ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 404ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

2017年44本目
メルギブソンが戦争映画を撮ったらこうなる。
炎628の様な、その場に自分が放り込まれた様な感覚。
映画館で発狂しそうになってしまった。
ryutaro

ryutaroの感想・評価

4.0
グロシーンが無駄に多いだけで
それ以外は描写とかも面白かった
amadada

amadadaの感想・評価

2.0
人を傷付けない事を心に誓った主人公が武器を持たずに戦地オキナワを奔走する。
映像は今までの戦争映画の焼き直しのような退屈なカットばかり。
主人公は「人を傷付けない」信念を持って戦場に赴くものの、沖縄を奪う為に圧倒的物量を持って殺しにくる米兵側のお話なので、日本人の私には共感できません。奪う側が自己肯定の為に救済を誇示していて滑稽です。

メルギブソンらしいゴア描写がうんざりするほど続くのと、ちょっとチープな日本兵描写が鼻に付きました。
Savati

Savatiの感想・評価

4.0
沈黙に続き、
宗教観について考えさせられました。

戦争描写は凄まじいですが
日本人の描き方は
偏っておらずすんなりと観れます。


日本人だからこそ
いま改憲とかなんとか
話題にあがっているからこそ

観た方が良い映画という気がしました。



兵士ひとりひとりに罪はなく
戦争そのものが、それを起こす社会が
間違っているはず



史実を確認したいと
思わせるだけでも
すごい力をもってる映画だと思いました。
sally

sallyの感想・評価

4.5
まず、本作品をどう褒めたらいいのか、迷う所であるのですが、1本の映画としてみたら、大変に良く出来ていて、メル・ギブソンが監督としての力量も凄いと思う1本だと思います。
また、本作品の主人公や銃撃戦などを見ていると、やはりやりきれなくなります。
多分、メル・ギブソンとしても、反日映画と言うより、本作品の主人公を通して、戦争の恐ろしさ、愚かさを訴えかけたかったんだと思います。
銃撃戦でのシーンは、大変にリアル感が有って、ある意味、大変にむごいです。
しかし、やり過ぎ、見せすぎと思っていても、これが実際に近い光景なんだろうと思うと、怖くもなるし、アメリカの兵隊さん、日本の兵隊さんに、客観的に、何の為に死んでいくのだろう、何の為に戦っているのだろう、死んでいくのに意味があるのか、戦って行く事に意味があるのか、あの戦争は本当に意味があるのか・・・
見ていて、やりきれなくなります。
だから、この手の映画を評価する事が非常に難しいですね。
私にとって、主人公の兵隊さんの事や、本人のやった行為などむしろどうでもよくなり(勿論、共感も出来るし、凄いとも思いますが)戦争の悲惨さを十分と言う程味合わせてくれる作品だったかなと思います。
やはり、意味のない事は意味がない、人間無駄に死んで本当に意味がない、戦争と言うテーマを戦争を知らない私にとって、本当に考えさせられる映画でした。
神さまからの声が聞こえた瞬間は思わず鳥肌がたった
その決断を下せるデズモンドは本当に強いひとだったんだなと思う

主人公の奮闘や銃撃戦など色々と見応えがあったけれど個人的には日本兵の描き方がとても好きでした。
恥ずかしながら沖縄はあれほどの惨劇だったことも初めて知りました
向こうの人はどんな気持ちで映画を作ったのか気になる
日本人にこそ見てほしい映画だなと思いました
みちお

みちおの感想・評価

4.0
【作品紹介】
当作はノンフィクション。主人公は実際に存在したデズモンド・ドスという衛兵隊員で、75人以上もの負傷者を命からがら助け出し、良心的兵役拒否者として初めて勲章を受けている。
舞台は第二次世界大戦、米軍が最も苦戦したとされる沖縄戦のハクソーリッジ(前田高地)。
主人公のデズモンド・ドスは幼少期・青年期の苦い経験からキリスト教の教えに厳格なクリスチャンである。「汝、殺すことなかれ」を最も大切にし、敵を殺すはずの戦争で武器をも持たず、殺すのではなく、人の命を助けることを貫こうとした彼の信念と葛藤を描いた作品。

