バイバイマンの作品情報・感想・評価 - 46ページ目

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.2

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

slow

slowの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

この映画のオチを話してはならない。話したものは死ぬ。そのくらいの大風呂敷を広げて欲しかったけど、オチも何もプロモーションワードが全てだった。『オキュラス/怨霊鏡』が意外な良作だったこともあり、その製作者が関わった本作にも淡い期待をしながらの鑑賞。
正直そこまで嫌いではなくて、むしろ好きな雰囲気の作品だった。しかし、肝心のバイバイマンが台無しにしたというか、姿見せない方がよかったような。むしろ何を言ったらアウトなのかも伏せたままでよかった。金槌のトリックや車道での幻影など、けっこうわくわくするシーンもあっただけにもったいない。
そして自殺してまでその連鎖を断ち切ろうとしたのなら、資料とか机とか何故残す?辻褄が微妙に合わない物語は割と受け入れられる方だけど、これは如何なものか。机までならまだ幻にもできたかもしれない。でも資料とかがっつり図書館にあったわけで。検索しても出てこないのに引き寄せられるように見つける、ならまだわかるけど。思ってた風呂敷より小さくて残念。
Boo

Booの感想・評価

2.0
ハラハラしないホラー 変なものでてくるけど全く怖くない 言っちゃダメ考えちゃ駄目が、しつこい
感想川柳「バイバイマン 存在理由は 何ですか?」

予告が面白そうだったので観てみました。φ(..)


アメリカ・ウィスコンシン州。古い屋敷で暮らし始めた3人の大学生は、ひょんなことから、その名前を知ったり口にしたりした者に死が訪れるというバイバイマンを解き放ってしまう。それ以来、バイバイマンに取りつかれた彼らは、その呪いから逃れようと互いに協力して助け合うが、周囲の人々が次々と悲惨な運命をたどり……というお話。

予告がめっちゃ面白そうだったし、ジェームズ・ワン絶賛というのでハードル爆上げしてしまいました( ̄▽ ̄;)そしたら予告以上の盛り上がりは…(;´д`)

バイバイマン自体あんまり背景がないからただの冷やかしか嫌がらせ?(; ̄Д ̄)「鏡花水月」の使い手ですか?殺し合いするなら友達や恋人拘束しておけよ!( ゜Д゜)と突っ込みたくなる。

確かに考えたり口にしたりするなと思えば思うほど、考えてしまうから設定は面白いんだけどもう少しなんかあれば…(ー_ー;)と思うのは贅沢でしょうか?

そもそもあれだけ「言うな」「考えるな」と言ったり書いたりしておいて、机に名前書いておくのはどうなんだ?(((^_^;)

ラストはいいんだけどな〜( ̄ー ̄)

もしかしてリー・ワネル出てるからジェームズ・ワン宣伝した?(゜゜;)
思ったより面白かった
誰がバイバイマンを言うか
バイバイマンを言わない葛藤
駆け引きが面白かった
正直B級やとおもって舐めてた
luuna

luunaの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ここでの評価が低かったので、あまり期待せずに見ましたが、思ってたよりかは楽しめました。設定は面白かったのですが、もっとバイバイマンが怖くて恐ろしい容姿だったら怖かったかな〜と思います。
終盤のどれが幻覚でどれが現実かわからなくなるところが面白かったです。
90分と短いので、暇な時にお手軽に観れるのではないかと思います。
tofu

tofuの感想・評価

1.8
前々から気になっていた作品。

名前を言ったり考えてしまうとアウト…という無茶苦茶な設定のホラー映画。殺人鬼、クリーチャーに殺されるというよりも、精神に異常をきたし幻覚や幻聴などにより破壊的になってゆき自滅…という流れ。
この呪い?を紐解き解決しようと若者4人が奮闘するわけだが…。

とりあえず怖くない。
敵のビジュアルが「ジーパーズクリーパーズ」のアレみたいな感じとでも言うべきか。
とりあえず色々と雑な映画。設定に対する主人公らの行動もしかり、ショットガンで人を撃っても血も出ないし。
劇中、数々の幻覚を見て「これは君じゃない!」「待て、それは幻覚だ!」などが非常に多いので、さすがに緊張感も薄れてくる。
一体何が真実で何が幻覚か…?な恐怖を描いているのだろうか。やりすぎてミスリードと成っていると感じた。

