ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

馬鹿にされていた銃を持たない兵士が負傷兵を1人で救いまくるという誰にもできないことをやる話。
主人公の信念の強さはわかったし、人から徐々に認められていく気持ちよさはあったし、いい話だが、信念の根拠が見ている側にもそこまで伝わってこなかった。
Yu

Yuの感想・評価

4.3
すごい映画を観てしまった…

戦場で武器を持たないっていう選択肢がどれほど怖いか想像すればするほど、いかにデズモンドの信念を貫く気持ちが強かったのかが分かる。
銃撃戦も凄くリアルで、内臓ブチまけるし、頭吹っ飛ぶし、ご飯食べながら観るもんじゃなかったけど(笑)、それ故にデズモンドの凄さが理解出来たと思う。

苦手な戦争物でこれだけ泣いて悲しくなって気持ちが揺さぶられてるのは、この映画が本当に素晴らしかったからだらうなぁ。
runapy

runapyの感想・評価

3.8
戦争映画の中でもかなりの接近戦で、日本兵の不気味さには恐怖を感じました…
あとひとり、あとひとりだけと 最期まで信念を貫く強さに感動🥺
n

nの感想・評価

4.3
感動した
Soichfork

Soichforkの感想・評価

3.7
戦場で銃を持たない、心優しき青年。その強い意志に、胸を打たれた。アンドリュー・ガーフィールド良かったなあ。

意図的かのようにベタな映し方もあったけど、まるでそれは信じがたい現実だから。戦争は自分たちにとってはあまりに非現実的すぎるけど、それでも恐怖や緊迫感が手に取るように伝わる迫力だった。

このレビューはネタバレを含みます

銃を持つことを頑なに拒む良心的兵役拒否者にも関わらず入隊を希望するデズモンド。周りには銃を持ち戦い敵を倒すことが当然であると考える者ばかりで皆から臆病者扱い。そんな厳しい仕打ちを受けても彼の信念は首尾一貫しており、最後には負傷者を75人も救出し良心的兵役拒否者史上初めて名誉勲章を授与された勇敢な衛生兵となった。
銃をもたないから臆病者だ。見た目が痩せ細いから臆病者だ。偏見で勝手に相手の程度を測りそれが自分より下であるとその者を罵り虐げる。序盤は色々と考えさせられることが多かった。
自分が周りとは異なることで罵られながらも銃を持たない衛生兵として入隊する過程と入隊後の凄まじい成長、そしてデズモンドの良心溢れる人間性には終始頭が上がらなかった。瀕死で救える可能性が限りなく少ない仲間であっても、たとえ敵である日本兵であっても誰であってもその命を非常に大切にする姿勢が胸を熱くした。とても素晴らしい作品を知ることができて嬉しい。

この作品は米軍側から日本兵を相手にした作品なので銃撃戦のシーンではずっと、なんとも言えない複雑な感情が胸の奥につっかえていたような感じがした。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

3.0
国の為に力になるため軍隊に志願するが衛生兵希望で、条件としてライフルは持ちたくないと言い張るため周りから臆病者呼ばわりされる。
1945年彼らの軍隊は沖縄の要所ハクソーリッジへと向かう。
-----
戦争映画を久々にみた。
人を救うため誰よりも勇敢に戦場を駆け巡る姿に胸打たれた。
日本兵こわい。
神さま、声が聞こえません!
当たり前だよ、そこは地獄なんだから…
確かに美談だけど、そもそも論だわ…
助けても助けても殺される…救いようがない…以上
Hikalux

Hikaluxの感想・評価

4.0
実話。

え、実話!?
ノンフィクション、戦争映画、この2つ共に最高評価
>|