ハクソー・リッジのネタバレレビュー・内容・結末

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

https://eiga-watch.com/hacksaw-ridge/
第二次世界大戦の沖縄上陸戦をアメリカ側からの視点で描いた作品。実話がベース。実際の戦場を見たことがないけど、描写がリアルに感じる。ゴア表現が苦手なひとには辛いかもしれないけど、戦争を知らない世代は観るべき作品かもしれない。
実話。めちゃくちゃ魅入ってしまった。前半はバイオレンスなシーンがあるも、恋にキザな感じなところとか、まるでとある春の日のようにふわふわとしていて面白かった。
しかし段々と戦争が垣間見れる描写が増えていき、デズモンドの兄の入隊シーンから迫力のある映画となっていった。

ハルを傷つけ壁紙で見た何気ないあの言葉も、デズモンドの信念に固く刺さっている。回りに理解されず理不尽な役回りをさせられたデズモンドだが、最後まで信念を貫き周りに認められるようにまでなった。
神様、あと1人もう1人だけ助けてくださいと、神を信じるデズモンド。信念は固かった。

裁判にかけられた時の父親の登場。感動した。

ドンドン人が死に手足がもげてしまったり死体にネズミが集ったり、過激な描写は確かにあるものの、みんなが言うほどグロい・酷いとは思わなかった。

戦争映画によくある罵倒する言葉、日本軍の悪口がないのもポイントだった。奴らは最後まで諦めない、不死身、どこまでも諦めない、といった表現であった。
途中切腹のシーンなどあるが、敵国であった日本をリスペクトした描写だと感じた。
途中でJAPといったセリフがあったが、それくらい。
リスペクトを感じるのは、アメリカではなくオーストラリアで作成された作品だからだろうか?

ラストの作中に本人のインタビューがあるのだが、とても見どころだと思う。

ハクソーリッジは日本の前田高地のことらしい。
信念を曲げずに強く生きる姿、
銃を手に取らずに闘う英雄、
かっこいい。
これからさらに「カッコいい」を追求して生きたいと思った。

志願したからには一歩も引かない強さ、
そんな強さが俺に必要だと思う。

信念を貫くデズモンドに動かされ、
反対してた父さんが奮闘する姿も
かっこよくて、強い何かを持つ人は輝いているんだよなと感じた。

ちょっと途中フィクション感が強すぎだろと思ったよね笑
実話にしても、撮り方が笑

ただ、
戦争は、生き残った人も苦しむもので、悲惨なものだとほんと思う。
今、まるで世界各国が戦争に向かっているようで、戦争は他人事じゃないと思うんだ。

歴史は繰り返す。
だけど、歴史から学び新しい歴史を作らないといけないと思う。

あと!アンドリューかっこよすぎて!
アメイジングスパイダーマンのイメージがかなり強くて、途中スパイダーマンにも見えてしまった笑
ほんまかっこいい笑ほんま好き!
ずっと心の中でI got you!! って反芻してるやわろた笑
かなりグロテスクです。でもきっと現実はもっと残酷だと思いました。
日本人としては、見ているのは辛かったです。戦争が美化されるのは、もちろん違うと思いますし。
でもやっぱり、1人で75人も助けた事実は本当にすごいと思いました。
知ることができて良かったと思いました。
太平洋戦争末期、武器を持たない、攻撃しない、人を助ける、を信念にした一人の青年の物語。舞台の中心は、沖縄ハクソー・リッジ。

見入ってしまった…!途中何度も「自分にはできない」っと思うくらい信仰深く信念にまっすぐな主人公オズモンドをどんどん応援してしまう。戦争という秩序も道徳もない空間で唯一、誰も傷つけないまっさらな正義を貫く、今までの戦争モノには無い魅力がこの映画にはあった。

そして、ラストの本人映像出てきた瞬間、飾り気のない本当の実話なんだ、と息を飲む。
戦争モノの映画はあまり好きでは無いが、これはオススメできる。
実話だと知らずに見てた。

