ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 404ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

Uえい

Uえいの感想・評価

3.5
戦闘シーンに期待して観賞。そこに関しては期待を上回るクオリティで圧倒されたが、この映画の本質的な所は全く別だった。キリスト教徒の主人公がなんで戦争に参加し、戦火の中で人を助け続けたのか理解しきれなかった。サイレンス沈黙もこんな感じだった記憶。ララランドと今作でアメイジングスパイダーマンが報われた気がする。
アンドリュー・ガーフィールドのサイコパス気味の笑顔がたまらん。
戦争描写は迫力あるけど、大の大人がアサルトライフルや火炎放射器で寄ってたかって戦ってる図がマヌケなんだけど、これマジなん?
人類愚かすぎるわ。
大傑作アポカリプトから10年…
ついに監督メルギブソンが復活👏
大きく分けて恐らくこの映画を見る人はcmなどで知り戦場で誰も殺さなかった兵士の感動の実話を期待する人とメルギブソンが撮る地獄の沖縄戦に期待する人の2パターンあると思う。自分はもちろん後者でそれを期待した人にとっては大満足で前者の人は予想に反して人物描写が丁寧だったのでそちら側の期待も充分応えられるが想像を遥かに超えるゴア描写に気分悪くなると思うので御注意。実際劇場に何も知らなそうなカップルが何組かいたし、先日バスの中でハクソーリッジについて話す母親と娘も見かけたので油断して地獄を見せられる人は多いのではないだろうか。劇場は初日ということもあるがかなり混み合っていた。題材的にもキャッチーだからなのだろうか。
上にも書いたが前半約1時間じっくりかけて主人公が戦場に向かうまでを描く。その描写がかなり面白い!暴力を知る幼少期から彼女と出会う青年期(主人公が彼女にする笑顔がバカっぽいけど彼のまっすぐな意思を感じれる)を経て入隊後の訓練シーン。特に訓練シーンが最高でフルメタルジャケットの如く新兵を扱くところなどコミカルなシーンが多く出てきてかなり笑った。仲間の兵士たちもしっかり記憶に残るくらいに魅力的に描かれてた。彼らとの関係性もラストで感動した。ハリウッド…笑
ためにためてついに描かれるハクソーリッジでの大激戦。不謹慎だけどこれだけの溜めがあったお陰でハクソーリッジの崖の上、戦艦からの砲撃で立ち込める煙に日本兵が潜む異様な雰囲気にかなりワクワクしてしまった。そして開戦の幕開けとその後が素晴らしい!沈黙を破りついに出てきた日本軍の半端じゃない銃弾と爆撃により肉塊になる兵士たち。止むことのない銃撃戦とゾンビのように湧き出て突進してくる日本兵は本当に恐ろしい。かなり日本兵を憎たらしく描いていたので複雑な気持ちになった笑 町山さんも言っていたが銃弾がヘルメットに当たった時の音や爆撃の音など音響が凄い。後で知ったがDOLBY ATMOSでもやってたみたいなので少し後悔した。戦闘シーンは素晴らしいけど個人的にはやっぱり音響の点でも怖さの点でもプライベートライアンの方が優ってるように思った。(少し単調に感じてしまった)
アンドリューガーフィールドが“沈黙”に続いて日本を舞台にキリスト教徒役を演じ、“沈黙”同様に神の沈黙に直面する場面が出てくるのが面白い。でも今作の主人公の意思の強さが半端じゃないので何事にもあまり葛藤もなく突き進むのが爽快?であるがもう少し信仰心を揺さぶってほしかった笑 (事実をもとにしているのでしょうがないけど)
実話であることに本当に驚かされた。
バカにされるような事があっても自分の意思をずっと信じて行動すれば時間はかかるけど必ず周りと理解し影響を与えられるようなるのだと思わせてくれる。
和訳として「あと、、あともう1人助けさせて下さい」なのか「あと、、もう1人、私に負傷兵をお与えください」なのかで全然違うと思うのでどちらが正しいのか、英語に堪能な方に教えてもらいたい。
信仰を善なる行いの基盤としているということなのか、自分の魂を神に近づけるという狂気の行動なのか。

主人公の笑顔のなんだかかわいくてでも不気味でやっぱりかわいい、、?という独特さはとても評価したい
にこぺ

にこぺの感想・評価

4.0
前半はデズモンド・ドスの生い立ちとか、恋のなれそめとか、とか、とか。早く沖縄に行ってくださいと思った頃、遂に入隊。その後沖縄へ。

待ってました!ここからが流血肉弾戦。撃たれる、吹っ飛ぶ、燃える地獄絵図です。
衛生兵のドスはひたすら頑張る。火炎放射器の炎の横で傷ついた兵士に手当てする。飛び交う弾をくぐって助ける。

