ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

いい映画感。
信念かネジ抜けてるか。
MOTO

MOTOの感想・評価

3.5
世界仰天ニュースや奇跡体験アンビリバボーを外国人がめっちゃ金をかけて真剣に作るとこうなるんだなーという映画。
スローモーションの多用など陳腐だけど情緒に訴える力の強い演出もその手のテレビ番組っぽい。
シナリオは練られているしとても楽しく見られるけど、結局の所「実話を基にした演出過多の再現ドラマ」以上のものではないので浅さがあるのも否めない。でも楽しめるのは保証します。
すまる

すまるの感想・評価

3.7
今思い出すと、超人の出てこない「キャプテン・アメリカ」みたいだったなーと。

超人血清によって超人化したりはしないが一般青年ぐらいの体格を持ち、しかしその精神はキャプテン・アメリカ以上に「ならぬものはならぬ」「無理を根性で押し通す」を断固実行した恐るべき男の話。

劇中描写を見る限り、宗教的理想の実行という前向きなものではなく、強い贖罪意識や強迫観念に突き動かされてのように感じました。
残虐描写が凄まじく、また穴蔵から突如として現れる日本兵たちがゾンビやLotRのオークのようで大変恐ろしい(そして彼らも悪鬼ではなく実は自分と同じ人間)のも、沖縄戦という地獄巡りとそこからの脱出という新時代の宗教説話のようにも感じとれます。

アンドリュー・ガーフィールドの「いつも微笑みを浮かべていて柔和だけれども、腹の底が読めない感じ」が主人公とシンクロしていてキャスティングが大成功していましたね。
まあまあグロテスク
日本軍の気持ち悪さ
カトゥ

カトゥの感想・評価

4.6
沖縄戦を描いた実話。
オスカー編集賞&録音賞ということで、後半の激戦シーンに対する授賞だと思うけど、確かにとんでもない地獄だった…
この戦闘シーンは、メイキングが見てみたい!

ラスト近くの日本軍上官の●●●●、メルギブの趣味なのかな…??すごい違和感を感じてしまったけど…(困惑)。美化してるようにも見えたし。他はちゃんとしてるのに、どうしたの…
でも全体的には、戦争の是非を問うとか日米を善悪に色分けすることなく、あくまでデズモンド・ドス氏の信仰と勇気ある行動に焦点を当てていて、そのバランス感覚はお見事でした。

一方、ハクソーリッジ戦に巻き込まれ死亡した浦添村(当時)の一般住民は、4,112名だそう(浦添市HPより)。現在の基地問題にも通じる沖縄戦の歴史について、改めてきちんと知らねばと思いました。

それにしても、アンドリュー・ガーフィールド、頑張りますね。「沈黙」に続いて、すっかり苦労人のイメージ…。
これはもしや、今までディカプリオが担ってきた、「運命にあらがう熱い男(でも絶対ひどい目にあっちゃう)」系の役どころを、受け継いでいってくれるのではなかろーか!?
最近はロンドンで「エンジェルス・イン・アメリカ」の舞台に立っているそうで…って、これも天使や神様が出てくる大変な話やん(^^;)
(日本公開時のレビューです)
umaso

umasoの感想・評価

3.5
感動した

やはり自分の命より大切なものはあるんだなあと思った。
それは息子とか親とか信念だったりするけど、本当に命にかえて守るのはすごいことだと思うし、ぼくにはできる自信ない。

けど、どうしても日本軍を応援してしまう気持ちがあって複雑。

最後本物の映像が流れたのには涙
今まで観た戦争映画の中で、最も印象に残り苦しかった。残酷だから目に焼きついたのではなくて、心に訴えかけてくるものが強かった。思いの外、心情が手に取るように描かれていて、戦争とは無情で不条理な事だと見せつけるのは勿論、それぞれの立場も分かりやすかった。

そもそもハクソー・リッジが何かも知らずに観たわけだが、沖縄だったとは…

沖縄の崖。命懸けの戦闘。日米の殺し合い。信念を持った一人の男の救出劇。
相手はエイリアンではなく、人間。そして日本人。複雑な気持ちと葛藤しながらも、米兵側の恐れを知り、日本の作品で描かれる米兵との差にとても驚いた。どちらを主役にするかによって植え付けられるイメージの恐ろしさを知った。

主人公が戦争へ行く動機に対しては、冒頭の家族風景を見ていても全く入り込めなかった。あんなに可愛い奥さんに出逢えたのに、何故戦地へ…と思ったが、観ていくうちに、なるほどな…と自然に納得していた。もっと描いて欲しかった部分がここであるのは事実だが、圧巻の戦闘シーンを観ていたらそんな事は忘れていた。

皆は殺すが僕は助ける
この言葉に私自身矛盾を感じたので、少し遠い目をしてる自分も居たのだが、戦闘シーンに入ってからは度肝を抜かれ 涙を流し続けた。こんなに止まらない涙あるかってくらい泣いてた。辛かった。

人が本気で殺しあうっていうのはこういう事なんだとまざまざと見せつけられた。それを目の前にしてもはや言葉もない。
あの沖縄戦。逆の立場から違った角度で見せられた時、絶句した。

こんなところで リメンバーパールハーバーの教訓が生きてくるとは思いもしなかった。憎むけれど、お互いに傷つけあった事を忘れてはいけないし、そう仕向けさせた国のお偉い方の罪は深い。

米兵の持つ火炎放射器や焼夷弾は沢山の人を苦しませ焼き殺してきた最低最悪の武器だし、なんて鬼畜な武器を持つのだろうと昔から恐れと怒りに震えていたのだが、逆の立場でこういう風に見せられると、死ぬ気で戦う日本兵の持つ刃のついた銃も恐ろしかったんだと気付かされた。

戦場でモルヒネを打ってもらえるってどれだけ幸せなのだろう…。

どちらが勝つ負けるとかそういう事ではなく、1人の信念が沢山の命を救うので、後味の悪さも少ないし、戦争映画としては観やすい方だと私は思う。

沢山の人間が悶え苦しみながら死んでいったこんな歴史は、もういい加減にやめて欲しい。何も痛い思いをしてない世代が言える事じゃないけれど、体験を祖母から聞いたり映像や本を通じて見て学んできたけど、戦争が無い平和な今の世であっても人間同士で揉めあって 憎しみあって、集団になれば誰かを苛めたり、人と競い合ったり、今日も何処かで誰かが死んだり泣いているのだから、せめて 人が人を殺す事が正義になる戦争だけは 世界中で無くしてほしい。

罪のない女性や子供ってよく言うが、兵士になる男性にも罪なんか元々ないんだから、これからも平和な世の中で生きていきたいと強く思うそんな映画。

少し美談に見えた節もあるけど、素晴らしい行動であり、ラストはこんな事されたら拍手したくなっちゃうよ!と思いました。素晴らしかったです。

日本人にモルヒネを打ってあげるシーンは心がツーンとしました。この青年が助けた命の重さが染みる映画でした。
>|