バイバイマンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

「その名前を知ったものは死ぬ」ってアイデアは面白いんだけど結局バイバイマンってなんなのよ(?_?)バイバイマンさんが手を出さないから出てきても恐くないよ。

ゴアっぷりも、もの足りぬ
imnr

imnrの感想・評価

4.0
怖〜。
バイバイマンのビジュアルはメタルCDのジャケに出てきそう笑
クッキリハッキリお顔を見せてくれます。
来るぞ来るぞ〜って身構えててもいざ来たら自分の様に映画館で「ゔぉっ!」って声出しちゃう位心臓に悪い洋ホラーの持ち味+Jホラーばりの不気味さを持つバイバイマンが見せる幻覚のハイブリッド。
それはまるで仕事に遅刻する夢の様な青ざめるタイプの実に精巧なヤツで区別がつかないのがタチ悪過ぎ笑
自分はイット・フォローズ、エルム街の悪夢、シャイニングを連想しました。
makoto

makotoの感想・評価

3.4
ビックリする演出はあるものの、ストーリーはあまり怖くない。
というかそもそもバイバイマンという名前がバイキンマンみたいで怖くない。笑
あと、バイバイマンの存在意義が分からなかった。近づいてくるだけ、、、?何者なんだろう??

バイバイマンと猟犬のデザインが怖くない。ペイントした人とバイオに出て来た犬ゾンビだわ。
攻撃方法が完全に操作系で物理攻撃がないのが物足りない
pon

ponの感想・評価

4.6
名前を知ると呪われて死ぬ。
呪われるとバイバイマンが頭の中に入り込む。
これだけでこれほど面白くなるとは!

小手先で怖がらせようとは一切しない。
テンポも良くずっとハラハラドキドキでした。
怖いながらも感動すら覚えてしまう傑作です。
sachie

sachieの感想・評価

3.2
ヴォルデモートの下積み時代のお話。
名前を言ってはいけないあの人
Marie

Marieの感想・評価

3.2
ジョイディビジョンのTシャツカッコいい。
彼女が妙にいい女。

あの魔女っ子もいい女。好き。

あのヌメッと感が丁度良かった。

姪のこの先を、案ずるばかり。
うーむ、とくにビビる演出も無く、よくある設定で…
バイバイマンのビジュアル自体もそこまで怖くないし…。
もっとゴア表現が観たかったかも。
マトリックスのトリニティ出てたのが嬉しかったね。
その名前を知ってしまったら、考えても駄目、言っては駄目、なのだが、すでにその名前がタイトルになっている~(苦笑)
タイトルになってる名前以外に隠された危険な名前があるのかとか思ったけど、そんな凝った話でもなく、わりと正統派な都市伝説の呪いホラー。
コインや列車や犬の幻影など説明がなされず、ばら撒かれて回収されない謎だらけな為、そんな都市伝説が本当にあるのかと思ったけど、作家ロバート・デーモン・シュネックの「本当にあった怖い話」をまとめた本の短編からアレンジされたものらしいから、眉唾。名前を知ったら呪ってくる怪人てありそうだけどね。
その名前は記録にも残せず、考えても駄目だから語られることもなく、名前を知った人たちはバイバイマンの存在を消し去る為に自滅して行くから解決策も見い出せない。恐怖の概念だけでなく、バイバイマンは犠牲者たちに幻覚を見せ翻弄し人を操る、なかなか厭らしい技を使ってくるから、心理的に追い詰められておかしくなっていく、触れてはいけないものに触れてしまう忌まわしさは描写されているかも。

バイバイマンの出自の謎が気になって(苦笑)怖くなかったのだけど、お父さんと娘の場面だけは緊張感と不穏さあって怖かったわ。
Keita

Keitaの感想・評価

3.7
思ったほど怖くなかったかな。姪っ子ちゃんにヒヤヒヤ。ホラーなのにあ〜良かった…ってなりました。
11作目