ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

YukiSano

YukiSanoの感想・評価

4.0
終戦記念として上映している「この世界の片隅に」の隣で観るという何だか複雑な気分で観賞。

それのおかげか、イデオロギーについてフラットに観れた気がする。沖縄戦での兵士たちの描かれ方は、主人公の信心を試す障壁として描かれているため内面描写はない。だけど切腹場面にメル・ギブソンらしい言葉にならない信念を感じた。

主人公は最初、土曜日の休みを要求するニヤけたボンクラにしか見えず、共感しずらかったきらいがある。

しかし神の声を求めた直後に、聞こえてくる助けを求める声が聞こえてからが、この作品のただならぬパワーを爆発させて独自の輝きを放ち始める展開となる。

戦争映画というよりも、極限状態の中で矛盾した信念を何処まで貫けられるか試されているような内容。

そう観ると「パッション」と同じで、主人公が肩に仲間を担いで走る姿は十字架を背負うキリストに重なる。

とにかく、どうやって撮ったのか分からなくなるくらい激しくて厳しい戦闘シーンが続き、悲惨なはずなのに感覚が麻痺してくるという状態となる。

これは信心と狂気の狭間で、自分を貫く主人公と監督の信念の物語。実は日本人側にもそういった描写があることが、この作品の一貫性を示している。
ぶんご

ぶんごの感想・評価

4.0
これはレビューで表現できない凄まじい話でした。
BG

BGの感想・評価

4.2
戦争だから。人は死ぬし、人は殺す。
そんな不条理を、僕は絶対に受け入れない!そこに信じる者の声が聞こえなくとも、僕を信じる声が聞こえるのだから!これは、信念の物語だ!…ったはずなのだが。

メル・ギブソン監督によるスペクタクル戦争ドラマ。「ソーシャル・ネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールドが主演を見事に演じきった。舞台は太平洋戦争末期の沖縄、前田高地(ハクソー・リッジ)。やはり非常に面白かったです!今更のレビューですが。圧倒的な映像による説得力!ただし、戦争映画とは一概に言えない作品だと思いましたね。なぜなら、戦場が舞台ではあるけど、戦争自体への批判や戦時下における生き様が主題ではないからだ。前半で主題の提示を丁寧に行ってからの後半のスペクタクルに展開する構成、そう言う意味でも、前作「アポカリプト」とかなり似ている作品なんじゃないかと思う訳で。

私は本作の主人公デズモンド・ドスにある作品の人物を重ねた。アンディ・デュフレーン。「ショーシャンクの空に」の主人公である。片や不運の弁護士、片やイカれた衛生兵だ。彼等は、決して諦めない。自分を信じ、希望や信念を奪おうとする"世界"に真っ向から対峙する。折れない、挫けない。内なる魂に、その全てを懸ける!

銃は持たない。でも、戦場には行く。それが僕の闘い方だ!
実在の人物なんで非常に言い難いんだけども…どうかしてる。マトモじゃない。しかし、格好良いのだ!デズモンドがむちゃくちゃ格好良い。それは、敵である日本兵を含む多くの負傷者を救ったからではない。
もちろん、それは素晴らしいことだし、偉業と言える。だが、そこじゃないんだ!俺が痺れたのは、デズモンドが命を懸けて自らの信念を貫き通すところなのだ!! 信仰ではない。信念だ!!

が、終盤からちょっと神々しさが増してくる。まるで神の祝福を受けるかのような演出やら、他の兵がデズモンドに信頼を越えた想いを抱くようになってから、俄然白々しくなっていくのだ。なんね、これ。「アポカリプト」の黙示録同様、絶望的世界における内なる魂の、信念の物語じゃなかったの!?偽善的と言うか、おためごかしと言うか、浮き世離れしてくると言うか…。う~ん。

生々しい戦場描写に、無情な白兵戦。そのスペクタクル性はエンターテインメントとしても圧巻だ!何より、デズモンドの戦場におけるヒロイックな行動よりも、個人としてのイカれた英雄性に強く心を惹かれた。そこまでは本当に素晴らしいと思ったのだ!何度も戦場に戻る姿に涙するほどに。

なかなか評価が難しい作品だが、やはり狭義においては戦争映画ではないんだと思う。それは戦争そのものを否定していないし、そこで必死に生きる人々を描く作品ではないからだ。ま、異論はあるでしょうけど。

戦争は起こる。人は死ぬし、人は殺す。あたかも、それは原罪のように。そんな人の世でも、信念を持ち続けることこそ、人が為すべき抗いなのだろうか。終盤が気に入らないけど、非常に面白かった作品!さすがメルギブ監督、一筋縄ではいかないね。また観たいと思います!

