ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

KentF

KentFの感想・評価

3.5
主人公が戦場で行うことは、まるで天国に行きかけた戦友を、再び地上に引き戻すかのよう。宗教色が織り込められた作品。

日本人として観ることは避けられなかった。「攻撃されるから銃をとる」というが、舞台の沖縄には侵略している。出てくるのは兵士ばかりで、沖縄の人々は何処に。

題材がいい。配役も的確。ただ実話であるがゆえの魅力と共に、制約もあったのではないか。
めっちゃヒヤヒヤする。これだけの緊張感をずっと保つのすごい。
すず

すずの感想・評価

4.5
職場の人にすすめられて鑑賞。
どっち視点とかではなく。
戦場がリアルでエグい。

悲惨すぎるけど、いい映画。
最後らへんは涙が止まらなかった。
しょや

しょやの感想・評価

3.5
ストーリーは面白く、絵も迫力があって引き込まれる。新しい気づきもあってひとに薦めたいと思う良作!好みの問題で、戦争ものはリアルさは欲しいけど過剰なドラマチックさで描かれたものは苦手。大げさな演出がなければなぁと、思わずにはいられないのでした。
Rurimi

Rurimiの感想・評価

3.8
暴力を嫌い銃を持たず仲間を助ける為に戦地に行った人。
最初は小馬鹿にされてたけど過酷な銃撃戦の中で
いざ自分が大けがをおうと衛生兵に助けを求める兵士たち。
それで助かるかは置いといて兵士たちの心のより所になっていたように見えた。
アメリカ兵目線なので日本兵は不気味に描かれていて悪者みたいだけど
実際は自国を守ろうとしただけなんだよなぁ…。
銃撃戦が迫力あってリアルで銃を持たない英雄の物語として見れば面白かった。日本兵相手にも処置を施すシーンは大きかったと思う。
ジーハ

ジーハの感想・評価

3.7
今日は終戦記念日。

実は学生の頃、戦争映画の"プラトーン"を劇場で観て以来、このジャンルが少し苦手。
戦争がテーマである作品を初めて大画面で観たのと同時に、当時の私には、すごい数の人間が無差別に殺し合い、死んでいくという映像があまりに辛く、見終わったあと心には、内容ではなく、悲しさと苦しさだけが残ってしまっていた。そのおかげで今もこのジャンルを観るとこに躊躇を感じてしまう。でも戦争ものには名作も多い…本作もそう。というとこで、今日という日を理由にに勇気を出して鑑賞。

この世界に存在しないものさえも映像化できてしまう現在。だから劇中で展開する戦火や戦闘シーンはものすごくリアルに再現されてるのだと思う。これは自国沖縄での戦線の実話。戦闘相手は日本兵。

中盤から…やはり持っていきようのない悲しみで気持ちが辛くなり、涙が止まらず胸が苦しくなった。そして戦場で人々を懸命に救うデズモンドを見ていると、敵とか味方とか、勝ちとか負けとか、とにかく何を見ているのかわからなくなってきた。ただただ、この生産性のない戦いが1分1秒でも早く終わってくれるよう祈るばかりだった。
戦争がテーマの作品は何を観ても辛い。
でも何かが…確実に心の傷となって残るものがある。。そしてその度にその傷の痛みの意味を問う。

終戦記念日の今日。NHKやニュース以外、戦争について民放番組ではほとんど触れられることもない平和な日本。でも自分自身もそう。普段戦争のことなんて全く頭にない。でも絶対に風化させてはいけない事実。今日それを、改めてまた心に留めておこうと思う。
メルギブソンらしい映画
実話を元にした映画だけあって本当に心に残る
Taki

Takiの感想・評価

3.5
銃を持たないと誓った青年が、衛生兵になるまでと戦場で多くの兵士を救う話。実話を基に してるとのこと。沖縄戦。戦闘シーンは残酷な描写多くて疲れました。さすがメル・ギブソン監督という感じ。日本兵怖い。
needmakeme

needmakemeの感想・評価

3.9
人を殺める戦いではなく、救う戦いとは。

最後までひたむきに信念を貫くデズモンドを突き動かすの原動力は何なのか。人間だれしも弱さがありどこかで妥協し折れてしまう。宗教色の強さ的に単なる戦争プロパガンダ映画ではないし、「守るため」の戦争ではなく沖縄を「侵略する」戦争であったのも事実。どちらが正義、という話では帰結するはずもない。生々しい戦闘描写によって悲惨さを身に染みて感じ取るだけでなく、そこにいることの恐怖。このような状況でも怖気づかずに一人でも多くの仲間を救い続けるその気概の根底には何があるのか。単なる宗教心や信仰だけは片付かない、もっと奥深いものがあるように個人的には感じた。そこが描かれなかったところからするとデズモンドを動かしていたのは本当に宗教だけであって、解せなかった原因は日本とアメリカの宗教観という文化の違いなのか。


'Please help me get one more.''
ドロシーかわいい。に騙されて後半1時間の恐怖。どうしても沖縄側で見てしまう