リリコ

ハクソー・リッジのリリコのネタバレレビュー・内容・結末

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます


武器を持たず、決して人を殺さないという信念を持った男が戦地で英雄になる話。ほんと尊敬に値する。今までの主人公がいっぱい人を殺した英雄みたいな位置付けの映画ではない。
「みんな人を殺すために戦争に行くけど、僕は人を助けにいきたい。一人くらいそうゆう人がいてもいいのでは。」って言葉かっけえ
すごく良くできた戦争映画です。

こっから余談
なんかレビューで日本人を悪くいう人おるけどなんかなー
相手側が日本だから複雑なのはわかるんじゃけどね。
リリコ自身、生まれも育ちも広島で戦争の悲惨さとか平和教育でいろいろ学んできて、原爆の被害者の方のお話もいっぱい聞いてきた。平和記念資料館も何回も行った。
よく特攻の場面で「天皇陛下万歳」とか言っとるシーンあるけど、ホントはみんな泣きながら「お母さん」とか家族の名前叫んでたって話聞いた時は言葉でんかったわ。そもそも戦争をはじめたのが悪い、あの頃の日本はおかしかったとかあるかもしれん。けど、死ぬ恐怖と闘い、泣きながら自分の命かけて家族や日本のために戦った人がいたということを日本人が忘れちゃいけんと思う。ましてや悪くいうのは違うじゃろ。今の自分があるのは誰のおかげなのか。
ガラにもなく熱くなってしまいました…
リリコは、普段は自他共に認めるクズじゃけど、こうゆうのは許せないのです。
長い余談でした。