ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

沖縄戦。ハクソーの崖で銃を持たない衛生兵が、たった一人で75人もの負傷兵を救出するという奇跡を描いた実話。

前半は主人公であるドスが志願して入隊した軍で、その思想を受け入れられず周囲から冷遇され苦悩する様を描き、後半はハクソーでの壮絶な戦闘シーンを描く。
後半のハクソーの崖を登った後の戦闘は「プライベート・ライアン」に迫る迫力。
最後の手榴弾返しはスパイダーマンかよと思ったが、全体的に退屈なシーンもなく作品に集中できた。
あんな戦場、銃を持ってても逃げ出しておかしくないのに、銃なしで銃弾が飛び交う中突っ込んでくなんて、やっぱり正気じゃないぜ…
tomtomcat

tomtomcatの感想・評価

3.4
ハクソーリッジが沖縄戦だという事に
まずびっくりした。知らなかった。

戦争という場において、戦わない、と
自らの信念を通し、もう1人助けたいと
戦火の中 負傷者を助けて回る主人公は
素晴らしい。

それでも、彼を英雄と扱う表現に、なにか
しっくり来ないものを感じてしまう。

私は日本人だから、両サイドの視点で見て
しまうっていう事もあるんだろうけど…
Regenbogen

Regenbogenの感想・評価

4.1
いやー。本作といい沈黙といいアンドリュー ガーフィールドは狂気じみた信念を持つ役をさせると右に出るものはいない気がする。

この作品は戦争と信仰とか、戦争の大義と人の心情とかそういう戦争に対する根源的な問いを多面的に投げかけてて、とても良いと思った。戦争を美化も否定もしてないし。とてもニュートラルな描き方で観る側に委ねる感じが好きです。

この映画を見ると割と何故?と思うことが出てくる。

何故そこまで信仰に従う?
何故そこまてまして戦争に行く?
仲間を救うために敵を殺すのは正しいのか?
どうして負けたら腹を切る?

あそこまでの信仰にそって生きるというのは宗教観の希薄な今の日本の感覚では根本的には理解しづらいものだし、「みんなが戦っているから」という理由で入隊するのも根本的には理解できない。
だって私たちはそれが良くないという思想の元で育っているから。

そういう時代背景とか思想とか価値観の違いがあるし、作中の中でも違う信念の人がいてもうまくやれたように、今の世の中もそうだよね、みんなそれぞれの信念があって、違うけどうまくやろうというメッセージのような気もしました。

戦争のシーンはリアルなんだけど、どことなくフィクションぽいというか嘘っぽいんだよな。なんだろう。色彩かな。
小学校の運動会で瞬殺された騎馬戦を思い出した。信念大事。
ん

んの感想・評価

4.2
ハクソーリッジ、沖縄の崖の名前なんか、、全然知らんかった
戦闘シーン迫力えげつなかったな〜
ドスさんほんまにすご過ぎるわ
メルギブソン監督の中で一番素晴らしい映画、そして日本軍がいかに人海戦術が得意だったか分かる映画

右翼の人噛みつかないでね
bopapa

bopapaの感想・評価

3.2
2018年 73本目

戦争映画。戦闘シーンの迫力とグロさが凄い。誰だよこんな描写出来る監督は、と思ったらメル・ギブソンが監督でした。この人監督としても良いですね〜やっぱり。で、観ててビックリしたのですがこれ日本(沖縄地上戦)が舞台だったんですね。


戦争シーンに入る前の地元でのお話や入隊してからの訓練時代のお話が割と長くて、ダレそうになる中で更に主人公が「銃は持たない、嫌です、持ちません、命令拒否です、持ちません、嫌です、信念です、でも除隊しません、嫌です」と延々言うのに結構イライラしました。

沖縄戦での死者は両軍合わせて民間人含めて20万人以上と言われてます。その中で結果としてこの人はこの崖の戦地で75人を救ったそうです。

でも作品内の描写でもありましたが、戦地で自分の身を守る術が無い人間を守る為に周りの人間が気を取られてそれで出てしまった余計な被害って実際は無かったんだろうか?

何かそんな事を色々考えてモヤモヤしかけてたところに日本軍が攻めてくるのですが、この神出鬼没ぶりと死をも恐れぬ特攻ぶりが最早実話ベースとは思えず、指輪物語のサウロン軍くらいのおっかなさでした。怖いよあんたら。

実際に戦争はどこかで起こってるし、その真実の描写は残酷でグロくて救いようのないものだから、実話ベースで描くとしんどいよね〜。だから同じ戦争モノでもファンタジーなMARVELやスターウォーズだと「これは空想の世界」って変換出来るから楽しめるのかも。
戦闘シーンも迫力満点で、かつとても感動する映画でした。主人公役のアンドリューガーフィールドがめちゃくちゃかっこよかった。