ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 404ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

HY

HYの感想・評価

4.2
素晴らしい映画。
戦争映画ならではの重い余韻の残り方。なんか改心せなって思いおこさせるぐらいの影響力。

痛々しいリアルな描写はほんまに見たくないってぐらい怖い。
両国の思いがあの痛々しさに。
あって然るべき描写。
中盤から終わりにかけてほんまに感動させられてしまう。
サトコ

サトコの感想・評価

4.5
この映画の戦闘シーンってどうやって作ってるんだろう。もう、怖くて怖くて、涙がとまらなかった。『プライベートライアン』も見たけど、全然違う。極限の度合いが違う。心の抉られ方が違う。

この映画のいいところは"中立"ってところ。日本が悪いのでも、アメリカが悪いのでもない、戦争が悪いのだ。暴力に訴え、暴力に暴力で応答するのが悪いのだ。
そしてそんな中で、決して暴力に頼らず、弱虫だと罵られても自分を曲げなかった一人の兵士がいて、それが主人公の衛生兵ドスである、という描き方。そして結局は、彼が一番強い兵士だったという。


当たり前のことだけど、戦争だけは絶対やっちゃだめだ。嫌いでも、憎んでいても、行動に移してはだめだ。
長くなりましたが、最高にいい映画でした。こんな悲惨な実話に、いい映画と言っていいのか分からないけれど。こんなに長い感想を書いたのは初めてです(笑)
他人は良いや。
自分が助かれば良いや。
普通に暮らしてる僕でさえ、
そう思ってしまう時がある。
ましてや、戦争中の人なんて
そう思うしかないだろう。

そんな中、
あと1人助けたい。
あと1人助けたい。
あと1人、あと1人、あと1人。
足がない。目が見えない。死ぬ寸前。
死んでる人。日本兵。
そんなの関係なく、
あと1人、あと1人。
自らの命を惜しまず、
銃を握ることもなく、
戦いのけた1人の戦士。
そんな姿を見て、感動しないわけがない。


邦画以外の戦争映画は、アメリカンスナイパー以来。

ハクソーリッジ。
面白かった。

意外と ホラー映画要素が詰まっており、
驚かせにくるシーンが多々あった。
「やめろよ」と思ったが、
戦争中は これがリアル。
今までの映画で1番戦争を体感できた気がする。


後、これは習性かも知れないが、
マトリックスのあの人が出て来た瞬間が1番ゾッとした。


文句なしの 今年1番の戦争映画だ。
と、公言したいところだが、
ダンケルクという大物が待っている。

楽しみで仕方ない。
自分は戦争映画は好きで観に行ったが、自分が思ってた映画をはるかに超えててとても素晴らしかった。
映画のほとんどが戦争シーンかと思いきや、そこまでの流れがとても面白く、感動した。ほんとにオススメです。
UBB530

UBB530の感想・評価

4.0
最初からいい映画っつーのが、プンプンにおう。
戦場行く前から、ウルウルきてた。
メルギブソンの極めて上質な映画演出が堪能できる素晴らしい戦争映画。
後半の血みどろの戦闘シーンのみならず、前半の主人公デズモンドが戦争に行くまでのパートも含め、ベタだが極めて映像主義として撮られた演出の数々は映画のテレビドラマ化が進行する近年の風潮を真っ向から切り裂いた。これこそまさに映画であり、映画以外にはできない演出である。
この映画が一番エモーショナルなのは戦闘シーンが始まり、文字通りの地獄を見せつけられるなか、体がバラバラになっても生き永らえている兵士をデズモンドが救うシーンだろう。戦闘シーンの序盤の凄惨さは戦争映画を越えてホラー映画的ですらあり、メルギブの容赦ない演出によって観客を恐怖のドン底に突き落とす。しかし、その恐怖と絶望を掻い潜り、普通なら怪我の状態が酷すぎて見殺しにされるであろう兵士をデズモンドが必死に助けるその姿は宗教を越えて人々の感動を呼ぶだろう。
しかしなからそれ以降はデズモンドが一人で大勢の兵士を助けたという実際の出来事におそらくアクション映画的なアレンジが加えられて描かれるのだが、うーんもちろん日本兵に見つからないように兵士を助ける下りはアポカリプト的でもちろん面白いのだが、序盤の地獄には見劣りしてしまう。このあたりからメルギブの宗教とかを越えたド変態感が炸裂し出して、特に切腹のシーンは「三島由紀夫かよ!」って突っ込みたくなるほどメルギブの意志が強いヤツアコガレをビシビシと感じた。
maggothand

maggothandの感想・評価

4.0
とてもいい映画でした。ビーム兵器ではなく、迫力ある実弾音(射撃音よりヘルメットに弾が当たる音)が戦火の中に身を置いている感を与えてくれます。この辺り、IMAXじゃなくても全然イケてました。

