ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

shuto149

shuto149の感想・評価

4.5
幼少期から退役後まで、主人公の生き方が良くまとまっていた。
戦闘描写は結構激しいながらも、だからこそ主人公の活動が光るのかな。
あ

あの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

刑務所のシーンで、彼女が主人公を抱擁するところでは涙が出た。彼女がいたから、彼は信念を貫き通せた。戦場での彼の行動も、傷つけるのではなく助けることに徹していて素晴らしかった。でも気分は複雑。
他の方のレビューを見て色々考えさせられましたが、
結論としては、この映画、素直に感動したとはやっぱり言い難いです。
映画を見ている時の自分の立場、アイデンティティを意識せずにはいられないのです。

これからも映画を見て学びとれたことがあれば、積極的に書いていきたいと思ってます。
第二次世界大戦、沖縄。武器を持たずに衛生兵として戦闘に参加し、多くの負傷兵の命を救ったデズモンド・ドスという人の実話を基にしたお話。

なぜ武器を持つことを頑なに拒否したのか、その信念の強さもあわせてしっかり描かれていて良かった。

負傷した仲間を手当てしてまわり助けたのだけど、武器を持たずに走り回るドスを仲間が援護して助けてもいる。隊のチームとしての姿も美しかった。

この映画では描かれていなかったが、あの戦場に現地の一般市民も居て戦闘に巻き込まれていたことは悲しい事実。

映画は事実にどれだけ忠実かは分からない。ただ、この映画の影響で沖縄のハクソー・リッジと呼ばれた前田高地を訪れる旅行者が増えたとか。映画の宣伝の仕方に物議があったようだが、これを機にあの戦争に関心を持ち、調べ、考え、思いやる人が1人でも増えればいいのではないかと思う。

1人の英雄のお話としてはとても良かったし、ガーフィールド氏のイメージも合っていて良かったが、やはり沖縄戦ということで、とにかく悲しくなった。

戦争なんて、するもんじゃない。
アカデミー賞に絡んでるっていうことと男版ナイチンゲールみたいな感じとどこかでチラ見して見始めた。

時間の余裕がなくてまだ途中までしか見てないけど忘れないうちに書いておく。

沈黙に出てた人だー!沈黙良かったよー!とか最初思いながら見ていてしばらくして、沖縄戦だったのねと気づいた。日本人としては複雑な思いでした。

主人公は強いポリシーと信仰があって徴兵が強制でもないなら軍隊に入らない方良かったんじゃという思いが消えない。士気が下がるし命がかかってる時仲間も助けられないんじゃ足手まとい。仲間が反射的に自分を助けているうちに殺されてしまうかもしれない。父親や上官の言うことはもっともだと思う。

戦闘シーンが遠くから撃ち合うようなものではなく至近距離の塹壕で撃ち合い、銃剣や手榴弾で殺し合う超接近戦が恐ろしくて涙が出てきた。
solo

soloの感想・評価

2.0
最後の英雄賛美のシーンがくどくてあまり面白いと思えなかった。戦闘シーンは燃えるけど、結局伝記的に終わるんだなーって。見た後に言うのも何だが、この手の題材の作品を面白いと思えなくなってきた...。
メル・ギブソン監督作品。

主演にアンドリュー・ガーフィールド。
自らの信念を貫き、銃を持たずに前線で多くの兵士の命を救った、実在の衛生兵を描いた作品。
地獄…まさに地獄のような沖縄(ハクソー・リッジ)における戦いの描写も大迫力で、戦争映画としても凄まじいものがありました。
そんな地獄のような戦いの中において尚、自分の信念を貫いた主人公デズモンド…悪夢のような一晩、仲間達を救って救って救い抜いた後、自らが救出され仲間に見送られて搬送されるシーンでは不覚にも泣いてしまいました…そして一拍おいての熱いラスト。
それにしてもメル・ギブソンはさすがですね…今作でもグッと魂に刺さる演出が素晴らしかったです。

ご本人達がご存命中に撮影されたインタビューを使ったエンディングもよかった。
メル・ギブソン監督の戦争映画
いつ戦争に行くんだろうといわんばかりの、前置きのストーリーはすこし長め。

しっかり登場人物の基盤を作り戦争シーンに突入するので感情移入しやすいです。

荒々しい攻撃シーンはこれでもかというほど、リアリティあって目をおおいたくなります。
まして舞台が日本だけに、どれほど過酷だったか興味深いものがあります。

本当に凄い人が実在し、偉業をなしとげたものです。


でもなんで、実在する人と異なり眼鏡かけなかったんですかね?
決して銃を持たず、仲間を守ることだけに徹した兵士の話。

「もう1人だけ」のシーンは心震える。
前半での、周囲の逆風に耐えながら信念を貫き通す部分が実に丁寧に描かれてる。

ラブストーリー要素も邪魔をしない程度のちょうど良いぐらいの分量なのもまた良い。戦闘シーンも緊張感あって、あくまでメインの部分も忘れていない。
銃を持たないで戦場に臨んだ人の実話。美しい話だったけど、戦闘シーンがリアルすぎてそちらにばかり気がいってしまった。美談の相手が沖縄が舞台の日本軍というのも複雑。日本軍の幹部の切腹の場面に至っては本筋と全く関係なく嫌な気分になった。
bhh

bhhの感想・評価

4.7
後世に伝えるための映画
なんて言えばいいかわからないけど観るべき