ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

戦争映画なのに、1番カッコいいのが銃や武器を持たない戦わない1人の衛生兵。

主演のアンドリュー・ガーフィールドは「ソーシャルネットワーク」で初めて知って、そこからずっと好きな俳優さんですね。

なんか、どこかナヨっとしてる感じなんだけど優しい兄ちゃんて感じで好きなんですよね笑

さて、今作「ハクソー・リッジ」ですが…

凄い良かったです。
戦争シーンは圧巻。「いいか?戦争とはこういうことだぞ」とその凄まじさを改めて認識させるかのようにグロ描写も血なんか当たり前で、爆発で足失ったり、頭撃たれたり、蜂の巣にされたり、切り離された胴体から内臓ブシャーとか惜しげも無く、サービス満点で見せてくれます笑

観てるだけでその場の火薬や血肉の臭いがしてきそうなくらいの激戦シーン。

こんな戦場に銃も持たずに走り回ることが怖過ぎて考えられない笑

でもバンバン映像が切り替わったりするんで個人的にはグロ描写見てもそこまで「うわぁっ」とかあまり思わなかったかも!


そして日本人なのに日本兵が怖いw
時折聞こえてるくる日本語もww

なんとも複雑な気持ち。

上司の命令だろうと軍法会議にかけられようと刑務所に入れられようと何があろうと“絶対に武器を持たない”と信念を持った主人公のデズモンドには感服です。


(※ちなみに、戦争まで行くのに長いという声も聞こえますが、この行くまでの前半部分も結構面白いです。( ̄∀ ̄) )



そこまで貫き通すって凄い精神力と勇気の要ることだと思うし、その結果たった1人で75人の負傷兵を救ったとか…

カッコ良すぎるでしょ笑
途中から感動しまくりです。

そして改めて戦争なんて起こしちゃいけないなとも思いました。

この戦争でアメリカ軍も多くがPTSDになってしまったという日本の沖縄・前田高地での戦い。

敵として描かれてる日本人ですが、決して悪者として見せずにホントに強い相手だったという敬意を保った描き方がみられて、不快感とか感じない。


クリントイーストウッド監督の「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」を観てたりするとより面白そうとも感じる笑


あともう、主演が同じでキャラ設定が少し似てるから、時代設定の違う「沈黙」みたいに感じる笑



臨場感を味わいたい方は音響が良い映画館で体感してください!
一見の価値あり、大変良かったです!(°▽°)
強く優しい実在の人
人を批判せず圧力に屈せず自分の信念を貫く生き様は素晴らしい!

グロテスクな表現で苦手な人は見れないレベルで肉片が飛び散る。

こういった表現をあえて選び、戦争とは悲惨ということを伝えようとしているように感じた。

ドラマとアクションシーンが分離しているように感じ少し残念だった。
よっこ

よっこの感想・評価

4.8
本当英雄だ!と思った。
武器を持たず戦争に行く……そして負傷者を助け続ける。
なんて強い心の持ち主なんだろう。
そんな簡単に真似出来ないなぁ。。
nicoooooo

nicooooooの感想・評価

3.9
終盤日本人が白旗をあげ降参するフリをし、攻撃するシーン。あの様なシーンが歪曲して「白旗を上げてもアメリカ人は女子ども関係なく殺す」といった噂が流れて自決していったのかと思うといたたまれない気持ちになった。ストーリーの本筋ではないが。
すずき

すずきの感想・評価

4.0
太平洋戦争の沖縄戦を舞台としていて、その戦場は悲惨そのもの。
弾丸と爆轟が降り注ぎ、肉片は飛び散る。(下手なホラー映画よりグロ注意だ)
狂気の戦場では、一人の人間の力なぞ微々たるもの、一体何が変えられようか。
そんな中、決して折れず曲がらず、まっすぐに自分の信念に基づき行動した男、デズモンド・ドス。
消えゆく命を救うため、武器も持たずに前線へ飛び込む勇気と力強さに、敬服するばかりだ。

死を恐れないアメリカ軍人と、もっと死を恐れない日本軍人。
何が彼らを突き動かすのか、きっとそうしなければならない状況にあったんだろうな、当時の世相は。恐ろしい!
別に自分は反戦平和とか叫ぶつもりはないし、この映画も反戦を謳った映画ではないのだろう。
主人公も個人的信条として自らは武器を持たないだけで、戦争自体を否定していないし。
ただ戦うだけが正義ではない、死にそうな人がいて、そこに手を差し伸べる、という正義もあるのだ、というア○パンマンのやなせイズム的なものを描いた映画なんだろう。

そーゆーテーマ的なものは理解できたし、映画としても面白かった。
けれども、同じ日本人として見るに、日本兵の描き方には少し疑問だ。
どんな手を使っても勝たなければいけない、そこまで追い込まれていたのはわかるが、ちょっと悪辣に描きすぎじゃないだろうか。
戦場の様子も、テーマ的に必要とはいえ、悲惨さ残酷さだけを過剰にクローズアップしすぎなんじゃないだろうか。
…戦争を知らない世代で、史実も文献も何も知らない無知な自分が言っても説得力ゼロだけど、ちょっと話盛ってない?的に感じちゃったのだ。
最高でした。拍手。
MtD

MtDの感想・評価

2.8
戦争映画というより生き方論の映画。メルギブソン監督ということでナメてかかっていたがめちゃくちゃよかった。
グロ系反戦映画。ただ、アクションとドラマとどっちつかずな感じもあるし、米国の「正義」から抜け出せていない感じもあるしで、反戦の中身はスッキリしなかった。
はぐみ

はぐみの感想・評価

4.3
戦争はしちゃいけない。


民間人の犠牲も相当だったこと。ここまで描いてくれたらさらに良かった。とはいえ、この作品を通して知るきっかけになるというのでも、意味はありすぎるほどにあるのかもしれない。


大佐と軍曹がかっこよかった。(最初はただ怖くて嫌な存在だった)


余談
祖父も衛生兵だったと聞いたことがあるなぁ。検査の時、脱ぎ散らかしてあるみんなの靴を揃え直していたところ、衛生兵に推薦されたとか。
Kentaaaa

Kentaaaaの感想・評価

4.6
戦争史上最も悲惨といわれた白兵戦
プライベート・ライアン、フューリーに続く衝撃でした。
全体的に上手くまとまっていて、序盤ではおもしろ要素もあって笑えるシーンも多かった。中盤以降は前田高地での戦闘の激しさを忠実に再現していて、終始見入ってしまった。専用の爆薬を多用したりで、とにかくリアルだった。終盤で主人公のドス(衛生兵)が敵地に逃げ込み、負傷した日本兵を手当てするシーンには胸を打たれた。
メルギブソン監督の傑作やと思いました
自らの信念によって武器を持たずに戦場の最前線に立つ若い男の話。
沖縄戦の切り立つ崖(ハクソー)での攻防シーンまでは、主人公が裁判で軍法会議にかけられてもなお武器を持つことを拒みあくまで衛生兵としての参加を望む流れを詳しく見せていく。
それゆえ人体損壊シーンの容赦なさが異常性を引き立てる。でも実際担架で運ばれる医療現場は恐らくもっとえげつない惨状なんだろうな。
個人の強い信念を迫力ある映像で魅せていくのはさすがメル・ギブソン監督だな。
>|