さてさて、そんなこんなで300レビューと相成りまして候う。これもひとえに皆々様のご支援の賜物と、心より感謝しておりますれば、これからも変わらぬ私BGへの御厚情、御贔屓をっ!
隅から隅までずず、ずいぃーっとぉ、あ、乞い願い、 あげたぁてぇまぁつぅりまするぅ〜!!
rinrin

rinrinの感想・評価

4.3
結構惹きこまれた!
かなりえぐい描写も多くて
戦争の恐ろしさはもちろん
信念を持った人ってめちゃ強いなあ
とか色々考えさせられる映画やった🤔
Paul

Paulの感想・評価

4.2
胸をえぐられる思いでした。
沖縄戦が部隊の映画

メルギブソンで戦争映画と言えば
ワンスアンドフォーエバーが印象深く
監督作品も期待しながら鑑賞。

実際見ると期待以上。
前半の青春ドラマと宗教の信仰から銃を持たない良心的兵士が故の葛藤からの後半の激戦に次ぐ激戦のギャップにやられました。頑固すぎる信仰も戦闘の中で凄みを増し仲間からも敬意を抱かれる。

心優しい主人公の目線から戦争の悲惨さを表した名作
アメリカ万歳でもなければ、戦争は悪!みたいなこともなく、これは実話です…とか言われてもいやこれファンタジーでしょ、ってのが前提で。
日本ぽくないからみれるのだろうか…と観てたけど、やっぱ降伏シーンはくっそーと思いました。多少。
主人公の信仰にもあんまり興味持てなかったけど、とにかく戦争のシーンはすごかった。
Gakkann20

Gakkann20の感想・評価

5.0
過去最高傑作間違いないです。
六

六の感想・評価

4.0
沈黙で宣教師を演じたアンドリュー・ガーフィールドが、今度は沖縄戦に参加したキリスト教徒を演じるなんて、観に行かないわけにはいかない!と朝イチで鑑賞。
衝撃的なシーンの連続で、その日はずっとグロッキーになる程でした。
でも、観てよかった。とも思います。
何か学びがあったとか、感動した、というわけではありません。
ただ、何か言葉にできない気持ちが湧きました。

前半はヒューマンドラマ感があるのですが、だからこそ、突然訪れる死の描写に呆然とした。
呼吸の音が相手に聞こえるんじゃないかという静寂の中、きっかけはほんとに些細なことで、そこから銃声が轟いて、仲間や敵があっという間に死んでいく。
その緊張感が恐ろしかった。

あと、日本人の描写がこわい。まさに鬼神の如く。
沖縄という地で戦う事が、日本人にとってどのような意味を持つのか、どれほど覚悟をもって戦ったのか、観ていて苦しい。

アンドリュー・ガーフィールドは、芯のある人物を演じるのがうまいと思います。
デスモンドは底抜けに優しいだけじゃなくて、とても強い人物です。
暴力にも圧力にも負けず、ただひたすら自分の信念を貫き通すその姿は本当にかっこいい。
あの真っ直ぐな瞳で見つめられ、「大丈夫、僕を信じて」なんて言われたら、安心して身を委ねてしまいます。
戦争映画は映画館で観るに限るなあと再確認させられた。
銃弾の音や爆発音、土を踏む音や服の擦れる音がリアルで何度も息をするのを忘れた。
思ったよりも戦争シーンが過激で、でもそれによってこの戦いの壮絶さとか主人公の信念の揺るぎなさが強調されていた。人並みな感想だけれど。
ストーリーもダレていなくて飽きる事なく観れました。面白かったです。