ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 370ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

GAWARIE

GAWARIEの感想・評価

4.1
退社後に飲み会まで2時間弱持て余し、時間的にも作品選べず飛び込み鑑賞。久々になんの下調べもなく入ってみたら、ほぼ満席。おっ当たりか?!ワクワク
結論、戦争モノの中でもかなりの良作!ただ戦闘シーンが直視できなかったほど凄惨すぎた 。。両隣りのリーマンから(そんなビクビクしながら目や耳を隠してまで...なぜ観に来たんだこの女)思われたに違いない。でも不意に敵が出てくるシーンでリーマンもビクッて席からずり落ちそうになってたのみてなぜか安心。笑
近代の戦争映画だとフューリーや野火に次ぐくらいのヒット。銃撃戦のカメラワーク、あれどうやって撮影してるんだろう
真珠湾攻撃の話なのに日本人なのに、気づけばアメリカ兵を応援してた...邦画だったらそんなことないのに。真珠湾攻撃の真相は未だに陰謀論(いわゆるルーズベルト説)が出すぎてて難しいよ
後から監督メルギブソン、しかも実話だったことに驚愕。勇敢と信念の凄さに同じ人間と思えない

このレビューはネタバレを含みます

もはや日本で信仰に悩むと言えばアンドリューガーフィールドの出番だね。って感じ。
今回も朴訥とした不思議タフ野郎が最高にハマってた。

この映画で「人命救助」「殺さず」も世界中で尊く称賛されるべき事だって分かって良かったよ。

ところでさ、日本兵が白旗上げながら現れて不意打ち手りゅう弾自爆テロをしてるシーンあるけど
→自爆テロと特攻はちょっとちゃうんじゃないかなぁ…ドス君が手榴弾手で弾き返すののいい出汁に使われた感じ。。

あと、日本の大将らしき人が地下通路で切腹介錯されてて本当に外人はハラキリ好きだな。と思って観てたらこっちは実際に、沖縄戦を指揮した牛島満将軍の最後をモデルにしてた。
めんどくさいというか、こじらせた男をやらせたら世界一のアンドリュー・ガーフィールドが今回もやってくれた。沈黙と根底に通ずるものを感じすらした。

そして、沖縄であることを全面に出さなくて正解。そこが問題なのではなきのだから。

ある意味プライベート・ライアンより凄惨ともいえる、冒頭からの死体・腐乱。観れないひともいると思う。
Kamesuke

Kamesukeの感想・評価

4.4
沖縄・前田高地の戦いを舞台に信念を貫いて衛生兵として従軍したある人物を描いた、メル・ギブソンのおよそ10年ぶりの監督作。
史実を基にしてるけどちゃんとエンタメ映画してて面白かった。

とにかく後半の沖縄戦はほんとに凄まじい死屍累々の地獄絵図。
やっぱり観てて辛いものがあるけど、どこかスターシップトゥルーパーズ感あり(前半はフルメタルジャケットを彷彿)。
戦史としての正確さよりも、戦場での主人公のヒロイックな救出劇にフォーカスを当ててるのも作品のテーマを考えれば妥当な作りだったんではないでしょうか。
主人公が銃を持たない理由として「クリスチャンとしての信条」以外にも相応の理由付けがあったのもよかった。

そんな主人公デズモンドを演じるのは「沈黙 サイレンス」でも日本を舞台に信仰心を試されるクリスチャンを熱演していたアンドリュー・ガーフィールドなのでどこか運命的な縁を感じる。

いやーやっぱりメルギブ最高。「パッション2」待ってます!
Kaito

Kaitoの感想・評価

4.8
「フルメタルジャケット」を彷彿させる二部構成ですが、主人公がある意味イキ過ぎたメンタルの人なので前半も後半も挫けない無双ぶり。特に覚醒した後は戦場に適応しまくりで、血生臭い戦場で「あと1人救わせてほしい」と呟きながら職務を遂行する姿は残酷な現実に立ち向かうには狂気に近い信念が必要と教えてくれる良い映画でした。
凄まじい暴力描写と死体のオンパレードですが、戦場を美化も手抜きもしない描き方を含め必見だと思います。
saysea

sayseaの感想・評価

-
沈黙していた神の声を、確信を以って聴くことの出来たアンドリュー・ガーフィールド、いやデズモンドの確たる信念(を認めた周囲)に泣きました。
これは劇場で音に怯えながら観なくてはいけない作品。

町山智浩たまむすび
https://youtu.be/65Zq9gFILPA
鬼光

鬼光の感想・評価

5.0
米兵から見た日本兵の鬼人さがすごかった。そして日本人のいやらしさもちゃんと白旗のところで描かれてたと思う。
灯台下暮らしというか、日本を客観視できた!


ハクソーリッジ。
ノコギリ崖。

信念を曲げずにがんばります!!!!
まさかメルギブソン監督作に泣かされるとは思わなかった。それに主演も同じでこれほどまでに「沈黙」とテーマが似通ってしまうとは。ただこの作品の場合主人公は敬虔ではあるが、最終的に戦場で聞こえない神の声に絶望するのではなく目の前で助けを求める声に応えるという形で自分の信義を全うするという意味でポジティブで強い。
ただ訓練兵を辞めさせるために暴力に曝される姿はメルギブソン監督作のマゾヒズムそのものだし「沈黙」そのものだった。
ハクソーリッジでの銃撃戦の迫力は言わずもがな。ヘルメットに銃弾が当たるところなんか最高だったし、合流した兵士の目の死にきった表情などほんとに怖かった。
志願するまでの場面にしても父親役の演技がとてもよかった。志願した兄に対して唇を震わせながら軍服を褒めたあと、死んだ戦友の話をする場面は泣ける。
信念を貫き通した凄い人の話。
沖縄戦なので日本人としては辛いシーンと日本兵のツッコミ処もあるが総合的に良作です。
凄い人がいたもんだ!
事実とは思えない様な大きな矛盾の中で、彼がある意味聖人認定されるまでの話。デズモンドの在り方や成した事を描く一方、戦場が凄惨だけど単調な書割と化してた気がする。
オーストラリアの俳優はすごい。ヒューゴウィーヴィングは先の戦争を引きずる父親を好演してた。もうエージェントスミスに見えない。