minorufuku

ハクソー・リッジのminorufukuのネタバレレビュー・内容・結末

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)
4.2

このレビューはネタバレを含みます

敬虔なキリスト教徒で、人を殺めることを頑なに禁じている主人公は、銃を持たない衛生兵として軍に志願する。その彼の思想は同じ軍人からは理解されず、強烈な嫌がらせを受けるのだが、彼の信念と家族や恋人の協力もあり、なんとか従軍するに至る。しかし、彼が送られた最前線の沖縄戦の戦況は熾烈を極めて…という話。
メル ギブソン監督作品。

実際に第二次世界大戦に参加した衛生兵の青年の実話。

前半は彼が成長するまでの過程と、信仰の形成および新兵訓練生時代を描いている。一般常識的にも戦争イコール殺し合いなわけで、それに銃を持たず一切相手を殺めることをしないと宣言して従軍するのは、はたから見ていても「ありえない」「空気読めよ」と思わずにはいられなかった。しかし、彼の「地元の同じ仲間が命をかけているのだから自分なりに何か役に立ちたい」思いとそれでも人殺しはしないという信念を両立させて貫き通す強さには惹きつけられてしまった。そんな彼に周りも動かされていく流れが丁寧に描かれていた。
後半はいよいよ沖縄での激戦のパートとなるのだが、メルギブソン監督らしい容赦のない残酷描写が炸裂していて目を覆いたくなるくらいのシーンが満載。でも、リアリティを残しつつも戦争映画特有のお約束な展開もきっちり抑えていて、単純なアクションとしても一級品な出来となってた。メルギブソン作品はいつもすごく満足はできるのだが、観終わったあとはどうしても鬱々とした気分になることが多かったのだが、本作は主人公が人を助けることしかしないので、しかも見捨てることもしないので、非常に安らかな気持ちになれる終わり方となっていた。とは言え、日本人が観るとどうしても複雑な気分になるのは避けられないかと。それでも単純に「アメリカ万歳」な主張はしておらず、戦争の狂気を冷静に描いていたのではないかと思った。日本兵の変な描写はあるけれど。

主演はアンドリュー ガーフィールドで、スパイダーマンの頃のアイドル俳優的な印象は薄れ、すっかり演技派。「沈黙」などにも出てるし。ヒロインがすごい綺麗な人なのだが、この女優さんは僕が満点をつけた「明日、君がいない」という作品で主演していた人だった。当時は高校生役だったのに。ホラーの「ライト/オフ」でも主演なのね。気づかなかった…