にしねっこ

ハクソー・リッジのにしねっこのレビュー・感想・評価

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)
4.7
こういう戦争映画が見たかった
高評価なのは沖縄の人に大変申し訳ない

序盤、アンドリュー・ガー・フィールドの
あの臆病で頼りない感じで
戦争映画の主役、大丈夫なのか???
って思っていたけど、
主役が臆病で頼りない?設定
だったのでこれ以上ない適役だった

自分の中ではプライベート・ライアンは最低・最悪の戦争映画だったので、
これの戦闘シーンは素晴らしかった
プライベート・ライアンは
ライアンを救う理由がまずクソで、
ただのアクション映画にしか思えなかったので。

自分が高評価する戦争映画は
見終わった後に
「2度と戦争をしてはいけない」
と思わせるもの。

正にそれだった

少し前はベトナム戦争、
最近ではアル・カイーダや
タリバンの中東ものばかりだったが
自分はWWⅡのが一番心に響く

日本人の狂気は本当にあんな感じだったのかなぁ?と思うけど、あんな感じだったのだろう
死を恐れない、アメリカ軍からすると、数では勝っても心が折れていく
そんな様もうまく描かれていた

日本目線で描いたイーストウッドは素晴らしいな

戦争映画の評価は今のところ
1.硫黄島からの手紙
2.ハクソー・リッジ
3.日輪の遺産

ベトナム戦争のアメリカが失敗してしまったのも自分は見応えあるが。