ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 512ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

ハクソーリッジ
アメリカが作ってるからアメリカ軍は美しい、日本軍は野蛮っていう目線で作られてたけどいろんな考えがあるし戦争自体どんな理由があってもダメだし人ひとりの命の重さとか色々考えさせられるこういう映画が若い世代に戦争の悲惨さとか伝えてくれるんだろうなぁ
Shiren

Shirenの感想・評価

4.3
・太平洋戦争沖縄戦の前田高地の戦いの実話。死兵と化した日本軍兵士が人海戦術の白兵戦を仕掛けてくる中盤以降の戦闘描写は「プライベートライアン」と同等レベル。しかも米軍の対戦相手は我が国日本なので鑑賞にはそれなりの覚悟が必要。
・米軍が兵器の携帯と殺傷行為を否定する自軍兵士の存在を条件付きではあるが認めてしまう史実もなかなか凄い。普通に考えれば宗教上の理由とは言え戦闘行為を否定する人間に入隊を許可すること自体、他の兵士に余計な負担を与えてしまうし、一つ間違うと組織崩壊につながりかねない。主人公の処遇に最終的な判断を下す准将の采配にはただただ感心する。
・同じ激しい戦闘を描く「プライベートライアン」では一人の二等兵を救出するために多数の兵士が犠牲になるが、「ハクソーリッジ」では一人の二等兵(しかも非武装の)が多数の兵士を救出する話になっている。映画としてこの対比はなかなか興味深い。
れいや

れいやの感想・評価

4.0
宗教に強い信仰心と信念を持った主人公が戦場で神様に語りかけた時、神様は『沈黙』やった。『沈黙-サイレンス-』でも思ったけど結局人を助けるのは人で宗教は心の支えなんかなと。主人公は、その心の支えである宗教への信仰心、信念があったからこそ1人も殺さず多くの仲間を助ける事が出来たんかなと思った。アンドリューガーフィールドまじでパードレ(意味不明)。
それにしても戦争の描写怖すぎぃぃ。これが現実やったっていうのが信じられへんし今もどこかで起こってるのは悲しい。それも宗派は違うけど主人公が大切にしてきた宗教がきっかけで起こってるなんて。。宗教について色々と勉強したいって改めて思ったわマジで。
ただ、1番びっくりしたんは"もやい結び"が出てきた事かな(笑)しかも、後半は"もやい結び"が大活躍!これが無かったらこの映画は無かったんちゃうかなってくらい。1つ言うと主人公の"もやい結び"は間違ってて"二重もやい"に近かったよね。でも身体縛着には"二重もやい"は適してるからあれで良かったね(わかる人にはわかるはず)。
taku

takuの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

映画の前半部分はデズモンドの衛生兵として志願するまでの半生と訓練の中での葛藤とここまではまだそんなに殺伐としたシーンはないのですが、舞台が沖縄へ移り壊滅した舞台の代わりにハクソーリッジを攻め落とすところからが本番、崖を登ってから腹わたがぶちまかれてたり腕や足が千切れた死体が散乱して居たりとかなり血生臭い展開のオンパレードですw
グロが苦手な人は結構キツイかも?
そんな血生臭いくて周りが敵だらけの中でも武器を取らず命を救うことに命を賭ける姿勢は感動しました、自分達を殺そうとする日本兵の命も救おうとして居たところも素晴らしいです。

物語では度々聖書に関連したことが出てくるのですが、最後のデズモンドと日本の将校?の自決との対比を見る限り、信じた神の教えの違いがあの時代の戦争なのだなぁと改めて感じました。
any

anyの感想・評価

3.2
ゾンビ映画みたいなギャグかと思ってしまうような演出に10分に1回くらいは冷める瞬間があったような。
前田高地戦の全容を描くのかドスという一個人を描くのかもあまり一貫しなかった印象です。
ひろ

ひろの感想・評価

3.8
日本人だからとか沖縄戦だからとかは抜きで1人の衛生兵の実話としてすごく響くものがあった。

志願して軍に入っても宗教的な理由で武器は持たずに仲間と揉めたり軍事裁判にかけられたり…
頑なに銃を持つ事を拒否してたのに
戦場で持つところはもうヤバかった…


映画と分かっていても本当に死人が出てるんじゃないの?って思うくらいの迫力。
何度か声出るくらい驚いたわ。


主役の人は沈黙で見たのもあって
めちゃくちゃ信仰心強いイメージが定着してて今回もかよ!って思ったけど
全然臆病者でもなくて素晴らしい人だった。

139分あっという間でした。
日本人完全にモンスター扱いだよね
キリスト教じゃない国は差別していいんだな!
こんなステレオタイプな
敵軍は悪だという描き方を今の時代よくやるね
メル・ギブソン10年ぶりの監督作は、第二次世界大戦中に衛生兵として従軍した実在の兵士デズモンド・ドスの実話を描いた戦争ドラマ。

