ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

misaki

misakiの感想・評価

3.7
戦争映画なのにちょいちょい
笑いの要素もありながら
緊迫の場面ではヒヤヒヤしました。
どんな人にも平等に接し
どんな事があろうと誰かを助けるその
精神が本当にすごい。
そして日本兵だったので少し複雑。
だれか手伝ってやれよって思った。そういう視線が一瞬でも入ってしまうと急激に萎えてしまう。戦争だから。戦争だから。そこは真剣にやりましょうや。
nao

naoの感想・評価

3.8
メル・ギブソンの容赦ない戦闘シーンは、沖縄激戦の様子をリアルに感じてちょっとたまらない。沖縄戦の資料館や地下壕でその一端を垣間見たので戦争ね悲惨さを知るには、そういう意味でもいい映画だと思う。
田所聡

田所聡の感想・評価

3.7
アンドリューイケメンやけど笑ったらおじいちゃんみたいな顔になるのが気になる。火炎放射器強いなー。戦場のシーン生々しくてすごいけど長いから滅入ってくる
n0701

n0701の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

信念を貫き、殺さずの誓いを立てた男がハクソーリッジの断壁で多くの戦士を救出した。

神に使え、銃を持たず、新妻を残し、安息日を求める男。

彼らアメリカ軍は断崖絶壁の向こう側で日本兵と戦い、そして勝った。

まるで早送りをしているかのような残酷でグロテスクな銃撃の描写に辟易したが、限りなく本物の戦場に近いものだったのだろう。

ただ、

戦争映画はイマイチ好みではない。
AkihiroIio

AkihiroIioの感想・評価

4.0
信仰の力。メル・ギブソン、えぇ映画撮るやんけ。
戦闘シーンの演出はマジかっこよく、リアルでドキドキしながらみた。己の意思を貫ける主人公は銃がなく、戦わずともとてもかっこよかった。
誰もが銃を手に戦っていたあの時代に、己の信念を貫き通した人が実際にいたなんて。丸腰で戦場に出ていくなんて私にはできないなと、敬服しました。
これまた次の日仕事の深夜に観てしまった。ひきこまれて徹夜です。
途中、もう銃持てや!!って何度ブチ切れそうになったことか。
しかし観終わった後そんな自分が情けなさすぎて。死にたくなりました。信念を曲げない勇気、強さ、カックイイ痺れる憧れるゥ。僕には無理だ。なんて情けないんだ僕。ダサすぎます。
実話ってすごいです。映像もすごかったです。悲惨でした。戦争って嫌です。全員銃を持たずに戦争したらいいのに。デズモンドの奥さんにも感動しました。デズモンド生きて帰れて良かったです。
うめ

うめの感想・評価

3.9
こんだけ信念を貫き通せるのは凄い‼️
戦争って、たくさん殺した人が英雄になるんだけど、こういう人が本当の英雄なんだと思う!まぁ戦争をせず話し合いで解決できる事が1番の理想なんだけど。