ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 449ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

日本人完全にモンスター扱いだよね
キリスト教じゃない国は差別していいんだな!
こんなステレオタイプな
敵軍は悪だという描き方を今の時代よくやるね
メル・ギブソン10年ぶりの監督作は、第二次世界大戦中に衛生兵として従軍した実在の兵士デズモンド・ドスの実話を描いた戦争ドラマ。

かつてのトラウマから人を傷つけることを人一倍避け続けてきたデズモンド。従軍を決意するものの、彼は銃を手に取ろうとせず、上官たちから戒められる。しかし、それでも彼は武器を持たずに戦地に赴くことを望むのだった...。

いや〜骨太な一本でした。戦闘シーンを描かせたら、メル・ギブソンの右に出る者はいないのでは、というくらいリアリティ溢れる戦争の描写。目を背けたくなるシーンも多々ありましたが、これこそが戦争の実態なのだろうなと。どうすればこんなに真に迫ったシーンを再現できるのだろう、と終始息を呑む瞬間が続きました。
ハクソーリッジと呼ばれる、のこぎりのようにそり立つ崖を舞台に、アメリカ軍と日本軍の最後の攻防戦が繰り広げられます。次々と負傷していく仲間たちを、どんなに時間が経とうとも諦めず前線に走り、引きずってでも避難させるデズモンドの行いは、今までの戦争映画では観たことのない、本物の「救出」。何度も何度も、'One more, lord.'と神に祈りを捧げながら、負傷者に語りかける彼の姿に涙が止まりませんでした。

彼がなぜ銃を取ろうとしなかったのか、という伏線もきちんと描かれていて、それを周りが理解するまでの過程が一番感動的でした。ヴィンス・ヴォーンとサム・ワーシントンは正直シリアスもののイメージが無いんですが(笑)本作の2人は、人情味溢れる上官を丁寧に演じていて素晴らしかったです。
アンドリュー・ガーフィールドは最近痛めつけられる映画ばかりで大変そうですね(笑)。でも本作は間違いなく彼のキャリアの中でもナンバーワンの一本になったと思います!彼の涙を見ると、なんだかこちらまで泣けてきてしまう...。

...しかし、日本人として、沖縄戦を描いた本作を観るのはなかなか複雑でした。メルも相当気を遣ってその辺の描写は演出したんだろうけれど、なんとも言えない違和感を覚えました。
でも、間違いなく世界中の人に観てほしい、ストレートに戦争を描いた名作です。『ブレイブハート』より個人的にはハマりました。
だいじ

だいじの感想・評価

4.0
沈黙に続き今年2本目、宗教観と信念をどう貫いたのかを描くアンドリュー・ガーフィールド主演映画。
「汝、殺すこと勿れ」を信条にしつつも戦争への参加を希望する主人公は、周りから理解されず厳しい仕打ちを受ける。隊員や上官からすれば、まぁ士気下がるだろうし気持ちはわからなくない。
だが、戦場への参加が認められ、そこから周囲の反応が変わっていく。

信条を得た経緯の、幼少期の思いがけない暴力が非常に心に残る。そんなつもりじゃなかった、というのは誰しもが経験として持つものではないだろうか。
暴力的な父親、親としての愛情はあっても戦争により歪んでしまった被害者の1人。
上官は基本厳しい対応をするが、サム・ワーシントン演じる大尉は違う場面がある。戦争は俺たちがやる、だからお前は帰れといった内容は、日米の違いを大きく描いてるシーンではないだろうか。

いざ戦場へ赴くと現実がやってくる。トラックの荷台に載せられた遺体の山々。これからそこへ向かうのだというのを息を飲んで待つのだ。
一旦の静けさの後に始まる戦闘描写は、凄惨そのものであった。そのような理性が失われていく中で、主人公の行動は一際輝くものとなる。それは皆が撤退した後も続き、ひいては敵味方問わず行われる。これが実話なのだから恐れ入る。
人は殺せない、けれど戦争には参加したい。自分ができることは何か。それをしっかり考え実現する信念の強さに心打たれる。
「ブラックホークダウン」でも描かれているが、戦争で戦う理由は英雄になりたいとかそんなものじゃないということを改めて感じさせてくれる一本である。

久しぶりにMr.Smithの役の人が出てた、老けたなぁ。
かず

かずの感想・評価

4.0
飛び散る手足とネズミに蛆虫、死屍累々。酔って暴れて人をぶん殴ってもメルギブはやっぱり信心深い。好き。
殺めるためでなく守るために戦場を駆け抜けた男。武器を持たない彼は決して臆病者などではなく、紛うことなき英雄であり、誰よりも勇敢な男だった。目の前に倒れる者を救うため、何度でも立ち上がり 自らの信念を貫くその姿に 私はただただ咽び泣いておりました。

メルギブおじさんは特別なものを撮ったわけじゃなくて、むしろこれまで監督した作品と同じことを今作においても語っている。メルギブおじさん自身、かなりのカトリック原理主義者であることが大きく影響しているんですけどね。
もっぱらその戦争描写の残酷さ故に『プライベート・ライアン』と比較されがちだが、むしろ本作において強く描かれているのは、これまでのメルギブ監督作品同様、理屈を超えた自己犠牲、つまり『パッション』的な 信仰心の崇高さ。これは『パッション』や『アポカリプト』などメルギブ監督作品に色濃く顕れてることからも、超カトリック原理主義者であるメルギブおじさんのひとつの作家性。だからこそメルギブおじさんの過去作の予習はしましょう。過去作で「キリスト教ってなんぞや??」ってことを知ってから観るとなおよし。

