ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

Dai5

Dai5の感想・評価

5.0
戦争映画の最高傑作。

入隊から衛生兵として認められるまでのデズモンド・ドスの葛藤と強い信念を描いた前半は感動的であり、後半の戦争の凄惨さを伝える戦闘シーンはまさに圧巻。

一本の映画作品としてエンターテイメント性も備えた素晴らしい作品。
sawang

sawangの感想・評価

4.0
プライベートライアン並みに戦闘シーンが酷くて見てるのキツかった。沢山の命が無駄になったと思うとやりきれない。繰り返させないと強く思った。良い映画だった。
しんや

しんやの感想・評価

2.5
良心的兵役拒否者が、衛生兵として大勢の兵士を救った物語。殺人を肯定する戦争というものと、殺人を否定する個人の良心・信仰との矛盾がテーマだと思う。

主人公がこの矛盾に悩み葛藤するさまをよく描いてはいるが、(主人公が勲章を貰った話しなど)全体のトーンとして主人公を戦争の英雄として扱っており、戦争肯定的であるところが、残念に思えた。むしろ主人公の目を通した戦争批判のトーンを強めたら、作品の評価がもっとあがったのではないか。

アメリカ人の製作したアメリカ映画としては、その辺に限界があるのかもしれない。また監督のメル・ギブソンは筋金入りのカトリック教徒らしいが、戦争そのものは否定しないけれども、個人として信仰は守りたいというのが、監督の目線だったのかもしれない。
ぼろぼろ泣いた

戦争シーン怖すぎる

そんな中、人を助けに回った主人公がどれだけ勇敢かは言わずもがな

彼に敬意を表する
メル・ギブソン監督の「ハクソー・リッジ」鑑賞です。

何ひとつ武器を持たずに第2次世界大戦の激戦地〈ハクソー・リッジ〉を駆けまわり、たった1人で75人もの命を救った男の物語

最初とラストの銃撃戦は「プライベートライアン」ばりのグロいシーンで今作の相手国が日本軍なのでよけいに目を覆いたくなりました。

戦闘地の中で武器を持たず仲間達を衛生兵として助けるデズモンド・ドス信念貫きここまでやれる人っているもんなんですね、自分なら絶対怖くてできません、実話なだけにさらに驚きですよ。
有紗

有紗の感想・評価

3.4
実話と知らず観賞したんでびっくりしちゃった。

日本兵の描かれ方

大学の市民的不服従の授業思い出したけど大分イメージ違った。
YoFujita

YoFujitaの感想・評価

3.0
信念貫くかっこいい奴
mikietty

mikiettyの感想・評価

4.5
神様がいたら戦争なんて起こってない
って思ってしまう。でも、信仰があることで
それがパワーになるのってすごいことや
nicole

nicoleの感想・評価

3.9
信念を貫き、武器を手にせず戦場へ赴き、多くの命を救った男!面白かった!

入隊した時のフルメタルジャケットよろしく、長官の新兵こき下ろしシーンでデズモンドが笑っちゃうとこ、いやそうだよね、普通に笑っちゃうよねってなったわ笑

後で調べてみたら、デズモンドは沖縄だけでなくグアムやフィリピンにも赴いてたらしいね。そこでの活躍とかもちょっとみたかったな。

細身なのに大男を担ぐ姿はなかなかグッとくる。
wasizm

wasizmの感想・評価

4.0
沖縄だったんかい。
>|