ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

戦争映画なのに、1番カッコいいのが銃や武器を持たない戦わない1人の衛生兵。

主演のアンドリュー・ガーフィールドは「ソーシャルネットワーク」で初めて知って、そこからずっと好きな俳優さんですね。

なんか、どこかナヨっとしてる感じなんだけど優しい兄ちゃんて感じで好きなんですよね笑

さて、今作「ハクソー・リッジ」ですが…

凄い良かったです。
戦争シーンは圧巻。「いいか?戦争とはこういうことだぞ」とその凄まじさを改めて認識させるかのようにグロ描写も血なんか当たり前で、爆発で足失ったり、頭撃たれたり、蜂の巣にされたり、切り離された胴体から内臓ブシャーとか惜しげも無く、サービス満点で見せてくれます笑

観てるだけでその場の火薬や血肉の臭いがしてきそうなくらいの激戦シーン。

こんな戦場に銃も持たずに走り回ることが怖過ぎて考えられない笑

でもバンバン映像が切り替わったりするんで個人的にはグロ描写見てもそこまで「うわぁっ」とかあまり思わなかったかも!


そして日本人なのに日本兵が怖いw
時折聞こえてるくる日本語もww

なんとも複雑な気持ち。

上司の命令だろうと軍法会議にかけられようと刑務所に入れられようと何があろうと“絶対に武器を持たない”と信念を持った主人公のデズモンドには感服です。


(※ちなみに、戦争まで行くのに長いという声も聞こえますが、この行くまでの前半部分も結構面白いです。( ̄∀ ̄) )



そこまで貫き通すって凄い精神力と勇気の要ることだと思うし、その結果たった1人で75人の負傷兵を救ったとか…

カッコ良すぎるでしょ笑
途中から感動しまくりです。

そして改めて戦争なんて起こしちゃいけないなとも思いました。

この戦争でアメリカ軍も多くがPTSDになってしまったという日本の沖縄・前田高地での戦い。

敵として描かれてる日本人ですが、決して悪者として見せずにホントに強い相手だったという敬意を保った描き方がみられて、不快感とか感じない。


クリントイーストウッド監督の「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」を観てたりするとより面白そうとも感じる笑


あともう、主演が同じでキャラ設定が少し似てるから、時代設定の違う「沈黙」みたいに感じる笑



臨場感を味わいたい方は音響が良い映画館で体感してください!
一見の価値あり、大変良かったです!(°▽°)
Keengoo

Keengooの感想・評価

3.4
日本人としては少し複雑な気もするけどこれが戦争のリアルなんだと思います。
どちら側もみんな被害者で善悪とかで分けられるものではない。戦争なんてろくでもない。
信念を貫き通す主人公は良かったのですが最後の方の演出?っぽいのはちょっと興ざめな映画でした。
信念を貫き通す強さ、尊敬です!
戦闘シーンはかなりグロテスクです。
ご注意を。。。
明烏

明烏の感想・評価

4.5
戦争映画であり、戦闘シーンで『プライベート・ライアン』を引き合いに出された売り文句がある為、「武器を持たずに戦場に立った衛生兵の英雄譚」かと思って観に行ったが、観劇後の感想はもっと深いテーマをもった映画だったと思った。

まず戦闘シーンはプライベート・ライアンに比べてそこまで過激かというと個人的にはそう思わなかった。
舞台になった戦場が大戦中屈指の激戦地沖縄であるからそりゃあ凄惨だろうと思うし、演出がめっぽう上手いので思わずうずくまりたくなる程の恐怖感がある。
凄まじく「怖い」のだ。あと10分続けていたら途中退席者出たんじゃないのかこれ。
もうメル・ギブソン流石と言うしかない。

重要なテーマである宗教と信念に関してもライアンより考えさせられる事多し。
信仰のない自分にとって、デズモンドの信仰からくる信念は最早ヤケクソじゃないのかこいつ、とかトランス入ってんな、とかそんな感じで観てしまった訳だが、信仰とはそう言うものなのだろうか。ガーフィールドの「あの感じ」も相まってもはや狂気。
まぁ、根底が神であれ自己であれ結果その行動が多くの命を救ったと言う結果は変わらないので素晴らしいとは思う。

特にこの映画は日本人が見る事で深みを増す映画だと思う。
人を殺さない信念をもった男が戦場に立つ訳で、その戦場は後に戦争自体を憲法で禁じ戦場に立つ事を放棄する国な訳で、、、。
仮に軍隊を持ったとしても、デズモンドの様に殺さないという強い信念が皆にあれば戦争には参加しないのだろうが、今のこの国が戦争を行わないのは平和への強い信念ではないだろうから、、。結局憲法に縛られていないと戦争論が強くなれば大勢迎合し兼ねない国民性を嘆くばかりだ。
デズモンドが兵役を志願した理由や決意、戦場でとった行動を観ていると、戦争とは、戦場に立つ意味とは?と、日本人として考えさせられました。

多くの人に観て欲しい映画だと思った。
ま

まの感想・評価

3.7
これが実話だっていうんだからなあ
Toku

Tokuの感想・評価

4.0
気になった音楽たち
Hacksaw Ridge/Rupert Gregson-Williams
One Man at a Time/Rupert Gregson-Williams
Praying/Rupert Gregson-Williams
tenkinzoku

tenkinzokuの感想・評価

4.0
銃をもたないという信念。
素晴らしく感動しました。
最後まで目を離せませんでした。
べ

べの感想・評価

5.0
泣ける
「殺人は最悪の罪」
「汝、殺すことをなかれと胸に刻む」
と、
第二次世界大戦中、
宗教的信念から武器を持たずに沖縄の戦場へアメリカの衛生兵として赴くことになったデズモンド・ドス(アンドリュース・ガーフィールド)の物語。

ドスは
良心的兵役拒否者として扱われ、
軍内でも偏見や差別されるのですが、そりゃ〜わかります。
で、上官からは
「もういいよ、お前は除隊して国に帰れ。戦争は俺たちがやるから任せろ」
と、言われるのです。
コレがアメリカの合理的な考え方!
当時の日本では非国民扱いで到底考えられませんね。


戦地のキツい話ばかりでなく、
主人公のラブストーリーが良かった〜
彼女の病院に献血に行った翌日、
「献血した後、心臓がドキドキする
あなたを想ってドキドキするんです💓」
って、
アンドリュー・ガーフィールドのニコニコ顔で言われたら、オチますよ❣️

以上、信念を貫く男の物語にかなり興奮させられ魅入ってしまった作品でしたが、、、

一晩中、崖の上から一人づつ負傷者がロープで降ろされているのを崖下でその負傷者を搬送している人たちは知っているのに、手伝いに行かないのはナゼ??
そして、
ドスが負傷者と共に、ロープを降りて来る時に、多くの日本兵から狙撃されるのですがコレが当たらない
(~_~;)
しかも日本兵は下からの米兵に撃たれまくり!
(@_@)
同じ日本人として〜 複雑でした。
ロープ切れ‼️
って思いましたワ♪

でした。
f^_^;
絶対に曲げない信念を持つ。デズモンドは最高にかっこいい男でした。

戦闘シーンは長めです。
>|