バイバイマンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.2

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

バイバイマンという概念が恐怖の対象。
途中まで怖いんだけど、当のバイバイマン本人が何もしてこないので最終的にはあまり怖くないというね。
もうちょっと最後一捻りほしいところ。
概念だから自分からは何も出来ないんだろうけどそれじゃ怖くないよね。
というかホラーなんだからある程度理不尽なくらいが怖いのにね。
初めはダラダラと進んでいき、やがて昔に起きた事件と今が結びつく。よくある話だけど、この作品のすごいところは、見る方も一緒に操られてしまうというところ。

幽霊は実在していないのに全て幻覚と幻聴で見せるところは「シャイニング」に似ている部分があった。
少しずつ登場人物も狂っていき、やがて死ぬ。

この映画のタイトルも言ってはいけないし、見ているものも信じてはいけないと思えてしまうほど、この作品成功したところだと思う。
おーじ

おーじの感想・評価

2.7
「言うな、考えるな」って
卑怯だよ…
言わないのはなんとか出来ても考えないって無理でしょ…
逃れられない恐怖はあるかも…

とりあえずホラー界に新キャラ登場…
悪魔のような黒い体に2本の角
胸に紫のボタン、矢印のような尻尾を持ち白目は薄いピンク色
歯はギザギザの形状で、舌は青く長い
手足や鼻、唇は紫色
背中にハエのような小さな羽
捨て台詞は「バイバイキ…」
シンプルで良かったです
ただ、あまり恐くはないです
主人公なんやかんやでいい奴


姪が名前を見なかったのが救い
dkdkdk

dkdkdkの感想・評価

1.9
【ボロカス映画レビュー】

今回はバイバイマンです。結論から言うとバイバイ。で終わらすわけにはいかないのでちゃんと書きます。

まず怖くないです。

次にジャンプ・スケア系です。

さらに演技が酷いです。

それからヒロインが階段を踏み外す際のカメラワークが寒いです。

からの話が面白くないです。疑問が結構残ったし、主人公の男以外頭悪いです。ただ一応話は展開するのでどっかの寝てたらドア動きました映画よりは全然観れました。

それと設定がガバガバです。クソです。

最後に感想を言うと、金持ち大学生が趣味のサークルでめちゃくちゃ金かけて作った映画って感じです。大学生が作ったならこのゴミクオリティでも頷けるって感じです。たぶん日本で主人公がイケメンならクソ事務所が食いついてクソミーハーが人気に火をつけるんだろうなって感じです。

《総評》

パラノーマルよりはマシ
Don’t think it. Don’t say it...

最近観たホラー映画の中ではマシな部類。すごく面白いわけではないけど。
頭空っぽで楽しめる映画かな。
猟犬とバイバイマンが全体的にダサいのが残念だけど。




ん?列車の音が聞こえる…?
moe

moeの感想・評価

2.9
ホラー的怖さはあんまなかったなあ。言葉と概念っていうテーマは面白かった。バイバイマンより猟犬が怖い。終わり方なかなかよかった!

このレビューはネタバレを含みます

すごく期待してたのに、残念な映画でした。

なんか全てが中途半端。
姪っ子がコインを拾う迄が一番盛り上がった。
帰郷時に映画館では観れなくて悔やんでいた作品。

今は見たことを悔やんでる作品。

ダグ・ジョーンズが汚いフード被って指をさしてくるだけなので、全然怖くない。
あと予算がないなら、あんなにガッツリなCG使わなきゃいいのに。

やっぱりホラー映画は"怖さ"があってこその面白さだと思うよ。

でも、まあ、トリニティを久しぶりに見れたから、悪い気はしてない。
ひろ

ひろの感想・評価

2.0
スレンディの映画とほぼ同時のリリースだったと記憶してるけど、最近こういう都市伝説っぽい題材のホラーが増えてる感じがする。

バイバイマンは名前を言っても、考えても死ぬという理不尽さはよかったんだけど、「言うな考えるな」って自分に言い聞かせてる時点で考えてね?とか肝心のバイバイマンも全然怖くなかった。
バイバイマンのせいでみんなが疑心暗鬼になったりして勝手自滅していく印象が強かったので正直ホラーとしては全然楽しむことができなかったし、キャラクターも平凡で特徴のない感じだったので琴線に触れる部分がほとんどなかったなと思う。


良作ホラーのエッセンスを適当に並べてぶつけられてるような感覚というか、材料は良いけど料理の腕が...って感じの作品だと感じてしまった。