バイバイマンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

てつ

てつの感想・評価

3.5
Don't think it,don't say it

フォロワーさんが面白くないと仰ってたので、どれだけドイヒーなのかと思ったら、私は結構好きよ、楽しめました。

あらすじはフィルマでどうぞ。

確かにグロは皆無だが、バイバイマンの忍び寄る恐怖が、意外にちゃんと描かれていて、不気味でよかったと思います。
バイバイマンの掌で転がされる人間どもがいい味出してる。

キャリー=アンモスが出ててんけど、彼女を使う必要あったんかなぁ。
まあ、他がパッとしないキャストなので、OKとしましょう。

コインの行方・・・
最後に刑事が耳にした言葉は・・・
まりも

まりもの感想・評価

2.7
カップルと好き者男子と3人でシェアハウスしちゃう、ってのからして、最初っから浅はかな感じがしたりして。彼女もせっかく見た目はかわいいのになぜか魅力を感じないし、彼氏も取り憑かれる前から、言動にちょっとイラッとしてしまった。
バイバイマンがダグ・ジョーンズと聞いたので楽しみにしていましたが。。
…そっか。。んー。。
出てくるキーワードたちも散らかっていてあまり生かされていなかった気がする。

キャリー・アン・モス、ひさびさ観ましたが、あんまり変わってないですね。キレイです。
バイバイマンより、フェイ・ダナウェイの方が怖かったかも。
yamunashin

yamunashinの感想・評価

3.0
ホラー映画。「言ってはならない、思ってもいけない」何者かの正体と由来は明かされなかった。ということは続編に期待か。
その名前を知っただけでも死が待ち受ける!邪悪な謎の存在に取りつかれた大学生たちが遭遇する恐怖を描くショッキング・ホラー。"バイバイマン"の存在が謎のままでモヤモヤ感が残る。ウィスコンシン州BW大学。古いコインの導きと列車の幻覚。ナイトテーブル。1969年10月20日の惨劇。レドモン記者のボツ原稿。唯一の方法は名前を知った全員を殺して自殺すること。「考えるな 言うな。言うな 考えるな」
猟犬のなぞ…(^q^)

設定はよくある感じで面白そうだったんだけどなー
現実なのか幻覚なのか…こういう設定は好きなんですが、なんか薄っぺらくて結局なにを描きたかったのかよくわからない感じでした(´・ω・`)
R

Rの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

自宅で友人1人と。

2017年のホラー。

監督は「最後の晩餐/平和主義者の連続殺人」のステイシー・タイトル。

あらすじ

エリオット(ダグラス・スミス「底なしの世界」)、サシャ(クレシダ・ボナス)、ジョン(ルシエン・ラヴィスカウント)の3人は都会から遠く離れた土地にある屋敷に引っ越してくる。しかし、屋敷にあるナイトテーブルに書かれた「バイバイマン」という落書きを目にしたことから、3人とその名前を聞いた人のもとで次々と奇妙な現象が起こる。

Netflixにて。

確かシネマトゥデイの記事を見た時に初登場1位になった時にその「バイバイマン」というパワーワードに惹かれて、ずっと気になっていて、此度ようやく鑑賞。

なるほど、決してつまらないわけではない…けどフィルマークスの低評価も納得の作品でした。

発想自体は良いと思う。

「バイバイマン」という存在の名前を聞くと、その名前を聞いた人物はかならず死ぬという点はJホラー的でそれだけで恐ろしいし、何より発端となる落書きを発見した際の「考えるな、言うな」という文字が延々と書かれたナイトテーブルの「タブー感」とか冒頭の銃乱射シーンのヤバイ感じとか掴みとしては、あの「ソウ」シリーズのジェームズ・ワンが絶賛したというのも納得。

ただ、肝心のバイバイマンがイマイチ怖さに欠けるんだよなぁ。出てくる時の大きい音で驚きはするんだけど、意外とつぶらな瞳といい、もうちょいルック的に薄気味悪さを感じられる見た目だと良かったかもなぁ。

あと、この見た目どっかで既視感があるなぁと思ってたんだけど、友だちが言ってて、あぁなるほどなぁと思ったのが、これハリー・ポッターのヴォルデモート卿じゃん!!

あちらも「名前を言ってはいけないあの人」と呼ばれていたし、見た目の極端に白いスキンヘッド具合といい、つぶらな瞳感といい、クリソツ!!

もう、そう言われると出てくるとヴォルデモートにしか見えないよ!!

せっかく、あの異物演技に定評のあるダグ・ジョーンズ(「フィフス・パッセンジャー」)を引っ張り込んできただけに勿体無いことしてるなぁ…。

他にも、バイバイマン自体が何かするってよりも、幻覚効果で殺しあうってのもなんかスリル感が薄れるし、以外とスプラッター描写も控えめだし、何より家借りるくらい仲良いのにそのほとんどケンカしている3人組に違和感、もう少しバイバイマンに負けない友情パワーとかなかったんかなぁ(ラブはあったけど)。

なんか次作への伏線も含めて終わったなぁと思ったらパート2の製作も進んでいるらしいんだけど、うーん観ないかなぁ。

まだ観てない人は「ヴォルデモートがもし魔法もハリー・ポッターもいない現実世界に現れたら」って設定で観たら、違う楽しみ方もできる!…かもしれない。
考えるな考えるな。言うな言うな。でも言っちゃう‼

Rチョイスどれ選んでもクソ映画じゃね⁉
Haruka

Harukaの感想・評価

2.8
Don't think it. Don't say it.
考えるなっていうのは
なかなかむずかしい、
Ryoko

Ryokoの感想・評価

1.9
古い屋敷に越して来た3人の大学生。ふとしたことから、その名を知るだけで呪われるという"バイバイマン"を呼び起こしてしまう。

バイバイマンの正体があんまりインパクトなかった
nakina

nakinaの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

子供と鑑賞☆
夫婦で鑑賞☆☆☆

最後、姪っ子が言わなくて良かったーー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

思っていたよりも面白かった!
バイバイマンと言ったらダメ
なんて馬鹿らしいと思ったけど。
帽子かぶった男と犬、なんて
つまらない設定だけど、ハラハラさせてもらいました!
よく出来ていると思います^_^