ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 437ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

Shoty

Shotyの感想・評価

4.0
「LORD, HELP ME GET ONE MORE」
銃を持たず臆病者と呼ばれた男が戦場に立った時、神に祈ったことは 1人でも多くの人間を救わせてくれ。敵も味方も関係なく命を救い続けた衛生兵の実話
極限状態でもそんなことを考えられる人がいるんですね
アンドリュー・ガーフィールド主演、実在した人物を主人公にした戦争映画。
第二次世界大戦の沖縄戦におけるハクソーリッジの戦いを描いています。
これは戦争映画ですが、過去に「パッション」で世間を騒がせたメルギブソン監督作品だけに、どちらかというと「神への信仰心」の部分に重きを置かれています。
味方兵士を救うことによって国に奉仕したいが、信仰上人を殺傷する銃は持てない。
軍隊からすれば異端な衛生兵である主人公が、入隊後に直面する現実や苦痛をひたすら神への信心で乗り越えてゆく。
いわゆる「敬虔なクリスチャン」という人たちがどういった考え方を持っているかがよく分かる映画でした。
ちなみに戦闘シーンも限られたロケーションとはいえ、かなり迫力があってよくできていたと思います。
完全に脇役ではありますが、日本兵側(キリスト教からすると異教徒)の宗教観も、短いシーンですがある意味一番分かりやすい形で観せていると思います。
宗教云々抜きにしても、なかなかグッと来る映画ではありました。
手足吹っ飛び、内蔵飛び出しなシーンもあるので苦手な方はご注意。
宗教上の理由により武器を持つ事を断固拒否する米軍衛生兵デズモンド・ドスが多くの戦友を救う沖縄戦での実話。良心的兵役拒否者にして初めて叙勲を受けたアメリカにとっての英雄。このように言うと宗教倫理に溢れ国際人道上非常に高潔にして崇高な行いを描く作品と勘違いする人もいるかもしれないが、あくまでスポットライトが当てられるのは米軍の作戦行動下での衛生兵としての勲功を誉め称える内容の映画であり、史実として賞されているのもまた同じだと忘れてはならない。(とは言え残念ながら劇中ではワンシーンのみだったが、実際の彼や仲間の証言によると度々日本の負傷兵も手当していたようであることも付記しておく)

転進という名の敗走を重ね、物資も精魂も尽き果てた旧日本軍の歩兵達が十死零生の万歳突撃を余儀なくされる傍ら、米軍では宗教上の理由で武器の携行を拒否する兵士が認められているとは国力差というか余裕の違いというかやるせないやら釈然としないやら。ちなみに劇中は特に触れられませんでしたがドス二等兵が帰依するセブンスデーアドベンチスト教会の教義に基づき、彼は第七の日(=土曜日)を安息日と位置付けお休みしてたそうです。月月火水木金金……

とまあ製作者の意図とはちょっと違った哀愁を個人的には感じ入ってしまいましたが、それはそれとして映画として何が卓越しているかについても述べたいと思います。恐らくどの戦争映画をも上回る凄惨な戦場が描かれており(プライベートライアンよりも壮絶)、史上最悪の地上戦に相ふさわしい情景として人体の名残がそこかしこに散乱しては蛆や鼠が群がる腐肉の中に顔をうずめ匍匐前進をする者のうち、半数がまた肉とも土とも炭とも分からない血泥とでも言うべき粘土質に変わる惨憺たる生き地獄。それもそのはず、ハクソーリッジこと前田高地は米軍にとっては首里や沖縄引いては日本本土攻略の橋頭堡となる戦線であり、旧日本軍にとっては首里指令本部前の最後の防衛ラインであり防御陣地構築もままならないまま総突撃を繰り返しては文字通り死屍累々の上に再争奪と死守を繰り返す損耗度外視の激戦地であったのだ。二週間に渡る苛烈な膠着状態の後、最終戦闘のみでも約800人近くもの旧日本兵が4日間の内に殺害され本隊は撤退を余儀なくされた。奇しくもプライベートライアンと同じくアカデミー賞では編集賞や音響にまつわる賞を受賞しているのも納得の地獄絵図である。

是非。
久しぶり鳥肌立つ戦争映画だった。
頼りなさそうに見えるガーフィールドだからこそハマったのかも。
しかし、メルギブソンいい映画作るな〜
riesz77

riesz77の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2017.3.6 in Cinema Nova

『Hacksaw Ridge』公開がかなり前なのにずっと根強く続いているのと、アカデミー賞にもなっていたから気になって鑑賞。メルギブソン監督の『ブレイブハート』が個人的にそんなだったから期待せずに観た

沖縄が舞台の日米戦争の話。前田高地という沖縄戦最後にして最大の闘いを描いた内容で、主人公は戦場でも人を決して殺めない青年ドス

アンドリューガーフィールド出演作は初めてで、正直まったく頼りにならなさそうな表情で大丈夫かなこの人って思ってたら、全部芝居による表情だった。戦場の緊張感の中でもずっとドスを貫いていた

戦争シーンは『プライベートライアン』に匹敵するくらい長く見応えがあった。しかも武器を持たない兵士が主人公だから、一般的な戦争映画とはまた違った視点で楽しめた。

最後までハラハラする映画で思いの外おもしろかった。戦争の恐ろしさを忠実に映していたおかげで、観たあとにこの時代に生まれてきたことにすごく感謝した。そしてこんな描写は映画だけで充分。戦争がどれだけ残酷で虚しいかを思い知った
メル・ギブソンの皮膚感覚復活!!

久しぶりにドキドキした。
さき

さきの感想・評価

3.5
自分考えを大切にの道を決めて貫けば結果はついてくるんだなって考えさせられた映画。
kingsman

kingsmanの感想・評価

3.8
良心的軍拒否者であるデズモンド・ドスがいかにして英雄になったのか
高田高地で75人を戦場の中助け出した話。
金かかってるなと思わせるいい作品ですね。ラ・ラ・ランドなんかよりいい映画だよ。

宗教や様々な教えで人は殺さないと教育されてても、戦争が起きればそれが覆される。それに対して、真っ向から戦った青年、そして、それを認めさせた行動が評価されたんだよな。
葉咲杏

葉咲杏の感想・評価

4.7
かなり面白かった。戦闘シーンは元々なぜか好きですが、今まで見た中で1番カッコよかった!ラ・ラ・ランドの数十倍面白かった!メルギブソン監督の他の作品も見てみよう。
たたた

たたたの感想・評価

4.0
切断された脚に飛び散る内蔵と、容赦ない戦闘表現に衝撃を受け、デズモンド・ドスの正義に引き込まれる。前田高地での戦いを調べれば、2週間という短い期間でありながらも、日本軍による決死の戦いは凄まじく、米軍にとっても一筋縄ではいかなかったように思える。町山智浩によるメル・ギブソン監督評を観てしまうと、単なる反戦映画とは思えなくなってしまうが、デズモンド・ドスの幼少期やPTSDに苦しむ父親との関係を見ると、そこには戦争への猜疑心とその中での葛藤が垣間見える。