ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

デズモンド・ドスという衛生救護兵の実話
舞台となっているのが沖縄戦なので日本人として、自分の歴史観を確認するためにも見る価値がある

アメリカ映画なので視点もアメリカ側だが、彼の生き方は国も関係なく考えなければならないもの
戦争に対しての価値観は各々がしっかり持つべきものだと思うし多くの人に見てほしい
もちゅ

もちゅの感想・評価

5.0
泣いた😭
信念を貫くってこういうこと。
武装的には弱いけど、気持ちは誰より強い。
助けた数が予想外で驚いた。
努力だけじゃほんとにここまでできない。
訓練時代はドラマチックに、戦場では緊迫した中にグロ描写も多数あって、映画として完成度が高い。
満足できる作品。
もんみ

もんみの感想・評価

3.5
病的なほど善人の話

日本人からすると複雑な心境
戦争は無い方が良い
koharu

koharuの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

みんなが銃を持つなか、持たないという信念を貫いた主人公は本当に覚悟のある人物だと思った。
妻の言ったように持つだけで撃たないことをすれば信念を曲げることにはならないのに、そうしなかったのはプライドが理由ではなく撃たないことを絶対に実行するためだったのか。
ぶらぴ

ぶらぴの感想・評価

4.1
人殺しの道具など持たないと神に誓いました。
なのに軍隊に志願し 丸腰で75人も救出したデズモンド

2006年に86歳で亡くなった彼の実話。はじめは周りの同期にいじめられ馬鹿にされリンチを喰らい

だったのが信頼されていく様子が描かれてて微笑ましかった 1番嫌悪されてた同期が自分を守るために亡くなったり、 人間関係って凄い とおもった 戦争映画で1番好き
zak

zakの感想・評価

4.1
もう一人、助けさせて…!

沖縄戦で銃を持たずに75名の負傷兵を救出した衛生兵デズモンド・ドスの実話に基づいた戦争映画。

個人的に今年はたまたま戦争映画を観る機会が多かったのですが、その中でも頭一つ抜けて良かったですね。今作は。(倒置法)

戦争映画だからと言って戦場のシーンに終始するのではなく、幼少期のエピソード、青年期の恋、家族、入隊後の訓練、そして如何にしてそういう考えに至り、実行に移したのかを時間を割いてキッチリ描かれていた点が個人的にはポイント高かったドス、じゃなかった、です。

もちろん後半の戦場のシーンの迫力、臨場感も申し分なく、戦争映画の金字塔『プライベート・ライアン』にも何ら引けを取らない壮絶なシーンになっていたと思います。

そして日本人なら沖縄戦が舞台なだけに、その描写に神経質にならざるを得ない部分はあったのですが、概ねシビアに描写されていて不快な印象はありませんでした。

あと終わり方が良かったですね。実話ならではのああいう締め括り方は好き。
ずっと観たくてやっと見れたハクソー・リッジ。
アメリカの戦い方で描かれてるけど、沖縄が舞台。

小さい頃の経験から、銃を持って人を殺すことができない主人公デズモンド。
そんな主人公が、衛生兵ならと陸軍に志願し、戦場へ向かう。

ハクソー・リッジの戦場で次々と倒れて行く仲間を助けたいという想い一心でハクソー・リッジから下ろし続ける主人公に胸を打たれたなぁ。

主人公のどうしても銃を持たない。人は殺さないっていう意地が時には苛立ちを覚えることもあったけど、それが1人の人の生き方なんよね。

個人的には描写がどの映画よりもリアルに描かれていて、戦争の残酷さをより一層物語ってた。

色んなことを考えさせられる映画でした。
osamuy

osamuyの感想・評価

4.2
信仰の事情で銃を持てない兵士で、衛生兵として戦地で救助にあたる話。
白兵戦の描写はめちゃくちゃ迫力あるしおもしろい。沖縄戦で相手が日本だからとても複雑。沖縄戦でアメリカ軍が日本軍に恐れた理由がよくわかる
悲惨な沖縄戦の中で、こんな人が実際にいたという驚き。沖縄戦の細かい話は特になく、アメリカ側の英雄という「人物」にスポットを当てた話。
non

nonの感想・評価

4.2
沖縄県浦添市にある前田高地が舞台
第2次世界大戦、衛生兵になるべく陸軍に志願するも、一切銃に触れることを拒絶し続ける主人公
そんな中いよいよ日本軍との戦いに挑む
戦闘シーンはリアルで相手が日本軍てこともありほんと見てて辛いが…激しい戦闘の中銃も持たずに兵士達を救っていく姿には素直に感動する