ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

数ある戦争映画の中でも特に記憶に残るであろうものでした。
役者の演技もリアルで、「戦争」というだけでは言い尽くせないものが詰まっていました。
主人公にもちろんフォーカスしているんだけど、中盤から後半にかけてのハクソー・リッジの攻防ではその主人公だけでなく、どれだけそこが激戦区で厳しいものだったかを見せつけられました。

ハクソー・リッジの攻防は戦争映画史に残るシーンだと思いました。

主演のアンドリュー・ガーフィールドが愚直で柔らかい笑顔が印象的だが、揺るがない「信念」を持った主人公を熱演。あどけなさとか笑顔が素敵で、フォレスト・ガンプのトム・ハンクスに見えちゃう時がありました。

そして、監督のメル・ギブソンもやはりすごい。ワンス・アンド・フォーエバーを彷彿とさせる戦争感…なんとも言えません。

そして、実話ということ。
なんと言えばいいかわからないけど、勇気ある行動だし、生半可な気持ちではなく信念を持った行動ってどこの世界でもきっと通用するんだな、と。

映画としてもすごく良くできていて、生い立ちから主人公を作り上げた環境をうまく見せてくれて単なる戦争映画ではないように感じました。

どこのシーンという訳ではなく、全般的に涙が出そうになりました。

感動です。
銃を持たず、身一つで戦場に行き、敵味方関係なく、人命救助した兵士の素晴らしい実話。
日本を悪として描くわけでない。 ただただ戦争というものはどういうものなのか伝えてくる そんでそれがひしひしと伝わってくる映画。
そしてなによりアンドリューは最高です。
jrs

jrsの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

沖縄戦の話で驚いた。
5回以上アメリカを撃退させてたとは…当時の日本人根性あるなーと。

主人公は銃を意地でも持たない主義で
その代わりに仲間に援護射撃してもらって…ズルいんじゃないかとしか思えない。
自分は殺したくないけど、人に代わりに打ってもらうって…。

ただ映画自体は沖縄戦の様子がアメリカ側からの観点で見られたし
日米どちらも同じように倒れてってるってのも平等な視点で。あっという間だった
しかしこの火炎放射器で焼き殺すってほんと残酷。。
タカ

タカの感想・評価

4.2
信念を貫き、他人とは違った方法で勇敢に戦った男の物語。
戦争映画としても素晴らしく、一人の男の生きざまに胸を打たれた。
non

nonの感想・評価

-
滂沱。
なんと、こんなひとが
本当にいたとは…


なんというか、バカ
(にしか見えない)
と紙一重みたいな
こんなひとを演じた
ガーフィールドも
すごい。
泣きました。
本当にいい映画!!自分にはこんなに信念を曲げずに生きることなんて出来ないと思う。

いい映画に出会えて、また少し成長させてもらいました。
日本の切腹シーンが数分のみでてくるわけだがそのたった数分に死と向き合う姿と恐怖が描かれていて驚いた。

アクション映画のような撮り方をしていておもしかった。
スパイダーマンより、アイアンマンより、真のヒーローとはこういった人のことを指すのかもしれない。
ま

まの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

仲間はすでに退却していて目の前の崖を降りればみんなと一緒にテントへ帰れるのに、背後の戦場から聞こえる負傷者の「助けて」「神様」の声を聞いて、「分かりました」とまっすぐ戦場を目指すドスが堪らなく格好良い。生きてる人を探して、手当てをしつつ1人また1人と崖から降ろしていくドスが、「あと1人助けさせてください」「お願いします、あと1人」と神様に祈るのもドスらしい。最後まで信念を曲げず、一度だけ銃を握ったかと思えば担架がわりに使っただけ…。真っ直ぐなドスが眩しかった。