ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

Fuzzzzy

Fuzzzzyの感想・評価

4.0
全編通して、緊張感があるのかと
思っていたら、出だしに笑える
ウィットに飛んだ整列が待っていた!

途中から始まる銃撃戦からは、かなり激しく悲惨さが伝わる映像だった。
戦争のリアルな恐ろしさは、
当事者にしかわからないだろうけど
十分に恐ろしく感じれた映画だった。


75人もあの崖から人を救い出す。
実際にあったと思うと、奇跡に
近いような気がする。
信念に基づき、自分の使命を遂行した
[デズモンド・ドス]
彼の偉業をかいま見れた気がしました。

「Please help me get one more」
確かに英雄譚。常人には真似できない。

でもさ、他の兵士たちだって本当は人殺しなんてしたくないはずだよね。それでも祖国や愛する人の為に銃を手にとって戦っている。人を殺めた感触に生涯苛まれつづけた人も多くいる。その中で自分だけ手を汚したくない、なんて頑なに主張するのは信念って言うのかな。仲間が手を汚すアシストはするのにさ。

結果的に偉業を為し遂げたから英雄だし、尊敬すべき人物だとも思うけど、その主義には最後まで共感できなかった。だから心を動かされるはずのシーンもなんだかモヤモヤ。こういう「殺さずの誓い」タイプの主人公ってどうも好きになれない。

ま、ともあれ戦争映画としてハイレベルなのは確か。ただ、個性と反戦精神がなにより尊ばれてる現代だからこそ評価される作品だとも思う。日本人として素直に呑み込めない部分も多々ある。
かーく

かーくの感想・評価

4.2

筋が通っていてもどうにもならないことあるけど
それを突き通しきるってのはすごい、しかも戦争
人物もそうだけど戦闘シーンもすごかった
Rick

Rickの感想・評価

4.6
地獄のような戦場の中で、武器を所持しない人を殺さないという信念を貫き通すのは、狂気と思われても仕方ないかもしれない。それでもデズモンドにとっては、その信念が「大切なもの」であり、決して愛国心と背反するものではなかったのだろう。
戦闘シーンはプライベートライアンに比肩するレベルの壮絶さを誇っているが、戦場に行くまでに1時間使ってキャラをしっかり見せるため、より物語性が増していると思う。前半はかなりヒューゴパパが印象的....
リアルで、色々考えさせられました。
ゆーり

ゆーりの感想・評価

4.0
どんなことを言われようとされようと自分の信念を負けないドスがすごくかっこよかった。

あと1人だけ。あと1人だけ。って何十人も助けてて感動した。


やっぱり実話好きだなぁ
天狗

天狗の感想・評価

2.5
なんか手放しで本作称賛するのに少し違和感を持った人もいるんじゃないの?

敵に白旗あげて油断させ、手流弾で奇襲攻撃する姑息な日本軍。死を恐れず狂信的に突入してくる日本軍。そんな欧米的価値観からは遠く離れた日本軍から負傷した味方を救った主人公。

思うのですが、戦争の最前線なんて超法規的状態であり、そこでは米軍も日本軍も同じだったのではないのか。死を免れるために何でもやったんでしょ。

映画的な演出で、敵を極悪非道にえがかないといけなかったというのはわかりますけど。

それに異を唱えた人の話なんでしょ。

というようなことを強く感じてしまい評価低いです。メル・ギブソン、わかるよな。日本兵に包帯巻くシーン挿入したくらいでちゃらにはならんよ。
ました

ましたの感想・評価

4.5
素晴らしかった。
信念を貫く人間の素晴らしさ。
実話を実写化した作品。日本兵の演じ方にどこか違和感を感じました。でも主演の方たちの演技、表情はかなり良いと感じます。
>|