バイバイマンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

あべ

あべの感想・評価

1.0
期待しすぎったというか、、、

何でこんなのが人気なのか… 不思議や。


どっかのC級ホラードラマみたい。名前を言っちゃいけないとか。ヴォルデモートですか…? バイバイマンのビジュアル完全にヴォルデモートだし笑
茶栗鼠

茶栗鼠の感想・評価

3.5
普通に楽しめた。
下手なホラーやスリラーよりかは楽しめると思うなぁ。キャラクターの作り込みがない替わりに、ウザったい説明台詞も少なく不満は無いし。
ただ、リングっぽいし、バイバイマンの造形が安っぽいボルデモートもどきなのは減点対象。
最後の終わり方も、少しだけスカしがあっていい✨
図書館の司書さん、もっと出て欲しかった💦
キャリー・アン・モス久しぶり笑
NAO

NAOの感想・評価

2.8
2017.12.08 on dvd
ゲットアウト同様、何でこんなヒット&評価高いのか全く分からず。スリラーだけど怖くないし。兎に角、「誰かに言ったか」と「考えるな言うな」の連呼がうざい、まあ物語の核だからしょうがないんだけど、設定もう一捻り必要かと。。
まだ掘り下げがあるから、ゲットアウトよりはいいかな。ちょい役ながらキャリーアンモスの存在感も◎
え普通に面白かったんだけど。
普通にホラーだし、そこそこ怖かったんやけど。
見るか迷ってる人は見るべき!!

レンタル開始日に借りに行くのめんどいからいつもVOD配信で見てたけど、このバイバイマンとエクリプスっていうやつはどこにも配信されてないから借りてこないと見れません。まぁ節約になってよかったけども笑
くわこ

くわこの感想・評価

3.0
名前を言ってはいけない。考えてもいけない。名前を知ってもいけない。
相手の思考を操り、幻覚を見せて殺す。

考えるな。言うな。とか言ってたけど考えちゃいけないと思えば思うほど考えてる気がする。

それと最初の方の特に効果音も少なく現れてたのが良かったのに段々脅かしにきてたのがちょっと…。気持ちよく終わってないので苦手な作品。
ニハル

ニハルの感想・評価

3.5
設定がヴォルデモートじゃんwとか思いながら見てましたが、まあまあ面白い作品でした。
バイバイマンは幻を見せて殺すだけ?
犬が殺したやつ食べてるけどそれは現実なの?
とか色々疑問点はありますがホラーとしては結構楽しめました。
続編があるのかないのか微妙な終わり方だけど製作されたら多分見るかも。
Jessy22

Jessy22の感想・評価

2.5
ちょっと期待しすぎたのかもしれません。
全く集中して見れませんでした...。

こういう系のホラーは好きなんですが
これは最初から最後まで んー。って感じで...また今度しっかり見てみようと思います。笑
naru

naruの感想・評価

2.5
全然怖くない。
名前を言っちゃいけない=ヴォルデモートに寄せた?
TOYOKO

TOYOKOの感想・評価

-
これが3.7の意味がわからないですね…
始まりからしてこれはおもしろくないなと思ったら、やっぱりおもしろくなかった。
全く怖くないし、先が読めてしまう展開だし、全然おもしろくなかったです。
UKITSUMTL

UKITSUMTLの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

退けば老いるぞ
臆せば死ぬぞ!
叫べ!
我が名は“バイバ...

定期的にホラーを観たくなる発作が起きるのですが、
今回手に取ったのはこれでした。
一緒に借りた「ウィッチ」が良質すぎたのかもしれません。
取り立てて褒められるようなところもない普通のホラーでした。

■「考えるな、言うな」
まず設定が新鮮なのかそうでないのかよくわからないライン。
指摘されているように「イット・フォローズ」に似ているような。
あと「フッテージ」っぽい雰囲気がありますね。件の男がブギーマンっぽい。
という感じでいろんなところから少しづつ摘んだような設定です。

■回避できるのか
そもそも名前を知ってしまったら最後という鬼畜さなので、逃げるのは無理。
最後の方で少し抗う様子がありましたが、結局あまり意味がないことも同時に判明。
避ける方法がないというのは絶望的でいいんじゃないですか。

■その存在について
結局なんなのかは分からずじまいですが、
劇中で「概念は存在する」ということが言及されています。
要は、幽霊のように実在するかもわからないのに、人々に広く知られているようなもの。みんながいると思えば、それはもはや現実だと。
ということで、みんなに忘れられちゃうと困るから必死で自分の名前を広めようと頑張る彼なのでした。

■演出
その名前を知ったものは幻覚や幻聴に悩まされて、最後には死に至る。
そんな描写は良かったですね。
主人公たちの視点が現実なのかそうでないかをうまくぼかしているのはとてもいいですね。よくある手法ですけど。
ただ、彼を直接的に描くことはしない方が良かったと思います。
お粗末な容姿と、CG感の強いお供。
勿体ぶった方がもう少し怖く作れたと思うのですが。
というか概念とか言っといて出してしまうあたりはやっぱりB級的と思ってしまいますね。


色々ツッコミどころはありますが、そこそこ楽しんで観られました。
リー・ワネルが出てきたときは一瞬誰だかわからなかった。
つか、出てないで脚本書いてくれたら良かったのにね。