ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 437ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

実話を元にしたことが作劇の足を引っ張ってるような気がした。沖縄に行くのに1時間以上かけるのはたるい。いろんなことが説明に終わってる。アンドリュー・ガーフィールドはキリストではなく、サイコパスにしか見えない。
戦闘シーンの即物的なディティールはいいけど、日本兵が健康的すぎやしないか。
HOUSHI

HOUSHIの感想・評価

4.3
事実に基づく系の映画。

ハクソー・リッジってどこの崖なんやろな~と思ってたら沖縄でびっくり。でもアメリカ万歳な映画じゃなく、双方の悲惨な命の奪い合いがリアルに描かれていたように思う。
しかしそんな中で、ひとりも殺さず救い続けた兵士がいた事実。その信念とドラマには日本人でも、キリスト教徒でなくても通ずる大切なことが詰まっていた。
戦争の映画苦手でも是非観るべき!

余談やけど、観てから気になったことといえば、予告編に『沖縄』という言葉が一切使われていなかったことかな?笑
mino

minoの感想・評価

3.5

臨場感のある戦場のシーンと主人公の闘いに対する葛藤が印象的だった。
前半は主人公と恋人、家族の背景を説明して、後半は戦場での主人公と仲間達を。
前半で登場人物の人となりを理解していたからあの迫力のある戦場シーンでうまく感情移入ができたのかも。
ただ、すこしだけ、迫力がありすぎて映像に現実味がなくなってるのかな…
けど、それも含めて素晴らしい作品だと思う。
きむら

きむらの感想・評価

3.8
映画館で観るべき作品


アンドリューガーフィールドの笑顔があんま好きじゃない笑
ReiYoshida

ReiYoshidaの感想・評価

4.1
これは、アンドリューくんにも主演男優賞を獲って欲しかったなあ。。

ストーリー云々より、とにかく、戦闘描写が凄い。グロい気持ち悪いっていうより、「怖い」。恐怖のあまり涙出たし。

しばらく2回目を観る体力はないかな。。でも、これを映画館(※良い音響の)で観たことは、本当に良かったと思う。

ハリウッドが裸で訓練に参加するシーンだけ、唯一笑えた。笑 あと、ヒロインがめちゃくちゃ可愛くて、目の保養になった。

そして、すごく単純な感想ではあるけど、戦争は何も生まないな〜と思いました。
戦慄が走った…

とにかく戦闘シーンが凄い!戦場の凄まじさがこれでもかというほど伝わってくる。本当に恐ろしい。いったいどんな撮影方法で撮れたんだろう…

その凄まじい戦闘の中、仲間を助けに武器も持たずに疾走するデズモンド。正気とは思えない行動に呆気にとられる。

こんな人物が実際にいたという事実に驚かされ、戦争のひどさ・愚かさを垣間見ることができる映画だった。

本当に観てよかった。価値観がゆさぶられる作品。
人と人が何のためらいもなく殺しあう光景。大勢が焼け死んでゆく姿、飛び散る肉片や内臓が目に焼き付いて離れない。どうやってこんなの撮ったんだろう。生々しくて血の匂いがしました。想像以上に壮絶。戦争から英雄は生まれても、他には何一つ良いことは生まれない。そんなこときっと誰しもがわかってることなのに、この世界から戦争が消えて無くなる日はやってくるのだろうか。。
これが実話という凄まじさ。
戦争映画に外せない不条理さ、虚しさ、儚さ、悲哀さ、、、等にはライトな描き方で、戦場におけるバトルシーンのリアルさに重点を置いてる所が観易かった。圧巻の一言。勿論ドラマとしても良いストーリーに仕上がってます。他の兵士たちのキャラをもっと掘り下げてくれると尚良かったと思いますが。
「世界一の憶病者が、英雄になった理由とは」
NoNoNo!! 馬鹿言うな。世界一勇敢な男よ!誰よりも崇高な行為をした兵士じゃねーか。
改めてメル•ギブソンの力量の凄さを感じてしまいました!近年最高の戦争映画だと思います。『プライベート•ライアン』好きな方にお勧め致します☆
GGYamsaki

GGYamsakiの感想・評価

3.8
迫真の戦争シーン、信念を曲げない男のカッコよさ。良い映画でしたね。
ハクソーってなんのことかと思ったけど今沖縄戦だったのね。主人公の凄まじい信念に感銘を受けた。