ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

トーフ

トーフの感想・評価

4.1
戦争という特殊な状況下で人を傷つけず、兵役義務を果たそうとした本当に勇気ある主人公の話。
戦うこと(戦争)は否定しないが、自らは銃を持たない。一見 矛盾しているようだが、そこに逃げ道を探さないところがすごい。神ならこの場でどうするかを忖度してとった行動で、強い信仰心が人に勇気を与えているのだと思う。

敵味方わからない戦闘シーンは少し長く感じたが、この史実を伝える映画があって良かったです。
信念・プライド、語れるほどのものは自分にはなく、信仰的な部分もあまりない。
だから前半はイライラもしたし、解せない気持ちだった。
参ったな、なのにそんな男に心打たれるなんて。戦争に人を救いに行くという考えがあるなんて。
メルギブソンの戦争映画、、神や聖書や宗教的なものが強く描かれており、この手の題材にインスピレーションを受けるのだろうと再確認。
戦争描写のリアリティーや生々しさは流石といったところ。
結局最後はドス、軍曹、大尉、父全員のことを好きになってる自分。
だが日本人が敵でこんなにも嫌になったことはない。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

4.5
世界第二次対戦で活躍したアメリカの兵士、デスモンド・ドスの話です。約10年ぶりのメル・ギブソンが監督した作品です。デスモンド・ドスは沖縄戦で約75人の兵士の命を助けた人物。銃を持つこともないにかかわらす、命かけで仲間を助けた。それで、名誉の議会勲章を貰った。や、アメリカ対日本の戦争映画を見るのもいつも複雑な気分になりますな。だって、僕は日本人とアメリカ人のハフ。でもこの実話に基づいた物語は凄い。彼の愛国心や人に対する行動(敵を副見て)は普通の人間なら真似出来ないと思う。”プライベート・ライアン”のオペニングシーンを比べて、この映画の最後の沖縄戦は生々しくて、血に弱い人は注意して観るべき。本当に良い映画です。超おすすめ。
ゆりえ

ゆりえの感想・評価

3.5
沖縄での戦争。こんなに素晴らしい人がいたのかと。その心の強さに震える。
Runa

Runaの感想・評価

4.1
沖縄での戦闘シーンの迫力、臨場感に圧倒されました。
前日までは訓練としてのみ銃を扱っていた兵士が実際の戦場で大勢の敵を前に一瞬ハッとした表情。その時の心情を想像するだけで胸が締め付けられました。
しかもその敵が日本人。少し複雑な感情を抱きながらの鑑賞となりました。

戦わず負傷兵を助ける為に戦場へ行くデズモンド。
そんな強い信念を決して曲げなかった。
そこには家族、特に戦争により暴力が日常化してしまった父への想いがある。

終盤に彼が行動し続ける強靭な精神力に涙が溢れました。敵対国の日本人にまで手を差し伸べる彼。人の尊い命を救う事が彼の戦争における自分の役割そして正義だったのでしょう。

しかし戦争映画を観た後は例え70人もの命を救った実話だとしても虚しさだけが心に残ります。
水

水の感想・評価

3.5
戦争戦争戦争!!!
万人受けする系の映画かな〜と思って観たけれど、実際はかなりエググロな映画でした。戦場の描写がほんとに容赦ない。英雄の話とはいえど、軽い気持ちでは人に勧められない系。

敵(とはいえ人)を殺すこと、仲間を守ること、そしてそれらが混在している戦争というものを、よく考えさせられる映画でした。
締めがなんとなく、ドキュメンタリーっぽくなってしまってあれだったけど、、、
mochikun

mochikunの感想・評価

5.0
出だし10分のあいだに気になってしょうがないことがあって、少年時代にお兄ちゃんと崖に登る前と、青年時代に車の下敷きになった人を助けていた時に、ハエが飛んできて前者は顔、後者は側頭部に止まるんですが、ハエは何かを示しているんでしょうか。

