ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

c

cの感想・評価

3.0
良い映画でした。

でしたが!描き方が「「ハリウッド(ドーン)」」って感じで、途中から疲れたというのが本音。もちろん、戦争映画において迫力は大事だし、とにかく臨場感溢れる映像は素晴らしかった。ただどうしても表現過多に見えてしまうんだよね。実話が基ならば更にそう思ってしまう。
例として正しいか分からないけれど、マッドマックスならいいんだよ。どれだけ過剰であっても。あればあるほど「サイコー!」ってなるくらいだし。

自分のなかの映画の見方ということなのかなと思います。これはもう仕方ない!
良作であることは確かだけど、これはもう好みの問題!
がい

がいの感想・評価

3.5
申し訳ない程、例えが悪くしかも例えになってない気もするのですが思った事をひとつ、、、
サッカーなんて全く興味の無かった2002年 日韓W杯の時
スポーツニュースでのゴールシーンしか見たことなかったサッカーの「守る」凄さを教えてくれたオリバーカーンの姿を思い出した映画だった←伝わってくれ
しかも今日はオリバーカーンのお誕生日!!
そんな日にこの映画を観れた事
自分の中で「神よ!!この繋がりはなんなんだ⁉︎」と興奮してる今
メルギブは監督の腕もピカイチだった…

前半もさることながら後半ハクソー・リッジもとい前田高地での戦闘シーンは絶句。
どんなに敬虔な信者でも神の存在を疑いたくなるような絶望的な状況の中、1人でも多くの命を救ったデズモンドの行いと道徳的意義は計り知れない。

いつか沖縄に行った時は、ここも訪れてみたいな…
『“武器を持たない”という信念を胸に、砲弾の降る戦場の中、たった1人で75人もの命を救った実在の“戦火の英雄テズモンド・ドス”の物語』

実話というのが、素晴らしい、これに尽きる

銃弾が飛び交い、いつ死んでも全くおかしくない戦場の中、「人を殺さない」という信念を絶対曲げることのなかったのがスゴイ、、がこれだけでは正直変人

スゴイのは仲間が退却し、敵殲滅のための、味方の戦艦からの砲撃の嵐の中、ただ1人、敵がゴロゴロいる戦場を駆けずり回り負傷兵を救い続けたのが何よりもスゴイ

人が死んで当たり前、殺して当たり前の戦争で一切信念を曲げず、自分の命もかえりみず仲間を救い続けた(ちょこちょこ敵も助けてた😭)テズモンド・ドス万歳🙌

ただ一つ日本🇯🇵が敵なのが複雑だった
日本🇯🇵が圧倒的に不利なのがわかっているので、主人公側が全然ピンチに見えないのです(ーωー)
やま

やまの感想・評価

3.7
これだけリアルで見応えある戦争映画はおそらくプライベートライアンぶりや。ただ、プライベートライアンは兵士として勇敢だったのに対して今作品は人として勇敢であった。これが実話だというと日本が天皇万歳って言いながら死んでいったのがますますおかしく思う。少なくとも戦争には人として活躍する者もいたんだ。それは決して臆病でも腰抜けでもなく、誰もしないことを成し遂げようとする挑戦者であり、仲間を助けようとする良心の持ち主である。
らみ

らみの感想・評価

3.8
意思の強さを感じた。あまりの意思の強さに、こじらせ男かと思った😵
話が進んでいくうちに、こじらせではなく、信念の強さにかんじれるようになった😁 あそこまで信念をもって衛生兵に邁進したのはすごい❗
ハマ

ハマの感想・評価

3.9
こちらはメルギブソンの顔ジャケ率0パーセント(あたりまえ
兵舎でのハリウッドが最高、こういうやつ好きよ、教官に笑っちゃうのわかる気がする、、、てか教官の方コメディー俳優の人じゃないのかな?

