ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 370ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

第二次世界大戦の沖縄地上戦。
自分の信念のもと、武器を持たず戦い続けた衛生兵の実話。
.
戦争映画を観るのはいつも本当に苦しい。
.
なにが正義なのか、なにが悪なのか、
互いに強い信念と執念があるから戦争は起こる。
答えのない諍いに、心がぐちゃぐちゃに掻き乱される。
残虐な歴史の記録に、心折れそうになりながら。
それでも、わたしは観ずにはいられない衝動、いや義務感のような感覚に陥るのです。
.
作品自体は、主人公の生い立ちや生き方に焦点を当てた作りでヒューマニティーに溢れていた。
ただ、日本兵の演出には少し複雑な気持ちもしましたが…
わたしの大好きなアンドリュー、本当に素敵な役者さんです。
REIKO

REIKOの感想・評価

4.5
見ました。

リアルあり、戦闘シーンも、凄まじくて、何度も目を背けそうになってました(><)
銃弾の嵐その中でも1人、命を救うために戦地を駆け回り、主人公の信念と勇気に、感心させられました( ᵕᴗᵕ )

怖がりの私には、何度も目を背けそうになってましたが。
心に響く作品でした( •́ .̫ •̀ )
衛生兵に焦点を当てるとは新しいね!

戦争系の映画はグロいのが多い目閉じそうになったよ
現実の戦争はもっと酷いんだろうな
よかった(爆音的な意味で)
戦場にそんな美談あるか〜?て思ったけどまあ、映画だし。
af

afの感想・評価

4.0
戦争の場面が本当に怖かった。グロいのではなく日本兵が。
主人公はちょっと頭がおかしいと思う。でもだからこそあんな事が出来たんだとも思う。
なんにせよとても良い映画だった。
mani0825

mani0825の感想・評価

3.0
うーーーーん。
戦争映画って必ずと言って片方の国からの視点のみで描かれがちでしょ?
やっぱりその点で悶々としてしまった。
あとは想像以上に宗教色が強くて、素直に感動できなかった。

因みに話題になってた戦闘シーンはまさに地獄絵図といった感じです。
人体破壊描写の力の入れよう。
メルギブちゃんの思惑どおり、みんなこんな恐ろしい目にあいたくない!って思うこと間違いなし👍🏻
薫

薫の感想・評価

4.3
中盤で号泣。頑なに信念を曲げず、怖いくらいに真っ直ぐなドスを見て、追い出そうとしていた周りも、「もう諦めてもいいんじゃないか」と心配してくる。それでも突き通す信念。少し弱気になることはあっても、ブレずに生きる強さ。
そして沖縄戦。わらわらと湧いて出てくる日本兵は、確かに怖い。そんな中武器を持たず、あと一人、あと一人、と命を助けるために戦場を駆け回る、強烈な信念を持つ人間の強さ。
Oliver

Oliverの感想・評価

4.5
実話のレベルを遥かに超えた、信じられない感動を十分に与えてもらった。

選択の余地もない戦時中に、自分の信念を曲げずに、正しいと思うことを誰に何を言われても貫き通す強さが何人もの負傷者の命を救った。

『あともう一人。。』と神に願い、過酷な戦場へ仲間を探しに行く後ろ姿に涙が止まらなかった。

戦争とは戦うだけがすべてではない、救うことで成し遂げられることもあることを知った。
神と残酷のメルギブ節を大いに堪能。

市街が描かれて居ないとか、反日だとか言う人がいるようだけど、個人的には沖縄を描いているとは思えない。平和を訴える映画でもないはずだ。ただメルギブが描きたい男がそこに居た、ということなのだろう。

さらに言うなら主人公が崇高な人物だとも思わない。偏屈な男の愚直な物語と言われても反対しない。

とにかくメルギブは神を思う人間を描きたかったのだろう。神を思う人間に様々な痛みを与えたいのだろう。そしてそれが報われるということを。

それにしても『沈黙』といい、アンドリュー・ガーフィールドと神の距離はハンパない!「神」役者!!
miki

mikiの感想・評価

4.0
映画としてはすごくよかったけど戦争は嫌。銃撃戦のシーンは早く終わって欲しいと思いながら観てた。