かつてのトラウマから人を傷つけることを人一倍避け続けてきたデズモンド。従軍を決意するものの、彼は銃を手に取ろうとせず、上官たちから戒められる。しかし、それでも彼は武器を持たずに戦地に赴くことを望むのだった...。

いや〜骨太な一本でした。戦闘シーンを描かせたら、メル・ギブソンの右に出る者はいないのでは、というくらいリアリティ溢れる戦争の描写。目を背けたくなるシーンも多々ありましたが、これこそが戦争の実態なのだろうなと。どうすればこんなに真に迫ったシーンを再現できるのだろう、と終始息を呑む瞬間が続きました。
ハクソーリッジと呼ばれる、のこぎりのようにそり立つ崖を舞台に、アメリカ軍と日本軍の最後の攻防戦が繰り広げられます。次々と負傷していく仲間たちを、どんなに時間が経とうとも諦めず前線に走り、引きずってでも避難させるデズモンドの行いは、今までの戦争映画では観たことのない、本物の「救出」。何度も何度も、'One more, lord.'と神に祈りを捧げながら、負傷者に語りかける彼の姿に涙が止まりませんでした。

彼がなぜ銃を取ろうとしなかったのか、という伏線もきちんと描かれていて、それを周りが理解するまでの過程が一番感動的でした。ヴィンス・ヴォーンとサム・ワーシントンは正直シリアスもののイメージが無いんですが(笑)本作の2人は、人情味溢れる上官を丁寧に演じていて素晴らしかったです。
アンドリュー・ガーフィールドは最近痛めつけられる映画ばかりで大変そうですね(笑)。でも本作は間違いなく彼のキャリアの中でもナンバーワンの一本になったと思います!彼の涙を見ると、なんだかこちらまで泣けてきてしまう...。

...しかし、日本人として、沖縄戦を描いた本作を観るのはなかなか複雑でした。メルも相当気を遣ってその辺の描写は演出したんだろうけれど、なんとも言えない違和感を覚えました。
でも、間違いなく世界中の人に観てほしい、ストレートに戦争を描いた名作です。『ブレイブハート』より個人的にはハマりました。
だいじ

だいじの感想・評価

4.0
沈黙に続き今年2本目、宗教観と信念をどう貫いたのかを描くアンドリュー・ガーフィールド主演映画。
「汝、殺すこと勿れ」を信条にしつつも戦争への参加を希望する主人公は、周りから理解されず厳しい仕打ちを受ける。隊員や上官からすれば、まぁ士気下がるだろうし気持ちはわからなくない。
だが、戦場への参加が認められ、そこから周囲の反応が変わっていく。

信条を得た経緯の、幼少期の思いがけない暴力が非常に心に残る。そんなつもりじゃなかった、というのは誰しもが経験として持つものではないだろうか。
暴力的な父親、親としての愛情はあっても戦争により歪んでしまった被害者の1人。
上官は基本厳しい対応をするが、サム・ワーシントン演じる大尉は違う場面がある。戦争は俺たちがやる、だからお前は帰れといった内容は、日米の違いを大きく描いてるシーンではないだろうか。

いざ戦場へ赴くと現実がやってくる。トラックの荷台に載せられた遺体の山々。これからそこへ向かうのだというのを息を飲んで待つのだ。
一旦の静けさの後に始まる戦闘描写は、凄惨そのものであった。そのような理性が失われていく中で、主人公の行動は一際輝くものとなる。それは皆が撤退した後も続き、ひいては敵味方問わず行われる。これが実話なのだから恐れ入る。
人は殺せない、けれど戦争には参加したい。自分ができることは何か。それをしっかり考え実現する信念の強さに心打たれる。
「ブラックホークダウン」でも描かれているが、戦争で戦う理由は英雄になりたいとかそんなものじゃないということを改めて感じさせてくれる一本である。

久しぶりにMr.Smithの役の人が出てた、老けたなぁ。
かず

かずの感想・評価

4.0
飛び散る手足とネズミに蛆虫、死屍累々。酔って暴れて人をぶん殴ってもメルギブはやっぱり信心深い。好き。