ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

HIKARU

HIKARUの感想・評価

4.8
今まで観た戦争映画の中でも最も人体破壊描写がエグかった……流石メルギブソン……。

デズモンドは武器を持たないが人を助けるためなら率先して敵がいようと前に突っ込んで実際に75人も1人で救ったあたり実は軍の誰よりも度胸がありまさに英雄だったのですね!

エンドロールの本人達のインタビューシーンで号泣してしまった。

観終わった後高揚感を残す素晴らしい作品でした。
Betty

Bettyの感想・評価

5.0
2時間超えの長めの映画やけど
戦地(沖縄)に行くまでに半分くらい終わる
沖縄に行ってからの戦闘シーンは勢いがすごくて…
だいぶ心が疲れる
こんなところで衛生兵って…
治療する以前やわって思ったけど
後ろの方に搬送係みたいな兵たちもいていちよ流れができてた🤔💫
でもやっぱ開放創とか四肢切断とか
あんな土のところで…
感染起こしまくるやろうなって悲しくなった

大人1人運ぶのどんだけしんどいか
もうアドレナリン出まくってる
引きずって行って引きずられなら撃っといてもらうのはいいな😅😅

みんなから理解されていく様子が良かった
安息日やったけど行かなあかんからお祈りをみんな10分もちゃんと待ったし(笑)

ちゃんと聖書も探して持ってきてくれるしさ😢💕
相手が大切にしてるものを大切にできる人になりたいな
人命救助するために真逆の環境へ

しかし切腹シーンに日本的美しさを取ろうとしてるのを感じてしまい、
なんか変なモヤモヤが残りました
コバ

コバの感想・評価

4.1
記録
自身はボロボロになり、いつ殺されるかわからない状況で、銃を決して持たずに、もう1人もう1人と仲間を救う姿にこころをうたれました。
たとえそれが、敵国の日本兵であっても。
実話の話しであったことにも驚きました。
実話を基にした戦争映画
第二次世界大戦時の沖縄が舞台で日本にも馴染みのある背景なのでとっつきやすい作品だと感じる
上官からの命令でも銃を持たなかった一人の兵士の生き方を描いた作品
「助ける」という視点の戦争映画はあまりないので新鮮味があった
日本兵との戦闘シーンは圧巻
tai

taiの感想・評価

3.9
実体験を基に作られた映画で、銃を持たないで戦場へ行くことを許され衛生兵として多くの人の命を救った話。

戦闘シーンのリアルさが凄い、息が抜けなく見てて辛い。戦争がいかに愚かなことと思い知らされる。
1945年沖縄での戦争が舞台、沖縄が攻撃されるのは悲しい、歴史を知っているからよけいそう思う。
日本兵はヘルメットなし布の帽子で戦っていたのが気になったけど、実際はヘルメットをかぶって戦っていたそうです。

メル・ギブソン監督恐るべし、よくこういう映画を作るなと感心する。「アポカリプト」も衝撃的だった。ただ宗教感が強いのが気になる、熱心なカトリック教徒で有名。俳優としてはリーサルウエポンの刑事役をよく観た。
hosh

hoshの感想・評価

4.3
めちゃくちゃ面白かった。
メル・ギブソン監督は本当に映画が上手い。

冒頭から美しい自然の中に崖のモチーフが
登場し後半の悲惨な状況下での崖の登場を
暗示させる。
父親の暴力として使われたレンガが、
逆に主人公が人命救助する道具として
使われる、などとにかく一つ一つの演出が
分かりやすく、映画的で見ていて気持ち良い。

前半部分で様々な人物が主人公の意思を
折ろうとしてくるが、それを突っぱねた
からこそ覚悟の重さを感じるし、後半の
戦場パートで危機に陥る度にどのように
対応していくか、という見所に繋がっていた。

圧倒的にMADな戦場である意味MADな
主人公が高潔な意思を持って人を救う。
めちゃくちゃな奇跡を現実にしていく
その姿に深く胸を打たれた。
Pinkman

Pinkmanの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

戦争に行ってもドスは変わらなかった。
信念を持っている男は強い。

信じられないような男の真実の物語。降伏するふりをして手榴弾投げてくる日本兵やそれを素手で払いのけてキックするドスや切腹人を介錯するシーンはちょっとウケた。全員正気じゃない。
時代と軍隊の同調圧力に負けなかった信仰心。
感動的でした。
日本兵との激闘はどれだけ史実に基づいているのか気になる。
メルギブソンの宗教観を軸とし、主人公が軍人になり前線へ行くが殺める事を拒み銃を持たない。助ける事を使命として戦う。
人を殺める事だけが目的ではないという実話