ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 512ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

鴨

鴨の感想・評価

4.5
プライベートライアンと比較されるのは分かるなぁ…少なくとも自分の中ではプライベートライアン超え
ただ日本人の描写…笑
こんな凄いアメリカ人がいたとは。テリーサパーマーが可愛いすぎる。

このレビューはネタバレを含みます

事前情報を何も持たずに鑑賞。

戦闘シーンはあの悲惨な沖縄戦を想起させるに迫力は充分だったようには思う。

ストーリー展開として、ややご都合主義かなと思いきや、これが実話であるという最後の説明でかなりの衝撃。自分の薄汚れた鑑賞の仕方を思いやられる。

描かれている主人公の勇気ある行動はまさに賞賛されるべきものであるだろうが、時にそれを強調したいがために演出過多な部分もあり(特に終盤)冷えてしまいそうに。
まつ

まつの感想・評価

4.0
武器を持たない兵士の実話。

驚く(?)頻度が多いので心臓に悪いというか疲れた。

前半と後半のやり取りのギャップが凄い。前半長いと思ったけど、後半の最大の見せ場に繋がることを考えるとあの前置きは必要かと思った。

映像が凄い。
意外に前半じっくり。
沖縄戦は、観ていて複雑な気持ちになりますね…。
メル・ギブソン、評価される仕事ができて、なにより。
ゆりえ

ゆりえの感想・評価

4.8
すごかった…!戦争シーンは迫力ありすぎて怖かった。心理描写もすごくて、指先がピリピリした。映画館で見てほしい。信念を曲げて生きられるやつはいないなんて、そこまで曲げない人いないよ!かっこいいよ!キャラも皆よかった。日本へのイメージも面白かった。
けろえ

けろえの感想・評価

4.5
ひとりの青年の信念の物語。魂を揺さぶられる力作。泣きました。
ぺしん

ぺしんの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

無情映画

戦争映画でもちょっと珍しい沖縄戦の映画
だいぶエグい

何がエグいって、
前半の甘ったるいクソメロドラマからの落差が凄い

そして、この映画は沖縄戦の意義が全く示されていない
なんでこんな酷い戦いをしているのだろうという不安感に襲われる

勇敢な衛生兵は素晴らしい
が、勇敢な衛生兵なんかいらない世界がいいよね
戦闘シーンの"音圧"と実話という点は良かった。もっと全体的に重厚感があれば良かったが悪い意味でのエンターテイメント感が好みじゃない。沖縄の地上戦という事もあり「野火」を劇中何度も思い出した。もっと趣向が深い映画として活かせる題材だと思うから勿体無い。
Gen

Genの感想・評価

5.0
戦場に行ったこともなければ
死んだ瞬間を目の当たりにしたこともない。銃声の嵐も浴びた事もない。
だけど凄くリアルに感じた。
本当に戦争ってこんな感じなの?
ってぐらい怖くて最初は震えた。
だけど、これは観なきゃ損する。
なぜそんなに優しくて強くて
素晴らしいのか…
ここまで素晴らしい人間がいたなんて驚きだった。自分的に今年で一番の映画。