ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

言葉が出ない。
久々に死ぬほど泣いた。
全編泣き通しでしたわ。

戦場シーンはプライベートライアンやダンケルクと並ぶ緊迫感。泣きそうです。泣いてましたが。
てかそれ以前のドラマシーンも泣いてたし。

自分の今の境遇に想うことあって、とても共感させられたってのもあるかもですが、日本人が敵となる沖縄決戦での、もっとも臆病者と虐げられていた一兵士のおはなし。もうグッとくるシーンの連発に、敵役が日本人でも感動します。

アンドリュー・ガーフィールドの笑顔はハリウッドの宝ですね。
この笑顔と、ライアン・ゴズリングの自嘲気味なニヒルな笑みは男でも惚れてまうやろ。いやほんと。

でも、出てくるのが日米とも兵士ばかりで、ほんとはあの火炎放射器に沖縄の民間人が大勢死んだのかと想うと、ちょっと点数を。。。双方、「犠牲者」にはご冥福を心からお祈りします。

でも良い映画!

~記録~

人を思う気持ち。命の大切さを考えさせられる作品。
戦争映画で1番良かった!
NARUMI

NARUMIの感想・評価

4.2
衛生兵って正直戦場においては良いように使われ、邪険に扱われるのかと思ってた。
ハクソー・リッジを見てまさにヒーローとし掲げられる人はこの人だって思えました。
1人残らず連れて救う。その信念に脱帽です。
RumiOhkusa

RumiOhkusaの感想・評価

4.0
もう見てられない。
実話じゃけぇ目を背けちゃだめなんじゃけど、しんどかった。
長かった。

まさに英雄。
デズモンドの勇気に賞賛。
普通の人じゃこんなことできんよ。
戦争は嫌だ。
凄いし凄いのだけど、俳優があまり‥
3ider

3iderの感想・評価

4.3

アメリカから見た日本の姿は

戦争を知らない私にとって衝撃でした

最後まで自分の意思を負けず

全うする姿は感動するし

戦争を知らない私にとって

驚きが詰まった作品でした
ym

ymの感想・評価

3.9
デズモンドの圧倒的にぶれない信念と、おそらく同じような信念が、日本兵にもきっとあったのだろう。

心に残る戦争映画。
小学生の時道徳の時間に「遠足?で足手まといなノロマな子が、誰かが怪我をした時に真っ先に駆けつけ、且つ冷静に救護してその子の見方が変わった」的な物語を読んだ記憶が甦りました。

主人公の信心深さには圧倒されましたし、戦争映画でもこういった形の(弱い立場から尊敬される存在へ変わる)英雄は自然に受け入れ易いものでした。

戦争という余りにも大き過ぎる敵以外にも、彼が戦うべき試練が幾つも有り、人間ドラマとしても消化が出来ます。実話だったのも驚き。