ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

yuta

yutaの感想・評価

5.0
あらすじ
メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり、第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ。人を殺してはならないという宗教的信念を持つデズモンドは、軍隊でもその意志を貫こうとして上官や同僚たちから疎まれ、ついには軍法会議にかけられることに。妻や父に助けられ、武器を持たずに戦場へ行くことを許可された彼は、激戦地・沖縄の断崖絶壁(ハクソー・リッジ)での戦闘に衛生兵として参加。敵兵たちの捨て身の攻撃に味方は一時撤退を余儀なくされるが、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たったひとりで戦場に留まり、敵味方の分け隔てなく治療を施していく。「沈黙 サイレンス」「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールドが主演を務め、「アバター」のサム・ワーシントン、「X-ミッション」のルーク・ブレイシーらが共演。第89回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞など6部門でノミネートされ、編集賞と録音賞の2部門を受賞した。

今年、現在までに映画館で鑑賞した中では間違いなくベスト1でした。
ラストは感情が溢れて映画で初めて号泣しました。感動だけで無く色々な感情が入り混じっての涙で自分でも驚きました。
それくらいこの映画から得られるものは大きく重たかったです。
戦争の悲惨さ、残酷さもさることながら、虚しさ、希望、憎しみ、宗教観の事など多くの事がつぎつぎと映し出されていて、中々、くるものがありました。
プライベートライアンを彷彿とさせる凄惨な戦場のシーンは、只々圧倒されて。それがデズモンドの行いの崇高さをより、際立たせていました。後、アメリカ側視点の映画なのですが、善悪関係無く公平に描いたのも良かったです。
月並みですが、この映画で生きる喜びや、人生のありがたみを噛み締めました。
数ヶ月前の事ですが、未だに心に残る本当の映画でした。
さきこ

さきこの感想・評価

4.5
緊迫感、臨場感が肌に伝わるくらいとにかく映像のクオリティが高すぎる

この作品の相手国が日本じゃなかったらまた違うこと思ってたんだろうな、と
崖の上での戦闘シーンが凄い。

あんな感じで死んで行くんだなーと。
沖縄戦を題材にはしていますが、そこには焦点は置かず、
主人公のデズモンド・ドスを主体とした物語。

銃を持たない兵士が主人公ですので、マイルドに戦争を描くと思いきや、
戦場の描写はリアル!
血生臭いシーンが多いです。

後半は「プライベート・ライアン」や「ブラックホーク・ダウン」を彷彿としたシーンが続きます。
ほとんどが地上の銃撃戦ですので、悲惨な映像の連続。
航空機は出てこないし、艦船攻撃も一瞬だけなので、かっこ良いといえるシーンはありません。

それだけに、沖縄戦の壮絶さが伝わりました。

デスモンド・ドス本人は宗教上の理由から、銃を持たず、人を殺さないのがモットー。
しかし、決して反戦主義者でもなく、仲間が敵を攻撃するのは否定しませんし、協力するシーンもあります。
その辺りはテーマとしては、何が言いたいのか分かりにくい所はありました。

しかし、実際には反戦主義者かもしれないけど、、現実に戦争は目の前で起こっており、個人で戦争を止める事はできません。
あくまで個人で出来る事で、デスモンド本人のポリシーを貫いたように思えます。

日本軍が敵でしたが、途中まではおかしな表現はありませんでしたが、
ラストの方の描き方には疑問。
あれをやるなら、途中から日本軍を深堀していくべき。
確かに英雄譚。常人には真似できない。

でもさ、他の兵士たちだって本当は人殺しなんてしたくないはずだよね。それでも祖国や愛する人の為に銃を手にとって戦っている。人を殺めた感触に生涯苛まれつづけた人も多くいる。その中で自分だけ手を汚したくない、なんて頑なに主張するのは信念って言うのかな。仲間が手を汚すアシストはするのにさ。

結果的に偉業を為し遂げたから英雄だし、尊敬すべき人物だとも思うけど、その主義には最後まで共感できなかった。だから心を動かされるはずのシーンもなんだかモヤモヤ。こういう「殺さずの誓い」タイプの主人公ってどうも好きになれない。

ま、ともあれ戦争映画としてハイレベルなのは確か。ただ、個性と反戦精神がなにより尊ばれてる現代だからこそ評価される作品だとも思う。日本人として素直に呑み込めない部分も多々ある。
かーく

かーくの感想・評価

4.2

筋が通っていてもどうにもならないことあるけど
それを突き通しきるってのはすごい、しかも戦争
人物もそうだけど戦闘シーンもすごかった
Rick

Rickの感想・評価

4.6
地獄のような戦場の中で、武器を所持しない人を殺さないという信念を貫き通すのは、狂気と思われても仕方ないかもしれない。それでもデズモンドにとっては、その信念が「大切なもの」であり、決して愛国心と背反するものではなかったのだろう。
戦闘シーンはプライベートライアンに比肩するレベルの壮絶さを誇っているが、戦場に行くまでに1時間使ってキャラをしっかり見せるため、より物語性が増していると思う。前半はかなりヒューゴパパが印象的....
リアルで、色々考えさせられました。
ゆーり

ゆーりの感想・評価

4.0
どんなことを言われようとされようと自分の信念を負けないドスがすごくかっこよかった。

あと1人だけ。あと1人だけ。って何十人も助けてて感動した。


やっぱり実話好きだなぁ
>|