ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

ユウヤ

ユウヤの感想・評価

3.5
信念を曲げない男の話、エクストリーム映画
NAOKI

NAOKIの感想・評価

3.5
良い映画だとは思うけど、
絶対もっと隊内でのイジメとか酷かっただろうな…と思うと複雑。
序盤から泣いた。周りから批判されたり暴行されても自分の信念を貫く姿や人を助ける一心でずっとハクソーで敵味方問わず怪我している人を助けまくるドスがカッコいいし尊敬する。私は神とか仏とか信じていないけれど信仰のために自分を曲げずにここまで他人に尽くせることに衝撃を受けた。おもしろかった。長生きしてくれてよかった。実話流行ってるのかわからないけど、パトリオットデイみたいな終わり方ではある。ただ、ドスのことを話しながら涙している人を見て心が締め付けられた。
baku

bakuの感想・評価

3.0
久しぶりのメル・ギブスン監督作品で期待していたが、肝心の戦闘シーンが一日だけのストーリー構成だったのが拍子抜け。実話だから仕方ないが、少し安易さを感じ、それまでの過程とのバランスがイマイチだった。
cyco

cycoの感想・評価

4.0
すごかった、、、
実話。本当にすごかった。
実際のハクソー・リッジはこんなもんじゃなかったんだろうな、、、
yuya

yuyaの感想・評価

3.9
実話なんだなこれ 沖縄がこんな戦場だったなんて
アンドリューガーフィールドはスパイダーマンのキャラが強くてこのキャラは不思議
ALOHA

ALOHAの感想・評価

3.8
戦争映画は観るとドヨーンってなるし、戦場が沖縄だから、なおのこと気が進まなかったけど…。

メルギブ、さすが。

こんな人が実際にいたんですね?
同じ隊にこんな奴がいたら、俺も袋叩きにしたのだろうか?

彼の強い信念の根源は、宗教観と過去の二つの出来事(トラウマ)。
mits

mitsの感想・評価

3.0
史実に対して失礼だけど、思ったよりベタだった。ザ・ハリウッドが作った戦争映画という感じ。
帝

帝の感想・評価

5.0
これはすごい映画
序盤はわりかしのどかだったけど、中盤からの戦場のシーンがこわかった

戦場1分くらいで、一気に人が死んでいく。トラウマ。PTSD発症。よく、次の日もう一度戦場に戻れるなあとおもいながら見ていた。

そして日本兵の強さがこわかった。精神の強さ。銃を撃っても撃ってもあとからどんどんわいてくる日本兵。今でも世界が日本が軍国になるのを恐れてるのはこの時代の恐怖体験からなんだろうなあとおもった。

戦争いやだ
後れ馳せながらレンタルで鑑賞。
沖縄戦の悲惨さを知る日本人としては、字幕の無い敵兵表現に思うところはあるけど、ここ数年の戦争映画としては秀逸。

あらすじがもうちょいこの映画の良さを表現できてれば、映画館で鑑賞してたのに。。


過剰なゴア表現への指摘もあるけど、ゴアを排除しても成り立つダンケルク等とは違い、必然性のあるゴア表現なんで、そんなに気にならなかった。