ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価・動画配信

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

Duckfeet

Duckfeetの感想・評価

4.0
人を殺さず仲間を救うためだけに沖縄戦に従軍し銃を持たずに多くのアメリカ兵の命を救ったキリスト教徒の兵士の話。根幹のストーリーは感動的でその勇気には圧倒される。だが、戦う相手は日本人。心情的にどちらに感情移入して良いのかわからず複雑な気持ちになった。
ほずな

ほずなの感想・評価

4.6
主よ、もう一人だけ助けさせてください…
ドスの叫びに、ただただ号泣した

結構グロい描写が多いし、(実際はこんなもんじゃなかっただろうが…)、とち狂った日本兵の姿を見るのは同じ国民として不憫だし怒りが湧くしそしてとても辛い。
日本兵と米軍に巻き込まれた沖縄を想うと、ハクソー・リッジを落としたぞ!って言われてももちろん喜ぶことなど出来ないし、日本と沖縄をこれでもかと叩き潰したアメリカへの怒りもある。

でも敵とか味方とか、どっちが正しいとか正しくないとかではなく、自分の信念つまり信仰によって、人を殺すのではなく人を生かす事を貫いた人物がいた。
ましてや激戦の沖縄で、負傷した敵の日本兵にさえ救いの手を差し伸べるなんて普通の人間には絶対に出来ない。

ドスの行いは心を打つけれど、そもそも戦争を肯定することはできないから、その辺がモヤモヤする。
どんなことがあっても、絶対に絶対に軍事力や抑止力、暴力によって平和は為されない。
主を愛し、汝の敵を愛し、人を生かす人になりたい
Amazonプライム。

もうすぐ見放題が終わっちゃうとのことで急いで観る。

同じくAmazonプライムで観たHBOのドラマ「ザ パシフィック」も相当リアルに戦場の地獄絵図を描いてたけれども、こちらも惨たらしさはかなりのもの。あまりにも至近距離で戦う日米両兵士。怖かったー。

衛生兵が主人公、しかも良心的兵役拒否者というのが珍しい。そして実話とは!
鰤鰭

鰤鰭の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

少しベタに脚色されてそうな感じあったけど、良い実話物語を観れた。
日本軍の役者が偽物の日本語じゃなくて本当に流暢な日本語喋ってて良かった。

実話をベースにした映画のお楽しみとして、エンドロール前最後のご本人登場とか後日談とかのエピローグが好き。
今回は大尉本人が登場して涙を流しながら語ってるところが一番説得力があってグッときた。
開明獣

開明獣の感想・評価

1.0
メル・ギブソン監督の新作、「博士と狂人」公開に伴って、世評の高かった本作のレビューを再掲。初出時は、一桁の方しかご覧になってないので、お許しを。生粋の天邪鬼、開明獣の壊れた頭でのレビューゆえ、これまたお許しを。言い訳めくかもしれませんが、メル・ギブソンは大好きな映画人です。それでは、始まり、始まり・・・

始めから終わりまで止むことのなかった違和感の原因は何なのか?砂を噛むようなジャリジャリとした感覚は、ジワジワと脳内を侵食していく。

今でも中東やアフガニスタンなどの戦闘地域から戻ってくる兵士がPTSDに苦しめられ、多くの方が未だに悩んでいるという。帰還者の自殺率も異様に高いそうだ。「ディア・ハンター」しかり、「アメリカン・スナイパー」しかり、戦争という狂気の行為の幻影に囚われ、苛まれ、滅ぼされる様を描いた作品は少なくない。

この映画の主人公は、自らの信条として武器を持たず、命を懸けて衛生兵として多くの生命を救ったという。それは素晴らしいことだし、戦争に関わった人達には、それぞれ個々人の物語があったことだろう。

だが、戦争に関わる行為そのものを美化してしまうことに、どうしても共感することが出来なかった。主人公自身の生き様は素晴らしくても、結局は、戦争に従事した人たちを格好良く描いているのが恐ろしい。

