ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 370ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

終盤の戦闘シーンは怖すぎて脳内でスマブラに置き換えて観てた
団長

団長の感想・評価

3.5
この映画日本人だけに面白かったて素直に言いにくい…
あと何回か思わずびっくりして座席で少し飛びあがった(≧∀≦)
プライベートライアンとかこの作品とか観ると、
ホント戦争て殺し合いて恐ろし物だと感じますね。
ai

aiの感想・評価

3.5
冒頭、兵士(恐らく日本兵)が生きたまま火炎放射器で焼かれる地獄のような光景。とにかく死体のバリエーションが豊富。負傷兵の傷も生々しい。ドスが銃を持たずに衛生兵として戦地に赴くまでの展開は、命令拒否する主人公を排除するための陰湿なイジメに発展して、精神的に辛い。ただ、規律を守れない兵士が一人でも存在すると軍隊は機能しなくなるという理屈は分かる。なぜ、ドスは自分の信念を貫くことができたのか。先の大戦で心を病み、戦争を憎んでいたはずの父の行動は、矛盾しているように見えるが、彼もまた別の「信念」を貫いたのだろう。ドスを「信仰者」として神々しく描こうとして酔っているような演出が気になった。弱者も強者も等しく紙切れのように吹っ飛んで死んでいく戦場の非情さは良かった。
Moyu

Moyuの感想・評価

3.8
第二次世界大戦中、敵を殺すことではなく、仲間を助けることを選び続ける1人の兵士の物語。

とにかく映像の迫力がすごくて、映画を観終わったあとしばらくは思考回路停止状態。

主人公はキリスト教徒で、[汝、殺すことなかれ。]という教えに反くことを拒否し続ける。
訓練として、銃を持つことすら拒否する彼を異常者として扱う仲間たち。
そして、沖縄戦に参加することになるが、何があろうとも銃を持たず、より多くの仲間を助けるのみという信念は揺るがない。
異常者、臆病者として扱われても、自分の信念を曲げることなく、ひいてはその信念によって多くのひとを救うこととなる。

高校入学、大学入学、入社、これまで自分で決断してきたと思ってたことも振り返ってみると選択肢の中からベスト(逸脱することなく、世間の物差しで評価されやすいもの)だと思われる1つを選んでいたに過ぎないんだなあ、と考えていた最近。
普通から逸脱した場合、その先に何が起こるのか予想もできないし、予想もできないから全てに対して不安になりそうなのに、当たり前を捨ててでも信念を持ち続ける原動力って何なんだろうというのが映画後の感想。キリスト教への信仰心なのか、過去の経験なのか。なぜそれがそこまでの信念に繋がるのか。
ビス

ビスの感想・評価

4.8
映画館で鑑賞
戦争映画、臆病者が英雄に、武器を持たずに戦場へ。前情報これだけで見に行ったので色々と衝撃。もう一回見に行きたい作品です。
naka

nakaの感想・評価

4.3
第2次世界大戦末期の沖縄戦を舞台にした映画。
ある程度覚悟して見に行ったはずなのに予想をはるかに超えたエグさだった。
ただそれでも見続けることができたのはデズモンドの「神様、もう1人助けさせて」の言葉があったから。何かに取り憑かれたかのようにひとり、また1人と助けていく姿は圧倒的。
前半に自分の信念についてじっくり描いているのでそれすらも納得してしまう。
日本人がややがっちりしているような気もするが、反日映画のような日本人=悪という描き方もされてはいない。
描写のエグさに耐えられるなら映画館で観るべき作品であろう。
戦争の惨さはこうしないと伝わらないんだと言わんばかりの潔い位にエグい戦闘シーンは圧巻。戦闘に入ってすぐに尻に力が入りました。窮鼠猫を噛む的なことなのか日本兵がとにかく怖いし、静かなところにいきなりバーン!みたいなの分かっててもビクッてなる。多分そういう場面で全部なってたと思う。恥ずかしいから本当に勘弁してほしいです。

『沈黙』しかり、宗教観みたいなものは分からないが信念を貫く凄さは分かった。しかも、実在したのだというからこれは素直に驚き。
タオ

タオの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

自分は正気だから神の声は聞こえませんと言っていたデズモンドの後半からの流れがとても印象に残った
戦争映画はどこの国のものでも気分が悪くなるのであまり観ませんが、ことさら日本に関する作品は悲しくなるので観ませんが、アニメの火垂るの墓ですら観てられませんが、これは衛生兵らしいし、大丈夫でしょ、なーんてなめて観に行ったらひどい目にあいました。
私が無知なだけかと思いますが、ハクソーリッジが沖縄にあるなんて観てて初めて知りました。
殺しあう相手が日本人。
もういたたまれなくて観てられませんでした。

しかし、作品的には素晴らしいと思います。実話ネタをここまでドラマチックにできることが、メルギブソンすごいです。
緑

緑の感想・評価

4.5
この種の映画は本当息がつまる。映像がものを言わせる。日本軍の扱いが好きではなかったけど映画だから仕方ないね。本当の戦地をこの目で見たい。