ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

Shizka

Shizkaの感想・評価

1.6
嘘くせーと思わずにはいられない実話。誰か協力しろよ
戦場シーンがリアルで圧倒されたし、恐怖も感じた。
アメリカ側の映画だとしても沖縄戦をより深く知るきっかけになれる良い映画
一人だけ武器を持たないなんて、日本軍では決して成立しなかったであろうエピソード。こんな深いテーマの映画でもしっかりとエンターテイメントに徹するアメリカは、やはり懐が深い。
MEMO : Powerful. Based on true story.
ゆり

ゆりの感想・評価

4.5
最後まで信念を曲げない主人公
戦争シーンでは少し目を瞑りたくなる演出もあったが
映画館なのに声が出そうになるくらい号泣した
とても良い作品に出逢えた
Sakazume

Sakazumeの感想・評価

5.0
やってる映画館が
とにかく少な過ぎる…!

ハクソー・リッジとは沖縄県浦添市の前田高地という場所を舞台にした沖縄戦を舞台にした映画です。

内容はいろいろなところに書いてあるので書きませんが、戦闘映像がグロあり(手榴弾で脚が吹っ飛んだ兵士、火炎放射器で焼かれる兵士など)戦闘がリアルすぎて、何度か映画館でビクってカラダが動くくらい怖かったです。

主人公が戦場に行くのに武器を持たない、人を殺さない、戦犯になろうとも貫いた信念は当時では想像もできないです。

宣伝では全く沖縄のワードが表に出ていないので、知らない人も多いと思いますが、是非見てほしいオススメの映画です!

@下高井戸シネマ
戦争を題材にした実在の衛生兵のヒューマンドラマ。

幼少期・家族関係・看護現場・宗教など、武器を持たないと誓った事件を丹念に描くことで主人公(ドス)の思想・信条の背景が積み重ねられ、更にいくつもの対比表現で人間性を丁寧に構築することで、ドスの行動に確かな説得力が宿る。

勘違い理想主義者かと思いきや、社会や組織の波に呑まれない確固たる理念で自分の信念を貫き通し、次第に周囲が認識し賛同する。
その勇気は敬服に値する。

沖縄の凄惨を極めた戦闘シーンの圧倒的な臨場感と緊迫感は圧巻。
顔が焼け爛れ、手足を無くした者たちの遺体が転がる地獄絵は呻き声が聞こえるようだ。

作中のいくつもの対比表現と同様に戦場の悲惨を過激に演出することにより、信仰と信念の描写がより鮮明に伝わる。

壮絶な戦闘シーンとヒューマンドラマの融合が見事で、デズの信念の強さに魂が揺さぶられる。

映画館で2回鑑賞できて幸せ。
CAP

CAPの感想・評価

4.5
沖縄はまだやってます。

やはり銃声が怖い。

あと1人助けさせて下さい
すごすぎてすごすぎて
地元で本当にこんな出来事あったのかと思うと信じられない
Maha

Mahaの感想・評価

4.0
狂気に近い信念を持って、それをたった1人で実行した英雄のお話。

実話というだけあって、色々感情移入した。
SaeYoshida

SaeYoshidaの感想・評価

4.8
涙 涙 涙。
最高に感動する映画
こんな強い人になりたいと思った