ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

戦闘シーンも迫力満点で、かつとても感動する映画でした。主人公役のアンドリューガーフィールドがめちゃくちゃかっこよかった。
第二次世界大戦、激戦の沖縄戦を描いた映画。
絶対に武器を持つ事を拒否して衛生兵として戦場に行く実在した主人公を描いた映画です。
戦闘シーンは激しくグロいです。主人公やアメリカを美化しまくってる映画ですが、そこそこ楽しめました。
見る映画間違えました。。。
バッタバッタ倒れる敵味方に自分勝手を通す主人公。戦闘シーンは延々と続く爆発を見せられてる印象ばかりで、緩急も何もありません。結局は英雄賛美のアメリカ映画です。

最後はキスして終わり。
多分映画館で見てたら変わってたんだろうけど
話が緩くかんじちゃったなぁ、、、
雲丹

雲丹の感想・評価

4.0
再現度がものすごい。
今まで見た戦争モノの中でここまで感情を彷彿させ悲しくさせるものはない。
見なければいけない作品。
善玉

善玉の感想・評価

4.1
主人公の行動やポリシーにクセがありちょっと共感できなかった
戦闘シーンはすごい ほんとに
shuto149

shuto149の感想・評価

4.5
幼少期から退役後まで、主人公の生き方が良くまとまっていた。
戦闘描写は結構激しいながらも、だからこそ主人公の活動が光るのかな。
あ

あの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

刑務所のシーンで、彼女が主人公を抱擁するところでは涙が出た。彼女がいたから、彼は信念を貫き通せた。戦場での彼の行動も、傷つけるのではなく助けることに徹していて素晴らしかった。でも気分は複雑。
他の方のレビューを見て色々考えさせられましたが、
結論としては、この映画、素直に感動したとはやっぱり言い難いです。
映画を見ている時の自分の立場、アイデンティティを意識せずにはいられないのです。

これからも映画を見て学びとれたことがあれば、積極的に書いていきたいと思ってます。
第二次世界大戦、沖縄。武器を持たずに衛生兵として戦闘に参加し、多くの負傷兵の命を救ったデズモンド・ドスという人の実話を基にしたお話。

なぜ武器を持つことを頑なに拒否したのか、その信念の強さもあわせてしっかり描かれていて良かった。

負傷した仲間を手当てしてまわり助けたのだけど、武器を持たずに走り回るドスを仲間が援護して助けてもいる。隊のチームとしての姿も美しかった。

この映画では描かれていなかったが、あの戦場に現地の一般市民も居て戦闘に巻き込まれていたことは悲しい事実。

映画は事実にどれだけ忠実かは分からない。ただ、この映画の影響で沖縄のハクソー・リッジと呼ばれた前田高地を訪れる旅行者が増えたとか。映画の宣伝の仕方に物議があったようだが、これを機にあの戦争に関心を持ち、調べ、考え、思いやる人が1人でも増えればいいのではないかと思う。

1人の英雄のお話としてはとても良かったし、ガーフィールド氏のイメージも合っていて良かったが、やはり沖縄戦ということで、とにかく悲しくなった。

戦争なんて、するもんじゃない。
アカデミー賞に絡んでるっていうことと男版ナイチンゲールみたいな感じとどこかでチラ見して見始めた。

時間の余裕がなくてまだ途中までしか見てないけど忘れないうちに書いておく。

沈黙に出てた人だー!沈黙良かったよー!とか最初思いながら見ていてしばらくして、沖縄戦だったのねと気づいた。日本人としては複雑な思いでした。

主人公は強いポリシーと信仰があって徴兵が強制でもないなら軍隊に入らない方良かったんじゃという思いが消えない。士気が下がるし命がかかってる時仲間も助けられないんじゃ足手まとい。仲間が反射的に自分を助けているうちに殺されてしまうかもしれない。父親や上官の言うことはもっともだと思う。

戦闘シーンが遠くから撃ち合うようなものではなく至近距離の塹壕で撃ち合い、銃剣や手榴弾で殺し合う超接近戦が恐ろしくて涙が出てきた。