ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

とにかく残酷なまでにリアルな戦場描写。音響もかなり意識してる。
日本兵の考証もしっかり出来てる感じだし、この映画への思いを感じる。
願わくば、デズモンドが銃を取らない理由が前半部のレンガであって欲しかった。

感想ブログ
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/06/30/123000
揺るぎない信念と矜持をどんな時もどんな場所でも持っていて、常に変わらない自分でいられる彼の行動に涙がでます。やり遂げてしまうのだから凄い。
そして、彼の妻役の女優は突き抜けるような美女!吸い込まれてしまいそうな感じです。
どの国の視点というのではなく、彼の姿とその妻の支えに光が当てられていました。実在の人物とのこと。
milk0901

milk0901の感想・評価

5.0
母と観ました。
これ程までに、目の離せない映画はあっただろうか、と思わせてくれる良作です

ぼろぼろ涙が止まらないのに、
拭う暇さえ与えない。

幸や不幸や善や悪でなく、
生きるか死ぬかの戦争のなかで
ただ一人信念を貫いた男の人生

もしかしたら彼だって
生きて帰らなければこんな風に
英雄化されていなかったかもしれない
錆びれたバーで語り継がれる
ただ一人の人間だった

そんな同じ人間が
ただ自分の信念を貫いた
自分にとり一番何が大切か
それを一番に考えた

悪い言い方をすればエゴイスティックです。
そして映像も、戦争を決して軽視せず、直視するには耐えられない程の思いです。

それでも一瞬たりとも見逃してはいけない。
一瞬たりとも彼自身を、彼を動かした全てを見逃してはいけない。
そう思わせてくれる映画はなかなか無いなぁ、と。

戦争を取り扱った映画は、決して、戦争のヒーローを神格化すべきではないです。
個人的には被害者や加害者という概念もあっては、本当はいけないものだと思います。

ただ、戦争というものが許せない。
そんな思いが広がって欲しい。
eddiecoyle

eddiecoyleの感想・評価

3.4
メルギブがフルメタル・ジャケットの構造を敬虔なクリスチャンで仕上げたら、隙間から溢れ出る暴力が妙に目立ってそれが彼の作家性と語られてしまっている。本人には不本意であっても。
リス

リスの感想・評価

4.0
戦争の側面を埋めてくような作品が最近…でもないのかも知れませんが、最近多く見るような気がして、こんなに知らないことや賞賛されるべき人や物事があってそれが自分も含め多くの人の目にこうして触れて初めて知ったりするのは本当によいことだなって思います。
patitaku

patitakuの感想・評価

4.4

人間の中にある
凶暴性や残忍な部分を
強い信念を貫くことにより
抑え切り、そして
生まれる奇跡のような物語
イモリ

イモリの感想・評価

3.0
主人公の使命感が強すぎて怖い、彼の真似はできないけど 人のために動いてるか?と自分に聞きたくなる。
>|