ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 370ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

銃を持たずに戦場に行き、衛生兵として多くの人を助けた実話。
大まかなあらすじは、わかって見たつもりでした。
が❗しかし❗ハクソーリッジが沖縄の話だとは知らなかったので💦
どちらに感情移入して良いのかわかりませんでした😅
なんとしてでも生きて祖国に帰りたいアメリカ兵に対して
辱しめを受けるくらいなら、死を選ぶ大和魂の日本兵。
どちらも信念があり、共感できます。

「一人助けたら、あともう一人助けたい。」と思う主人公。
自ら志願して軍隊に入るも、決して銃は持たないと決めて、周りに変人扱いされても自分の信念を貫き通す姿勢に感激しました😢
それを支える彼女と父にも。
本当なら、もっと高い評価だと思うのですが、戦う相手が日本兵で、一部、感情移入出来なかったので、この点数です。
戦争は良くないということを改めて実感しました😢
面白かったーー!
とは何となく言いづらい映画だった
月並みだけど戦争は悲惨だ

でもすごくいい作品だったと思う
パールハーバーみたいな勧善懲悪?にっくき日本兵を駆逐しろ!的なヒロイズムは感じなかったし、アンドリューの恐怖とか悲しみとか負の感情の演技が凄く好みだった。
喜怒哀楽の表現がどかとなくベネディクトを思い出す

戦場に入るまでの前半は主人公、ドスの信念を描くストーリー。長く感じる人も居ると思うけど、ここが本筋でも構わないようなテンポと内容で面白かった。クスっとくるシーンもあって和やかな場面もありつつ、そのおかげで後半の悲惨さが増す。

後半は地獄
迫力は映画館でこそ!って感じだけど、画面のエグさとリアリティーのある戦場の混沌が最高に怖くて引き込まれる。
あんなリアルな戦場の表現は初めて見た…

現実はもっと悲惨なんだろうな
平和ってすばらしい

戦争映画には珍しく後味がさほど悪くない
それが良いか悪いかは解らないけど見て良かったなぁと思う映画でした。

ひめゆりの塔と併せて学校の授業とかで見てもいいかも
小一郎

小一郎の感想・評価

4.2
鑑賞後、ググって、いろいろ考えていくうちに、某ネコ型ロボットアニメの話みたいという妄想にとりつかれてしまった。そのアニメの映画タイトルを拝借すれば、本作は『デズと弓ノコ兵団』(本家は『のび太と鉄人兵団』)って感じじゃないですか?

そんな妄想をとりつかせてくれたのが、とあるブログ。沖縄戦を描いていることから日本人の受け止め方が気になって、その類いのワードでググったらヒットした。本作について、とても詳しく解説されていて、参考になるし、面白い。
(http://izu-biz.com/2017/03/14/post-2698/)
(http://izu-biz.com/2017/04/06/post-2743/)

日付が後の方のリンク先にある、キリスト教信者向けの雑誌『クリスチャニティ・トゥディ』による『ハクソー・リッジ』のレビューの一部を引用。

<『ハクソー・リッジ』のメッセージは、政治的と言うよりは人間的なものだ。そのメッセージは、やせっぽちの平和主義者とG.I.ジョーが互いに容認しあうだけでなく良い友達になれるような世界について、深く考えさせるものだ。>

ええ、考えましたとも、深くかどうかは別にして。<やせっぽちの平和主義者>とは我らがのび太君。G.I.ジョーはジャイアン。そもそもG.I.とは「ジャイアン、オレ」の略、つまり「オレはジャイアン」じゃないですか(ウソです、念のため)。

のび太君(デズモンド)が学校(軍隊)の仲間であるジャイアン(G.I.ジョー)に「のび太のくせに生意気な」と、虐められる。しかし、持ち前の優しさ(信仰心)とドラえもんの秘密道具の力(衛生兵としての技能)によって活躍し、「おお、心の友よ」とジャイアンと親友になり、いつしか弓ノコ(ハクソー)兵団との戦いを引っ張る存在へと変わっていくみたいな。

ちなみに、デズ君の彼女はふにゃふにゃしているデズ君にもったいないくらいの美人で、まさにしずかちゃん。

で、のび太君のような自分が、ジャイアンのようなツワモノと良い友達になるにはどうすればよいのか。皆の役に立つなど、ジャイアンを感動させるくらい頑張りなさいよ、と(ハードル高すぎじゃね)。それには信仰がとても強い力になるよ、と(神様信じたくらいじゃ無理じゃね)。

ちなみに先の雑誌にメル・ギブソン監督のインタビューが載っていて、監督による本作のテーマは次のようらしい。

<自分の信念を維持しながら、どうやったら自分を取り巻く物事と共存できるのか、その最善の方法を探ることがもっとも重要なのです。>

「最善の方法を探ること」=「神との対話」みたいな感じなのかな。監督自身、熱心なカトリック教徒らしいし…。

ところで先のブログの方は、日付が前の方のリンク先で<2016年11月の『ハクソー・リッジ』全米公開後は、一時的にせよ、一部の日本人映画評論家によって戦場の残酷な描写ばかりが話題になってしまったのは残念でした>と仰っておられる。

