バイバイマンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

流れはよくあるホラー映画のパターンのようでいて、意外にも心理戦だったのが面白かったです。
ならば、もっともっと伏線やトラップに欺かれたかったなぁ、と思ってしまいました。グロよりはオカルトっぽい怖さ。
昆布

昆布の感想・評価

3.4
もっとくだらない話かと思ったら意外に内容が詰まってるホラーだった。
でも内容がしっかりして辻褄合わせをしっかりさせたせいでホラー要素が少し足りなかったかな。
バイバイマンいうわりにはバイバイマンが概念として存在するだけでバイバイマンがそんなに出てこなかったこともホラー要素の欠如に繋がってる感じがした。
もうちょっとバイバイマンの登場シーンを増やしてこけおどし的な手法を使ってくれても良かったかな全体的にはまとまってたし内容のあるホラーでした。
Aya

Ayaの感想・評価

3.6
映画が終わる時、字幕のクレジットが出なかったのが一番衝撃的だったぁ・・・なんか今年になってこのパターン多い気がする。

特に今作はパンフレットもなし、ポスターにも書いてないのでどうやって調べたら?
まぁこういう時は配給に電話するしかないんですけどね。

「スペル」×「オキュラス/怨霊鏡」のスタッフ!とバーンと書かれているのですが、この監督の作品は見たことないですね。

「オキュラス/怨霊鏡」って良い作品で。
結構今作に通じるところがあるんですよ。
「バイバイマン」面白かった人はぜひオススメです。

鏡やガラスなど、何かが写るものが効果的に使われている。

精神的に追い詰めてくる。

概念の話。

怖がるだけじゃなく戦う気満々の主人公。

最後の最後には希望が残る。

これ共通してると思います。
序盤の屋敷の作りを見せながら不気味なことが起こっていくとことかカメラ割りもすごく似てる。
監督が違うのにここまで近いな!って思うことも珍しい気がする。

でもコレ、画がちょーリッチだよ。
撮影非常にいいですね。
ゴーストハウスもの、ではあるんだけど大学やフェイ・ダナウェイの家とか線路に警察とかも出てくるし、結構お金かかってるんじゃないですかね?

「バイバイマン」その存在を考えてはいけない、話してはいけない・・・その名を知る者は全て消されてしまう・・・。

って言われれば言われるほど考えちゃうよー!っていうのはホラー映画を見た後の心理と一緒ですよね。
あー怖かった、面白かったー!って家に帰って1人になって思い出しちゃったら怖い怖い!ってなるじゃないですか?
アレ、ですよね。

この映画がいいなー!と思うところは関係ない家族や小さな子供を巻き込みそうになるドキドキ感。

そして日本人にはかなり遠い異性との距離感問題・・・彼氏の親友のベッドで寝る?!

最愛の彼女と親友と一軒家で暮らしながら奨学生として大学に通うってサイコーじゃないですか?
俺の人生頂点?!みたいになりそうになったところを釘さされる、みたいな。

で、この主人公が結構ヴァンパイアっぽい青白い顔(メイク)でヒョロッとした体型だからわーコイツ蝕まれそー!感が強くていいよね!

ジャンル映画なのでレイティング問題ではないと思うけど、血の量とかは抜群に少ないですよね。
ガッツリどうだ!って感じで死体を写したり殺す瞬間をこれでもかって見せたりするような怖がらせ方とは違うので、スマートだなぁと思った。

あのコートとかめちゃくちゃ怖いよねー!!

格が上がった感じ。

このハウンドを連れたバイバイマンというキャラクター、定着して2が作られるといいなー!!
hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

4.5
丁寧な描写と驚かせる演出は凄い。
コケ脅しにしては巧みな演出と思う。
痛いシーンは無く、心理的にジワジワくるタイプでした。
一緒に観ていた友達は非常に怖がっていました。

言っちゃいけないって言われると、逆に口に出そうになる恐怖。
良いホラー映画でした。
sketch

sketchの感想・評価

3.6
タイトルはこんな感じですがブギーマンを意識した、口に出してはいけない『バイバイマン』のお話。
なかなかいじらしい演出が人によっては合わないかもしれませんが、個人的にら楽しませてもらいました。
rotten tomatoなど向こうの評価はそれほど良くないのを見た後に知りましたが、普通に面白かったです。
ずん

ずんの感想・評価

3.7
ビクーッてなる驚ろかしに来るあざとさがあまりなく、ゆっくりストーリー部分を楽しめました
暗闇からの待ってましたの登場シーンも満足です
取り憑かれると非現実世界が現実を超越する超常現象が!
何て恐ろしい!
あの車で気を紛らわす為に音楽かけて熱唱してた「バイバイラブ〜」みたいな歌もっと聞いときたかった
で、○○マンは何処から来て何処へ行くの?
バイバイマンてなんだよ?なにそのネーミング!その謎解きかと思ったらちと違う。なんだなんだ?からの後半の加速っぷりが楽しい。言ってもダメ、考えるのもダメ、ならどうすんの…悲惨な目にあっても言えない死ぬのはもちろん生きてもツラい、ツラすぎホラーでなかなか面白かった
hiyoko

hiyokoの感想・評価

3.3
「考えるな、言うな」
と物語の内容は理解しやすいですね


エリオットが狂ったように、
「バイバイ○○~♪」
と歌うシーンが印象に残っている・・・
名前を呼んでしまうと、、、ヤツが殺しに来る
考えるな、言うな、考えるな、言うな
ヤツは知るだけで呪って幻を見せて来て、、、仲間同志でも、容赦ない
結構、ありそうで斬新だった、B級などと侮れなかった
○イバイマン 観賞

この名前は言うことはもちろん、書くことも出来ない。わかって欲しい。

考えるな言うな考えるな言うな考えるな言うな考えるな感じろ考えるな言うな考えるな言うな考えるな言うな考えるな言うな考えるな言うな考えるな言うな

ヒューマントラストシネマ 渋谷