ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

ハウル

ハウルの感想・評価

4.2
この映画は予備知識なしで鑑賞。
戦争映画でありながら、武器を持たずに戦地に赴くという主人公の信念・生き様を丁寧に描写。

臨場感のある戦闘シーン、狂気じみた日本兵、丁寧な各人物の描写…どれを取っても秀逸でした。

とても大きな期待をしていたわけではなかったので、余計に満たされました。

最後に…ハリウッドのキャラ最高!
戦争映画は何作か観たけど、今までで一番戦争というものを肌で感じた。
アメリカ軍がハクソー・リッジに上がったとき、突然銃弾が左耳の横をかすめ、瞬時に周囲で金属の弾ける音と爆音が鳴って、今まで横にいた奴が次々吹っ飛んでいく。
聞こえる声は断末魔と相手を殺すためだけに発せられる獣の叫びだけ。
殺さなければ死ぬ。その異常な状況に突然放り出された感覚。

敵も味方も関係なく、そこにいる人間の心情を考えると、あまりの恐怖と悲しみに胸が張り裂けそうだった。
心臓がばくばくして、デズモンドが悪夢を見たとき、一緒になって身体がビクッとした。

彼がたった一人で生きている負傷者をあの地獄の中へ救いに行ったとき、たまらずに涙が出た。
絶対にライフルを持たない彼の行いが、正しいとか正しくないとかの話をすれば、それは分からない。ただ戦争は間違っている。それだけはわかる。
もし神がいないなら、いやあえて神はいないとはっきりと言うとすれば、彼の行動の理由はなんでしょうか?その意味はなんでしょうか?
それは彼のポケットに入った一冊の小さな本です。ただの紙でできた古びた本なんです。
僕は信仰の本質というものをこの映画が示してくれたような気がしました。

“主よ、あと1人だけ、あと1人だけ助けさせてください。”
最後に実際のデズモンド本人を見てまた泣きそうになった。そして不意にこの言葉を思い出した。

「結局のところ、ベストを尽くしたという満足感、精一杯働いたというあかし、我々が墓の中にまで持っていけるのはそれだけなのである」
レイモンド カーヴァー
まろん

まろんの感想・評価

4.4
泣く泣く。
戦争って嫌ですね。
国領町

国領町の感想・評価

3.0
★★★liked it
『ハクソー・リッジ』 メル・ギブソン監督
Hacksaw Ridge

”汝、殺すなかれ”

銃を持たないことを心に決めた“良心的兵役協力者”の衛生兵として、
沖縄の激戦地で、敵・味方を問わずに75人の命を救った英雄

弟を死なせそうになったこと、パパに銃を向けたこと
戦争で人を殺すこと・・・命の重さに違いなどない

絶対なんてない、諦めず、信念を貫き
命を助けたいという想いで戦争に向き合ったデズモンド

戦わないという戦い方もある
本当の”勇気”を教えられた
yma

ymaの感想・評価

-
爆音映画祭にて
ryo

ryoの感想・評価

3.6
これが実話なのが凄い。
強く優しい実在の人
人を批判せず圧力に屈せず自分の信念を貫く生き様は素晴らしい!

グロテスクな表現で苦手な人は見れないレベルで肉片が飛び散る。

こういった表現をあえて選び、戦争とは悲惨ということを伝えようとしているように感じた。

ドラマとアクションシーンが分離しているように感じ少し残念だった。
よっこ

よっこの感想・評価

4.8
本当英雄だ!と思った。
武器を持たず戦争に行く……そして負傷者を助け続ける。
なんて強い心の持ち主なんだろう。
そんな簡単に真似出来ないなぁ。。
nicoooooo

nicooooooの感想・評価

3.9
終盤日本人が白旗をあげ降参するフリをし、攻撃するシーン。あの様なシーンが歪曲して「白旗を上げてもアメリカ人は女子ども関係なく殺す」といった噂が流れて自決していったのかと思うといたたまれない気持ちになった。ストーリーの本筋ではないが。
すずき

すずきの感想・評価

4.0
太平洋戦争の沖縄戦を舞台としていて、その戦場は悲惨そのもの。
弾丸と爆轟が降り注ぎ、肉片は飛び散る。(下手なホラー映画よりグロ注意だ)
狂気の戦場では、一人の人間の力なぞ微々たるもの、一体何が変えられようか。
そんな中、決して折れず曲がらず、まっすぐに自分の信念に基づき行動した男、デズモンド・ドス。
消えゆく命を救うため、武器も持たずに前線へ飛び込む勇気と力強さに、敬服するばかりだ。

死を恐れないアメリカ軍人と、もっと死を恐れない日本軍人。
何が彼らを突き動かすのか、きっとそうしなければならない状況にあったんだろうな、当時の世相は。恐ろしい!
別に自分は反戦平和とか叫ぶつもりはないし、この映画も反戦を謳った映画ではないのだろう。
主人公も個人的信条として自らは武器を持たないだけで、戦争自体を否定していないし。
ただ戦うだけが正義ではない、死にそうな人がいて、そこに手を差し伸べる、という正義もあるのだ、というア○パンマンのやなせイズム的なものを描いた映画なんだろう。

そーゆーテーマ的なものは理解できたし、映画としても面白かった。
けれども、同じ日本人として見るに、日本兵の描き方には少し疑問だ。
どんな手を使っても勝たなければいけない、そこまで追い込まれていたのはわかるが、ちょっと悪辣に描きすぎじゃないだろうか。
戦場の様子も、テーマ的に必要とはいえ、悲惨さ残酷さだけを過剰にクローズアップしすぎなんじゃないだろうか。
…戦争を知らない世代で、史実も文献も何も知らない無知な自分が言っても説得力ゼロだけど、ちょっと話盛ってない?的に感じちゃったのだ。
>|