ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

needmakeme

needmakemeの感想・評価

3.9
人を殺める戦いではなく、救う戦いとは。

最後までひたむきに信念を貫くデズモンドを突き動かすの原動力は何なのか。人間だれしも弱さがありどこかで妥協し折れてしまう。宗教色の強さ的に単なる戦争プロパガンダ映画ではないし、「守るため」の戦争ではなく沖縄を「侵略する」戦争であったのも事実。どちらが正義、という話では帰結するはずもない。生々しい戦闘描写によって悲惨さを身に染みて感じ取るだけでなく、そこにいることの恐怖。このような状況でも怖気づかずに一人でも多くの仲間を救い続けるその気概の根底には何があるのか。単なる宗教心や信仰だけは片付かない、もっと奥深いものがあるように個人的には感じた。そこが描かれなかったところからするとデズモンドを動かしていたのは本当に宗教だけであって、解せなかった原因は日本とアメリカの宗教観という文化の違いなのか。


'Please help me get one more.''
ドロシーかわいい。に騙されて後半1時間の恐怖。どうしても沖縄側で見てしまう
いい映画なのだとは思うがあまり感情移入出来ませんでした。
舞台が沖縄でなければまた違ったのでしょうが私が日本人である以上どうしても敵役の日本兵を憎みきれなかった。
前線の悲惨さをこれでもかとまざまざと見せられる。頭に銃があたり仰け反るシーンは忘れられない。最近の戦争映画の中でも高評価かな。
正直軍に入るなら銃持って訓練くらいすればと思ったけど、銃を持たず助け続ける信念を貫き通し、実践し続けたのはすごい。そして味方だけでなく敵の日本兵までも。
戦いが内地の沖縄であり、鬼畜に写ってるのが日本人なのだということは複雑、でも目を背けてはいけない、やったことは元に戻らない。
ラストのあたり、切腹シーンは日本の無降伏主義やプライドの文化を示しているのでしょうが、外国人にわかる人少ないかも。
珍しく戦争映画を見たけど、話しの内容も構成も惹かれた。
そしてアンドリューガーフィールドの演技も良かった。
ここまで自分の信念を貫くのは難しいことでやっぱどこか人とと違う部分があるとおもうけど、そのどこかが感じられる素晴らしい演技だったと思う。
MORINAGA

MORINAGAの感想・評価

4.8
実話に基づいた戦争映画。
1人の平和主義者がどこまでもかっこよく写っていました。
敵が日本ということで、少し複雑な部分もありましたが、とても面白く見ることができました。
TAKEDA

TAKEDAの感想・評価

4.0
真新しい感じの戦場のシーンはとても見応えがあり、良かった。
人が撃たれ血が舞うシーンや爆発に巻き込まれるシーンなど過剰?かどうかは実際に戦争行ったことないんでリアリティ具合は分からんけど、良かった。
にしても、戦争は残酷です。
みかん

みかんの感想・評価

4.0
1945年5月沖縄。大激戦地となった150mの断崖『ハクソー・リッジ』(のこぎり崖/日本では『前田高地』)で「人を殺してはいけない」という信仰と信念上、武器を持たず戦場を駆け巡り、たった1人で75名の負傷兵を救った衛生兵の実話に基づく戦争ヒューマンドラマ。

まず実話というのが衝撃!

"自分の信仰上武器を持って敵を殺すことは出来ないが、陸軍の衛生兵になって人の命を救いたい。"

と、いうのが軍人としてアリなのか。

もちろんナシで、前代未聞。

前半は主人公デズモンドが陸軍に志願して、戦場に行くことを許可されるまでの心理的な苦しい戦いが繰り広げられます。

どんなにひどい嫌がらせを受けても、危機に陥っても、それでも真っ直ぐ貫く揺るぎない信念と支えてくれる恋人の深い愛情に脱帽。

さらに、絶望的なピンチを救ったまさかの人物にはとっても感動しました!

そして、いざ戦場へ。
そこは、先発隊が6回登って6回撃退され、部隊も壊滅状態になってて嫌な予感しかない『ハクソー・リッジ』。

縄をかけて頂上へ登ったところを旧日本軍からの銃撃で次々に秒殺。

登り切っても砲弾や手榴弾が飛び交い無残に吹き飛ぶ身体、積み重なる死体…

鑑賞前にメル・ギブソン監督なので『ブレイブハート』のリアルな血みどろの戦場を思い出し、グロいの苦手なので、その迫力を受け止めきれるか緊張でしたが、PG-12でR指定ではないくらいだからと覚悟を決めて観たものの。

やっぱり監督の手腕が見事で、凄惨を極めた戦場のリアルな再現に圧倒されました。

怖い痛い辛い…まさに地獄…

そんな目を覆いたくなるような死屍累々の戦場から一時撤退後、デズモンドは1人引き返してまだ戦場に取り残されている負傷兵たちを助けに行く。

その命懸けの救出劇には心を打たれるばかりでした。

ゾッとするような危機の数々も乗り越え、最後の最後まで1人でも多くの命を救うことに全力を尽くした勇敢さにただただ感服。その異例の偉業に胸が熱くなりました。

映画公開後、この『ハクソー・リッジ』への観光客が増えたという事実が、どれだけ人の心を動かしたか物語ってると思います。

崇高な信念と勇気に心からの称賛と、改めて平和を希求せずにはいられませんでした。


★第二次世界大戦が激化する中、デズモンドは陸軍へ志願を決める。

第一次世界大戦で深い心の傷を負い、酒に溺れて母とケンカが絶えない父もこれには大反対。

元々信仰篤い家庭で、幼少期デズモンドは衝撃的な出来事から、「汝、殺すことなかれ」の教えを遵守することを誓う。

衛生兵なら自分も国に貢献出来ると思い、陸軍に入隊。

優れた身体能力で基礎的な体力訓練も難なくこなすが、いざ銃の訓練に入って「銃をはじめ武器を持つことは出来ない」と頑なに拒み大問題に。

上官や同じ部隊のメンバーからの執拗な嫌がらせの果てに、とうとう軍法会議にかけられる。

それでも信念を曲げない彼に、刑務所行きが命じられるところ、ある人物の尽力によりデズモンドは武器の携行なしに戦場に向かうことを許可される。

行き先は激戦地『ハクソー・リッジ』。彼の信念をかけた戦いが始まる、、。


1945年10月、この功績により大統領から名誉勲章を授与され「英雄」になったデズモンド。

その時から映画化のオファーを受けてたそうですが、本当の「英雄」は土の中に眠る人々と言って辞退し続け、80歳を過ぎてやっと説得に応じてくれたとのことで、その謙虚さにも尊敬ですし、戦場で散った「英雄」の人々や、拭えない戦争の惨さ、重さも受け止めなければならないと思いました。
【沖縄戦で武器を持たずに戦いを描いた映画】

評価が高かったハクソー・リッジやっと見れました!
ってか舞台が沖縄ってことにも驚いたけどハクソー・リッジって沖縄っていう意味なんだね笑
それも初知りでびっくりした

ストーリー自体はおもしろかったし仲間がすぐ殺られるのが早いのもリアル感があったし迫力があってよかった!
でも沖縄に住んでるからわかるけど沖縄戦って映画1本じゃ語れないよね

まぁこの映画は主人公に照準合わせてるからしょうがないけど
yokojammin

yokojamminの感想・評価

3.8
武器を持たず相手側の負傷者含め沢山の命を救った主人公の勇気に感動しました