ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 437ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

最初に素手で戦場に立った兵士の物語と言うストーリーを聞いて「グラップラー刃牙」の範馬勇次郎みたいな主人公のストーリーだと思っていた。

メル・ギブソンは俳優出身の監督と言うカテゴリーを設けずともハリウッドを代表する監督だとその力量を再確認させた。
センスや才能だけでなく過去の名作を土台にし、シッカリと勉強しているのだと感服した。

戦場描写も過去の作品をベースにメル特有のフレッシュな残虐描写があって良かった。上半身シールドは酷い。
戦場をあまり俯瞰せず混沌とした戦争の描き方は凄い。4DXバージョンがあったら観てみたい。

人を傷つけたく無いと言う平常時の正気を狂気が支配する戦場でも捨てずに持ち続けられる狂気に支配される主人公をアンドリュー・ガーフィールドが好演。
「沈黙 サイレンス」に続き殉教者役で当たりが続く。
父親のヒューゴ・ウィービングが特に素晴らしかった。

沖縄戦で日本兵が相手と言う事で乗りづらい部分もあるが描写はかなりフェアだと思う。日本軍視点を描くのは邦画の役目と感じる。
ユナイテッドシネマ熊本にて。

とにかく後半は目を背けたくなるほどのゴア描写。が,それこそが戦争だ!それこそが映画だと!いわせてくれる説得力。
最初の崖シーン,中盤の崖シーンも素敵だったな〜。
とり

とりの感想・評価

4.5
メルギブ完全復活!前半これがメル・ギブソンの映画であるということを忘れてしまいそうになるほど我慢を覚えた彼は自身を時に投影しながら、映画の定石にも乗っ取っていて、これは現代(PTSD、敵国日本の描写)だからこそ作り得た、リアルな戦争の凄惨さを描いた快作!同時に人生そのものとも言えるほどの揺るぎない信仰、ほとんど執念そしてそれ自体が生き方、についての物語でもある。戦場に衛生兵として出兵することを認められるシーンは思っていたよりも劇的ではなかったが、父の痛切な訴えが見えたし、それ以外にも何度も泣き、スローモーションも効果的に使われた接近戦は大迫力。目の前で地獄が繰り広げられているようで、まさしく戦争の腸(はらわた)と言うに相応しい。人間は残酷にもなり得るが、同時にここまで勇敢にもなり得るのだとデズモンド・ドスの一貫した言動が証明している。
作品自体は時にスポ魂、時にホラー、時にスリラーと色を変えながらもガーフィールドが心体共にドスとなったような熱演で僕ら観客を「やもい結び」で然るべき所へと連れていってくれている、見捨てずに。。ガーフィールドは『沈黙』に続き、本当に素晴らしい役者で、身体的なことだけでなく、この両作品での信仰への向き合い方を考えると、長い期間大変だったのではないかと思う。凄いな~。
日本への敬意、というか理解にもリーチしようとしていて、『パールハーバー』を作ったマイケル・ベイに見てほしくなった。最後の当事者たちへの敬意溢れる作りは最近で言うと『パトリオット・デイ』にも通ずるものがあり、真のヒーローとはこのようにして生まれ、記憶されるのだと痛感した。
P.S.途中出てくるマジックカーペット?によるマジックライド作戦(命名)は画期的、去年のシンゴジの無人在来線爆弾くらい。
Please Help give me one more…
勝手に関連作『プライベート・ライアン』『沈黙』『フルメタル・ジャケット』
TOMATOMETER87%、AUDIENCE92%
Hacksaw Ridge uses a real-life pacifist's legacy to lay the groundwork for a gripping wartime tribute to faith, valor, and the courage of remaining true to one's convictions.

このレビューはネタバレを含みます

hacksaw→「弓のこ」

テリーサパーマーの可愛さをもってしても、テリーサパーマーが可愛いだけで終わらない映画。

サム・ワーシントンの格好良さをもってしても、サム・ワーs
この映画のタイトルを知った当初、僕はこの作品がハクソー・リッジさんの活躍を描いたものだとばかり思っていました。
沖縄が舞台だという事を知ったのもつい最近。
沖縄の本土決戦と聞かされれば、アメリカ側の一方的な侵攻ばかりを想像し、彼の国の犠牲など考えたこともない。
自分が如何に無知であるか、嫌という程思い知らされました。

