ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

ハウル

ハウルの感想・評価

4.2
この映画は予備知識なしで鑑賞。
戦争映画でありながら、武器を持たずに戦地に赴くという主人公の信念・生き様を丁寧に描写。

臨場感のある戦闘シーン、狂気じみた日本兵、丁寧な各人物の描写…どれを取っても秀逸でした。

とても大きな期待をしていたわけではなかったので、余計に満たされました。

最後に…ハリウッドのキャラ最高!
mktknk

mktknkの感想・評価

4.1
これは凄えと思いました。
ゴヤの戦争画のようでもあり宗教画のようでもあり。
日本とキリストという主題においてもスコセッシの「沈黙」と対を成す衝撃作。
FUKAI

FUKAIの感想・評価

4.1
戦闘シーンでリアルな描写もあってか、命の尊さが如実に伝わってくる映画だった🎬
主人公のような考え方を貫き通せるのはなかなかできることじゃないと思う😔
久々に感動した映画だった😄
yuuki

yuukiの感想・評価

4.7
いい映画やった。
スパイダーマンの人が主役なのね‼︎
途中の戦闘シーンは目を背けたくなるくらい残酷だけど、こんな事が本当にあったとは…。
自国の為にと志を持ち命を懸けるけど、ほんの一瞬でその命は散るか、数えられる程度の敵しか倒せない。
この戦いがあったから今があるんだと思わないと悲しくてつらいと思った。
命ほど大事なものはないのだから…。
自分の信念を持ち貫くこと。
それがたくさんの人を救い、意識を変えた。立派な人だった。
わずや

わずやの感想・評価

3.4
戦わず助けるは新しい切り口
am

amの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

アメリカ兵の目線から見た沖縄戦の映画を見たのは初めてだった。
沖縄戦に限らないことだが、日本から見たアメリカはとても強くて脅威だった。しかし、この映画を見て、アメリカ兵や日本兵に関わらず、誰もが戦場に恐怖を感じ、死を恐れるものなのだと当たり前のことに気づかされた。
敵も味方も分からず、倫理観などないような戦場でも信念を抱き続け、敵味方関わらず命を救おうと奮闘した彼の姿と、そんな彼に対して初めは侮辱し嫌悪感を抱いていたアメリカ兵達が終盤では彼を労り、彼の信念を尊重した姿に心から感動した。
戦場の描き方はとてもリアルで恐怖も感じるが、もう一度見たくなる作品。
Akinori

Akinoriの感想・評価

4.2
ストーリー云々より戦闘描写が神懸かってる、たまらん。
監督メル・ギブソンなので観てみました。なかなか良かったです。
自分の信じるままに生きることは大変だけど大切なことを再確認できた映画でした。主演のアンディ・ガーフィールドが若い頃のショーン・ペンに似ていましたね。
soyo

soyoの感想・評価

3.5
自分の信念を曲げずにやり遂げた。日本戦が舞台なので、歴史をもっと知らなきゃなとも思った。
父と息子たちの耳の形がそっくりで、キャスティング凄いと思った(笑)

これ実話ってことが信じられない!!
涙が止まらんかった・・・・・!!!!


「目が見える!」ってシーンが1番好き。
>|