戦闘シーンは目を背けたくなる程の臨場感があり、改めて戦争の恐ろしさを感じました。月並みだけど。戦争いかん。
戦場でのグロさが米国で問題となったようですが、プライベートライアンや硫黄島からの手紙とさほど変わりはないと思います。むしろ、戦争の悲惨さを感じる為には必要不可欠だと思います。

公開が沖縄全戦没者追悼式の直後で、米軍側を描いたものだけに、どうしても心情的に映画に没入するのは難しかったです。

とは言ったものの、この映画はどちら側かの視点で戦争を観る、というのではなく、
デズモンドの葛藤、人間愛に主軸を置いたものだろうと思います。
事実、政治的な発言や相手側を貶める発言などは一切ありませんでした。

デズモンドの自分の信念を貫き、人を救う事に生きた彼は素晴らしいし、その強さと葛藤がグロく酷い戦場の中で人間愛として観客の心を打つものとなっていました。
デズモンド役のアンドリュー・ガーフィールドの演技も青臭さと不器用さはありながら、芯の強さを感じさせる素晴らしいものでした。
ちなみに、今作も前作主演のスコセッシ監督の沈黙でも敬虔なクリスチャンであり、クリスチャン役させたら敵う人いないんじゃないか説。

あえてケチを付けるとするなら、デズモンドの信念と葛藤というテーマ的には良かったんだけど、彼の人間愛を感じさせる内容ならば、日本軍側の葛藤や人間味を少しでも描いてくれれば、もっと映画に深みと魅力が出たんじゃないかと…
みや

みやの感想・評価

4.8
戦争ありきの作品を作っていないところが、メルギブソンの凄さではないでしょうか。
デズモンドの意志を貫く姿をを主体に作っているので、簡単に戦争映画でしょ?沖縄戦を描いた戦争でしょ?とは言えません。

もちろん、戦場シーンはすごいものがありますが、この作品を観た人に様々な思いを伝えてくれる素晴らしい作品だと感じました☆
わし

わしの感想・評価

3.8
これは子供に観せたい。
人の手足が飛ぶ
人の頭が飛ぶ
人の体が飛ぶ
人の内蔵が飛ぶ
ゲームではなくお話として
戦争の残酷さを脳ミソに焼き付けてほしい。
子供に教えてあげたい事がたくさん詰まってる映画。
観ました。

⭐ハクソーリッジ (字幕)

すごく泣けました。

メル・ギブソンが10年ぶりにメガホンをとり第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマです。

あー良かったなぁ、いい話だったなぁという歓喜の涙ではなく戦争の悲惨で残酷な状況に胸が苦しくて泣けます😭

その過酷な環境下での主人公のドスの行動は本当に勇気そのものでした。ほんとにすごい人だと思います。感動的です😭

自分には絶対ムリだと思います(笑)

普段あまり好んで戦争映画は観ないのですがこれはほんとに観てよかったです。

普段ほんわか暮らしている平和時代の僕には心をえぐられるような映画でした。

改めて自分のあり方を考えさせられる
いい意味での気持ちリセット映画でした☺

メルギブ最高です。すごい👏✨

アンドリューガーフィールドも良かったし、(また宗教キャラで沈黙サイレンスっぽかったけど笑)テリーサ・パーマーもキレイだし、ヴィンスボーンの真面目な役も良かったしサム・ワーシントンもいい味出してた☺その他の俳優含めてキャスティング良かった気がします👍

残酷な描写が多いです。苦手な方は瞬時に顔を背けるトレーニングをしてからの観賞をオススメします(*•̀ᴗ•́*)👍(笑)