ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

デズモンド偉いけど
面白かったけど
彼が信仰のために人を殺さないって聞いたとき、周りの人は自分は地獄行きだって思ったかもしれない
あの人たちだって誰かを守るために戦ってたのにね
群像劇みたいにして他の人にも焦点をきちんと当てたら納得したな
あと、最後のシーンあたりの周りから英雄化されてんのとか萎えたな
Takushi

Takushiの感想・評価

4.0
僕ら日本人の忘れてはいけない戦争という二度と起こしてはいけないことについて、別の角度から思いしらされる作品でした。愛国心、友情、いろんな理念があれど、とにかく戦争は良くないと痛感します。
やめ

やめの感想・評価

3.8
ずっと気になっていた映画。

思っていたよりもグロテスクだった。
私が観た他の戦争映画より死体の描写がほんとに。。

観るまでは沖縄戦の話だということは知らなかった。

主人公は武器を持たずに戦争を駆け巡っては1人で人を助けていくあのシーンはハラハラしてしまい、手に汗を握るような感覚を覚えた。

誰もが人を殺すことを考えて駆け巡っている戦地において、あと一人、あと一人助けさせてくださいと思いながらあの戦場を生き抜いた主人公の真の強さを感じた。

すごく心に残る映画ではあったが、日本兵の描かれ方。やっぱり違和感ある。。
小倉

小倉の感想・評価

3.8
衛生兵の話だからそれほど過激でないだろうと安直に考えてはいけない。
Joker

Jokerの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

アメリカ・ヴァージニア州の緑豊かな町で生まれ育ったデズモンド・ドス。兄とともに野山を駆け回る活発な少年だったが、家族に問題を抱えていた。父親のトムは、兵士として戦った第一次世界大戦で心に傷を負い、酒に溺れ、母バーサとの喧嘩が絶えない日々を送っていた。ある日、兄との喧嘩で彼を死なせそうになる出来事が起き、自らを責め、「汝、殺すことなかれ」という教えを胸に刻む。
月日は流れ、成長したデズモンドは、看護師のドロシー・シュッテと恋に落ち、心躍る時を過ごしていた。だが、第二次世界大戦が日に日に激化し、デズモンドの兄も周りの友人達も次々と出征する。そんな中、教えを大切にしつつも、デズモンドは「衛生兵であれば自分も国に尽くすことができる」と陸軍に志願する。 グローヴァー大尉の部隊に配属され、ジャクソン基地で上官のハウエル軍曹から厳しい訓練を受けるデズモンド。体力には自信があり、戦場に見立てた泥道を這いずり回り、全速力で障害物によじ登るのは何の苦もなかった。だが、ライフルの訓練が始まったとき、デズモンドは断固として銃に触れることを拒絶する。デズモンドは、モーセの十戒以外にも銃に触れない理由があった。
軍服や軍務には何の問題もなく「人を殺せないだけです」と主張するデズモンド。グローヴァー大尉は「戦争は人を殺すことだ」と告げ、命令に従えないのなら、除隊しろと宣告される。その日から、上官と兵士たちの嫌がらせが始まるが、デズモンドの決意は微塵も揺るがず、その姿を見ていた周囲もその姿勢を認め、そのうえで除隊を勧めるがデズモンドは従軍する意思を示す。
しかし、出征前に約束したドロシーとの結婚式の日、デズモンドはライフルの訓練を終えないと休暇は許可できないといわれ、命令拒否として軍法会議にかけられることになる。面会に訪れたドロシーに、銃に触れないのはプライドが邪魔しているからだと指摘されたデズモンドは、その”プライド”こそが大切だと気付く。「信念を曲げたら生きていけない」というデズモンドの深い思いに心を打たれたドロシーは「何があろうと、あなたを愛し続けるわ」と励ますのだった。「皆は殺すが、僕は助けたい」と軍法会議で堂々と宣言するデズモンド。窮地に陥るが、意外な人物の尽力でデズモンドの主張は認められる。
時は過ぎて1945年5月の沖縄。グローヴァー大尉に率いられて、「ハクソー・リッジ」に到着した第77歩兵師団のデズモンドと戦友のスミティら兵士達。先発部隊が6回登って6回撃退された末に壊滅した激戦地であった。150メートルの絶壁を登ると、そこには百戦錬磨の軍曹さえ見たことのない異界が広がっていた。前進した瞬間、日本軍による四方八方からの猛攻撃で瞬く間に倒れてゆく兵士達。衛生兵として重傷の兵士達を助けてゆくデズモンド。しかし、一度はハクソー・リッジを占領するも厳しい戦況に部隊は退却を余儀なくされる。その最中、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まることを決意する。
沖縄地上戦の話とは。戦闘シーンは本当にリアルでずっと体に力が入りっぱなしだった。
第二次世界大戦ものは感動するの多い
コールオブデューティーもバトルフィールドも昔は第二次世界大戦ものを日本では出さんようにしてたけど今出てるのを見ると悲しいなと思う
ああ、今までの私だったら響いて、泣いて、評価4だなこれ。いかんせん、集中できねぇんだ。字幕読むのに疲れちまって、涙もでねぇ。
tanaka

tanakaの感想・評価

4.3
思わず涙。主人公の気持ちに入り込んでしまいました。

主人公の自分の信念を貫く姿、誠実さ。

武器を持たないで戦場を駆け巡るドキドキ感。

人と人のつながり。

全てがバランスよく散りばめられた映画でした。

戦争の恐ろしさも改めて思い知りました。もう2度と起こらないことを祈ります。
つぼい

つぼいの感想・評価

2.4
テーマとしてはまぁ、よくできてるけど同じメディックが主人公ならバンドオブ・ブラザーズの6話の方が遥かにいい。歯くそリッジ。