ちなみに…
デズモンド・ドスの宗教観を詳しく知りたければ『セブンスデーアドバンチスト教会』で検索しましょう🔍

これだけは言いたい、
メルギブおじさんの作品見て1番思うのは、スローモーションの使い方が異常に上手いってこと。そこでやるかぁぁぁっ!!と最高に燃える。以上です。
lynx

lynxの感想・評価

3.8
戦争ものはやっぱりしんどい。
デズモンドの信念から何故に戦争に志願したのか??は他の兵士同様、理解しにくかった。けど、あれだけ助け出せたのは、信念があったからだろうし、凄い人だとは思う。

しかし、戦場のシーンが、沖縄戦で相手が日本人ってことを含めると、ちょっと複雑でもあったけど、それよりは結構リアルに肉片諸々エグくて…ホントしんどい。なんで戦争なんかやるんだろ??米兵も日本兵もただ敵だからって殺し合うとか、こんなの誰も幸せになれないし…ってずっと思った。あんなのリアルに体験したら、PTSDなるに決まってるわ…。

あの戦場シーンを知るだけでも、みんなが見た方がいい映画かもしれない。
はい

はいの感想・評価

3.7
戦争映画は泣けますが、後味がものすごく悪いです。どちらの国にも戦う理由があるから辛い。実話ものは間延びしそうですが、これはあっという間に終わりました。ドスが衛生兵になるまでから、語り継がれる行動に至るまで凝縮されてました。

1つのことに徹することの大切さを感じました。

にしても、日本兵の特攻は敵から見ると怖いもので、鳥肌が止まりませんでした。

ぜひぜひご鑑賞を!
meltdownko

meltdownkoの感想・評価

4.0
デズモンドの決意を不殺および戦争へのエンゲージメントと捉えてみると、前者についてはレンガのエピソードによる覚醒(および発砲)があったとわかるのだけど、後者に関しては自殺の独白を経てもなお動機がぼんやりしていたように思えて、なぜこの人は最悪の行為であるはずの人を殺すということについて他人のふるまいに寛容でいられるのだろうか、私は殺さないがあなたたちが殺すのには何の問題もないという態度はフリーライドではないのか(戦場にたずさわらないこと自体をフリーライドとみなしたからこそ志願したにしても)、と割と序盤についてはモヤモヤしながら気持ちの悪い童貞を観測していたのであった。と思っているとこの煮えきらなさを沖縄の総力戦がふっ飛ばしていくわけで、銃創、爆発、血、臓物、あるいは切株を気前よくぶちまけながら、ポリティカル・コレクトネスなんか知らねえよ、これが戦争なんだ、とでも言うように日本兵は地下から無尽蔵に湧きでるほとんどゾンビのようなクリーチャーとして描かれ(ていうか stinky animals って言った)、なんかもう実在の人物をダシにして単にこれやりたかっただけじゃねえの、というくらい生き生きとした戦場のシーンに思わず尻に力が入った。お前フリーライドじゃね、とか思っていた私すらデズモンドもうやめて!!降りて!!!ってなった。関係ないけどあのロープのシーンについてはお前ら伏線を回収しないと死ぬ病気かなんかなのかと思ったし、あと最後その切腹のシーンいる?って思った。
DcatcHerK

DcatcHerKの感想・評価

4.3
戦争に関わった一人一人に家族がいて、考えがあり、信じるものがあり、人生がある。残酷なシーンが生々しく映像として映しだされ、そのリアリティはきっと真実に近いのだろうが、本当の戦場は映像以上の悲惨なものなのだろう。
最初、予備知識もなく、「ハクソー・リッジ」という題名から、フランスやドイツで行われた戦闘と思っていた。それが、沖縄での戦いだと知り複雑な思いに駈られた。
何が、誰が、こんな悲惨な状況を作り出すのか?日本兵も愛する人を守るため、生きるために戦わなければならなかった。
主人公のような人も人間ならば、戦っている日米の兵士も人間。そして、戦争を始めて、継続させている日米の政治家、軍幹部、一般国民も人間だし、一人一人がこんな悲惨な状況を作り出している。一面的な見方をせず、受け止めることが大事だと思う。サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン、ルーク・ブレイシー、ヒューゴ・ウィーンヴィング、テリーサ・パー、みんな良かった。特に、サム・ワーシントンとルーク・ブレイシーが印象に残った。
"汝、殺すことなかれ"

観る直前まで、この勇敢な実話の舞台が沖縄だって知りませんでした。第二次世界大戦で最も過酷だったとされている沖縄戦で、敵を殺さず、自分の命さえも危険に晒しながら"戦った"兵士がいたなんて。

もうひとりだけ、神様もうひとりだけ救わせてください…誰もが逃げ出したくなる状況でひたすら仲間を助けたデズモンド…助け出された兵士からしたら彼が神様のようなものですよね。

ついさっきまで隣で話していた仲間が、一瞬にして命を奪われてしまう。そんなシーンが繰り返し繰り返し続く戦闘シーンは正直観るのも辛かった。舞台が沖縄であってもそうじゃなくても、戦争ってなんで起こってしまったんだろう、なんでこんなにたくさんの人が死ななくてはならなかったんだろう、と改めて悲しい思いになりました。

2017/62