ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

yuta

yutaの感想・評価

5.0
あらすじ
メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり、第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ。人を殺してはならないという宗教的信念を持つデズモンドは、軍隊でもその意志を貫こうとして上官や同僚たちから疎まれ、ついには軍法会議にかけられることに。妻や父に助けられ、武器を持たずに戦場へ行くことを許可された彼は、激戦地・沖縄の断崖絶壁(ハクソー・リッジ)での戦闘に衛生兵として参加。敵兵たちの捨て身の攻撃に味方は一時撤退を余儀なくされるが、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たったひとりで戦場に留まり、敵味方の分け隔てなく治療を施していく。「沈黙 サイレンス」「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールドが主演を務め、「アバター」のサム・ワーシントン、「X-ミッション」のルーク・ブレイシーらが共演。第89回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞など6部門でノミネートされ、編集賞と録音賞の2部門を受賞した。

今年、現在までに映画館で鑑賞した中では間違いなくベスト1でした。
ラストは感情が溢れて映画で初めて号泣しました。感動だけで無く色々な感情が入り混じっての涙で自分でも驚きました。
それくらいこの映画から得られるものは大きく重たかったです。
戦争の悲惨さ、残酷さもさることながら、虚しさ、希望、憎しみ、宗教観の事など多くの事がつぎつぎと映し出されていて、中々、くるものがありました。
プライベートライアンを彷彿とさせる凄惨な戦場のシーンは、只々圧倒されて。それがデズモンドの行いの崇高さをより、際立たせていました。後、アメリカ側視点の映画なのですが、善悪関係無く公平に描いたのも良かったです。
月並みですが、この映画で生きる喜びや、人生のありがたみを噛み締めました。
数ヶ月前の事ですが、未だに心に残る本当の映画でした。
patitaku

patitakuの感想・評価

4.4

人間の中にある
凶暴性や残忍な部分を
強い信念を貫くことにより
抑え切り、そして
生まれる奇跡のような物語
イモリ

イモリの感想・評価

3.0
主人公の使命感が強すぎて怖い、彼の真似はできないけど 人のために動いてるか?と自分に聞きたくなる。
たし

たしの感想・評価

4.2
いやー良かった。

普段は戦争映画見ないけど、衛生兵の話だというので。
やっぱり人を救う姿って格好良かったです。

彼にこんなことが成し遂げられたのは、
彼が持つ信念と
その信念を決して曲げない意志ゆえですね。

戦闘中主人公が明らかに仲間に敵を殺させてる場面があって、お前が手をくださなければいいんかいwって思ったりもしなくなかったけどw

自己犠牲のもとに人助けを…っていうのとはちょっと違うなって思ったんだよね。
彼にとっては「もう一人助けたい」じゃなく
て「神様もう一人助けさせてください」。
自分が戦場で必要とされるなら、神に許されるなら、働かせていただきます。みたいな。
だから自分に酔ってることもないし、謙虚。
そして戦場において神に願える心の清さ。強さ。


普段見ない戦争映画だからかもしれないですが、
自分の年齢が兵たちと近くてもろに感情移入。
こないだまで基地で訓練してたのに、ほんと気付いたら戦場で。
目の前で人が死んでいく。
絶対戦争したくないなって思った。
今の日本じゃ若者の士気がないから無理だと思うけど。
Nodoka

Nodokaの感想・評価

4.0
正直、グロくて思わず目を伏せてしまうシーンがいっぱいありました
でもこれが実際あったことで、戦争は恐ろしい
日本兵がどこにいるか分からない状態で、主人公と一緒になって恐怖と戦いながら前に進んでいく感じ
気を抜けない映画で疲れたけど、見て良かったです
Sora

Soraの感想・評価

4.0
これは、全人類が観るべき映画じゃなかろうか。この話が事実やなんて、こんな人間が存在するなんて、多少脚色はされてるやろうけど未だに信じられない。そして、舞台が沖縄の地上戦なだけあって色んな意味で心に刺さる。ていうか、あんな状況下で彼自身生き延びられることが本当に奇跡。神様が「お前は生きろ」って言ってんねんな、、、と思わざるを得なかった。。。アンドリュー・ガーフィールド可愛い。。。
下高井戸シネマ
F亮

F亮の感想・評価

4.8
伏線の張りかたも丁寧で、戦争シーンも凄惨で見応え抜群。良い実話系エンターテイメント。
自分が思い描ける戦争の様子をはるかに超えた長い長い(実際そんな長くないかもだけどそう感じられた)描写で圧倒された。
狂気と狂気のぶつかり合い。その中で自らの信念を貫く主人公。かっこよい。
やっぱり平和が1番だよね。
沖縄戦のことと知らずに観賞。
自分の無知を埋める「きっかけ」をくれる映画に感謝。
>|