ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 437ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

映画「ハクソー・リッジ」を観てきました。

予告編では素手で手榴弾を弾き返すシーンが印象的で、銃を持って戦うのではなく、兵士を救うことに専念した兵士という情報だけ持って観にいきました。

戦争の銃撃戦のシーンはなかなか強烈でした。
正直途中で目を背けてしまいそうになるほどのシーン。秒ごとに銃で倒れてしまう兵士が出てきて、血を見るのが苦手な人は見れないほどです。
残酷ではありますが、それは戦争が残酷という意味。
戦争の全てを映し出しているわけではありませんが、戦争の惨さを十二分に描いていると思います。

主演のアンドリュー・ガーフィールドの無垢な感じがとてもいい感じでした。まっすぐで素直な人柄がこの役に合っていたと思います。
また、アンドリュー・ガーフィールドの恋人役のテリーサ・パーマーに見惚れていました。美人ですね、彼女。
Uske

Uskeの感想・評価

3.9
いやあ凄かった。
沖縄戦とまでは知っていたが、ひたすら殺しあう両軍の描写を見ているだけなのに、恐怖からか泣きそうになった。

戦地においても主人公は武器を持たず、負傷兵を助け続ける。実話というから凄い。ただ戦闘シーンがエグ過ぎて、それまでのエピソードを忘れてしまいそうになった。

日本兵はそこまで汚く描かれていなかったものの、この映画においては敵兵扱いなのは言うまでもなく、敵としてのみ存在して、ただ次々に殺されていく様は見ていてつらかった。
戦争のことを語る資格はないけれど、本気で、二度とあって欲しくないと思えた。

映画としては本当に凄い出来栄えだと思うが、あまり内容は好きになれないかな。
デズモンドは衛生兵として入隊するものの、「銃で人を撃たない」と宣言します。人を撃たないどころか、訓練も拒否。訓練どころか銃を触ることにも抵抗します。

映画を観ているときの気持ちを正直に言うとですねえ・・・このあたりでちょっと心が離れかけたんです。軍隊側も戦場で人を撃てって言ってるわけではなく「トレーニングしてくれれば他は免除する」って言ってくれてるわけですしねえ。

軍隊に入隊しておいてそれはちょっとないんじゃないかと。自分の信じてることを貫くのはいいのですが、譲るモノがないっていうのはねえ・・・逆にこのあと上官の言う「銃が撃てないならオマエは除隊しろ。戦争はオレたちがやるから」という、それぞれの考え方を尊重しよう、的なセリフのほうがグッときたりしました。

主人公デスモンドの行動が心に響いてこなかったというのは、その行動動機があまり描かれないという点にもあります。家族との関係などのエピソードはあるのですが、それが銃を持たないことによる軍隊内での壮絶なイジメに耐えうるようなものだとは、自分は思えませんでした。

で、ネットで調べてみると信仰心がポイントみたいですね。映画中では聖書を読むシーンがあるくらいではっきりとは提示されませんが、デズモンドの行動に大きな影響を与えているようです。

自分は「信念」の物語だと思っていたので、「信仰心」となると大分見方が変わります。自分が宗教に疑問を持っているせいか、信念と信仰心は似ているようで違うので・・このあたりは長くなるので別の機会に。

まあ信念であろうと信仰心であろうと、地獄のような戦場をかけずりまわりながら救助活動をするデズモンドの行動は尊く、涙があふれてきます。。

「そんなやつ置いていけ!」という声がかかっても、デズモンドはあきらめず、多くの命を救います。つまりは軍隊の考え方では無理だったことを、彼は自分の考えでたくさんの人を助けたわけです。そうなると違う考えを受け入れる多様性の話でもあるのかなあ、などと考えました。
masumin

masuminの感想・評価

4.0
とても感動しました😭
しかし、日本人としては複雑な心境ですね~かなり、字幕は抑えてあるようです。
よしお

よしおの感想・評価

4.2
第二次世界大戦の沖縄ハクソーリッジ、日本では高田高地の戦いで知られている激戦地が題名となっている。
メルギブソン10年ぶりの監督ということでだいぶ気合い入ってましたよ、大興奮でした。史実を元にしていて、銃を絶対に持たないけど戦争で75人を救った英雄のお話です。
前半は主人公ドスの生い立ち後半はハクソーリッジの戦い。この前半を知ることで後半の彼の生き様がすごくわかりやすく見れます!!
プライベートライアンによく比較されていますが、ほんとにすごい戦争映画でした(゚ロ゚)火薬の量も凄いです!!ホントの戦場にいるような感覚になる演出、演技というかほんとの戦争を撮影してるんじゃないかって思わせる迫力が凄まじかった。

前半のヒューマンドラマ家族愛も良かったけど、主人公の信仰心とエゴの極み、それだけでも面白かった。

この迫力は映画かんで見ることをお勧めします。
Asuka

Asukaの感想・評価

3.5
観ていて苦しかった。
良い映画だとは思う。

戦争は嫌だね。
戦争という精神が追い詰められる環境の中、自分の信念を貫き勇気を持ち人命救助に勤しむ。後世に伝えるべき行いだ。
ktaro

ktaroの感想・評価

1.5
予備知識無しに何となく見てしまったが、リアルを通り越して過剰で不快な殺戮シーンの連続で見るに耐えない。この映画のテーマはそこじゃないだろう。日本兵が火炎放射器で殺されるシーンがやたら出てきたけど、中国でよく作られている反日娯楽映画を見ているようだった。
KOUSOU

KOUSOUの感想・評価

4.6
しっかりとした人間ドラマが描かれたストーリーと、銃撃、爆発の音が凄くて迫力あるリアルな戦場シーンは、沖縄が舞台で相手が日本とあって、日本人としてこの映画を見るのは少し複雑な気持ちになりますが、凄く良かったです。
主人公の強い意志に感動し、最後は涙無しでは見れません。
とにかく素晴らしい映画でした。
この話が実際存在したことだからこそ、決して私が見ることのなかった戦争の姿がほんの僅かだけれど、見れた気がします。

主人公デズモンドは戦争に行っても銃を持たないという信念を貫きます。周りがどんなにそれを否定しても。そんなことは戦争時代になかなかない話だと思います。しかしそれを貫いて、彼は英雄と呼ばれたのです。

構成はキューブリック監督のフルメタルジャケットのように前半は主人公たち訓練兵のように訓練の日々。そして後半は戦場での戦う姿を描いたものですが、その戦場は日本の沖縄です。私は日本映画で日本兵の視点でしかアメリカと日本が戦うのを見たことがなかったので、初めてアメリカ視点での戦いを見ました。どうしてもその視点側に気持ちが傾いてしまいがちだったので初めて逆になりましたが、やはり相手が怖く見えてしまうものでした。日本ではアメリカが戦争において日本に酷いことをした、最終的には原発で…なんてよく聞きますがやっぱりどっちもどっちなんじゃないかなと思います。(実際に行っていた方が私の意見を聞いたらどう思うかは分かりませんが)

戦闘シーンはかなりの迫力でした。映画でこれだけの酷さなのであれば実際はもっともっと恐ろしい所だったんだろうな…

戦場で命を落とした兵士たちが本当の英雄
こんな言葉に胸を打たれました。

こうやって戦争はこれから先もずっと語り継がれていくものだと思います。
内容、迫力、戦争の酷さ、そしてそんな中で必死に信念を貫く男に感動する、そんな映画を作った監督を尊敬します。

また1つ忘れることのないような映画に出会えました。

2017.11.9