ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

これはいいね❗戦争映画なのに主人公が人を殺さず、ひたすら仲間を助け続ける❗
vermouth

vermouthの感想・評価

4.0
ストーリーは実話を基に作られているので、満足度は高い。

日本人としてアメリカ目線の沖縄戦線を見ることになったが、登場人物が日本という国の悪口を言ったり、民族性を否定するような演出が一切なく感動。

当時はそれぞれ憎しみが存在したとおもうが、それを後世において、ましてや映画という娯楽で再現する必要性は全くないと改めて痛感。

メル・ギブソンすご。
yumi

yumiの感想・評価

3.7
1945.4.26〜
舞台は日本軍からは前田高地
米軍からはハクソーリッジと呼ばれた場所。

75人もの負傷兵を助けたデズモンド・ドスの物語。

戦闘シーンが生々しい。体一つでの戦い。
こんなにも人が簡単に死んでしまうなんて惨い。
所々のホラー映画の驚かせてくる。

多くの命があっけなく、いとも簡単に奪われる中で、一つ一つの命の重さ尊さを感じながら救うデズモンドの姿に涙。

*メモ*
1945年4月1日、北谷町に米軍が上陸。
2020年、21本目。
凄惨な戦場において、常に主を呼び求め、かたく信仰を保ち、多くの命を救った衛生兵の物語。平和を成す人物への天の愛や、絶対に信仰を捨てないその天への愛を感じる作品。
junce

junceの感想・評価

4.5
映像が衝撃すぎて思わず目を覆いたくなった。
日本兵こわ。この不屈の精神が当時アメリカにとって
脅威だったんだ、納得。
TED

TEDの感想・評価

-
本当に呆れ果てる映画。歴史の悪意ある歪曲。
高評価付けている人は沖縄戦について勉強した方がいい。
本当に情けない。
せめて、沖縄の非戦闘員の民間人の死者の数を映画の最後に書き出すのが筋だろうが。
メルギブソンは最悪のアメリカ人だ。
ごち

ごちの感想・評価

3.7
日本人としては正直複雑。

戦争は何も生まない。

太平洋戦争の映画だけはどうしてもつらいな。
何となく見始めたが一気に引き込まれた。信仰を持つ者の強さが史上最悪の戦場で輝く!彼にとって戦うということは信仰を貫くということ。その姿が疲れ切った部隊に勇気を与える。私も勇気をもらった👍
KG

KGの感想・評価

4.7
色々アクション映画を観てきた中で戦わないかっこ良さがあることを初めて知りました
Nakama

Nakamaの感想・評価

4.9
ただの英雄物語として終わらしてはいけない。戦争の現場の凄惨さをリアルに再現している。
沖縄の平和記念公園で見た戦場の惨たらしい白黒写真の数々。真っ二つにちぎれた身体。首から下は皮しか残っていない頭部。どれが誰の手足で頭なのかわからなくなった十数人のバラバラの遺体。
それらが色を持ち、映像として動き出していた。苦しかった。私の出身地である沖縄でかつて繰り広げられた戦い。米兵が日本兵の胸を撃ち抜き日本兵が米兵の頭を吹き飛ばす。その場ではどちらが善悪など関係ない。生と死が激しく入り乱れる激戦地。苦しい、が、目を逸らしてはいけない。
そんな戦場の真っ只中、敵味方関係なく負傷者の命を救う一人の米軍衛生兵がいた。
「あともう一人、命を救わせて」
彼の戦いはどれだけ多くの命を救えるかにあった。

戦争を知らない私たちは時として戦いのスリルや刺激を求めてしまうが、まずこの映画を見て欲しい。本当の戦争がどういうものであるかを教えてくれる数少ない作品の一つだ。