ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

sut0

sut0の感想・評価

-
記録用

このレビューはネタバレを含みます

とてもいい映画でした…

観ていくうちに、第二次世界大戦の沖縄が舞台だと分かりました。

目を背けたくなるようなグロテスクさ、残虐性…思わず年齢制限は無かったか確認してしまう程。

そして、私達は唯一の地上戦が起こった場所、地域住民も巻き込まれた悲惨な戦争が起こった地だと教えられていましたが…映画での日本兵の怖さ、残虐さ、鬼畜さ…視点が違えばこんなに違うという事を実感しました。

9条改正の話が上がっていて、戦争体験者が居なくなっていく今こそ、色んな人に観て考えて貰いたい映画。

あのお父さんも、きっと戦争のPTSDからアルコール依存に走ってしまったんだろうな…と。

そして、その戦争という恐ろしい状況の中で、人を殺さないという信念を持ち、諦めない芯の強さ、周りも動かしてしまう力の凄さに只々、感動が止まりませんでした。

そして、実話物には珍しい、とても幸せなラストでした。

この映画に出会えてよかった。
もえぎ

もえぎの感想・評価

3.6
監督がメル・ギブソン、主演がアンドリュー・ガーフィールド、実話を元に作られたって、観るしかないな~でも戦争映画苦手~…と結局配信開始まで待ちました。

頑なに武器を持たず、命を奪うのではなく救う!という医療部隊の話。

命を持って帰るのを恥とする大和魂と、生きて勝利を報告するのが勲章とする米国魂との違いがかなり生々しく描かれているので、途中で気分が悪くなるほど…。

メモ:舞台は1945年5月、沖縄にある前田高地(ハクソー・リッジ:のこぎりのような尾根)。

感動と共に、疲れと現実がどっと押し寄せた。
goliath

goliathの感想・評価

4.0
第二次世界大戦時、アメリカの沖縄上陸作戦に従事したある衛生兵の実話をもとにした話。

良心的兵役拒否という制度が当時のアメリカにはあったらしい。
主人公は武器を持つことを拒否しつつも、みんなを助けたいという思いから陸軍に志願する。
成し遂げたことも凄いが、その平和的な姿勢が素晴らしい。

方や、敵として出てくる日本軍の御国の為なら死を恐れない精神は、当時のアメリカ軍にとっては不気味なことこの上ない。

前半の人間味溢れたストーリーから、後半の戦争シーンの描き方も見事。
戦闘シーンはリアルで、即死できるのは幸せだと思うほど。

多少脚色してあると思うが、こんな凄い人が実在したことに驚く。
神田

神田の感想・評価

3.9
初めて全部観た
色々複雑な感情になるけど、その要因の1つは俺がキリストのネックレスをつけていること。ちゃんと14Kだしね!

このレビューはネタバレを含みます

後半の、ドスが取り残された戦士たちを一人で助け始めるところから観ました。一人でも多く、と祈りながら救助し続ける姿は神々しく、戦場のシーンなのに神聖なものに思えました。
そん

そんの感想・評価

4.0
見事だったのは、前半のヒューマンドラマ味溢れる日常的シーンから後半の無残な戦争シーンへの落差

戦争がどれだけ日常とかけ離れた異空間なのかが伝わってくる

しかし、衛生兵カッケェ、、

他人を助けるために戦火の中へ飛び込んでいく姿は自分には絶対に出来ないし、だからこそ憧れる

実話だというのが凄い
okuoku46

okuoku46の感想・評価

3.8
信念貫くの大変
>|