戦場の臨場感が凄かった〜
minorufuku

minorufukuの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

敬虔なキリスト教徒で、人を殺めることを頑なに禁じている主人公は、銃を持たない衛生兵として軍に志願する。その彼の思想は同じ軍人からは理解されず、強烈な嫌がらせを受けるのだが、彼の信念と家族や恋人の協力もあり、なんとか従軍するに至る。しかし、彼が送られた最前線の沖縄戦の戦況は熾烈を極めて…という話。
メル ギブソン監督作品。

実際に第二次世界大戦に参加した衛生兵の青年の実話。

前半は彼が成長するまでの過程と、信仰の形成および新兵訓練生時代を描いている。一般常識的にも戦争イコール殺し合いなわけで、それに銃を持たず一切相手を殺めることをしないと宣言して従軍するのは、はたから見ていても「ありえない」「空気読めよ」と思わずにはいられなかった。しかし、彼の「地元の同じ仲間が命をかけているのだから自分なりに何か役に立ちたい」思いとそれでも人殺しはしないという信念を両立させて貫き通す強さには惹きつけられてしまった。そんな彼に周りも動かされていく流れが丁寧に描かれていた。
後半はいよいよ沖縄での激戦のパートとなるのだが、メルギブソン監督らしい容赦のない残酷描写が炸裂していて目を覆いたくなるくらいのシーンが満載。でも、リアリティを残しつつも戦争映画特有のお約束な展開もきっちり抑えていて、単純なアクションとしても一級品な出来となってた。メルギブソン作品はいつもすごく満足はできるのだが、観終わったあとはどうしても鬱々とした気分になることが多かったのだが、本作は主人公が人を助けることしかしないので、しかも見捨てることもしないので、非常に安らかな気持ちになれる終わり方となっていた。とは言え、日本人が観るとどうしても複雑な気分になるのは避けられないかと。それでも単純に「アメリカ万歳」な主張はしておらず、戦争の狂気を冷静に描いていたのではないかと思った。日本兵の変な描写はあるけれど。

主演はアンドリュー ガーフィールドで、スパイダーマンの頃のアイドル俳優的な印象は薄れ、すっかり演技派。「沈黙」などにも出てるし。ヒロインがすごい綺麗な人なのだが、この女優さんは僕が満点をつけた「明日、君がいない」という作品で主演していた人だった。当時は高校生役だったのに。ホラーの「ライト/オフ」でも主演なのね。気づかなかった…
たつこ

たつこの感想・評価

4.3
銃を持たず衛生兵として戦場で75人を救った青年の実話。
兵役を拒否しながら衛生兵として志願したのはもしかしたら生活の為なのかもしれないけど、宗教の教えと子供の頃兄弟に怪我を負わせてしまった事で「人を傷つけてはいけない」って信念を持ち続けてそれを貫いたのは本当に心の強い人だと思う。
訓練中バカにしたり嫌がらせをしたり暴力まで振るっていた同僚や上官が少しずつ彼に理解を示していくのは良かった😂
「あと一人」「もう一人」と何度も現場に戻っていくデズモンドが誰よりも逞しく勇敢に見えました。
ただ日本人としてあの戦闘シーンは複雑。白旗を掲げて投降する素振りを見せながら自爆するなんて😣
卑怯だと思うしでもそこまで追い詰められていたんだとも思うし…
戦争は国ぐるみの洗脳。戦争のない世界が来ますように。
リリコ

リリコの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます


武器を持たず、決して人を殺さないという信念を持った男が戦地で英雄になる話。ほんと尊敬に値する。今までの主人公がいっぱい人を殺した英雄みたいな位置付けの映画ではない。
「みんな人を殺すために戦争に行くけど、僕は人を助けにいきたい。一人くらいそうゆう人がいてもいいのでは。」って言葉かっけえ
すごく良くできた戦争映画です。

こっから余談
なんかレビューで日本人を悪くいう人おるけどなんかなー
相手側が日本だから複雑なのはわかるんじゃけどね。
リリコ自身、生まれも育ちも広島で戦争の悲惨さとか平和教育でいろいろ学んできて、原爆の被害者の方のお話もいっぱい聞いてきた。平和記念資料館も何回も行った。
よく特攻の場面で「天皇陛下万歳」とか言っとるシーンあるけど、ホントはみんな泣きながら「お母さん」とか家族の名前叫んでたって話聞いた時は言葉でんかったわ。そもそも戦争をはじめたのが悪い、あの頃の日本はおかしかったとかあるかもしれん。けど、死ぬ恐怖と闘い、泣きながら自分の命かけて家族や日本のために戦った人がいたということを日本人が忘れちゃいけんと思う。ましてや悪くいうのは違うじゃろ。今の自分があるのは誰のおかげなのか。
ガラにもなく熱くなってしまいました…
リリコは、普段は自他共に認めるクズじゃけど、こうゆうのは許せないのです。
長い余談でした。