ガーくんの朴訥とした雰囲気がピカイチ。
誠実さの塊のよう。

ヒューゴお父さんの演技も素晴らしかったです。

「プライベート・ライアン」で描かれているような重傷者への処置と今作で示されたデズモンドの姿。
おそらくスタンダードだったのは前者で、デズモンドの行為がその時のベストだったのかと問われれば疑問が残りかねない。
しかしあの極限の状況下で、理屈抜きに自分の信念に従って行動したデズモンドは賞賛に値すると思うし、彼のような人間があの時代にいたことを知れただけでも本当に良かったと思う。
ユリ

ユリの感想・評価

4.0
人はみな平等で、それぞれ守るべきもののために戦う、その手段として戦争が用いられたという悲しさが、鑑賞後もずっと込み上げてくる。

アンドリューガーフィールドの人の良さが滲み出る表情や雰囲気に、衛生兵デズモンドの役はとても合っていて、
敵も味方も関係なく兵士を助けるデズモンドの姿にとても胸が痛くなった。

戦場の緊迫感や兵士たちの必死の殺し合いの表情に、鑑賞後はどっと疲れてしまったが、構えていたほどのグロさはなかったように思う。
国が決めた大義に従うのではなく、自分が信じる正義・信念を貫く姿に圧倒される。

戦場の惨さや恐さ。とてつも無かった。

観て良かった!!
わかりやすい戦争映画でした
前半が青春映画、デズモンドはなかなかのナンパ師ですね
私もあんな話術が欲しいです

中盤は戦争映画「ハンバーガー・ヒル」(この映画も凄まじく、ベトナム戦争の話で同じくアメリカ軍にとって難攻不落の丘で登ろうとすると北ベトナム軍に挽き肉にされてしまうと言われその名がついた壮絶な戦場の話、なかなかのグロです)

終盤は「プライベート・ライアン」の武器を持たない逆バージョンかなあ

父親の戦争から帰還後のPTSDに悩む姿
から戦争の悲惨を訴えてるとは思いますが
戦場で皆の命を助けたいというデズモンドという一人の男の人間ドラマのような感じがしました
戦争の悲惨さを訴えるにしてはちょっと弱いかな

昔から戦争映画は好きだからそう感じました

そしてもう1つこの映画がある意味宗教、信仰的映画の側面も持っているということを感じました

だから私はデズモンドの気持ちが最初は全く理解できませんでした
信念をそこまで持ち続けないといけないものなのか?時には信念を曲げることも必要ではないのか?と
たぶん人それぞれ考えが違うと思います

デズモンドは信念を曲げなかったから尊敬に値する事ができた
デズモンドにとっては信念、信仰が力だっただろうと思いました
その結果多くの命を救うことができた
それは私も素晴らしい、称賛したい気持ちです
でも集団でこれを行うにはやっぱり危険性が伴うと思うんですよ
まわりを巻き込むことになりますから
そこに宗教、信仰的な意味合いが入ります

メル・ギブソン監督、いい映画でしたが、実話にしても宗教心、信仰心が強すぎたのではないでしょうか
敢えてそうしたのかな
あの切腹シーンは全く逆の価値観ですよね
あれを観た時に確信犯的にそう思いました

とまあこの映画を観て色々考えましたが
「あともう一人」と自分に語りかける、彼の勇気を観て、彼に賛辞を送りたいです

個人を題材にしたから、ラストがちょっと荒かったかな
アメリカ万歳な映画ではないけど、この沖縄戦ではアメリカ兵、日本兵、そして民間人と多くの犠牲者を出しました
その事実を伝えてくれたらなと思いました
そしたら戦争の悲惨さをもっと伝えられた
そうしなかったのはやっぱりこれは人間ドラマなんだろうと感じてならないです
カミナ

カミナの感想・評価

4.5
あの過酷な沖縄戦でたった1人で75人の命を救った衛生兵の話。

こんな兵士が実在したとは!
武器を持たずにただ戦場で1人でも多くの人を救いたい想いで戦場を駆ける主人公の生き様に感動した!

戦闘シーンも容赦ないグロ表現で、目を背けたくなるシーンもあるが戦場での緊張感が凄く圧倒された。
u

uの感想・評価

3.8
アンドリューガーフィールドの
無垢な演技、戦場での勇姿にはグッとくるものがあった。

でも、プライベートライアンを超えたかと言われると…(汗)

沈黙に続き、また宗教かと。

信念を曲げないって
ちょっと怖くもある。

ビックリしまくりだけど、ちゃんとユーモアもあって楽しく鑑賞できました。