ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

とにかく残酷なまでにリアルな戦場描写。音響もかなり意識してる。
日本兵の考証もしっかり出来てる感じだし、この映画への思いを感じる。
願わくば、デズモンドが銃を取らない理由が前半部のレンガであって欲しかった。

感想ブログ
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/06/30/123000
戦争映画また塗り替えられた
歯クソ出てきませんでした。
TeoDAce

TeoDAceの感想・評価

3.9
スゴい映画やった。
細かい内容のどこまでが真実かは分からんけど、銃を持たずに人を助ける為に戦争に行くって、本間にヒーローみたいな人やんな。
こんな人が戦争に行く程に世界は歪んでて、今尚こんな事が当たり前に起きてる国があるんだよね。
でも、戦争映画観て毎回思うけど、視点が違うだけで何が悪とかなくて各々が信念貫こうとしてる気がして…だからこそ、虚しい気がする。でも、土地を侵略する為とかの戦争は悪な気がするな!
あとっ!最後、日本兵の白旗揚げて奇襲はアカンやろ( ̄Д ̄)ノ

てか、これR指定無しで大丈夫なん…結構エグいとこあったけど(ーー;)
saeco

saecoの感想・評価

4.4
戦争映画でここまで心を掴まれるものはなかなかない。
映像越しに痛みや苦しみ、希望を感じる。
リアリティーさがすこぶるいい。
でも所々で求めすぎな演出に出くわしてしまい我に返る。本当におしい。

メル・ギブソン初作品、次はどんなの作ってくるのか楽しみになる一作。
誰が誰だか
fmコウ

fmコウの感想・評価

3.0
作品としては面白いけど、監督が誰かわかってたら観なかった…
第二次世界大戦の沖縄戦、信念を貫き通した衛生兵の真実の物語
前半は、衛生兵とは言え「銃を持たずに兵士になる事」がいかに難しいかを描いており、後半は信念通り銃を持たずに衛生兵として頑張る話

戦争に参加しないという選択肢もあったのに、「誰かを救う事でも国の為になるはず」という想いで軍に入り、どれだけの非難や迫害を受けても「銃に触りすらしない」という信念を貫き通した主人公にただただ感動

前々から思ってたけどやっぱりテリーサパーマー超キレイ
デズモンドよりお父さんのストーリーに注目してしまった。
死に苦しめられながら生きている姿が可哀想で。

みんな好きで人を殺しているわけじゃないのに戦い、戦後その罪を背負って生きていくのに、デズモンドの銃を取らず人を殺さないっていうのがどうも責任逃れな気がしてあまり共感できなかった。
父の姿がよっぽど嫌だったのだろうか。
人を殺めてはいけないっ!と、周りに促す行動が見られたら別だったのかもしれないけど、どうも"私は"しませんっていうのがあまりだった。

大日本帝国の兵士怖いです。

戦闘シーンの迫力が同時に戦争の怖さを訴えるものになっていた。
Uttie

Uttieの感想・評価

3.7
複雑なテーマを突き付けられる。
>|