ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

銃を持つことを最後まで拒んだ軍人の話。
ドスとスミティとの関係が好き。
記録

第2次世界大戦の沖縄戦を舞台にたった1人で武器を持たず75人もの兵士を助けた兵士の実話
自分の信念を貫き通す心の強さ、そんな強さが僕も欲しい❗️1人の男の勇気を描く感動作です🙌
トラオ

トラオの感想・評価

3.0
最後の実際の映像はよかった。
戦場のシーンもよかった。
後は微妙だった
映画館で観た、これは映画館で観ないとダメ、日本軍が怖い、感動しました、戦闘シーンがかなりリアルでよい
戦争映画は苦手なので、録画したものの随分放置しておいたが、これは凄まじい出来だ。

とにかく怒涛の戦場シーンに度肝を抜かれた。血飛沫どころかちぎれた肉片が生々しく、そしてそれは延々と続く。もう戦争がどうとか、宗教がどうとか考える隙は無く、ただただ登場人物と一緒に、気を抜いたら命を奪われる戦場にいる錯覚で頭がふらふらしてきた。気を抜いたら流れ弾が飛んで来そうだ。映画館で観なくて良かった。

そしてそんな修羅場ではあったが、終盤には本当に実話かと言いたくなるような映画的な展開があり(良い意味で)、悲惨な状況ながら、一種のカタルシスも感じられたる。

とにかく凄まじい映画だった。プライベートライアンやダンケルクより上だ(ディアハンターは別格)観終えるとやはり映画館で観たいという気さえしてくるから勝手なもんだ。
柴猫

柴猫の感想・評価

3.9
「この戦争がお前の主義に叶うとでも?
お前が何を信じようとも戦争には通用しない」
そう言われ続けながら、戦時中ひたすらに自身の信念を貫き通した男の物語。
CO(良心的兵役拒否者)として初めて名誉勲章を受章したデズモンド・ドスという実在の人物がモデル。

彼は兵士でありながら暴力を信じず、振るわず、銃を持つことを拒否し続ける。故に仲間からは奴を信用するなと言われる。奴が戦っているのは、敵ではなく自身の良心だからだと。
前半はそんな彼の信念と、軍や世間の価値観とのぶつかり合いが描かれる。だけどこれは単なる嫌がらせとかではなく、軍の側も士気を下げないため、仲間を守るための言動なので、どちらの言い分も理解できる部分があるのは悩ましいところ。

後半になり舞台は戦場へ。
人が殺し合う中で、一人くらいは助ける者がいてもいいはずだと戦地へと向かうドス。そして彼の信念は戦場で奇跡を生みだす。
信仰心を持たないものが、その奇跡を実際に目にすることで何かを信じ鼓舞されるというのはいかにもアメリカ映画らしいのだけど、同じ側としてこういう映画はやはり響く。
監督メル・ギブソンの今までの主義主張も一貫していて、自分が彼の映画を好きなのは「信仰」という未だ見つからないものへの憧れなのかもなと思ってしまった。
ユウ

ユウの感想・評価

4.0
すごい。これはすごい。
残酷なんだけど何度も見てしまう。
序盤が痛々しくてつらいけどそこを乗り越えていく心の強さは見物だし、認められていく過程には強く胸を打たれる。
自分を貫き通すって、こんなにも難しくて、こんなにも格好いい。
相手が誰であっても救うんだという意思の強さと、それには思いやりに満ちているのだと分かる振る舞いが、印象的。
実話なんだと思うと尚更すごい。

サム・ワーシントンとヴィンス・ヴォーンがとてもいい。好き。
アンドリュー・ガーフィールドってすごい演技をするなと気づいた作品でした。
miki

mikiの感想・評価

4.5
マッドマックスもリーサルウェポンも全く興味の無い私です。
が、メルギブソン(が人としてダメ人間と知りつつも)の大作系映画はわりと好き。
前にドキュメンタリーで観ていたので、ノンフィクションだということも結末も知っていたが
それでも面白かった。
人間の強さってこういうことよね。
敵が日本人ということや白人のヒーロー主義(黒人兵どこよ?)の思い上がりは
あっちに置いておいて、素直に感動。
それにしても壮絶な戦闘シーンの映像。
本物の戦場は臭いも酷いはず…。
みんと

みんとの感想・評価

4.1
息を呑む程の描写の数々と実話ならではのリアリティ。

戦争映画は例外なく辛く悲しく虚しさだけが残るけれどこの作品は他とは視点が異なっていた。

軍隊では臆病者と罵られ、それでも銃を持たずして戦場に赴くデズモンド。
人を殺めるのではなく救う為に一人の衛生兵として戦う彼の姿はむしろ誰よりも勇敢に見える。

ハクソーリッジの崖地に残り
一人、一人、あと一人…
救った命のなんと重いことか…

もはや自分が日本人である事すら忘れる程にその揺るがない信念がもたらす勇気に胸が熱くなる。

折に触れて思い起こされてくれる戦争の恐ろしさと悲惨さは本作でも痛いほど体感させられるものだった。
これほどまでに
愛と涙と戦のドラマが
あっただろうか…
英雄でないというならば
彼は戦場の神でしかない!
やっぱり戦争物は奥が深い
そして出会えた最高映画!!