しかしながらメルギブ凄いですよね。
僕はこれほど神の存在をあからさまに据えた戦争映画を他に知りません。というか、大袈裟に言えばアンドリューガーフィールドの役所をイエスとして描いるんじゃないでしょうか。
そんなにヘラヘラしてて大丈夫なん?と心配するくらい飄々とした感じだったり、暴力を振るわれても咎めない寛容さだったりが、徹底したリアリズムのど真ん中にある軍隊に於いて、単なる変わったヤツでは片付けられない存在に映りました。
そのことが露骨に表現されていた事と、崖に戻るときに「お前の奇跡が必要なんだ」という会話のシーンで、これもうイエスということで良いのではないでしょうか。

戦場のシーンもエグくて肉片が飛び散る描写はまだ見れる方で、爆破で吹っ飛ばされてぐちゃぐちゃになった足の断面だったり、上半身が無くなっている黒焦げの死体だったり、それに群がるネズミの凄惨な光景に、血の気が引いてひっくり返りそうになりました。

お父さん役のエージェントスミスも戦争によって精神的に傷ついた退役兵で、その話だけでも映画として成立するんじゃないだろうかと思いました。最近だとアメリカンスナイパーだったり、小説だとティムオブライエンが書いたものだったりみたいに。

あと、これまで見てきた戦争映画の軍人と違って、割と人格者が多く出ているように感じました。
銃を持ちたくないと主張する主人公に対して、ただただ不条理な規律を押し付けるのではなく「除隊した方がいいから」と諭すところは比較的にリアリティあったように思います。もっとも、軍隊の実態はどうなのか分からないですけど。

とにかく最高の映画でした。モチ5つです。
りこ

りこの感想・評価

3.6
すごくハードだった…
実話を元にした映画。

第二次世界大戦時、アメリカ軍に志願したデズモンドは、人を殺さない、武器を持たないという信念を持っていた。
しかし、それが上司には命令違反と思われ、軍法会議にかけられてしまうが、元軍人の父に助けられ、衛生兵として沖縄戦に駆り出されることになり…

正直、前半の訓練パートはデズモンドがなぜあんなに頑ななのか、よくわからなくて(一応途中で話されますが…)じゃあ志願しなきゃいいじゃんというのが先に来てしまい、感情移入できませんでした…💦

でも後半の戦場パートは圧巻…!
歴史に詳しくなくて沖縄であんな戦いがあったなんてよく知らなかったし、戦争映画はあまり見たことなかったので衝撃的でした😨
たくさんの兵士たちが冗談のように倒れていって…でも目が離せない。
そんな中、デズモンドがその信念で負傷した兵士をひとりでも多く助けようと頑張るところに感動!

でも本当に戦争は、上から指示されてとか、国を守るためとかいろいろあるけど、辛さしかない…
chie

chieの感想・評価

-
75人もの負傷兵を救った衛生兵。
実在の人物なんですね。
信念を貫く強さ、すごいです。
敵である日本兵まで救おうとするなんて。
こんな言葉ですむ話じゃないけど、すごいとしか言いようがないというか。
前半の恋愛パートは可愛いです。

ハクソー・リッジって沖縄の前田高地と呼ばれるところのことなんですね。見るまで全然知らなかった。知らなさすぎて恥ずかしい。映画とかでこうやって知れるのはありがたいです。

日本兵が殺されていくのを見るのはたしかに気分のいいものではないけど、アメリカから見たら日本は敵なんだもんね。うん、それが戦争。それが事実。やっぱり戦争はいや。

"米軍兵士から見た戦争"に徹していて、とても良い映画だった。自分を信じること、自分の信念を持つこと。周りになんと言われようと貫くこと。それができる人って強いよな。
映画館で観たかったなぁ。編集賞、音響賞、納得の素晴らしさ。これを0から作る凄さ。映画ってすごい。