anpanman

ハクソー・リッジのanpanmanのネタバレレビュー・内容・結末

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます


アメリカ側からみた第二次世界大戦の沖縄戦。

苦しくて途中途中止めながら観た。
実話に基づき作られた話だと聞いて泣けてしまった。
アメリカ兵にだって日本兵と同じように愛する家族や恋人がいて、故郷に戻りたかった場所があると、頭では分かっているはずなのに、
経済的にも軍事勢力的にも日本より優れていたアメリカは、日本に余裕で勝ったんだと、どこかで思ってしまっていた自分がいたのだなぁと思う。


死に物狂いのアメリカ兵がいて、日本兵と同じように亡くなっていった。
直視できないようなシーンも多かったけど、あくまで映画として描写できる範囲であって、現実はこれ以上に、想像を絶するような戦いだったのだと思う。


暑い中、苦しい中、愛する人を思って戦って死んでいった兵士に対する敬意は、国を跨いではいけないから。夏になると戦争映画はより心に留まる。
自分が助けなくては死んでしまう兵士たちを1人で信念の元救ったデスモンドは、確かに英雄だけど、戦争で憎しみ合うことや、国のために死ぬこと、責任を取って腹を切ることを、正義だとしてはいけないし、デスモンドのような人間を今後1人として出してはならないと思う。

日本が出てくる分より現実味を増して、私達以降今後の世代では戦争なんか絶対にさせないと誓えるような映画。