ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

2.5
なんか手放しで本作称賛するのに少し違和感を持った人もいるんじゃないの?

敵に白旗あげて油断させ、手流弾で奇襲攻撃する姑息な日本軍。死を恐れず狂信的に突入してくる日本軍。そんな欧米的価値観からは遠く離れた日本軍から負傷した味方を救った主人公。

思うのですが、戦争の最前線なんて超法規的状態であり、そこでは米軍も日本軍も同じだったのではないのか。死を免れるために何でもやったんでしょ。

映画的な演出で、敵を極悪非道にえがかないといけなかったというのはわかりますけど。

それに異を唱えた人の話なんでしょ。

というようなことを強く感じてしまい評価低いです。メル・ギブソン、わかるよな。日本兵に包帯巻くシーン挿入したくらいでちゃらにはならんよ。
ke

keの感想・評価

-
そういう視点からの戦争映画かー
こりゃやられたなぁー
え実話?!
監督メルギブなん?
ハクソーリッジ

1929年🇺🇸バージニア州
1945年🇯🇵日本沖縄県浦添市前田高地

父親が元兵士でPTSDでアル中。性格が変わってしまった暴力的な父を持つ主人公。父親に殺意を感じながらも、銃を向けず持たない事を神に誓う。

第二次世界大戦が始まり兵士に入隊する主人公。

訓練で殺さない、銃を持たないポリシーを貫くが、仲間に認めてもらえない。

人と考えの違う男だか、国に尽くす気持ちは誰よりも強い主人公。

戦地で見た景色は?また主人公のポリシーは仲間に届き、生きて帰れるのか?

圧倒的な戦争の迫力に息のつく暇もないリアル戦争実話映画!

◉90B点。
中盤まで主人公の底知れぬ強さを疑って観ていたが、人格を変えてしまうほどの戦場の凄さでも変わらない主人公のポリシーにやられました。




◉見所

◎1位
豪雨の様な銃弾や迫力の戦闘シーンが凄すぎる

★彡銃弾が顔をかすめ、周囲の仲間の肉が飛び散り、血が散って行く映像は凄まじい。

◎2位
主人公の誓いとポリシーの熱さ!

★彡主人公のアンドリューさん見た目はヘナヘナしていて弱っちいー感じですが、この素朴な雰囲気をかもし出し、そして頑固、全く屈しない所の雰囲気は素晴らしい。

前作の「沈黙」などでも発揮されている。この人ならではの役かも!

◎3位
冒頭30分でほとんどのの説明を伝えていて、戦場で主人公が何を思ったのか判る素晴らしい作り!
★彡幼少時代から妻との出会いや父親のトラウマも含めて、全ては主人公が戦場で行った行為や仲間に理解してもらう為の伏線になっている事が凄くいい。
ミモザ

ミモザの感想・評価

4.2
揺るぎなき信念で迷いなどなく「もう1人…もう1人…」と救っていく彼の姿に心を打たれた。

心の強さと勇気で戦場を駆け回る姿はまさにヒーローそのもの

アンドリュー・ガーフィールドは適役やったね。
TRB

TRBの感想・評価

4.0
メルギブソンの映画はいつもパッションに溢れていてそのメッセージ性には毎回驚かされる。

『皆は殺すために戦う。自分は守る為に戦う』
信念を貫くことがどれほど難しく、そして偉大な事かを身をもって体現した兵士の話。
Hana

Hanaの感想・評価

3.9
凄く映像がリアルだった。
戦わずして助ける。
助ける為に前に進む勇気は
本当に素晴らしい。

やるなぁ…メル ギブソン!
>|