宣伝も触れ込みも武器を持たずに戦地で沢山の命を救ったというストーリーを推していますが、映画を観て最初に感じたのは自分の信念を貫くというのは、自分でも難しいということを教えてもらいました。

とにかく、その先に待っている結果を信じて自分の信念を貫き行動する。この簡単そうで、途方もなく難しいことを感じさせてもらえる映画でした。
KOKO

KOKOの感想・評価

4.0
邦題は「前田高地」にはならなかった。さすがに。


映画を見ている間は、彼らの目線で見ていられた。

崖の上のシーンは、10秒に1度飛び上がるくらい、「いつ、どこから、何が飛んでくるか分からない」恐怖と緊張を体感した。

そしてその異常な空間の中で、生身の人間が何を思い、どんな会話をしているのか見ていると、「戦争」、「兵士」などという言葉のずるさに気付く。


アンドリューくんがとてもキュートで、救われる。彼の励まし方とか、希望の持ち方とか、それ自体にみんな救われたんだと思う。



歴史オンチなので後から日本目線でしらべると、かなり気持ちは複雑に。ひとつの事実が、切り口を変えるだけでこんなに違って見えるのか。
http://www.city.urasoe.lg.jp/docs/2017050200104/
mimi

mimiの感想・評価

5.0
見て良かったです。
もっと沢山の人に見て欲しいです。

沖縄戦が舞台という事で観に行きました。平日の昼間にも関わらず、沢山のお客さんが鑑賞に来ていました。年配の方が多く来ていました。

絶対に武器を持たない、1人でも多くの負傷者を助けるという信念で、衛生兵として
戦場へ向かうデズモンドの強い気持ちにずっと涙が止まらなかったです。

命の危険が迫る中、勇敢に1人で多くの負傷者を助けるシーンは、感銘を受けました。

戦闘シーンやデズモンドが負傷者を助けるシーンは、自分自身が戦場にいるかのような錯覚に陥るくらい恐怖を感じました。

戦後72年、毎年戦争体験者が減っている中で、戦争の残酷さ、戦争があったという事実を忘れてはならないと改めて考えるきっかけになりました。

私は、20代で戦争を知らない世代ですが、多くの戦争を知らない世代の人にこの映画を見て欲しいです。
みき

みきの感想・評価

4.0
戦争映画は、観るのは始めてでした。
これ、沖縄戦での実話だったんですね。
その沖縄での、衛生兵として75人もの兵を救った主人公のお話。

最初はね、75人も助けるとかそんな、マンガのヒーローじゃあるまいしとか、思ってたんですよね。
漠然と、「戦火の中を」って。
ただその、戦闘の凄まじさがもう…
爆風吹き荒れる中銃弾が飛び交う、阿鼻叫喚の地獄絵図。
怖くて怖くて、ハンカチを握り締める手を震わせながら、息を止めて観てた。
自分だってボロボロなのに、助けを求める声を耳にする度、「助けなきゃ」と何度も立ち上がる主人公。
もう、言葉がなかった。

戦闘描写は、当然ながら残酷です。
頭は吹き飛ぶし、身体は真っ二つになるし、そんなシーンをこれでもかと突きつけられる。
だけど、これは現実だったと思うと、目を背けてはいけないと感じた。
ただ、グロテスクだから、という理由でこの映画を敬遠してほしくない。
戦争を知らない、ぬくぬくと生きてきたわたしたちこそ、観るべき映画。
心して観てほしい。だけど、オススメです。







知り合いだったおじいさんの、生前に「戦時中は衛生兵をしていた」という話を思い出した。
多くは語らなかったけど、当時の話をするその人は、悲しそうだった。
あのような戦火の中をくぐり抜けてきたのだなと思うと、胸が苦しくなる。