ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 437ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

cocomoca

cocomocaの感想・評価

4.0
戦場のシーンは圧倒される。あっけなく散っていく命に戦争の残虐さ過酷さをみた。争いはやめて家に帰ろうよ…と何度心の中で叫んだことか…。そんな中、強い信念と勇気を持って、戦場で武器を持たず、敵味方関係なく傷付いた人たちを助け続けるデズモンド。「もう1人…」と自分の命を削りながら助ける姿は崇高で、見ていて胸が熱くなってくる。デズモンドという衛生兵の存在が「傷付いてもきっと彼が助けてくれる」と思わせてくれて、兵士たちを強くさせてくれていたのかもしれない。
どうしてもこの後沖縄がどんな歴史を辿ることになったかを知ってる日本人として歪みきった目で見始めてしまったが、デズモンドがヘルメットを被ったシーンで完全に目が覚めた。国家の戦争の話ではなくこれはあくまでもデズモンドという一個人の戦いを描いた映画であって戦争映画とは違うんだと気付いてからは穏やかな心持ちで観れた。
お父さんが1番かっこいいと思います。
綿木

綿木の感想・評価

2.0
戦場のシーンより何より、子供時代のデズモンドがハルをレンガで殴るシーンがキツかった😇
実話モデルだからか、そんなに盛り上がるような内容でも無かった
FAHM

FAHMの感想・評価

4.8
戦争映画のフォーマットに宗教と残酷描写をブッ込んで見事にメルギブ映画になってた
また新兵ものなのも感情移入と臨場感が増す作りで良い
音の演出が凄過ぎてビクビクする
中盤からのカタルシスが凄すぎる
凄いもん観た
今後戦争映画はプライベートライアン、ブラックホークダウン、ハクソーリッジの3本柱でお願いします
戦争の不条理さがリアルに描かれれば描かれる程にドスの崇高さが鮮明に浮き出てくる。目の前で助けを必要とする人がいれば自分を犠牲にしてでも助ける。全ての人は助けられなくても、せめて目の前の一人だけでも・・・。地獄で見える一筋の希望、愚かで弱い人間の最後の良心。凄い映画だと思います。そして日本人を勇敢に描いてくれたメルギブソンに感謝の意を表したいと思います。
h

hの感想・評価

3.6
日本兵のイメージがまんま描かれていて日本人が観る分にはまあまあ面白いんじゃないかなっていうのと、実話といえども当然脚色あっての映画で、そうするともはや戦場ではありえもしないような話に思えてきてしまう。
TOY

TOYの感想・評価

3.9
沖縄戦を銃を持たないという信念の元に参加した実在の人物を元にしたストーリー。

ひと言で言うと、凄すぎる映画!!
後半、涙が止まりませんでした。

主人公ドスの信念の強さ。
戦争の悲惨さ。
当時の日本人の思想。
ドスのひたむきさ。
観てる側のそれを応援する気持ち。
色々な思いがこみ上げてきて、
気付くと涙が止まらない…

メルギブソン監督凄すぎます。

スパイダーマン以来のアンドリュー・ガーフィールドでしたが、ドス役は適任すぎでした。

この映画で信念の強さ。
戦争の悲惨さを学びました。

戦争反対。いや…
絶対にしてはいけない!!
戦争映画は苦手なのですが、沖縄戦が舞台と言うことで見に行きました。
見終わった後は1人戦場で仲間を救助してるデズモンドと同じぐらい震えてました。
最近宗教に関わる映画沢山見ているなぁと思い、日本も宗教ではないけど当時の日本人の事も分かるセリフがあったり。皆何かの為に戦っていたんだと改めて思いました。
主人公のデズモンドに感情移入できるかどうかがかなり大きい。少なくともぼくはできなかった。銃に触れたくないのに軍隊には入るという行為を、全然素晴らしいと思えなかった。人を殺すのなんて誰だって嫌なわけで、単純にキツい仕事から逃げているように思える。徴兵を拒否することの方が全然尊いことだと思う。
デズモンドの思想が『人を救いたい』なのか『アメリカ兵を救いたい』なのかで全然話が変わってくる。キリスト教に基づいているなら戦っている人間全員を救おうとするのだろうが。一応日本兵も救っているが、それが狙ってやったものなのか流れで助けたのか、どっちなんだろう。この助けた日本兵がすぐに死んでしまって、ここの結論がぼかされているのはちょっとずるかった。
嫌だったのが、自分は銃を手にしないけど、味方と協力して日本兵と戦っているところだ。ヘルメットを投げて日本兵に誤射させて、潜んでいる場所を暴いて味方に射殺させるのって、間接的に殺害しているのと変わらないだろう。
『シン・レッド・ライン』とか日本とアメリカが戦う映画を意識的に今まで全然観ていなかったから、沖縄で日本兵が殺されるシーンは観ていて辛かった。
デズモンドにだけ全然弾が当たらないのは父親が『マトリックス』のエージェント・スミスだから、避け方を教わってたのかな。
よしお

よしおの感想・評価

4.6
YouTubeでの紹介

https://youtu.be/A0bKYtpJpDY

第二次世界対戦の激戦地/ハクソーリッジ

武器を持たずに、75人の命を救った男の
実話から生まれた衝撃作…
第89回アカデミー賞、2部門受賞!
その他各賞34部門受賞!
オスカー、ゴールデングローブ賞、
英国アカデミー賞含む100部門以上にノミネート!
メルギブ(アポカリプト)
以来10年ぶりの監督作…
上記、評判に負けない映画でした。

戦争の過酷さや残虐さだけを描いた作品では無く、ヒューマンドラマとして、良い作品だと思います。

少年期から始まり、
戦争経験者の父を持つ、デズモンド・ドス
何故、彼はライフルを持つ事を、頑なに拒否したのか…果たして、その行為は…
上映の間にどちらが正しいか、観客自身も考えさせられます。

しかし、映画が進むにつれ、ドスの考えは彼の中で、またこの戦いの中で、正しい行いだと感じ得る事が出来ます。

彼を思う、周りの仲間達の気持ちも上手く描写出来て居て、虐めや差別をしてる側も考えがあり、苦しんでいる…そんな風に観せる描写は素晴らしい。

メルギブソンは信仰心は素晴らしいと観せたかったのか?
それとも…この真実のストーリーを観せたかったのか?

メルギブだけが…知っている。

誰一人として、殺さず
たった一人で戦場に残り、75人もの命を救った衛生兵、デズモンド・ドス
この映画を観るまで知らなかった存在
日本兵まで救うシーンがあり…良かった

素晴らしいと思いました。