ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

2.5
なんか手放しで本作称賛するのに少し違和感を持った人もいるんじゃないの?

敵に白旗あげて油断させ、手流弾で奇襲攻撃する姑息な日本軍。死を恐れず狂信的に突入してくる日本軍。そんな欧米的価値観からは遠く離れた日本軍から負傷した味方を救った主人公。

思うのですが、戦争の最前線なんて超法規的状態であり、そこでは米軍も日本軍も同じだったのではないのか。死を免れるために何でもやったんでしょ。

映画的な演出で、敵を極悪非道にえがかないといけなかったというのはわかりますけど。

それに異を唱えた人の話なんでしょ。

というようなことを強く感じてしまい評価低いです。メル・ギブソン、わかるよな。日本兵に包帯巻くシーン挿入したくらいでちゃらにはならんよ。
良心的兵役拒否者の良心ってなんなのか
渓谷

渓谷の感想・評価

3.5
もう一人あと一人助けたいと信念を貫いた衛生兵の話。実話を元にされた作品との事で素晴らしい方だと思います。
戦闘シーンはプライベート・ライアン以上で悲惨です。
日本兵はもう少し痩せていた方がリアルだったかもしれないなどと考えてしまう自分。戦争映画は心情的に複雑です。
としを

としをの感想・評価

4.1
戦争で人を殺さず英雄になる
実にいい
最後まで諦めなかった彼に大いなる拍手を送りたい

それにしても銃撃シーンが長すぎた
jonsnow

jonsnowの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

前半のDesmond Dossに突き付けられる、銃を持って人を殺すか、もしくは戦わないか。志願の理由のDossの台詞にも出てくるけど、当時のアメリカは真珠湾攻撃に酷くショックを受けていたことが読み取れる。9.11のように。
統一した規律と規格が求められる軍隊。そして銃を持たないための軍法裁判で「憲法で規定されている」というのを観て、ああこれは監督自身のことなのだろうなあ、と。
戦時中にも拘わらずアメリカ本土があまりに平和で。しかも銃を持たない自由も認められる。この差は何だろうと思ったら。

戦場での残虐さに呆然とした。
その目的を思えば、手足はちぎれ、内臓は食み出し、頭が裂けた人間があたり一面に転がり、放置された遺体をネズミが食い荒らしているのが当然で、その現実を目の当たりにする兵士がPTSDになるのも無理はないのだと。
戦争の悲惨な現状がテレビで流れることがまずないことを思うと、Mel Gibson監督は肉体損傷の描写に力がこもっていて手抜きがない上に、過去では許されないのではと思うほど容赦ない。同時に日本人の描き方が酷いなあ、という思いも。

Dossは一見細身に見えるけど、Dorothyとのシーンでは逞しい上半身が映る。だからこそ後半で不死身な活躍ができるのだと、その伏線だったと観終えた後に気が付く。
衛生兵とは、怪我人を救ってもその兵士は再び戦場に駆り出されるわけで終わりがないものだと感じていたけれども、その役割は「死を防ぐ応急措置」をするのだと。治療できる場所に運ぶ前に死んでしまわないように。作品の中でも負傷した兵士がDossの顔や声を聞いて安堵していたのを観ると、兵士の士気高揚や気休めとして重要な役割なのだと。
自国にさえ理解されないその思いを携え、聖書の愛を説きながら戦場に向かう気持ちは、気持ちの折り合いは、という思いを馳せながらの鑑賞。

原題「Hacksaw Ridge」の意味は、弓のこで真っ二つに切ったかのように切り立つ断崖。
Hacksaw = 弓のこ
Ridge = 崖
沖縄県浦添市にあった日本軍陣地「前田高地」に対する米側の呼び名。浦添市では住民もこの戦闘に巻き込まれ、当時の浦添村民のじつに44.6%が亡くなったと。*浦添市ホームページ http://www.city.urasoe.lg.jp/docs/2017052900033/

この作品は米軍と日本軍による死闘の中で、衛生兵Desmond Dossという実在する人物の「人を殺さない戦争という信条」と「米軍撤退後の奇跡的な活躍」に焦点が当てられ、犠牲になった沖縄県民がいっさい登場していないのを観るとこういった背景は知っておく必要があると思いながら。

このレビューはネタバレを含みます

○爆音映画祭にて2度目の鑑賞。

○大きく3度のアクションシーンが展開されるが、飽きさせず魅せる力はさすが。「ブレイブハート」の時と同様、戦場に放り込まれたような感覚に陥る。

○父の母への暴力からか、やはり主人公は少しアスペルガー症候群持ちなのか。彼女や周りの軍人との会話でそう感じる。

○最後に主人公は神となる。監督の宗教観が今作でも強く見られる。
最初は馬鹿にしてたけど最後はヒーロー
やっぱり実直な人は報われるよね
無

無の感想・評価

3.3
「硫黄島からの手紙」と同系統の、らしさが全開のアメリカ賛美のエンタメ戦争映画。
腰抜け呼ばわりからの熱い手のひら返しに、ハラキリ・斬首(介錯)と、彼らの好きなものが詰まってる。
CGがうるさいところもあるけど、戦場が色を失し炎のオレンジだけが目に焼き付く戦闘シーンはスピード感、迫力があって見応えがある。
が、前半の恋愛エピソードや他の兵士たちに圧をかけられる辺りは結構ゆるい感じで眠くなってしまった。
主人公ドスの笑った顔やフェミニンな仕草が山咲トオルに見えてしょうがない。
慎也

慎也の感想・評価

3.5
インタビューがこころ打たれた。
メルギブソンやるやん
戦場でライフルを持たずに人を助ける信仰心の強いアメリカ兵の実話。

英雄映画なので、日本兵の存在は襲ってくるゴミカスみたいな書かれ方しかしないが、事実、太平洋戦争ではそうだったのだろうと

こうして、映画でなんの感情描写もなく襲ってくる日本兵を見ていると

何も話し合わずに暴力で解決しようとする戦争は異常なのだと…

映画では、これでもかという程の王道展開。

自分を嫌い痛めつけた少佐?を必死で助ける。

出来過ぎだが、これが実話なんだよなー

まあ、強いて言うなら少しドラマ的になりすぎて善悪感情を観客に押し付けている感じがあったので少しマイナス。

史実ものは、作家の感情を入れずに淡々と進め、観客に何かを提示するのでなく、観客側のアプローチをする距離感がないと…

この作品は、ちょっと近すぎかな

まあ、かく言う私はアルゴが死ぬほど嫌いなんですけど…

少し、お爺ちゃんをヨイショしている感じがあったのでこの点数で
>|