ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

誰よりも勇敢に、戦場で多くの命を救った実在の衛生兵。
生々しい映像が続き辛かったけど、デズモンドが使命を全うし、仲間との絆を深める様に心打たれる。
izu

izuの感想・評価

4.0
太平洋戦争の沖縄、ハクソーを舞台とした、実話を基にした作品。
神を信じ、銃を持たない信念のもと入隊したドス。普段は控えめながら、その信念から人とは違う行動も多い。
ドロシーとの出会いや入隊後の周りからの扱い、線状に出るまでのストーリーがしっかりと描かれているため、彼が衛生兵としてとった行動やそのすごさが如実。
リアルさと映画としての迫力が兼ね備えられており、メルギブソンらしい力強さを感じる作品でした。
mADhaTteR

mADhaTteRの感想・評価

3.0
この作品には必要な、主人公の人となりを語らないければいけない導入部は完璧

いざ本題の沖縄戦シーン
いやー悲惨です。
銃撃や砲撃により飛び散る血や四肢、これが地獄と言わんばかりにリアル描写の連続
その中で自分の信念に基づいて行動する主人公…実話なんですってね

見終えてなんだか納得いかない。
映像的な印象はあるが、感情に残響的なモノが無い、俺がおかしいのか…?

この映画は戦争映画だったのか?
だとしたら何を伝えたかったのか?
いや、史実を元にしたヒューマンドラマだったのか?
だとしたら戦闘シーンより戦争や戦争後にもっとフューチャーして欲しかった。
うがった見方はしてるとは思うけど、結局一個人のアメリカン英雄譚な切り取り方に虚しさも。

戦争を経験した彼の心情や信念に変化はなかったのか?
それは鑑賞者に委ねます。
それなら仕方なし


導入部が良かっただけに違う形で記憶に刺さる映画になりました(笑)
『フォレスト・ガンプ/一期一会』を見たくなる映画
戦争映画をあまり観ていない自分にとっては、予告編でいうように、戦場での残酷描写に関しては『プライベートライアン』以来の衝撃かもしれません。
すごかったです。

でも、沖縄戦では一般人も多くの被害に遭っている訳ですから、日本人が観たらどう感じるかは賛否両論だと思います。
少なくとも、自分は『パールハーバー』を観た時ほど腹は立ちませんでした。
戦場における日本兵の行動も、変に卑怯だったり、情けないといったそこまで的外れな描かれ方とは思えませんでした。
他の国の軍隊でも同じような行動は取っていたと思います。

全米でこの映画の公開以降、多くのアメリカ人がこの舞台となった沖縄の前田高地を訪れているらしいですね。それは喜ばしいことだと思います。

また、今作はメル・ギブソン監督の10年ぶりの監督作品ってことでも注目されていましたね。
やっぱり、『アポカリプト』なんかも残酷描写やアクションの迫力ある映像の撮り方は純粋にうまいですからね。でも『アポカリプト』を観た後でこの映画を観るとだいぶまともなハリウッド映画に思えます。
それに、主人公がキリスト教を信仰している点でメル・ギブソン監督の好きな実話の題材だったんだと思います。

主人公のデズモンドを演じるのは、アンドリュー・ガーフィールドですね。『沈黙〜サイレンス〜』で演じたキリシタンもよかったですけど、やっぱり良心的で葛藤する役が似合います。
ただ、彼のスパイダーマンシリーズは彼のかっこよさ・スマートさが裏目に出たせいか、正直、イマイチでした。
あと、欲を言えば、スパイダーマンシリーズも今作も、もう少しガッチリした体つきに役作りしてほしかったです。

サム・ワーシントンもハマり役でした。
ちゃんとデズモンドの信念も理解しようとする上官ですから、中間管理職みたいなもんで、ブルーな役回りだと思います。
主役級の大事な役回りですね。

映画の内容に関しては、前半の入隊を決意するまで、特に恋愛場面がちょっと退屈です。
主人公の恋愛に関しての気持ち悪さにイライラしました。ただ、彼がキリスト教を信仰する動機や、銃を持たないのに入隊する動機が後々分かってくるのでそこを描いておく必要性はわかります。

こういう人物の存在を知る上でも、反戦映画としても観て良かったです。
ginjiro

ginjiroの感想・評価

4.0
死んじゃうときって一瞬過ぎて、今までのこの人たちの人生ってそんなに呆気なく終わるのかって虚しくなっちゃう。実際の戦争ってこんなにドラマチックじゃないんだろうし。
Aco

Acoの感想・評価

4.0
メルギブソン…やりましたね。

中々長めだったけど、無駄なシーンはなく、ずっと力みっぱなしで観てました。

彼の信念がどれだけのことを成し遂げたのか、またこの作品を観ている時間の中で、戦争についても沢山のことを考え、感じ、苦しくさせられた。
Hiro

Hiroの感想・評価

4.5
沖縄が戦争地で戦争相手は日本人。思うところもあったが、それはお互い様な話だと思う。

武器を持たないと誓ったデズモンドの勇敢さ、優しさに感動し見入ってしまった!

戦争の最中でもこんな人がいるのか!と思いながら、考えさせられた作品。
kaede

kaedeの感想・評価

5.0
沖縄戦での話だし、米兵立場での作品だから、同じ日本人として見るのにとても残酷な部分はあるけど、いろんな賞取ってるだけあって見終えた後の感動、余韻がすごかった。
早く終わって欲しいって思うくらい見難いし、疲れた。またこれが実話なんだからすごい。
愛国心の考えから、みんなが戦ってるから自分も戦わないといけないなんて考えすら生まれない平成という平和な時代に生まれたことがどれだけ幸せなことなのかがよく分かる。そしてこの時代を生きてきた方々は本当にすごい。(語彙力…笑)
これが現実だったとか考えられないし、変な言い方かもしれないけど、戦場のシーンはわたしの知ってるゲームの世界であって、同じ人間とは思えなかった。
戦闘シーンは迫力あったがプライベートライアンを超えたというのは言い過ぎだろう
NAVY

NAVYの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

後で知ったけど、監督はメル・ギブソンだったのかぁ
やられたわあ

号泣してしまった

自分が信じるべきものを、何の迷いもなく
選んで、進んで
例えどんなに傷ついても、信念を曲げない
デズモンドは、そんな勇敢な青年

恋愛も人命救助も、ただひたすらに
一途な思いでやってのける辺り
カッコよすぎる・・・😊

頑なに銃を持ちたくなかった理由が
明かされた時、彼の後悔の念をすごく感じた
彼の気持ちが分かるような気がした

彼を馬鹿にした周りの兵士たちも
彼の一途さに、頭が上がらなくなる

戦争映画は、苦手だけどこの映画は
とても素敵だと思う

watchが進めてくれたから
観たけど、本当によかった
ありがとう‼️