ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

武器は持たなくても、勇敢に多くの命を救った彼の信念に賞賛!それと同時に沖縄戦の激戦区でもあるハクソー・リッジの凄まじさを知る機会になりました。
戦闘シーンは体がビリビリくるような緊迫感が伝わります!
凄まじい沖縄戦の中で、人間として闘ったデズモンドに感動した。
T木

T木の感想・評価

4.0
ミリタリーものでは久しぶりにツボ。
弟の頭部殴って、アベルとカインっぽい絵画眺めてたから弟の闇堕ち来るかと思ったけどなかった笑
最後の祈るデズモンドと切腹する日本人の対比が良い、お互いの信念を貫く構成。「信念とは自分自身である」が刺さる作品でした。
aotooo

aotoooの感想・評価

3.7
実話ってところがすごい
幼少時のトラウマのため、極端に人を傷つけることに抵抗を感じる青年・デズモンドくん。
″不殺″の誓いを立てたデズモンドくんの、彼なりの戦いを描くって話☆

超カワイイ彼女が出来たにも関わらず、志願兵として兵役につくデズモンドくん。
訓練ではなかなかの体力を披露するものの、射撃訓練は断固許否!
そのせいで上官、同僚からメッタクソにいじめられるも、絶対に除隊しないデズモンドくん。
彼には信念があります。

軍事裁判にまでかけられて、どうにか念願の衛生兵になることが出来ましたが、本当の地獄はここから。
ついに、昭和45年の沖縄の戦場に立つデズモンドくん。超・激戦地です!!

死をも恐れず襲いかかる日本兵に恐れをなす米兵たち。それもそのはず、本土決戦をなんとしても阻止したいのですから、日本兵も必死です。

地獄の戦場でひたすらに命を救う戦いを続けるデズモンドくん。
かつてはそんな彼の信念を笑った、馬鹿にした、激しく攻撃した、責め立てた、そんな者達を、また敵である日本兵をも、分け隔てなく救える命を助けまくる。その姿は本当に感動的。

戦争映画は戦場の悲惨さを生々しく描き、このような蛮行を二度と繰り返してはならないという教訓を我々に与える役割もありますが、戦場のリアルを垣間見たいという黒い欲求を満たすという役割も少なからずあると思います(不謹慎であることは重々承知しております)。

そういう二面を高い水準で提供する、良質な戦争映画といえる一本(* ̄ー ̄)☆
あ

あの感想・評価

4.0
実話ってやばない?
raco

racoの感想・評価

3.5
素晴らしいキャスト陣。久々にヒューゴ・ウィービング見た。個人的にはスミティ役のルーク・ブレイシーが良かった。
Matsuzoh

Matsuzohの感想・評価

5.0
前半は、家庭的な背景と信仰から主人公は武器には触れないようになるけれども入隊を決意、しかし軍隊で武器を持たいことが理解されずに起こる軋轢

ここまででも見ごたえ十分

後半は戦場へ

戦闘シーン生々しくてエグい

あまりの激戦に主人公の見せ場もないのでは?という展開にも思えたが、なるほどそうか、だから崖=リッジが舞台なのか!という大きな見せ場に感嘆

前半のフリが後半にいろいろ効いてる巧みな脚本

映画の宣伝にあたっては、沖縄にはまったく触れてなかったんですが、実は地元の浦添市は映画関連情報をホームページに載せて、ガイドツアー等展開してるのですねhttp://www.city.urasoe.lg.jp/docs/2017052900033/

実際に崖に立つ実在の主人公の写真もあり

軋轢を乗り越えて信念を貫いた主人公に胸熱でした
>|