ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

とにかく残酷なまでにリアルな戦場描写。音響もかなり意識してる。
日本兵の考証もしっかり出来てる感じだし、この映画への思いを感じる。
願わくば、デズモンドが銃を取らない理由が前半部のレンガであって欲しかった。

感想ブログ
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/06/30/123000
一人で見なくて良かった。
ryo

ryoの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

実話ってことがまず凄い
銃を持たず衛生兵として
人を助け続けた姿は
本当の人の有るべき
姿だと感じた
正直鳥肌ずっと立って
リアリティー差が
半端じゃなかった
アメリカ軍内での宗教的概念、
日本軍の自決シーン
(切腹)も当時のアメリカ、
日本の文化までも考えて描かれているなと
感じた
第二次世界大戦の映画の
作品の中では自分の中でトップクラスの作品だと思います
aki

akiの感想・評価

4.0
何よりもこの映画が実話だって事が胸をうつ
おそらくフィクションとしてつくられた映画だったら、ここまで感動しなかった
戦争で命を奪う事よりも救う事を選んで、75人もの命を救う
本当の英雄の姿だと思う

そして…エンドロール前のご本人のインタビューで、更にこれが本当にあった事だと再認識して泣けました
Ryuheihei

Ryuheiheiの感想・評価

4.0
第二次世界大戦下、沖縄での「ハクソー・リッジの戦闘」において実在した銃を持たない一人の兵士の話。まず大前提として、戦争というものの悲惨さや愚かさというのを大々的に見せられる。直接的で残酷な描写はもちろんだし、つらい部分もたくさん。そういった映像やストーリーや、実話という事実の他に、設定などいろんな角度から人間というものが描かれる、戦争映画でありながら人間ドラマ的な部分も強い作品。
宗教的な倫理観はさておき、この時代に生きてなくても彼がどれだけ「異端」とされてたのか、物凄く伝わってくる。戦時中に戦いを拒むことがどれだけ反感を買うか、理解されないか。なぜそこまでして、と見ているこちらも主人公を疑ってしまうほどに。彼には彼の戦い方があったんだなと、そしてそこには確かに目に見えない力が働いていたんだなと、話が進むにつれてこちらにも伝わってくるような造りである。観客の物事を見る角度が次第に変わっていくというか、そんな感じ。宗教的な信仰心というものが題材かと思いきや、じつは人間の本質を見せられて、胸が熱くなる。何を「信じる」かは人それぞれ。
まぁそういったものを考えずとも単純に見て感じて、という楽しみ方もできる良作。アンドリュー・ガーフィールドは役にかなりハマってるし、戦いの臨場感も素晴らしい。劇中に敵方として写されるのが日本兵という、日本人からしたらそこだけがなんとも複雑ではあるけども。
そやん

そやんの感想・評価

4.3
やっと観れた
でも夜に観ない方がいいって言われた意味がわかりました。笑
続けてコメディでも観ないと寝れそうにないʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ

デズモンドの信念の強さに涙
軍の中にいる誰よりも強い男だと思う
軍曹を助けるシーンが何か1番かっこよかった

途中からの戦闘シーン
心臓のバクバクと手汗が止まらんすぎて
ほんとにやばかった

戦争映画昔から怖くてあんまり観れないけど
勇気出して観たら観たで
怖いけど怖い以上に思えることがありすぎて
やっぱりいいなって思ってしまう

これが実話ってのがまた色々思わせる
嘘みたいなほんとの話
信じる心って大切
奇跡ってほんとにあるんだね

戦争ってやだね🤦‍♀️
国のただのケンカに
国民みんなが巻き込まれて
ばかばかしすぎる
なんでなくならないんだろう
劇場に観に行きたいなと思いつつ見逃した映画を動画配信で観ました。
主人公の笑顔が可愛い
特に彼女に向ける屈託の無い笑顔が。
一転、入隊してからの彼が見せる笑顔にはハラハラしかしない。オイ、笑ってる場合じゃねぇだろうがと。
私だったら弱いから信念曲げて銃を手にしちゃうだろうなぁ。すごいよなぁ。
でも、ハラキリは無いよ。
ハラキリするくらいなら自爆覚悟で1人でも倒すでしょ。ご丁寧に介錯までしてましたけど。好きなんだろな外人は。日本人=ハラキリ。
面白かったけど、個人的には動画配信で良かったです。
NoboNona

NoboNonaの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

今年ももうすぐ終わると言う所で最高の映画を観た。。恐らく今年中にこの映画を超えてくるのは無いかもと思うくらい。。
最後まで信念を貫いたデズモンド、いつ死ぬかわからないスリル満点の戦場の数々のシーンは良い意味で心臓に悪く何度も観るのをやめようと思った。。これが実話だと思うと本当に良い時代に生きてて自分自身も考えさせられる映画でもありました。
もっと最初から最後までエグイ映画かと思っていたら前半はエグさを全く感じさせない"愛"ので少しびっくり。

美人だとは思うけどあご達者系女優あんまり好きじゃないんだよなーとか考えてたら後半からいきなりエグさが顔を出してきてそこからはもう目を背けたくなるような展開。

もちろん前半部分も主人公の信念についてなど重要な役割を果たしていて前編通して隙がない。

ドスの行動や考えは、戦争というものに対して正しいのかどうかはわからないけどけっして間違ってはいないものだと思います。
武器は持たずとも誰よりも命を懸けて戦ったドスの姿は胸の裡に響いて止まらない。

こういう映画につきものな日本人の描き方問題ですが、僕はフラットに日本兵を描いてくれていると思いました。
とてもフラットに捉えた上で、その場にいたアメリカ軍の兵士からはこう見えていたという風に描いてくれたと思っていて、決して日本人を頭のおかしいやつらとしては描いていないと感じた。

どちらが正しいというわけでもなく、またアメリカ軍もぎりぎりの戦いをしていたんだなというのを強く感じた。

最後に出てきてた日本人は牛島満かな?あそこはちょっとやりすぎ感が出てたけどまあしゃあなしか笑 事実は事実だし笑

ともかくオールタイムベスト級の映画でした。
>|