場人物がいかに知恵を絞って呪いを回避するかという話にするのが定石だと思うんだけど、そういうアプローチはほぼなし。

主人公がめちゃくちゃ性格悪い上に頭も悪いのかポロっと名前を言ったり、かと思えばさっきまで言ってたくせに「言うな!」とか言ってみたり。展開のためにだけ存在する中身のないキャラが三体。

肝心のバイバイマンについても、目的もわからないしデザインも微妙。
来歴不明、目的不明でも怖くするならもっとビジュアルにこだわった方がいい。
かなり早い段階でがっつり顔出しする(割と普通の人間の顔)ので未知の怪異としての怖さもないしなー。

終わり方も、オチと呼べる部分がなぜか二個ついてて、どっちも似たような内容なのすごいダサい。別にどっちかだけでいいよ。

昨日見たスレンダーマンよりはトーンが揃ってるからマシ、って感じだけど、とくに心に残らない一本。
序盤はしっかり怖い雰囲気出てたのに、だんだん怖くなくなっていってしまった。バイバイマンのビジュアルにやや問題あり。
結局のところバイバイマンの肝心なところが明かされずモヤモヤが残った。

早いとこバイバイマンのこと忘れよう。
1969年10月、ウィスコンシン州マディソン、郊外の一軒家に乗り付けたキャデラックから降りてきた男ラリーは玄関口で応対するジェーンに「あの名前を誰かに言ったのか?」と問い詰め・・・、というところから始まるホラーなお話

“設定が無理過ぎ矛盾あり過ぎ”なので途中で集中力が切れてしまう、名前を知った時点で殺人衝動に駆られるならいっそ名前を知った者同士で殺しあうようにすればいいのに、名前を知った当人が周りの人間を殺したくないのに殺してしまう(←ここ大事)という訳の分からない設定で終始グダグダ

そして更に最悪なのが主人公だと思ってたバイバイマンがほぼ何もしないという無駄設定、なのに黒いフード付き外套に丸焦げの大型ワンワンを引き連れているというまぁまぁの格好良さ、もっと使い方あるだろ!!

あと、ホラー映画なのにショットガンで撃ち抜かれてても血飛沫飛ばないし死体から血も流れないとか、手抜きもひどい、残念賞な一本
どうやら魔法が使えないらしく、杖も持たないヴォルデモート。
あまり期待して無かったが、グロテスクを多用せず、ハラハラしてしまう展開や音の演出も多々。
しかし、もっとこうしろと言いたくなるようなじれったいシーンも多かった印象です。続編に期待。
もっと面白いかと思ったなあ。

怖さもストーリーもどれもこれも半端。残念。
脳天気

脳天気の感想・評価

2.2
まあそこそこでした。あんまりおもろくなかったし恐くはなかったけど……


「言うな、考えるな」
「言うな、考えるな」
「言うな、考えるな」
「言うな、考えるな」
エヌ

エヌの感想・評価

3.0
まあまあ面白いけどちょっとイライラした 10段階でどれくらいホラーか表すと3くらい
ジェームズ・ワン好きそうだな〜〜
Malilyn

Malilynの感想・評価

3.0
見た目が男前
ビビりな私でも楽しく観れましたぞ!
TATSUYA

TATSUYAの感想・評価

2.5
みんなと、さよならしなければならない感染ウイルスみたいなものかな。
恐怖感がないなぁ。
>|