ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 512ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

今年ベスト級やしオールタイムベスト10には入ってくる作品やった。ストーリーから映像から音楽から全てが良かったけど後半のデズモンドの姿を見て涙が止まらんかった位には凄かった。アンドリュー・ガーフィールドの演技もさることながらメル・ギブソンの監督力、改めて恐れ入りました。映画界に完全復活って言ってもいいでしょ!
bob2416

bob2416の感想・評価

3.5
沖縄、前田高地の一戦で活躍した米衛生兵の実話を基にした話。前後半で色合いが全く違う映像迫力と、主人公のキャラクター性が存分に出ていた。海外の映画にしては日本兵は鬼畜魍魎だという色は薄かったように思う。プライベートライアンばりの戦闘シーン。
事実原作の映画ならどれでも言えることですが、作品としての緩急のために膨らませた部分や、誇張した部分もあるかと思います。そこはある意味暗黙の了解ですので、それでも見終わったあとに満足感のあるこの作品は良かったと言えますね。ラストは真実の重さ。
ちゃそ

ちゃその感想・評価

4.0
米軍が沖縄の前田高地という断崖絶壁の地を侵略する実話。

軍に入隊するまでの主人公がフォレストガンプみたいでした。

戦闘シーンは迫力が凄く、戦場の生々しさがよかった。

実際に主人公は名誉賞をもらってましたが、私からもトップ衛生兵リボンを贈りたくなるほどの活躍でした。
EMi

EMiの感想・評価

3.6
アンドリューガーフィールドのクシャクシャ笑顔よ。

日本が関わった戦争についてもっと勉強しようと思った。だがハラキリについては描く必要があったのか疑問。日本が一方的な悪の立場でなく、さらにキャストもスタッフも日本人が起用されていたことについては素晴らしい。

戦争をもって戦いを終わらし、殺した数が多い者ほど勝者と化すというアメリカに未だ残る考えに一石投じれたのではないか。
Help me get one more.

戦争シーンの迫力、戦争映画としてはすごい。現実にこんな人がいたってことも。

ただ綺麗にしすぎてたからなのか、日本人ってこう?とか一度思ってしまったからかな、あまり感情移入できず。
JIZE

JIZEの感想・評価

3.9
第二次世界大戦の凄惨な沖縄戦で75名の命を救った実在の米軍衛生兵デズモンド・ドスの半生を描いた戦争映画。武器を持たず戦場へ身を投じる彼の信念は尊くもあり映像に圧倒される。内容は崖上の日本兵を壊滅させる話だ。日本兵が強靭に映画内では描かれ近距離戦が矢継ぎ早に続く攻防戦は印象的。

原題の『Hacksaw Ridge』は沖縄の地名で"前田高地の断崖"を指してる。戦場では怒号,手榴弾,銃弾,肉片が飛び交い前半ではほぼ防戦一方が続いていく。暴力を否定し武器を持つ事を拒否する彼の姿勢は同時に周囲の兵士等に不審感を与えそれでも愛する者のため前線へ進み続ける彼の闘志に惹かれる。力作。

中盤で断崖が登場し兵士等がそれを地面で眺めている場面。いかに絶望的で捨て身状態,岩壁から降ろされたロープをつたい力づくでよじ登らなければならないか。想像するだけでも嗚咽を催し兼ねず血の海と化す後半は目を覆う描写もあり日本軍が捨て身状態で壊滅に追い込んでくる策略は非常に怖い。アメスパを越えるアンドリュー史上で最高傑作だった。
Seiya

Seiyaの感想・評価

4.2
観てきた〜。まさか沖縄戦が舞台になっているとは思わなかった。日本人としても観ているのは辛かった。これはもちろんアメリカ側から描いた作品だから日本兵に焦点は当ててない。でもラストには日本兵が自ら腹を切って自害するシーンや奇襲作戦みたいなものがあった。アメリカが持っている日本のイメージなんだろうな〜

アカデミー録音賞は納得!中盤からの戦闘の場面では重音がドーンと鳴り響いたり銃声が飛び交ったり、これぞまさに映画だなと感心した。アンドリューの演技も素晴らしかったしメルギブソン監督の手腕にもあっぱれ。アンドリューは「沈黙」に引き続き宗教を信仰する役だったな。これがまた実話ってもんだから凄い。国のために戦った人、そしてデズモンドみたいに信念を強くもって沢山の人を助けた人たちは本当に讃えるべきだと思う。
lp

lpの感想・評価

3.5
中盤の戦闘シーンが凄い。肉片が飛散する視覚的なリアリティだけでなく、銃声とヘルメットに着弾する金属音などが入り交じる聴覚的なリアリティも追求されていて、印象に残った。
逆に終盤ではスローモーションが多用されていて、少し勿体無く感じた。

ただ、戦闘シーンは当然アメリカ目線で描いているけれど、偏った視点やメッセージは無く、『野火』と同じように観ていてただただ「こんな目には遭いたくないな」と感じられたことは良かった。

主人公の勇敢さには感じ入るものも勿論あったけど、信仰心の無い自分には、あまりにも極端過ぎる行動に、少し胡散臭さも感じてしまったのが正直なところ。
Komori

Komoriの感想・評価

5.0
🎬映画館🎬

実話
タイトルは沖縄の前田高地のこと
最初から最後まで全部好きでした
デズモンドの信念を貫く姿がとても格好良い

戦争映画史上最高の戦闘シーンといわれている作品だけど、リアルにこだわり(ほぼ?)CGを使っていないらしいです、見ごたえ抜群