ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

3.0
メル・ギブソンの戦闘物は、ブレイブハートにしろアポカリプトにしろ、結構エグいです。この作品は更に輪をかけてエグいので、こういった類の作品を見慣れていない人が見ると、吐きそーリッジでしょう。
それだけリアルで、戦争の恐ろしさが伝わってくる作品でした。
弾当たらな過ぎぃぃ。
美化し過ぎて逆に滑稽
前後半の落差、ディアハンター思い出す
戦闘の悲惨さは凄かった。日本強い。
Sinya

Sinyaの感想・評価

3.5

日本兵に疑問を持ったり、沖縄戦の一番悲惨なところを見せてないなど、
日本人として沖縄人でしての不満はあります。

メルギブと沖縄戦といったら、もう最悪な程ゴアな表現が来るかと身構えていたけれど肩透かし。

内容はしっかりとしたヒーロー物
世の中の現実VS自分の信念
信念を優先し、世の中のはみ出し者が、真の英雄だったと言うもの
結構、やり尽くされてきた内容
作品自体は面白かった。

私的に心に来る物が
ただ、もっと何かがほしかった。
と言う欲張りな気持ちになってしまった映画。

この映画で気づいたのだが、戦争新兵訓練と言うシチュエーションが私は結構好きだ。だからこそ、訓練場でなく、裁判所で前半が終わった事と、訓練所でのいざこざが少し少ないのが不満です笑

戦争シーンは圧巻で、ハラハラ、もう色んな事が起こるし、情報量が多くて、頭がごちゃごちゃで、たまに思考が停止してたり笑
ただ、今考えると見事だなと思うのが、今の占拠、敵味方の位置関係などなんとなくわかるんです。

後、父が懲罰としてベルトを使い、息子が人を助けてる為にベルト使う
しかも、その対比がすごく説明くさくない感じがすごく上手いなーと思ったり

後、はっきり主人公がこっちを見るシーンはぞくっとしつつも、だからこそ、一人一人が自分なりの答えを持った考えた瞬間だったりと

不満もあるが、やはり凄い映画だなー
こまち

こまちの感想・評価

4.4
いくつか戦争物を見たけれどその中でも戦闘シーンの悲惨さは郡を抜く。
予告でそういう戦闘シーンを見てたから序盤のアメリカンドラマな美しいシーンにあれ??となっていたけれどそれだけに後半が余計に辛い。

臆病者、と言われているけれどドス自身はひとつも変わってなくて、勝手に周りが貼ったレッテルが剥がれていくだけ。

銃を持たないという信念、その状態で戦火の中仲間を助け回る執念、そして軍退却後もなお助け続けるその強い精神。
涙無しには見られない。

沖縄戦ということで、日本人もどんどん殺されていく様を見るのはやはり悲しく、ただ同様にアメリカ人ももちろん死んでいくわけで、本当に戦争って救いようがない。
人を殺した分だけ褒め称えられる戦争において、衛生兵として敵兵までも助けて勲章を得たドスこそまさに、表彰されるべき人なんだろう。
「国のために戦いたい、でも人は殺したくない」っていう敬虔なキリスト教徒が衛生兵として活躍する実話。無難に面白かった。

衛生兵として一人で死地に残って仲間を助けまくるっていうのはすごいんだけど、他人に人殺しという汚れ仕事を押しつけられることが前提(みんながみんなデズモンドみたいな兵士だったら戦えないわけで)だから、ズルく思われても仕方ないところはあるよなあ。

デズモンド単体で見ればいい話ではあるけど、最後の方は日本兵を撃破するアメリカ軍をかっこよく描いたり、日本兵の卑怯な戦いぶりを強調したりと結局米軍万歳🙌映画なところは残念だった。

デズモンドには名誉な勲章が贈られたらしいけど、これを見て「デズモンドみたいに銃は持たないけど、衛生兵になりたいです!」みたいな志願兵が殺到したりしたんだろうか。軍も偉大な先例があると断りにくいよね。どうしてるんだろう。
Watson

Watsonの感想・評価

4.5
これは素晴らしい作品です。
見ないとその素晴らしさは分からないかな。沖縄での対戦を題材にして、なんと実話であるんですから。
キャンプテンアメリカみたいな主人公でした。武器を持たない兵士、だけど他とは違った考えを持つ人間。武器を持たずとも自分が役に立つことがあるはず、その思いを戦場に、75名の負傷者を一人で救出することに成功しました。誰もが最初は臆病者だと思っていたけど、実は違かったんですねー。彼のような人こそ憧れるべき英雄とだと思いました。
ユキ

ユキの感想・評価

4.0
戦争映画でこれほどのものはプライベートライアンくらいだと思う
それくらいの傑作


人の殺し合いの戦争の中で
人を決して殺さず救うために戦争に行く

そしてその意思を、新年を曲げることのなかったお話


写実もリアル
構成も全く申し分ない
>|