ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

沖縄戦を戦った米軍衛生兵の物語。これ程までに武器を持たないという自分の信念を曲げずに戦い抜いた人が実際にいたことに驚く。戦場シーンはとてもリアルで生々しかった。
ロイ

ロイの感想・評価

-
実話なのが凄い、こんな強い人もいるのか…
戦闘シーンは淡々と描かれている。日本とアメリカの戦争だからか不思議な感じで見てました
グロいしリアリティがあります。
プライベート・ライアン並みかそれ以上にグロくてリアル。
殺し殺され、火炎放射器で攻撃したり、戦争は絶対駄目ですね。
t.t34

t.t34の感想・評価

4.2
感動して涙が流れてしまった。
自分の信念を貫く姿、医療者としての心を学ぶことができた。
ステキな映画。
yoshika

yoshikaの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

実話。沖縄でおこった日本×アメリカの戦争のお話。
主人公は暴力を振るうことを嫌い人を傷つけないことを自分に誓っていた。
しかしそのせいで仲間ハズレにされ、いじめを受けていた。
いざ戦争が始まり、彼は自分がボロボロになりながらも、ひたすら死にかけの兵士を助け続け、いつのまにか周りから尊敬と、信頼を得るようになっていくお話。
かなり泣けます。
まめこ

まめこの感想・評価

4.0
あぁこの映画好きだなー。

とりあえずデズモンドさん(主人公)×メルギブだと思いました←第一声がそれか

熱心なカトリックであるメルギブにとって、自身の宗教的信念を貫き通したデズモンドは尊崇の対象で、アル中で苦悩する父はメルギブ自身で、かつその父を胸中で撃ち殺したデズモンド自体も自身の投影で。
メルギブ監督作品って彼の自傷行為みたいな所があって好き。

メルギブのデズモンドさんへの憧憬と焦燥がやばい。デズモンドさんは絶対揺らがない。どんな仕打ちを受けても。
そんな彼にメルギブは憧れて憧れて憧れて憧れて憧れて、でもデズモンドさんは鋸崖から担架で降りてくる際に、光に包まれて天上へ帰ってしまわれました。
あそこでメルギブも一緒に殉教したのかしら。
私には取り残されたメルギブが見えたけど。(あ、別にこのシーンでデズモンドさん死んでません)

あと個人的にデズモンドさん凄く好き。
こいつやべぇ。
ちょっと常人には理解できない。
本作においてのデズモンドさん、概ねスティーブ・ロジャースだから。
(史実としての彼の性格は知らない)

デズモンドさんとガー君は全然顔似てないのに、あのアルカイックスマイルによってすごく似て見える。こちらの言葉でこのひとの心が動くことなんてこれっぽっちもないんだろうなという虚無感さえ感じさせる凪いだ大海のような微笑み。
役者さんて凄いですね(小並感)
pongo007

pongo007の感想・評価

4.5
 人を殺すことを拒否し、銃を持たずに戦場に行った青年のお話。日本軍との激しい戦闘の中、崖の上で孤立し、傷ついた仲間の兵士をロープを使って次から次へと救助していきます。そのひたむきな姿勢に心をうたれました。
リデル

リデルの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

第二次世界大戦の沖縄戦で銃を持たない衛生兵として負傷兵を助けたデズモンドの実話をベースにした作品。主人公の信念や行いは素晴らしいですが、戦場の描写がリアルすぎて観ているのがキツかったところもありました。
ラストの切腹シーンは必要だったかも私は疑問でした。
高千代

高千代の感想・評価

4.1
戦争映画は普段見ないが、とてもリアルに描かれていて、戦争の凄まじさを見た。
きっと現実はもっと悲惨なのだろうけど。

戦場では、武器を持たないデズモンドがメインに映るので、より客観的な目線で見ることが出来た。

デズモンドの祈りを待つシーン。
戦う者にとって、ドスは命綱のような存在になったのかもしれない。

戦争を知らない世代だから、感じることは山程ある。
mmk

mmkの感想・評価

3.8
・沖縄での地上戦の話ってこともあって身構えてたけど映画として良かった。
・でもやっぱり銃撃戦のシーンは生々しくて、チラ見程度でしか見れない
AmiSakai

AmiSakaiの感想・評価

4.0
こういうのは定期的に見られるべき。生々しくて結構辛い。
戦争ダメ絶対。