おだんごぱん

ハクソー・リッジのおだんごぱんのレビュー・感想・評価

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)
3.5
第二次世界大戦、沖縄。武器を持たずに衛生兵として戦闘に参加し、多くの負傷兵の命を救ったデズモンド・ドスという人の実話を基にしたお話。

なぜ武器を持つことを頑なに拒否したのか、その信念の強さもあわせてしっかり描かれていて良かった。

負傷した仲間を手当てしてまわり助けたのだけど、武器を持たずに走り回るドスを仲間が援護して助けてもいる。隊のチームとしての姿も美しかった。

この映画では描かれていなかったが、あの戦場に現地の一般市民も居て戦闘に巻き込まれていたことは悲しい事実。

映画は事実にどれだけ忠実かは分からない。ただ、この映画の影響で沖縄のハクソー・リッジと呼ばれた前田高地を訪れる旅行者が増えたとか。映画の宣伝の仕方に物議があったようだが、これを機にあの戦争に関心を持ち、調べ、考え、思いやる人が1人でも増えればいいのではないかと思う。

1人の英雄のお話としてはとても良かったし、ガーフィールド氏のイメージも合っていて良かったが、やはり沖縄戦ということで、とにかく悲しくなった。

戦争なんて、するもんじゃない。