ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

戦争映画なのに、1番カッコいいのが銃や武器を持たない戦わない1人の衛生兵。

主演のアンドリュー・ガーフィールドは「ソーシャルネットワーク」で初めて知って、そこからずっと好きな俳優さんですね。

なんか、どこかナヨっとしてる感じなんだけど優しい兄ちゃんて感じで好きなんですよね笑

さて、今作「ハクソー・リッジ」ですが…

凄い良かったです。
戦争シーンは圧巻。「いいか?戦争とはこういうことだぞ」とその凄まじさを改めて認識させるかのようにグロ描写も血なんか当たり前で、爆発で足失ったり、頭撃たれたり、蜂の巣にされたり、切り離された胴体から内臓ブシャーとか惜しげも無く、サービス満点で見せてくれます笑

観てるだけでその場の火薬や血肉の臭いがしてきそうなくらいの激戦シーン。

こんな戦場に銃も持たずに走り回ることが怖過ぎて考えられない笑

でもバンバン映像が切り替わったりするんで個人的にはグロ描写見てもそこまで「うわぁっ」とかあまり思わなかったかも!


そして日本人なのに日本兵が怖いw
時折聞こえてるくる日本語もww

なんとも複雑な気持ち。

上司の命令だろうと軍法会議にかけられようと刑務所に入れられようと何があろうと“絶対に武器を持たない”と信念を持った主人公のデズモンドには感服です。


(※ちなみに、戦争まで行くのに長いという声も聞こえますが、この行くまでの前半部分も結構面白いです。( ̄∀ ̄) )



そこまで貫き通すって凄い精神力と勇気の要ることだと思うし、その結果たった1人で75人の負傷兵を救ったとか…

カッコ良すぎるでしょ笑
途中から感動しまくりです。

そして改めて戦争なんて起こしちゃいけないなとも思いました。

この戦争でアメリカ軍も多くがPTSDになってしまったという日本の沖縄・前田高地での戦い。

敵として描かれてる日本人ですが、決して悪者として見せずにホントに強い相手だったという敬意を保った描き方がみられて、不快感とか感じない。


クリントイーストウッド監督の「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」を観てたりするとより面白そうとも感じる笑


あともう、主演が同じでキャラ設定が少し似てるから、時代設定の違う「沈黙」みたいに感じる笑



臨場感を味わいたい方は音響が良い映画館で体感してください!
一見の価値あり、大変良かったです!(°▽°)
こまち

こまちの感想・評価

4.4
いくつか戦争物を見たけれどその中でも戦闘シーンの悲惨さは郡を抜く。
予告でそういう戦闘シーンを見てたから序盤のアメリカンドラマな美しいシーンにあれ??となっていたけれどそれだけに後半が余計に辛い。

臆病者、と言われているけれどドス自身はひとつも変わってなくて、勝手に周りが貼ったレッテルが剥がれていくだけ。

銃を持たないという信念、その状態で戦火の中仲間を助け回る執念、そして軍退却後もなお助け続けるその強い精神。
涙無しには見られない。

沖縄戦ということで、日本人もどんどん殺されていく様を見るのはやはり悲しく、ただ同様にアメリカ人ももちろん死んでいくわけで、本当に戦争って救いようがない。
人を殺した分だけ褒め称えられる戦争において、衛生兵として敵兵までも助けて勲章を得たドスこそまさに、表彰されるべき人なんだろう。
「国のために戦いたい、でも人は殺したくない」っていう敬虔なキリスト教徒が衛生兵として活躍する実話。無難に面白かった。

衛生兵として一人で死地に残って仲間を助けまくるっていうのはすごいんだけど、他人に人殺しという汚れ仕事を押しつけられることが前提(みんながみんなデズモンドみたいな兵士だったら戦えないわけで)だから、ズルく思われても仕方ないところはあるよなあ。

デズモンド単体で見ればいい話ではあるけど、最後の方は日本兵を撃破するアメリカ軍をかっこよく描いたり、日本兵の卑怯な戦いぶりを強調したりと結局米軍万歳🙌映画なところは残念だった。

デズモンドには名誉な勲章が贈られたらしいけど、これを見て「デズモンドみたいに銃は持たないけど、衛生兵になりたいです!」みたいな志願兵が殺到したりしたんだろうか。軍も偉大な先例があると断りにくいよね。どうしてるんだろう。
Watson

Watsonの感想・評価

4.5
これは素晴らしい作品です。
見ないとその素晴らしさは分からないかな。沖縄での対戦を題材にして、なんと実話であるんですから。
キャンプテンアメリカみたいな主人公でした。武器を持たない兵士、だけど他とは違った考えを持つ人間。武器を持たずとも自分が役に立つことがあるはず、その思いを戦場に、75名の負傷者を一人で救出することに成功しました。誰もが最初は臆病者だと思っていたけど、実は違かったんですねー。彼のような人こそ憧れるべき英雄とだと思いました。
ユキ

ユキの感想・評価

4.0
戦争映画でこれほどのものはプライベートライアンくらいだと思う
それくらいの傑作


人の殺し合いの戦争の中で
人を決して殺さず救うために戦争に行く

そしてその意思を、新年を曲げることのなかったお話


写実もリアル
構成も全く申し分ない
某

某の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ハクソー・リッジで戦う相手が日本軍だと知り、本編とは関係なく戸惑った。

最後に主人公のモデルになった本人のインタビューを流すことにより、記録映画的な印象が強まり、個人的には好みでは無かった。
DVDの映像特典ではダメだったのか。
RF5

RF5の感想・評価

4.5
よく出来た映画
戦闘シーンが結構ある
見ていてあきない

満点5
おすすめ 4.5
泣ける&感動 3.5
スリリング 4
テンポの良さ 3.8
効果音 4 映画館で鑑賞
エロさ 0
人間、究極の極限状態でも、自分を貫き等せるものなのか!
日常の些細なプレッシャーでも大勢に流されてしまう自分。信念を持った人の強さを見せられた。
でも、戦争は辛い。
CHIKUWA

CHIKUWAの感想・評価

3.9
主人公の意志の強さに惚れた
>|