やし

ハクソー・リッジのやしのレビュー・感想・評価

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)
3.9
「神様、もう一人だけ助けさせて」


兄弟仲は良い。
幼少時、ふとした兄弟喧嘩で相手を殺してしまいそうだった。

「汝、殺すことなかれ」

元軍人の父親にはよく打たれた。
時には母にもその暴力が。

ある時、病院で看護師に恋をした。
結婚した。

戦争が起きた。
志願した。

銃を持つことを拒否したことで、「良心的兵役拒否者」と言われたが違う。

銃を持てない兵士は戦場では足手まといだと隊では冷遇された。
仲間には殴られ、虐められ、上官にも徹底的にしごかれた。

除隊しろと言われた。

「信念を曲げたら生きていけない」
「皆は殺すが、ぼくは助けたい」

ハクソーに出征した。
断崖絶壁の上が戦場だった。

凄まじいものだった。
戦争とはこういうものなのか。

日本兵も強かった。
仲間たちはあっけなく殺されていった。

隊は撤退を余儀なくされた。
目の前の戦場には傷付き、残された兵士たちがたくさんいた。



やることはただ一つだ。






観客が鑑賞中にショック死したという、イエス・キリストの最後を描いた衝撃作『パッション』のメル・ギブソン監督作品。

今作では『プライベート・ライアン』とよく比較されるように生々しい戦争シーンが印象的だが、
どちらが善か悪か、ではない。
どちらかに肩入れした、又は穿った視点でない戦争描写、
だからこそ、"彼"の行動は際立つ。

全上映時間の半分以上が凄惨な戦争シーンではあるが、一定以上の年齢の子供には見せたい。


なぜ日常では許されず、戦争では認められるのか。


「汝、殺すことなかれ」