一人でも多く救いたい。という心持ちは立派だけど、その仲間も他の人間を殺してる時点でなんか正義がどこにもないように感じる。

人を殺さない、銃を持たない。という信念は立派だけど、正義って極めて主観的なものでしかないんだなぁ。という感じがした。

ただ最初主人公をバカにしてた軍曹が考えを改めたところは良かった。こうやって自分の過ちを認めて謝罪できる人は立派だなー。

面白いんだけど、なんか色々と複雑な作品。
主人公を奇抜な人物に設定したよ、ってだけで何の変哲も無い娯楽戦争映画。単に「戦争はよくない」なんて浅はかな思考を持っていれば刺さると思う。

生い立ち→恋愛→訓練→戦地→その後っていう王道戦争映画の流れ。その中で特にこれといって心を掴まれる事もなくただただ2時間ちょいが流れていった。

よくある「実話ですよ」ってやつ。じゃあちゃんとやれというのが一番の感想。
戦争のエグさを描くなら『ザ・パシフィック』などに大きく水を開けられているし、物語の中で光るものがあるかと言われれば硫黄島シリーズや『西部戦線異状なし』ほどでは無い。弾丸や爆発などのリアルさは『フューリー』のそれとは程遠い。

まず主人公のデズモンドが軍に志願した理由付けが薄すぎる。たしかに一目惚れした女と結婚はしたが、そこまで守りたい人がいる感もなし、愛国心からという感じもなし。それに代わる変わり種な理由もなく、結局僕だけこうしてはいられないという平凡なもの。日本人かお前は。しかもそれを法廷での答弁だけで軽く済ませてしまっては、観る側は彼に十分に感情移入できないのではないか。彼の信じる宗教がそうさせたみたいな繋げ方をすれば良かったのにと思ってしまった。まあよくある「実話を基に」なので設定が曲げられなかったのでしょうが、もう少しうまい繋げ方ができただろうに。

WW1で深く傷ついたデズモンドの父親や、弟との喧嘩など、過去編のピースがうまくまとまりきらない点も何か歯がゆい感じがする。

肝心の戦闘シーンについては技術の進歩だけで綺麗に見せているだけ。20年前に『プライベートライアン』で大きな衝撃を与えられた後ではただのスクリーンセーバー。米製武器の驚異の装弾数と命中精度、半身がなくなった死体を盾に腰だめでBARをぶっ放すだの、そしてなぜかそれが悉く命中し次々とやられる日本兵だの、死んだふりをした米兵が起き上がってから撃った拳銃で死ぬ日本兵だの、撃ち合いが続く硝煙の中をなぜか遮蔽物に隠れもせず歩き回る日本兵だの、日本兵を描く時のお決まりの「降伏すると思った?残念嘘でしたーwww」作戦だの、バンザイ突撃の安売りだの、稚拙な表現がこれでもかと続き非常に興ざめする。やべえ戦場で戦ってましたよ感皆無。なんか適当に迫撃砲の爆発で一定数味方を殺しときゃあそれっぽくなるだろみたいな雑な仕上がりだった。

「戦争よくない、(日本人だけが)反省しよう、あの悪夢を二度と繰り返さない」といった歴史ガン無視のかいつまんだクソメッセージを挟まず、ひとりの兵士を淡々と描く、という方向性は良かった。が、結局劇中に登場するそれぞれのパーツがバラバラすぎてまとまらず、「主人公が奇抜なだけの普通の戦争映画」で終わってしまった印象。

あ、あと牛島満大将役の方はすごく似てました。
日本人に主人公がモルヒネを打つシーンが印象的
え!アメリカ人なのに日本人助けるの?!って思ったけど、1人でも多く助けたいって気持ちが伝わってきた
とても好きな映画
また見たい
太平洋戦争の沖縄戦で衛生兵として活躍した「デスモンド・T・ドス」の実体験を基に描いた戦争及び伝記映画。

武器を持たずに戦場に行った、そんな内容に惹かれて鑑賞。

前半はちょっともたついている印象だけど、それが後になって相乗効果をもたらしているのが良かった。
一味違った戦争映画、だけど悲惨さも、感動も、愛も詰まった優れた反戦映画のひとつになったと思います。

救いも求める声が一度聞こえれば、助けずにはいられない。
彼は良心的兵役拒否者であり、天性の衛生兵だったのですね。
>|