ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

GentaEndo

GentaEndoの感想・評価

3.5
冒頭でチラ見せする、激烈な戦場の画面に神様の話が流れるシーンで面白そーって思った。その本編シーンの、まだ続くのか?!って感じ、監督らしいし、やはり良かった。
ハチ

ハチの感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

実話だから大目に見てもらえてる感…

2016年公開にしては全体的に古臭い…
脚本も演出も鼻についてリアリティがない

前半は主人公の描写が浅いせいで敬虔なクリスチャンに見えず主張もワガママにしか見えなかったし、後半の戦闘シーンは敵も味方も無計画に真正面から突っ込んでいくので、深刻な顔されても、そりゃそうだろってなってしまう
夜はどっちも敵が間近にいてもちゃんと休んで明るくなったら戦闘開始。夜襲とかないの?

主人公の衛生兵としての活躍に焦点を当てたいなら衛生兵の訓練とか、衛生兵ならではの具体的な話をしてほしかった。本読んでただけで医療の勉強をしてる様子はないし、衛生兵以外の兵士と比べるせいで主人公以外は信念弱いみたいやん

2幕に入ったあたりは面白かったんだけどなぁ
ねこ

ねこの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

沖縄での戦争と知らずにみた。
この戦争ということに関しては、もどかしい感じでみたけど作品自体はとても良かった。
武器を一切持たずに自分の命を危険にさらしてまでも信念を持ちながらも人を助ける。(おまけに敵までも)
ここまでできる人はいない。
それが実話だというのだから尚更凄いと思った。
私も信念を貫きながら人の為に動ける人間になりたいと思った。
何度かの「もう一人助けさせてください」心に響いてきた。
亡くなっててもスミティーと一緒に降りてきた瞬間
泣ける。

スコア満点じゃない理由は
最初のほうでドスを助けてくれたスミティーが亡くなってしまった。
アメリカ対日本で複雑な気持ちになった。

私の中で戦争ものでは
プライベート・ライアン
ワンス・アンド・フォーエバー
とハクソー・リッジ同率ランクインって感じかな。
ju

juの感想・評価

-
早い話し、

女版マザーテレサみたいな

実話ラスト本人インタビュー
Ryow

Ryowの感想・評価

3.9
良かった。やっぱりメルギブ最高。ただ結構前に観たから細かい感想は忘れてしまいました。
shiko

shikoの感想・評価

3.3
メルちゃんが作る映画っぽいね。
戦争が最後には美化されるとこがアメリカ映画って感じ。
戦争映画ってもんは、血なまぐさくて、悪でドロドロ、辛気臭く、どよーって終わって欲しい。

アメリカが作る戦争映画はいつもこう。
ヒーローに仕立てあげる、戦争はこうじゃないと思う。
you

youの感想・評価

3.8
戦争映画は想いを持った人間がその想いを貫くために戦ってるというのがよくありますが、
さらにその上をいこうかといわんばかりに、信念強さを分かってもらう為の描写が描かれています。
10を持たずに9を持って戦場へ言ったわけですな。
「沈黙」では神に祈って聞こえたのは「踏みなさい」だった。信念を曲げてでも命を大事にしなさい、と聞こえた。

今作、「ハクソー・リッジ」では「助けて」が聞こえた。踏み絵は踏まなかった。信念を曲げず、武器を持たなかった衛生兵が多数の命を救った。

どちらも正しく、いかなる理由があろうと戦争も迫害も間違いだと教えてくれます。

個人的に凄く胸を打ったのが、アル中の親父が息子のために手紙を届け息子の信念は本物で「良心的兵役拒否者でありながら、戦争に従事したいという思いを取り上げることはできない」とした議会法を盾に従軍を許可させるシーン。

父親としては、親友を失った戦争を憎み、酒に頼り、PTSDから家族に暴力を振るいながら、だからこそ子供たちを戦争に向かわせたくない…でも戦争に行かないということは恥ずかしいこと、弱腰で、国に対する忠誠心や愛国心がないというジレンマがあり、ここはすごく胸を打ちました。
結果的に父親が息子を戦場に送り出したわけですからね。このシーンだけで映画が一本撮れそうですね。

愛国心の形も色々ですが、国を愛するなら、同じ国の仲間たちを非難したり、自己責任として救わなくてもいいとか言うことはありえないと思いました。
かず

かずの感想・評価

3.2
対日本の話だって知らなかった
ク

クの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

戦場という極限の状況下においても、キリストの教えを守り敵を殺すのではなく、仲間を生かすことでその信念を貫き通し、戦争を勝ち抜こうとした主人公。
最後の場面は神々しくて、まさに神の子のようだった。
>|