ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

金

金の感想・評価

5.0
印象的な登場人物
デズモンド・ドス
銃を持つのを拒み続け、衛生兵として仲間を1人で70人以上も救った英雄。
第二次世界大戦が舞台ということで、日本は主人公たちの敵対国。
ただあまり悪く描かれてはいなかった。
戦争って本当に悲しみしか残さなかったんだな...と実感。

演じたアンドリュー・ガーフィールドは「沈黙」でも日本に先輩宣教師を探しにきて酷い目にあってたな。
アメイジングスパイダーマンの時はあんまり好きじゃなかったけど、最近は良い演技をしてるのをよく見ます。
「沈黙」も「ハクソー・リッジ」も派手な作品ではないけど、観る人に問いかけるような内容で良作に恵まれてる俳優さんだなと思いました。
JON

JONの感想・評価

4.1
アンドリューガーフィールドの迫真の演技に魅入ってしまった。リアルな描写と心情が描かれていてまるでそこにいるかのような気持ちにさせられた。
「神様、どうかもう1人助けさせてください」
胸を打たれた。
mashi

mashiの感想・評価

4.0
「神様 どうか もう一人助けさせてください」

久しぶりにガチの戦争映画を観た

熱くて 鋼鉄の意志

グロい映像が凄まじいけど 地獄絵図 見ずに入られなかった

終盤の主人公が 1人ひたすら人を助けていくのには 胸をうつ
戦争映画に良いも悪いも無い。それが実話に基づいた物なら尚更。
こんなストーリーが有ったなんて… 観れてよかった。知れて良かった。
流石メルギブ
何があっても信念を貫き通したドスに心打たれた
人の信念を曲げることは誰にもできない、それは自分自身なのだから
これは生半可に突き通せるものではないね
今まで見た戦争映画の中では凄く好きな作品
戦場の描写はリアルで本当迫力があった。
戦場が沖縄戦だったのもあって、何が正義か何が正しいのか考えさせられる。
戦闘シーンがとても長く、歴史から学ぶことの大切さを教えてくれる映画。
映画はアメリカ側の見方だけど日本人も目を逸らしてはいけない歴史。

戦争があってたくさん人が死んだってことだけではなく
戦争とはそれぞれの死、それぞれの人生があるってことを知るためにも
1人でも多くの人が観るべき映画だと思う。
hiro

hiroの感想・評価

4.0
これほど強固な意思を持つ人間に感動します。
戦闘シーンの描写には、思わず目をそむけたくなります。
yuka

yukaの感想・評価

3.5



!ネタバレあります!




戦争の描写で何がリアルかなんか私には分からんけど、ここまで惨たらしく戦場が描かれた映画、あんまり見たことなくて思わず目をそらしたくなるような場面が多々あった。

デズモンドの信仰の強さはわかった。信仰というより信念のような。銃を持たん理由も分かった。彼自身が聖書のような、慈悲深くて愛情深くて、マジいいやつなんも分かったけど、彼の中のなにが、彼をあのハクソー・リッジでの勇気ある行動に走らせたのかよくわからんかった。友の死体を目の前にして途方に暮れとるところから、いろんな葛藤があって、瀕死の仲間たちの助けを呼ぶ叫び声が聞こえて、オールライトで走り出す。いやいや、なに!申し訳ないけどわからん!!

でも、戦争中においての個人の権利の扱われ方みたいなんも凄いみえた。個人なんてあってないようなもんやったんやろな~と。だからこそデズモンドが貫き通した信念はすごい。

彼がハクソーリッジで行ったことは素晴らしいけれど、それでもやっぱ銃を持たんで戦場に乗り込むのはどうなの?っていう気持ちが消えない。彼が銃を持たないことで命を落とした人の数も、彼が銃を持つことで命を救えた人の数もわからんけど、彼が銃を持たず衛生兵に特化したことで救えた人の数だけ取り上げて、っていうのはどうなの?という気もする。

まあ、なんやかんやゆっても全部実話ってことふまえたらぐうの音も出んけどね。実話だからこそ素晴らしい映画だと思った。


あと、「正気なら銃を持て」っていうセルフ正気になって考えたらおかしい
「神様、あと一人。あと一人だけ救わせてください。」

戦争映画は興味があるけど、苦手な私がなぜ観ようとしたか...それはデズモンド・ドスがクリスチャンだから。彼のことを知りたいと感じたから。

「デズモンド・ドス。彼の信仰を真似よ」
もしそんなことを言われて誰がそれを実現できようか。誰もができるわけじゃない。彼の信仰は恐ろしく鋭い。

戦争において彼はおそらく”邪魔”な存在だったであろう。武器を持たず、敵を殺さない。志は素晴らしいが、それを兵士と呼ぶだろか...彼自身武器を持たないことが本当に正しいことかわからなかったかもしれない。神様は直接私たちに語りかけることはあまり多くない。それでも”答え”をくれる。「救わせてください」と願えば「助けてくれ、衛生兵!!」と。

「パッション」を製作したメル・ギブソン監督。クリスチャンに”コレ”だと示すかのような映画。

うまくまとまらないけどこの映画において信仰とは強く、鋭くなるものって感じました。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

4.0
デズモンドの勇敢さは誰よりも強く、人を救いたいという気持ちだけで、ここまでやってのけれるってすごい!
隊のみんなも、なんだかんだで彼を受け入れてくれて、それもあってのこの結果だと思う。

戦争モノって、日本兵が鬼のような描写が多いけど、この作品はどちらも対等な描き方でよかったな。

デズモンドの役柄が、「沈黙」の時の役柄と少し被って見えた。