Iwarenkon

ハクソー・リッジのIwarenkonのレビュー・感想・評価

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)
3.4
太平洋戦争末期の沖縄本島での日米激戦を映画化。武器を持たない衛生兵を主人公に迫力の戦闘シーンがこれでもかと押し寄せる。

個人的には、何かを訴え掛けられたと言う事はなく、信念を貫き通す青年と激しい戦闘のリアル描写の裏に『アメリカ最高』が見える脚本だと感じた。
私は自身をゴリゴリの保守ではないと思っているが、あの日本兵の描写には悪意を感じざるを得ない。
論評の中には中立な描写だ、当時をよく調べて戦闘シーンなどを再現したと言う評価も見受けられるが、製作及び監督の意図を一人の日本人として何かが引っ掛かる残念さを感じてしまった。

また、本作に歴史的興味を持った事に間違いはなく、日米激戦のハクソー・リッジは現在の浦添市に実際にある高地との事。両国の戦没者に敬意を持って訪れてみたいと思った。