ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価・動画配信

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

生牡蠣

生牡蠣の感想・評価

4.6
銃撃戦、爆発の迫力がものすごかった。
僕はこの中を生き残れる自信ないなぁ
ドスの勇気には心動かされました。これが実話とは,。
グロ描写は慣れてないと結構きついかもしれません。
僕の祖父は沖縄戦の中で崖の上で撃たれて腸をかき集めながら悶えてるところにアメリカ兵に助けられたと聞いているのですが、その人もドスのような心優しい人だったのかな…
何が正しいか正しくないかじゃなく、誰に何を言われようとも信念を曲げずに貫き通した結果、75人もの命を救ったことに感動した。

他の方のコメントにもある通り、そこら辺のホラー映画よりかなりリアルでグロデスクな描写があり、珍しく衝撃のあまり気分が悪くなってしまった。
感情移入しすぎて辛くなってしまったり、、
かなり体力のいる映画ではあったが、余韻が残る出会えて良かった映画だった。
amy

amyの感想・評価

-
ライフルを持たず人を殺さず兵士を助けたいという気持ちを貫き通すってすごすぎて涙
ボコボコにされても自分を曲げないってすごい
ドス二等兵😭😭

日本軍以外と強かったんだなって思った
あらた

あらたの感想・評価

3.0
いやー難しいな。評価が難しい。
銃を持たない軍人という主人公の話、それ自体はわかるし、そこまでの設定に半分も尺使うことないんじゃないとも思うが、まあ重要なフリである。
そんでそれを敗戦国の人間としてどう観るのか。さらにそれを撮ってるメルギブソンの宗教観がゴリゴリのカトリックであること。このあたりがむずくて、観ててどう感じるべきかわからなくなった。
pukpuk

pukpukの感想・評価

4.0
久々 戦争モノで良い映画が観れた( ´ ▽ ` )
個人的に ブレイブハート以来のメル ギブソン復活w
なんだこれは...
予備知識なしで見てたら沖縄戦だし、主人公は不殺の精神だし、戦争モノにしてもガンガン殺されていくしで見応えたっぷりだった。1番驚きなのがこれが実話ベースだってことだよね。こんなドラマティックな話が、ここまで映画化されてなかったの、さすがアメリカ、実話のストックの数と質が違うw
メル・ギブソン

ヴァージニア州 ブルーリッジ
沖縄の浦添城址の南東にある「前田高地」と呼ばれた日本軍の陣地

3月26日 慶良間諸島 座間味上陸
4月1日 8:30 読谷村 上陸

首里城 地下にある陸軍司令部を目指す途中にはだかる前田高知。

デズモンド・T・ドスはセブンスデー・アドベンチスト教会の信徒。良心的兵役拒否した者で史上初の名誉勲章。
1.少年時代、弟のハルをケンカの末、誤って怪我させてしまう。
汝、殺すことなかれ、を誓う。
2.兵役後アル中になった父を撃とうとする。(心の中で撃った)
3.衛生兵として志願。ドロシーからの聖書と写真。
4.訓練所での嫌がらせと軍法会議。父との再会。
5.ハクソー・リッジでの激しい戦闘シーン。プライベートライアンを超えてリアル。メルギブのドSドMなところ。
6.軍撤退後、75人の負傷兵の命を救う。
7.負傷し、聖書と共に帰還。
○アンドリュー・ガーフィールドは「沈黙」てロドリゴ神父
○ドロシー役 テリーサ・パーマーきれい。

宗教上の戒律も勿論あるが、それ以上に、自らの信念のもと行動した。

救助という名の壮絶な戦い。
y

yの感想・評価

4.0
「信念を曲げない男」これが実話なのが
衝撃。

戦場に残り、危険を省みず人の命を救い続けるこんなこと並大抵の人にはできない。
信じることは報われると言うが、正にハクソーリッジの主人公を体現していた。

久々に純粋にカッコいい映画をみた。
自分が今まで思った以上に戦争の歴史は深いなとも感じた。
彼にとっての戦場は、「人を殺す」場ではなく、「傷ついた仲間を助ける」場だった。最初は「じゃあ何のために入隊したんだよ」と突っ込みたくなるが、その強い信念によって次第に周囲を認めさせる様は、「本当の強さ」を感じさせてくれる。

しかし舞台が沖縄戦であるが故、日本人にとっては「沖縄を死守してくれ!」と日本軍に肩入れしたくなる複雑な心境にもなった。
>|