ハクソーリッジから戻った時にサム・ワーシントンの言葉に泣けたね。

アンドリュー・ガーフィールドが素晴らしい。彼の目に物凄く説得力を感じます。血と泥で個体識別が出来ないけれど、とにかく必死な彼の姿は胸を打つ。
ゆしを

ゆしをの感想・評価

4.2
感動を超えて見る人の心それぞれに忘れられない刻印を刻む大作。



まさに圧巻。

映画の展開、
一切目が離せない戦闘シーン
自分の信念を貫き通すアンドリューガーフィールド演じる主人公デズモンド、
1番衝撃的なのは実話ということ。



前半にデズモンド自身とそして彼に対しての各キャラクターへのバックグラウンドがあったおかげで後半のド迫力の戦場での彼の、そして彼らの行動1つ1つにヒューマン要素が感じれて一本通して各シーン涙ぐんでしまい最後まで鑑賞し席を立つ頃には涙腺が白旗を振ってしまうほどだった。



観終わって感じたのは、
自分の芯を貫き通して戦う人はなんてかっこいいんだ。
そう思えたのはアンドリューの素晴らしい演技があってそれを最大限に生かして映したメルギブソンや作り手の人たち全員の力。
映画を通してエンターテイメントを超えて自分の中に入ってくる不思議な感覚がとても心地いい。
映画って素晴らしい(TT)




アクション要素的にもあの時のサムワーシントン最高!デズモンドかっけぇえ、、、と浸ってしまっていて個人的には思い出してはまた劇場に足を運ぶでしょう。
3回以内で済むかな〜?笑




今年のアカデミーで賞を取った作品は一通り見てこれが最後だったけど最高な締めくくりだった👍



今作は劇場で観ないと本当に損なのでぜひ映画館で鑑賞することをオススメします!
劇場十九本目、2D字幕版にて単身鑑賞。

メル・ギブソンは監督だと容赦ねぇな。舞台はWW2なのに男女問わず裸体が皆無。
グロい戦場描写への期待を煽る前評判に反して、ヒューマンドラマとしての色合いが強い作品。

個人が抱える信仰や信念と、社会情勢が強要する現実との間で葛藤する主人公というテーマは、同じくアンドリュー・ガーフィールドが主演したスコセッシの『沈黙』に通じるテーマ。
生々しい戦闘シーン
私は最後までこの映画を観れるのだろうかと思ってたけど、ラストは涙涙でした。
彼の信念と勇敢さに心打たれた
戦争映画なのに、1番カッコいいのが銃や武器を持たない戦わない1人の衛生兵。

主演のアンドリュー・ガーフィールドは「ソーシャルネットワーク」で初めて知って、そこからずっと好きな俳優さんですね。

なんか、どこかナヨっとしてる感じなんだけど優しい兄ちゃんて感じで好きなんですよね笑

さて、今作「ハクソー・リッジ」ですが…

凄い良かったです。
戦争シーンは圧巻。「いいか?戦争とはこういうことだぞ」とその凄まじさを改めて認識させるかのようにグロ描写も血なんか当たり前で、爆発で足失ったり、頭撃たれたり、蜂の巣にされたり、切り離された胴体から内臓ブシャーとか惜しげも無く、サービス満点で見せてくれます笑

観てるだけでその場の火薬や血肉の臭いがしてきそうなくらいの激戦シーン。

こんな戦場に銃も持たずに走り回ることが怖過ぎて考えられない笑

でもバンバン映像が切り替わったりするんで個人的にはグロ描写見てもそこまで「うわぁっ」とかあまり思わなかったかも!


そして日本人なのに日本兵が怖いw
時折聞こえてるくる日本語もww

なんとも複雑な気持ち。

上司の命令だろうと軍法会議にかけられようと刑務所に入れられようと何があろうと“絶対に武器を持たない”と信念を持った主人公のデズモンドには感服です。


(※ちなみに、戦争まで行くのに長いという声も聞こえますが、この行くまでの前半部分も結構面白いです。( ̄∀ ̄) )



そこまで貫き通すって凄い精神力と勇気の要ることだと思うし、その結果たった1人で75人の負傷兵を救ったとか…

カッコ良すぎるでしょ笑
途中から感動しまくりです。

そして改めて戦争なんて起こしちゃいけないなとも思いました。

この戦争でアメリカ軍も多くがPTSDになってしまったという日本の沖縄・前田高地での戦い。

敵として描かれてる日本人ですが、決して悪者として見せずにホントに強い相手だったという敬意を保った描き方がみられて、不快感とか感じない。


クリントイーストウッド監督の「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」を観てたりするとより面白そうとも感じる笑


あともう、主演が同じでキャラ設定が少し似てるから、時代設定の違う「沈黙」みたいに感じる笑



臨場感を味わいたい方は音響が良い映画館で体感してください!
一見の価値あり、大変良かったです!(°▽°)