ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

Koyu

Koyuの感想・評価

-
久しぶりにこんなに泣ける映画を観れました(笑)
描写が生々しすぎず緊迫感があり、改めて戦争の悲惨さを痛感させられました。
主人公のドスの信念の強さには度肝を抜かれました。また奥さんがええ人すぎてもう泣いてしまう(笑)
結婚とはいいものですねぇ
HxSxKx

HxSxKxの感想・評価

4.0
後半緊張感エグくて疲れましたw
すごい映画でした。。。
あの状況で「1<75」を考え、自分の命よりも負傷者を助けることを実行したドス。

戦争映画はわりと観ている方ですが、経験したことないのでどうしても「映画として」リアルだなぁ、とかやっぱり客観的に観てしまいます。どの作品も。
描写がどうこうも含め、実際はきっともっともっともっと悲惨なものなんだと僭越ながら思います。。

人を変えてしまうとよく言われる戦争で信念・信条を変えず、殺すのではなく救うことを貫いたドスは何というかただただ偉大だと思いました。
(どの映画観ても戦争に「英雄」というのがあまり自分にはピンと来ないので、偉大としてます。)
すごいかっこいい、自分も頑張れってなる
縁さん

縁さんの感想・評価

3.6
とりあえず殺す殺す殺す!ってイメージ。
いかに戦争が残酷か、人を殺すことの
葛藤が沢山描かれてるなぁと思った。

日本人の手当をしてあげる主人公の姿は
きっと絶対戦争の世界で少なくなかった
だろうなぁって思ってる。

何にしても生理的に主人公の顔が
無理でニヤニヤしすぎてひたすら
気持ち悪かってんけど、ごっつええ話やん。

最後見終わって実話と知ってもう
讃えるしかなかった〜素敵でした👏🏼😕
たに

たにの感想・評価

4.2
僕は武器を持ちません。
戦争に行く者がそんなことが言えるのだろうか。と、この映画を観る前はそう思っていました。しかし、主人公ドズの強い宗教の考え方や神に誓ったあの日から銃は持たない!そう強い決心が観ていてとても感じました。

思っていた以上に戦闘シーンは凄かった!バラバラになる死体、燃えて雄叫びを上げながら目の前で死んでいく兵士たち。とてもリアルで痛々しい。そんな状態でも彼は武器を持たず、1人でも多くの命を救う。「主よ、もう1人助けさせて」と、、

彼は他の誰よりも命の重みを感じているなと思いました!
トモ

トモの感想・評価

3.9
痩せっぽっちのガキがすごいことを成し遂げる。
戦いのシーンは圧巻。沖縄戦ってのが少し複雑ではあったけど。
強い信念を持つ人はかっこいい。
銃を持たずに衛生兵として戦場に乗り込んだ男の話。ノンフィクション映画。リアルな戦場描写も凄い。ポスターの言葉通り、本当に戦争映画史を塗り替えたと思う。
主人公の、お人好しで素朴なプロポーズや、どんな困難にも己の意思を貫く姿に、涙が溢れてくる。
果たして、人間愛を貫くことと、戦争に参加することは両立できるのか。
ハクソーリッジとは、第二次世界大戦時に沖縄戦でアメリカが苦戦させられた前田高地のこと。ノコギリでギコギコ切ったように断崖絶壁なのでこの名。
実話に基づく。固い信仰心から人を殺めること、銃を扱うことを拒否した衛生兵が主役。この主役が山咲トオルそっくり。
対日本兵の戦争映画は、ついつい日本側の描写に納得できず興を削がれることが多いけど、この映画は比較的中立的というか、日本兵が変な日本語を話してアメリカ兵から一方的にズタボロにやられるわけではないので良かった。ちょっと英雄的に描かれすぎな気がしたけどまあ満足。
メル・ギブソンが監督の映画を見るのは初めて。面白かったので他の作品も見てみたい。
cateye

cateyeの感想・評価

-
あんなすごいことをできる人がいることに感銘を受けました
絶対に自分は無理だし、その人を信じることもできないとおもう