wasavi

ハクソー・リッジのwasaviのレビュー・感想・評価

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)
3.9
すごいクラシカルな絵を積み重ねて、ここまで緊張感を高められたのはほんと偉業だと思う。メル・ギブソンの演出力はほんと間違いがない。冗談じゃなく『プライベート・ライアン』以来の興奮を味わえた。もちろん、ディテールの積み重ねから生まれる没入感、臨場感は『プライベート・ライアン』のほうが数段上なんだけど、どちらかというと『戦場の馬』の戦闘シーンに近い印象。
けど、戦闘シーンがめちゃくちゃ良かったのに、主人公が誰かを治療したり救出しようとするシーンはその流れが一旦停滞しちゃうんだよね… この映画の肝に文句言ってもしょうがないんだけど。最後の方のステルスゲーム的な救出ミッションもその前の戦闘シーンを味わった後じゃなんとなく物足りない。別に悪くないんだけど尻すぼみなんだよね。狂気に近い救出への信念は逆に背筋の寒くなるようなものがあって、ある意味スリリングだったけど(笑) アンドリュー・ガーフィールドの纏う無垢な空気感がますますその狂気に拍車をかける。なんか、英雄譚ってより信仰の狂気をより強く感じたんだよね。

青春ドラマあり、『フルメタル・ジャケット』さながらの訓練シーケンスあり、軍事法廷サスペンスありの盛りだくさんな映画なんだけど、やっぱり戦争シーンがクライマックスかな。ただ、ドロシーはむっちゃ綺麗だった。テリーサ・パーマーっていうオーストラリアの女優さんらしいんだけど、マーゴット・ロビーといいオーストラリア女優きてるなぁ。

あと、ヒューゴ・ウィーヴィングめちゃくちゃ良かった。間違いなくこの映画のベストアクトだった。