ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

Fuzzzzy

Fuzzzzyの感想・評価

4.0
全編通して、緊張感があるのかと
思っていたら、出だしに笑える
ウィットに飛んだ整列が待っていた!

途中から始まる銃撃戦からは、かなり激しく悲惨さが伝わる映像だった。
戦争のリアルな恐ろしさは、
当事者にしかわからないだろうけど
十分に恐ろしく感じれた映画だった。


75人もあの崖から人を救い出す。
実際にあったと思うと、奇跡に
近いような気がする。
信念に基づき、自分の使命を遂行した
[デズモンド・ドス]
彼の偉業をかいま見れた気がしました。

「Please help me get one more」
のこ

のこの感想・評価

4.0
中盤、ドスの信念をみた。
敵味方関係なく助けるドスに、ただただ頭が下がる。
日本人のイメージが…こんな感じなんだろーか。
茶葉

茶葉の感想・評価

3.6
こんなんあり得ますかいな…と思いながら観てたらまさかの実話だった。すごい。
mei

meiの感想・評価

4.5
久しぶりに心にくる映画でした

戦時中武器を持たないをモットーに戦地に赴く主人公。
沖縄戦の時の、負傷者を助けにいくシーンでの「神様、あと1人」助けさせてくださいと心で唱えるシーンがぐっときた。
何より負傷者は、味方、敵問わず助けていて本当の意味での心の大きさというものを感じました

何より先に逃げたくなる地で、逃げずに立ち向かう主人公に勇気をもらえる作品
zlata

zlataの感想・評価

4.0
私たちに身近な沖縄戦の舞台をアメリカサイドの一人の男性について描かれたの映画。実話でありほかにない戦争の映画。
Maki

Makiの感想・評価

4.2
すてき
saya

sayaの感想・評価

4.3
悲しいのか苦しいのか辛いのか感動してるのかいろんな感情で泣けてしまう映画だった。生々しい描写のお陰で戦争の恐ろしさを感じれた。あんな簡単に人が死んでしまうなんてほんとうに恐ろしい。。大迫力で映画中ずっと引き込まれてました。みて良かった!!!
前半の生活と訓練が既にドラマとして最高で、後半の英雄譚とケレン味抜群のショットに泣きっぱなし。

暴力じゃなくて救済でカタルシスを感じるって凄くないですか?マシュー・ヴォーンとミヒャエル・ハネケは100回くらい見たほうがいいと思うよ。
もう1人助けさせて。

1人の勇敢な兵士デズモンドの話。
戦火の中1人で75人もの負傷兵を助け出しなんて信じられないことだ。

大尉を運ぶシーンは泥臭くてかっこよ過ぎた。
>|