ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

六

六の感想・評価

4.0
沈黙で宣教師を演じたアンドリュー・ガーフィールドが、今度は沖縄戦に参加したキリスト教徒を演じるなんて、観に行かないわけにはいかない!と朝イチで鑑賞。
衝撃的なシーンの連続で、その日はずっとグロッキーになる程でした。
でも、観てよかった。とも思います。
何か学びがあったとか、感動した、というわけではありません。
ただ、何か言葉にできない気持ちが湧きました。

前半はヒューマンドラマ感があるのですが、だからこそ、突然訪れる死の描写に呆然とした。
呼吸の音が相手に聞こえるんじゃないかという静寂の中、きっかけはほんとに些細なことで、そこから銃声が轟いて、仲間や敵があっという間に死んでいく。
その緊張感が恐ろしかった。

あと、日本人の描写がこわい。まさに鬼神の如く。
沖縄という地で戦う事が、日本人にとってどのような意味を持つのか、どれほど覚悟をもって戦ったのか、観ていて苦しい。

アンドリュー・ガーフィールドは、芯のある人物を演じるのがうまいと思います。
デスモンドは底抜けに優しいだけじゃなくて、とても強い人物です。
暴力にも圧力にも負けず、ただひたすら自分の信念を貫き通すその姿は本当にかっこいい。
あの真っ直ぐな瞳で見つめられ、「大丈夫、僕を信じて」なんて言われたら、安心して身を委ねてしまいます。
戦争映画は映画館で観るに限るなあと再確認させられた。
銃弾の音や爆発音、土を踏む音や服の擦れる音がリアルで何度も息をするのを忘れた。
思ったよりも戦争シーンが過激で、でもそれによってこの戦いの壮絶さとか主人公の信念の揺るぎなさが強調されていた。人並みな感想だけれど。
ストーリーもダレていなくて飽きる事なく観れました。面白かったです。
ちょっと美談にしすぎなんじゃないか?とは思った。
実話なんだからしょーがないにしても、前半は「だったら除隊しろよ。ってかそもそも来るなよ」ってずっと思ってた。ただ日本がそうであったように、当時の青年としては戦場に行かないって選択は無理だったんだろう。

揺るがぬ信念が暴力や同調圧力を凌駕するという流れは力強くて感動した。
戦闘シーンの説得力がハンパないからこそ、あの地獄を切り抜けるものが表面的な服従やプライドではなくて、信念しかないのだと信じさせられる。
そしてその信念は、表面的な尺度でしか物事を見られない連中を屈服させる。

やはり「信じる者は救われる」をウソだと言い切るのは難しい。
盲信ではなく、実践することを学んだとき、本当に人は救われるのかもしれない。
観ないわけにはいかない作品を残してしまっていて、なんとか観に行きました。
とても、面白かったと思います。
メル・ギブソンは腕のいい監督なんだなと改めて思いました。
ハクソー・リッジとは第二次世界大戦での沖縄にある激戦地であり、切り立った崖を意味する米軍がつけた名前。そして、その場所で敵味方問わず、人を助け続けたデズモンド・ドスの実話。

10秒後には自分がどうなってるかわからない地獄のような戦地で、信念を曲げず、人を救い続けたドス。彼の信念がいかに強く、偉大なものかを強く感じさせられた。

頭から血を流し、手足が飛び散り、生々しい死に方が多く、目を背けたくなるような映画ですが、これを見ると戦争は繰り返すべきじゃ無いと心の底から強く思える。
第二次世界大戦の沖縄戦で、人を助ける米兵の話
実話を基にしてるのがすごい
良心的兵役免除者だったんだけど
国のために衛生兵になろうとする主人公が
そんなん言うたって軍隊入ったら銃をもつんや!て言われても拒否しまくる
そんな奴除隊させたいのにそれは拒否する
いやほんま、面倒くさい奴

そして沖縄戦
船からどんどん大砲うつのに、なかなかハクソーリッジがおちない
日本兵バケモンか!てなってるんやけど
そうなんやけど、歴史知ってると切なかった
一瞬勝ったところで軍事力、経済力の圧倒的な差があるのわかってるから

一人残って、崖の上から一人ずつロープでつるして下ろす主人公
自分の命が危険な状態なのに
神様あと一人だけ助けさせてください、と願いながら助けていく姿が圧巻だった
戦争描写は、これでもかというほどのすさまじさだった
沖縄戦というのがここまで壮絶な戦いだったことを体感出来ただけでもこの映画に感謝します。

民間人が住んでいることを無視した圧倒的な量の艦砲射撃。あそこまでやられたら民間人に被害が出て当たり前だし、むしろ、それでも尚、圧倒的な攻撃力を持ったアメリカ軍を怖がらず、逆にアメリカ兵たちに恐怖を与え続けた日本軍に深い敬意を覚えます。

映画としてもとても感動しました。

主人公のちょっとネジが外れたようなキャラクター演出。だからこそ純粋に自分の信念を貫き通せたんだろうと思います。

ドキュメンタリー映画『デズモンド・ドス―良心的兵役拒否者』という、この映画の主人公及び戦友を実際にインタビューしている作品がYouTubeにアップされてます。
(おそらくエンドクレジットで流れる映像はこのドキュメンタリー作品のを使用)

https://youtu.be/ssrhBHn_sAc

このドキュメンタリーを見ると、この「ハクソー・リッジ」がいかに史実に基づいているのか分かり、更に理解を深めることが出来ました。

YouTubeにアップされている関連動画によると、同じ沖縄戦のシュガーローフの戦いは更に壮絶な戦いだったそうです。
yuta

yutaの感想・評価

5.0
あらすじ
メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり、第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ。人を殺してはならないという宗教的信念を持つデズモンドは、軍隊でもその意志を貫こうとして上官や同僚たちから疎まれ、ついには軍法会議にかけられることに。妻や父に助けられ、武器を持たずに戦場へ行くことを許可された彼は、激戦地・沖縄の断崖絶壁(ハクソー・リッジ)での戦闘に衛生兵として参加。敵兵たちの捨て身の攻撃に味方は一時撤退を余儀なくされるが、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たったひとりで戦場に留まり、敵味方の分け隔てなく治療を施していく。「沈黙 サイレンス」「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールドが主演を務め、「アバター」のサム・ワーシントン、「X-ミッション」のルーク・ブレイシーらが共演。第89回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞など6部門でノミネートされ、編集賞と録音賞の2部門を受賞した。

今年、現在までに映画館で鑑賞した中では間違いなくベスト1でした。
ラストは感情が溢れて映画で初めて号泣しました。感動だけで無く色々な感情が入り混じっての涙で自分でも驚きました。
それくらいこの映画から得られるものは大きく重たかったです。
戦争の悲惨さ、残酷さもさることながら、虚しさ、希望、憎しみ、宗教観の事など多くの事がつぎつぎと映し出されていて、中々、くるものがありました。
プライベートライアンを彷彿とさせる凄惨な戦場のシーンは、只々圧倒されて。それがデズモンドの行いの崇高さをより、際立たせていました。後、アメリカ側視点の映画なのですが、善悪関係無く公平に描いたのも良かったです。
月並みですが、この映画で生きる喜びや、人生のありがたみを噛み締めました。
数ヶ月前の事ですが、未だに心に残る本当の映画でした。
Sally

Sallyの感想・評価

4.2
信念とは
こんなに良い題材が何故今まで眠っていたのか。