ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

柿

柿の感想・評価

4.1
銃に触れたくない、しかし兵士として戦争に参加したいなんて普通は理解出来ないでしょうね。戦時中なら尚更。
しかしたった一人で敵がうろつく激戦区でひたすら負傷兵を助ける。時には敵である日本兵まで、しかも夜が明けてもなお。こんなの見せられたら誰でも彼の信念が心に伝わるでしょう。
彼の勇姿を観ているうちに自然と涙が出てきました。

後この映画はグロ注意です。前にいた味方の兵士が突然砲撃に直撃し上下バラバラ吹っ飛ぶ。両脚が吹き飛び筋肉繊維がまるで焼きそばパンの焼きそばみたいに垂れてる。腸みんな出てる。顔に空いたどでかい穴に蔓延るうじ虫。日本兵の捨て身の覚悟の銃剣突撃。とてもリアルで怖い。しかしこれが戦争だとダイレクトに伝えるいい映画です。

このレビューはネタバレを含みます

これが戦争なんですね…
メル・ギブソン監督は容赦なく真摯に
リアルな戦争シーンを作っています。

舞台は沖縄戦。
日本兵のまさしく捨て身の攻撃。
悲鳴、怒号が鳴り響き、
内臓や手足が飛び散る状況下の中、
ただ一人、殺すのではなく
敵味方問わず命を救い続けた衛生兵の
苦悩と信念を描いた、
実話を基にした素晴らしい作品です。
rie

rieの感想・評価

-

途中、ほんとに見てられず目を背けたくなる映像だった。でも、これが戦争なんですよね。
戦争は人を殺すもの。だけど、人を救うためにいくという信念を貫いた主人公、本当に素晴らしかった。
ている

ているの感想・評価

3.5
観切った、、。

デズモンドが軍に入隊するまでの前半は、彼の屈託のない笑顔になんともほのぼのさせられました!
恋人との出会いを描いた前半から、物語はどんどん戦争の色が滲み出てきて、後半ずっと見るに耐えない映像が続きます。

人を救う為に戦地に向かう

そんな視点が初めてで彼の行動力がすごいと思った。
やっぱり人が人を殺めてしまう世界はほんとに恐ろしいです。
国が違うだけで敵なんですか?
反対意見を唱える人はみんな敵なんですか?

中身はみんな同じ人間なのに。
こんなことを言うだけで、きっとその時代では反戦扱いされてしまうのかな。

この時代に生きていることがとても幸せに思える作品です。
銃を持つことを最後まで拒んだ軍人の話。
ドスとスミティとの関係が好き。
記録

第2次世界大戦の沖縄戦を舞台にたった1人で武器を持たず75人もの兵士を助けた兵士の実話
自分の信念を貫き通す心の強さ、そんな強さが僕も欲しい❗️1人の男の勇気を描く感動作です🙌
トラオ

トラオの感想・評価

3.0
最後の実際の映像はよかった。
戦場のシーンもよかった。
後は微妙だった
映画館で観た、これは映画館で観ないとダメ、日本軍が怖い、感動しました、戦闘シーンがかなりリアルでよい
戦争映画は苦手なので、録画したものの随分放置しておいたが、これは凄まじい出来だ。

とにかく怒涛の戦場シーンに度肝を抜かれた。血飛沫どころかちぎれた肉片が生々しく、そしてそれは延々と続く。もう戦争がどうとか、宗教がどうとか考える隙は無く、ただただ登場人物と一緒に、気を抜いたら命を奪われる戦場にいる錯覚で頭がふらふらしてきた。気を抜いたら流れ弾が飛んで来そうだ。映画館で観なくて良かった。

そしてそんな修羅場ではあったが、終盤には本当に実話かと言いたくなるような映画的な展開があり(良い意味で)、悲惨な状況ながら、一種のカタルシスも感じられたる。

とにかく凄まじい映画だった。プライベートライアンやダンケルクより上だ(ディアハンターは別格)観終えるとやはり映画館で観たいという気さえしてくるから勝手なもんだ。
柴猫

柴猫の感想・評価

3.9
「この戦争がお前の主義に叶うとでも?
お前が何を信じようとも戦争には通用しない」
そう言われ続けながら、戦時中ひたすらに自身の信念を貫き通した男の物語。
CO(良心的兵役拒否者)として初めて名誉勲章を受章したデズモンド・ドスという実在の人物がモデル。

彼は兵士でありながら暴力を信じず、振るわず、銃を持つことを拒否し続ける。故に仲間からは奴を信用するなと言われる。奴が戦っているのは、敵ではなく自身の良心だからだと。
前半はそんな彼の信念と、軍や世間の価値観とのぶつかり合いが描かれる。だけどこれは単なる嫌がらせとかではなく、軍の側も士気を下げないため、仲間を守るための言動なので、どちらの言い分も理解できる部分があるのは悩ましいところ。

後半になり舞台は戦場へ。
人が殺し合う中で、一人くらいは助ける者がいてもいいはずだと戦地へと向かうドス。そして彼の信念は戦場で奇跡を生みだす。
信仰心を持たないものが、その奇跡を実際に目にすることで何かを信じ鼓舞されるというのはいかにもアメリカ映画らしいのだけど、同じ側としてこういう映画はやはり響く。
監督メル・ギブソンの今までの主義主張も一貫していて、自分が彼の映画を好きなのは「信仰」という未だ見つからないものへの憧れなのかもなと思ってしまった。