ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

4.0
2017.07.07鑑賞。武器無しで戦場に向かった男の脅威の実話。宣伝でハクソー・リッジが沖縄戦であることを一切謳っていなかったのだが、果たして正解だったのだろうか。宣伝のことは別にしても、メル・ギブソン監督がまた名作を生み出した。非常に好感が持てるというか、正解だったなと思ったのが、ドスの人生を幼少期からしっかり描いたことだ。ちょっと人とはどこか違うドスの人間性を、家族、恋人を通して描かれることで、軍隊における彼の奇天烈とも思える行動にも観客は理解できる。上官相手に常にニヤニヤなんてちょっとありえない。
彼が頑として、拳銃を所持しない理由も徐々にわかっていくのだが、その構成もお見事。冒頭の弟との一件で、もう二度とこんなことはするまいと思っていても、また、いざそのような状況になったら、やってしまうのが人間であるということを痛感してしまう。非常にメッセージ性が強く、思わずうなった。
渾身の戦闘シーンはやはり圧倒的な迫力で、目を背けたくなるほどの出来だし、ブラピ似の隊員との邂逅や、ラストの隊員たちに見送られるシーンなどは涙なしでは観られない。
エビラ

エビラの感想・評価

3.8
戦わずして衛生兵として闘う。敵を殺すのではなく。戦わずに助けるだけってどんだけ勇者なのか。真のヒーローの実話。歳とってからのメルギブはイーストウッド路線で監督業に力入れてる。
アメリカ軍視点なので日本人は入り込んで観づらいかも…結構残酷な感じだと思いました
kimm

kimmの感想・評価

4.1
TUTAYA店員おすすめで観てみたらとても良かった。
定期的に第二次大戦の作品を見るようにしてるんだけど、アメリカ軍と日本軍の戦いをアメリカ側視点で見たのは案外この作品が初めてかもしれない

戦争物の作品を見るたびにいつも真っ先に心の中で思ってしまうのが、「こんなに簡単に命が散っていっていいのか」ということ。そしてそれと連動するかのように反射的に涙がこぼれてしまう。ただただ悲しい、やるせないという感情しかこもっていない涙。

この作品も後半1時間くらい戦闘シーンが占めていて、すごく辛かった。見終わるのに2日もかけてしまったしね、、、
ただ戦闘シーン以外では、デズモンドとスミティが豪で夜を明かすところと、夜通し負傷者を一人で助け出したデズモンドの姿に温かい涙を流すことができた。

戦争物の作品を見ると、自分の無知を呪いたくなる。過去にこんなに悲惨な事実があったのにも関わらず、何も知らずにのうのうと生きてきた自分が腹立たしい。
賛否あると思うけど、もっと小さい頃から戦争の話は聞かせていくべきだと思う。アバウトに戦争はダメ!悲しいことって教えるんじゃなくて、ちゃんと過程を1から学ばせるべきだと思う。
戦争経験者の話をちゃんと下の世代に伝えていくべきなんじゃないのか

この作品みてそんなことを強く思いましたね
誰にも真似できないなって。
描写もリアルでドキドキだったけど引き込まれました。
心が武器って強いなー。
Ryoji

Ryojiの感想・評価

4.4
「汝、殺すことなかれ」

戦場に武器を持たず、衛生兵として多くの命を救った男の実話の話。

命がけで兵士を救うシーンは緊張感が凄くて面白かったです👍

あとテリーサ・パーマー美人すぎました☺️
何のための戦争だったのか
考えさせる作品
>|