バイバイマンの作品情報・感想・評価 - 76ページ目

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.2

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

Seven

Sevenの感想・評価

-
ぬるっと始まってぬるっと終わる。
悪くはないけど良くもないと言うか、全体的に中途半端。
いろんなホラー映画のつぎはぎと言うか、見たことあるなーの連続なのでちょっと飽きる。
色々伏線張ってるのに投げっぱなしなのは結構ガッカリ。

もうちょいフレッシュな何かが欲しいなー!
Blufe

Blufeの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

まぁ面白かったです。
でも詰めが甘いしもっとエグくて良い。
もっと主人公たちの意思に委ねたように見せかけて良いかなとも思った。

このレビューはネタバレを含みます

うーん。。。期待し過ぎていたかも。今は亡きジョリーロジャーの作品にを金かけた作品、あるいはSCPの記事を金かけて映像化した作品という印象を受けた

演出、俳優陣の演技は良く、ビックリポイントも作れていた(後ろの人がビックリ演出でことごとく驚いた時の衝撃で擬似MX4Dを味わえた)けど、展開がイマイチかなあ

サーシャの幻覚を見せられてからバイバイマンの存在に対する超速理解に違和感があったし(魅入られてしまったことを本能的に理解できる「現象」なのかもしれないが)、
感染者の概念上の存在、言語によって存在が規定される存在といった意外とか弱い側面を持つせいか、人間同士で自滅させるという回りくどいやり方だから、感染者を一人一殺する貞子などと比較してバイバイマン自体が地味、殺し方も地味
登場人物の猜疑心につけ込んで幻覚を見せる特性ゆえ、必要となる人間関係を伝えるパートも冗長に感じた

あと現代が舞台、かつ、バイバイマンは拡散することを指向しているのに、登場人物を操作してSNSで拡散しようとしないのはおかしいんじゃないですかね
主人公の携帯はバッテリー切れてたけど、他の人物にそういう描写なかったし。。この辺は貞子vs伽椰子ではちゃんと言及されてたから残念

あと猟犬のCGもイマイチですかね、Joy DivisionのTシャツは誰かの趣味?
劇場のポスターなどのビジュアルに惹かれ、鑑賞。なんかよく分かんないけど、面白そう?ってことで期待しながら行ってきました。HTC渋谷。



途中、電車の遅延があったりして(半蔵門直通)乗り換えば良かったんだけど、半蔵門で行かなきゃ、イマイチ、迷子になりかねないので、頑張って乗ってたら、時間調整やらなんやらで、あと数駅なのに、延々と止まってしまい…、結局、表参道で銀座線に乗り換える羽目になったんだけど…。だったらもっと手前で乗り換えてれば、間に合ったのに、最初の数分観られなかった…えーん




名前を言うと殺されちゃう。考えてだけでも…って何かに似てる?『イット・フォローズ』っぽくもあり、ラストは『悪魔を憐れむ歌』っぽくもあり『フッテージ』っぽいって人もいるけど…。なんだろう?兎に角、なにかに似てる憑依型?感染系?ホラー。






✔️ちょこっとあらすじ

アメリカのウィスコンシン州。3人の大学生が古い屋敷に引っ越して来る。彼らはふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。3人は“バイバイマン”に取り憑かれるが、お互いに命を助け合う。しかし、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた彼らは、死の運命から逃れることができるのか……?




怖いですねー😖




てか、いくら安いからと言っても、はなっから怪し気な古い屋敷に住みますか?今時の学生が…、って思わなくもないですが…。あきらかになんか出そうですもん。そんなところに住んだのが運の尽き?様々な体調不良や怪奇現象や幻覚によって疑心暗鬼になり、さらには被害妄想に陥って周囲の人々を殺害…





ひゃ〜怖いです😱






ってコレがバイバイマンの仕業なんですけど…。




それでもなんとか突き止められそうになるんだけど…、果たして主人公は死を回避することはできるのか…?てか、だいたいは主人公が助かるよね〜




てか、バイバイマンってなに?って思ったあなた、是非、劇場に!!!



劇場に行ってもあまり分からないかも…?ですが…😖






そしてバイバイマンの死の連鎖は、これで終わったわけぢゃないですからー



だって、最後、言っちゃったよね?言ったよね?ってことは続くのだよね。まさか続編はないとは思うけど…←フリぢゃないですよ…😣😣😣





てか、元々は1969年の事件から始まってるんですが、なんでそーなるのかが、よく分からないし、だからバイバイマンってなに?てか霊ってそういうもの?



インパクトのあるネーミングと、なんとなく不気味そうで、面白そうで、興味を引く宣伝効果で、観客を誘いますが…、賛否両論分かれると思います。ま、面白そいか面白くないかは自分の目で確かめるのが一番かと…





一番びっくりはフェイ・ダナウェイが出てること😱





バイバイマンTeeちょー欲しい😜






2017.7.25 ヒューマントラスト渋谷




http://ameblo.jp/bird210bird/entry-12295973247.html
ヤスエ

ヤスエの感想・評価

3.0
銃ぶっ放して倒れて、血が出ないのはあかん。あそこはグロ。
音、絵、テクニックはあるから驚くのは驚く。恐怖浅め。
拓朗

拓朗の感想・評価

4.5
ビビりました。特に音に。

映像でもビビるんだけど、音にもドキッとする。

ラストシーンもビビりました。あの後どうなったんだろう?
ももこ

ももこの感想・評価

4.3
心臓がばくばくした。
怖くて、ストーリーも楽しめた。
精神的にじわじわと来る系統。
最後まで飽きることはなかった。

でもまあ、やっぱり過去の名作の方が怖い。
もうシャイニングのような作品は生まれないのかなぁ…
まる

まるの感想・評価

2.7
もう少しやりようあったんちゃう?という。
振り切れるに振り切れない中途半端な設定、描写、伏線。

音楽はよかった。
よしだ

よしだの感想・評価

3.2
良い意味でも悪い意味でもなく予想を裏切られたけど、だから何だって感じのつまらなさでした。
主人公がめっちゃ「バイバイマン」って連呼します。
abdm

abdmの感想・評価

2.0
この映画のどこかで見たことあるような恐怖シーンや理不尽極まりない設定よりもまず、この怪物の名前がバイバイマンだということに恐怖を感じる。
バイバイマンて。
バイバイマンとかいうふざけた名前をひっさげるようなツラしてないのに。
かわいそうで仕方ない。インパクトは十分あるが、果たしてバイバイマンは誰がつけたのか。他人につけられたにしろ、自分から名乗り出たにしろ、センスはあんまり感じられないね。
まあでもかなり覚えやすいからね、バイバイマン本人は後悔してないことでしょう。

初めて名前呼ばれた時「キターーーーーーー」と空に両拳を掲げながら膝を地について叫ぶ彼の姿が想像でき、非常に悶絶できる映画です。