日本公開前に紹介する映画評論家ってあの方ですかね、と思いググると、やっぱりそうなのだろうという気がする。
(http://miyearnzzlabo.com/archives/40790)

いや、この解説も面白い。戦場でのとても残酷なシーンもメル・ギブソンならでは。<まあ、変態の人なんですよ。メル・ギブソンっていう人は(笑)>と。

変態かつ敬虔なクリスチャン、狂気と正気が同居しているかのようなメル・ギブソン。そんな人の映画が面白くないわけないじゃないですか。自分的要チェック監督に決定。

●物語(50%×4.0):2.00
・ナカナカ面白い。自分にとってはリアルのび太君の物語だった。

●キャスト、演出(30%×4.0):1.20
・アンドリュー・ガーフィールドのふにゃふにゃっぷりがグッド。どっかで観たことあるなあと思っていたマトリックスのエージェント、ヒューゴ・ウィービングのアル中のお父さん役最高でした。お父さん活躍で感動直後のラブラブシーンって、いる?

●映像、音、音楽(20%×5.0):1.00
・戦場のシーンは圧巻。死んだかと思った。鑑賞後は疲労困ぱい。
劇場で観るべき圧倒的迫力。
土埃や爆発が印象的で、戦争がわりと泥臭く演出されているところが良い
これでCG使ってないとかすごすぎ、どんだけ金かけとるんやメルギブソン!
キャッチフレーズの世界一の臆病者ってのはこの映画観て決めたの?ってぐらい大きな間違いだと思う
ReINa

ReINaの感想・評価

4.8
こんな話が実話だなんて。

戦場シーンは見ているのも辛いほど、過酷で悲惨で、でもこれも嘘ではないと思うと自分の生きてる世界が信じられない。

これは見るべき映画。
RYO

RYOの感想・評価

4.0
自分が、日本人だということ、を、差し引いたり、付け足したりしながら、 フラットにフラットに観たのに、涙は日本人として流した気がするなぁ
はし

はしの感想・評価

-
武器を持たず、米軍衛生兵として戦場に立った主人公デズモンドドス。
彼の信念を貫き通す姿と純粋に生きる姿に感動した👏🏻

戦争映画は苦手だったのにその事実が知りたくて観たけど酷過ぎて思わず顔面を覆ってしまう程だった💦💦
でもその描写があってこそリアリティ感が増し、主人公の行動の偉大さが際立つんだと思った。

やるなら正々堂々ととか思ったり、戦争に対して細かい違和感全てひっくるめて改めて嫌悪感しか生まれなかった。
その視点には目を瞑りたくなるからあんまり考えないけど
人と人との助け合いとか信頼し合う眼差しとか心にグッとくるところが多々あって救われた😭

アンドリューガーフィールドはスパイダーマンのイメージしかなくてでもちゃんと観たことは無かったけど、こんな演技ができる人なんだとこれからも見ていこうと思った。

政治的にこーゆう映画を上映することが簡単ではないことが分かったしそこで動いてる配給会社の行動力とか、
メルギブソンの映画への向き合い方とかもっと興味深くなった。

デズモンドを軸にしてるからアメリカ側としては美談な風に見て取れてしまうけどでもどちら側が悪で正義でもないし、そこは受け止めつつ心苦しくもピントを主人公に絞り、観ることで凄く心に響くものがあったから観て良かったなあって😊
ただただ戦闘シーンは音と映像が半端ないから全身が痺れたなあ!
Foydou

Foydouの感想・評価

3.7
臆病者が〜とコピーにはあるけど、仲間からそう言われただけで、主人公が臆病だったシーンなんて一つもなく、映画の半分を信念描写に当てられただけあって主人公の高潔さがよく伝わる映画だった。実在の人物だからすごい。

メルギブソンらしい宗教色とグロ描写。
沖縄戦が舞台なので当然敵は日本兵。戦闘シーンはとにかく壮絶で、日本兵も米兵もどっかんどっかん死んでいく様子は見ていてしんどい。そして音響がすごい。
米軍目線でみたこの作品では、死を厭わず捨て身で攻めてくる日本兵はただただ不気味で怖くみえた。

ありがちなカタコトの日本語は聞こえず、しっかり日本人の役者を使っていて良かった。
戦争という、相対的な正義の衝突にも、実はあるんだよ絶対的な正義が! 的な、これ以上ないストレートで力強い反戦メッセージ
ぬげこ

ぬげこの感想・評価

3.6
私はこれを見て「沈黙」の続きの様な、
スピンオフの様な映画を見ている
感覚になりました。

今まで信仰が何なのかわからなくて、
いつも少し怖いと感じていました。
神を信じる事が、どんな事なのか、
この2作品を見て、
少しわかってきたように感じます。

この主人公が、途中から
私の大好きな漫画の主人公
ヴァッシュに重なって見えました。
もう人ではないのかもしれないと。
争いのただ中にいて、
誓いを貫く強い精神を持っていたり、
不思議な笑顔したり、
強靭な肉体を持っていたり。

ゆるがない信念が一つだけあれば
あんな風に自然に強くいられる
のかと凡人の私はとても無理だと
打ちのめされました。


ただやはり日本語が聞こえてくると
すごく複雑な気持ちになりました。