ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

アノン

アノンの感想・評価

4.3
私の叔母が公開時に映画館で鑑賞して、大絶賛していた作品。

それなのになぜ私は自分の家でこの映画を観ているのだろうか…
いつも映画館で観るべき映画を逃してしまう。

銃を持たない兵士、デズモンドが75人もの命を救った実話。
メル・ギブソン監督作。

すごく見応えのある映画だった。140分の長さなんて感じさせない。

特に戦闘シーンには言葉を失った。
丁寧に一つ一つが描写されていて、惨いシーンもたくさんあったけど戦場のリアルな空気感を味わえた。自分が戦場にいるかのような錯覚にさえ陥った。とても怖かった。

前進しなければいけないけど前方には敵。
しかし留まっていれば撃たれてしまう。
手に汗握った。

そしてデズモンドが負傷兵たちを必死に救出するシーンは、緊張感と緊迫感がすごかった。ほんとにすごかった…

「One more…One more……」
このセリフが頭から離れない。

協力者がいない中、たった1人で生存者を探し崖から負傷兵を降ろす姿にとても感動した。しかも敵の日本兵まで。あんな事できない。

銃を持たない彼は世界一の勇敢な兵士。
Yufabee

Yufabeeの感想・評価

4.5
ただの戦争映画ではない、戦争の裏側。
武器を持ち、相手を攻撃するだけが使命ではないということが描写されている。ノンフィクション。
silencio

silencioの感想・評価

4.2
さすがメル・ギブソン。「ブレイブハート」や「パトリオット」を主演しているだけあって戦場の迫力はすごい。
前半でドスの生い立ち、後半でハクソー戦ときっちり分かれているので見やすかった。
「あと一人助けさせてください」のセリフにはやられたなー
misaki

misakiの感想・評価

-
「私はどうしたらいいですか?」と聞いて、助けを呼ぶ声を聞くとすぐ、それが答えと言わんばかりに走る姿が印象的でした。
「あと1人、あと1人、、」と何度も何度も繰り返しながら戦場に戻って行く姿を見ながら無事に帰って来てと何度も思いました。
人の死に方が想像よりリアルで、そのシーンを観た妹(15歳)が「戦争って殺し合いなんだね」と。
しゃぬ

しゃぬの感想・評価

4.0
前半部分は愛と日常、後半は戦争と非日常。このコントラストがこの作品を構成している。
多少の御都合主義はあるが、この映画の大事な部分はそこではなく果敢にも一人、命を救う為に立ち上がるデズモンドの勇気こそがコア。
Makipon

Makiponの感想・評価

4.4
この映画で、沖縄戦にこんな人がいたのかと初めて知りました。信念を貫くってなかなか大変なことなのに、戦場という非日常でやってのけたっていうのは凄いことだと思います。それにしても、戦争映画での日本人の描き方、なんでどれもああいう感じなのかなぁ?
最初はこれ戦争映画なのか?って感じだったけど、後半の怒涛の戦闘シーンに圧倒された。
塹壕の日本兵がけっこうのんきで笑う。
oucem

oucemの感想・評価

4.7
スパイダーマンの時とは違う優しさが滲み出た
アンドリュー・ガーフィールドの演技

ちょっと抜けてて変わってるけど
出る杭ほど新たな選択紙をもたらす

どちらの味方をする訳でもないが
正しさも間違いもない中で
生き残るための防衛 VS 防衛
行き過ぎた防衛が攻撃となり
攻撃することを拒む者もいて
そこには何も意味はなく
グロいけど事実だけがあった
まさかの沖縄戦、対皇軍、反日国オーストラリアで私生活ボロボロで父ちゃんがどうかしているメルギブ。よく有るアメリカ英雄賛美かと思いきや。
モツ大盛の戦闘シーンの中、敵味方を救うアメ公くせに信念を貫き通す精神の気高さを讃えていた。
日本兵の描写もフェアに思えた。
作戦として崖のネットは一番最初に切っておく事をお勧めします。
ままま

まままの感想・評価

4.8
人間の本性が出るあんな悲惨な場所で
「一人でも助けたい」という自分の信念を貫き通した、そんな人がいたことにびっくり
穏やかな雰囲気の前半から打って変わり、戦場のシーンに入った途端に心臓がきゅっとなった