とりあえず…最近鑑賞したホラー映画の中ではワーストクラス。
健多郎

健多郎の感想・評価

3.0
見ると死ぬ聞くと死ぬとりあえず死ぬはなし

↑の文はプロフェッサーシャーボという漫画に一コマだけ登場する怪物ダムダムゾンゲルゲの特徴です
知ってる人がいたら友だちになりたい、マジで

とにかく、バイバイマンの名前を知った時点でアウトっていうムリゲー感漂うホラーですが、知った瞬間にズバーッて殺されるんじゃなく、幻覚・幻聴・精神操作でじわじわと蝕んでくるのが嫌ですね
主人公がなんとかしてバイバイマンの呪いから逃れようと奮闘するシナリオは面白かったかな
残念ながらホラーとしては全然怖くなかったんですが、バイバイマンの性格付けは良かったです
でも音で驚かせる演出等が無いのはかなり好印象!
ほんと、あの演出を好む監督にバイバイマンを送り込みたい

あとシナリオとは全く関係ないけど、主人公が段々とEP5~6あたりのルークに見えてきて、更にバイバイマンのビジュアルが某シスの暗黒卿にちょっと似てるせいでスターウォーズを思い出しまくりました
こりん

こりんの感想・評価

3.3
なんて変態シュール映画♡

思ったより怖くなくてガックシ(^_^;)

エセ関西弁で言うと‥

( ゚д゚)『なんやねん!バイバイマンって!んなアホな!』『ネーミングセンス、ヘタクソ!』

って言いたくなる(笑)

まぁ、内容はですね♪その名前を知ったらアカン!言うたらアカン!考えたら、もっとアカン!
(^_^;)少しエセ関西弁引きずってるね♪

って話でして、シェアハウスの地下にあったナイトテーブルによってその名前を知った若者たちが、名前を言ってはいけないあの人に‥ジワジワ蝕まれる(笑)

ありがちな展開ですが‥怖さもなぁなぁでして!バイバイマンのCGが笑いを誘って来ます(^_^;)もうちょい捻ってくれてもな(笑)

若者たちの運命も怖い幻想も‥色々な要素を組み合わせて来ますが、シュールなフレディさんに見えてしまいました(笑)

若者たちが次第に( ゚д゚)バイバイマンを好きになっていくから、どんどんシュールに(笑)
《勝手な解釈です♡》

片思いする相手は、あんなのイヤ!!というか‥悲しいね💔

ん!変な映画だね〜♪

オススメは、ヒロインに見せられた友人のスポーツマンの裸体の幻です♡其処は是非♪ご覧に♡
YN

YNの感想・評価

2.2
ネタはいいが人物に魅力のない凡作ホラー。

名前を知ると死ぬ、という、もう言ってしまえばただそれだけの話であって、コピー見た時点でどんな話かはわかる。
「知る=死」は雑だけど、逃れられないのでそれなりに恐怖を煽る設定ではある。
この設定を活かすには、登場人物がいかに知恵を絞って呪いを回避するかという話にするのが定石だと思うんだけど、そういうアプローチはほぼなし。

主人公がめちゃくちゃ性格悪い上に頭も悪いのかポロっと名前を言ったり、かと思えばさっきまで言ってたくせに「言うな!」とか言ってみたり。展開のためにだけ存在する中身のないキャラが三体。

肝心のバイバイマンについても、目的もわからないしデザインも微妙。
来歴不明、目的不明でも怖くするならもっとビジュアルにこだわった方がいい。
かなり早い段階でがっつり顔出しする(割と普通の人間の顔)ので未知の怪異としての怖さもないしなー。

終わり方も、オチと呼べる部分がなぜか二個ついてて、どっちも似たような内容なのすごいダサい。別にどっちかだけでいいよ。

昨日見たスレンダーマンよりはトーンが揃ってるからマシ、って感じだけど、とくに心に残らない一本。
序盤はしっかり怖い雰囲気出てたのに、だんだん怖くなくなっていってしまった。バイバイマンのビジュアルにやや問題あり。
結局のところバイバイマンの肝心なところが明かされずモヤモヤが残った。

早いとこバイバイマンのこと忘れよう。