アメリカの亡くなった作家、カート・ヴォネガットは、第二次大戦で、多数の死者を出したドレスデンの空爆時にアメリカ軍兵士として従軍しており、敵側の捕虜として捕らわれていた。その時の経験を元に書き、映画にもなったのが、「スローターハウスNo.5」だ。その経験がトラウマになっていて、書こうとしても長年書けなかったドレスデンの悲惨な空爆の有様を書こうと、ようやっと決心し、ヴォネガットはかつての戦友の家を訪れる。戦友と、ドレスデンについて語り合うヴォネガットに、その戦友の妻は苛立ちを隠せず、こう言い放つ「どうせジョン・ウェインが活躍する西部劇みたいな本を書くんでしょう!!それを読んだ子供達は戦争をしたがるんだわ」、と。

その言葉に衝撃を受けたヴォネガットは、そんな本には決してしないと約束する。「スローターハウスNo.5」には、ヒーローなどは誰も登場しない。時空を行き来する主人公と、その周辺が暗く黒い笑いで描かれている。これが戦争を描いた小説なのか?最初はそう思うかもしれない。が、その本はベトナム戦争時代の反戦の象徴のような存在として読まれていた。

絶対悪としての戦争を描く上で、ヴォネガットは何一つとして、戦争が賛美されるような内容を選ばなかった。だが、この映画では、主人公が手榴弾を手で弾き返し、蹴り返し、味方を助ける様がスローモーションで美しく描かれていく。彼が命を懸けて駆け回った戦場では、敵味方入り乱れて殺戮の限りを尽くしている。その中で一人武器も持たず、命を助けるべく奔走した事は英雄的行為であるのとに間違いはないが、それは戦争という限定された条件下だからこそ起こり得たことなのではないか?そして彼が助けた兵士はやがて他のものの命を奪っていく。何故ならそれが絶対悪としての戦争の本質だから。

違和感はやがて嫌悪感へと変わり、最後まで消えることはなかった。
たく

たくの感想・評価

4.4
生涯武器を持たないと誓った衛生兵の実体験を基に第二次世界対戦末期の沖縄での戦いを描いた実話。

戦争のシーンがかなり生々しい。当たり前のように目の前で次から次へと人が死んでいく。そんなとこに武器持たないやつを連れてくってなったらそりゃ武器持たないとかふざけんなよっていう気持ちになるよな。

今回は日本人が完全に『敵』として描かれているため少し複雑な気持ちにもなるけれど、デズモンドの周りからなんと言われようと自分の信念を貫き通す生き様には心動かさせられます。。

ドロシー役のテリーサパーマーめちゃくちゃ美人。
見るの、めちゃくちゃしんどかった。


信じるとか愛するとかそんな言葉でもはかれないものだった
あとひとりあとひとり
みんな、家族がいる


どんな覚悟を持っていたらこの映画を作れるんだろうか
たああ

たああの感想・評価

4.2
とってもリアルに思えた。
「汝、殺すなかれ」というキリスト教の戒律を忠実に守り、志願兵でありながら銃に触れることを拒否した兵士デズモンド・ドス。一時は「良心的兵役拒否者」とされ、上官や仲間から嫌がらせを受け、終いには除隊されそうになるが、それでも信念を曲げなかった。衛生兵として戦場で人を救うことで戦うとする彼の信念は、戦争の中では異質に映るけれども、強い信念からくる勇敢さは胸を打つものがあります。
第二次大戦中の沖縄戦で75人もの仲間を救った衛生兵デズモンド・ドスの実話をもとにしているそうです。無慈悲なまでにバタバタと人が死んでいく戦場描写の迫力がすさまじい。そんな中で、銃も持たずに前線を這いずりまわり、ケガ人を助けてまわるドスの信念の強さといったら、異常とも思えるくらいです。

一人助けると神に祈った「神さま、どうかもう一人、助けさせてください」。もう一人助けると、またもう一人……と。そのセリフに信念が表れていますね。

死体やケガの描写がグロいのでご注意を。
Kororin68

Kororin68の感想・評価

3.9
最初は、「沖縄戦? アメリカ側から見た太平洋戦争って、あれでしょ、原爆は正しかった、って??」と思ってた。
しかし、後半、そんな感想はしぼんでいく。(忘れることはしたくないけど)。
信仰者としての行動、勇気。
その奥にある、アル中の父と、悲しむ母、自分の暴力性への猛省。
戦火で、ひたすら、いのちを救うため、いのちをかけたデズモンド。
戦後、良心的兵役拒否者として初めての、最高勲章を授けられた実話。
涙があふれました。
>|