ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 527ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

戦争映画はどこの国のものでも気分が悪くなるのであまり観ませんが、ことさら日本に関する作品は悲しくなるので観ませんが、アニメの火垂るの墓ですら観てられませんが、これは衛生兵らしいし、大丈夫でしょ、なーんてなめて観に行ったらひどい目にあいました。
私が無知なだけかと思いますが、ハクソーリッジが沖縄にあるなんて観てて初めて知りました。
殺しあう相手が日本人。
もういたたまれなくて観てられませんでした。

しかし、作品的には素晴らしいと思います。実話ネタをここまでドラマチックにできることが、メルギブソンすごいです。
MAMI

MAMIの感想・評価

4.5
この種の映画は本当息がつまる。映像がものを言わせる。日本軍の扱いが好きではなかったけど映画だから仕方ないね。本当の戦地をこの目で見たい。
後味の悪い映画だった。パールハーバーにパターンはにてたかな。パニック映画に近くてあまりあわなかった。
亀

亀の感想・評価

4.8
事故、献血、初めてのキスシーンと戦場以外でも暴力的伏線で狂気の監督メル・ギブソン健在。戦場に行く前に大きなクライマックスを迎え一息ついたところで、雄叫びと共に口火を切る銃撃戦。そうだ!これは戦争映画だった!
tatari

tatariの感想・評価

4.2
「沈黙」に続き、アンドリュー・ガーフィールド主演で日本を舞台とした、キリスト教が主軸になる映画がこの一年の間に日本もこうかいされる事の驚き。
そして、第二幕目、沖縄上陸後の戦闘シーンが予告編では「プライベート・ライアン」を引き合いにしているけど、看板に偽りなしのトンデモナイ映像だった。メル・ギブソン恐るべし。
賢太郎

賢太郎の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

個人的にはプライベート・ライアンを上回る名作だと思いました。

前半のデズモンドの成長過程と家族との関わり、彼女との出会い等がテンポよく描かれているシーンでは、彼が"なぜ衛生兵として戦場に立ちたいのか"が明瞭に分かります。一転して中盤では軍隊での訓練がスタートし、厳しい洗礼を受ける。そんな"臆病者"と呼ばれた彼が最後の戦闘において今度は"最も勇敢な兵士"としてみんなを救う…。最後のエピローグでは今作の元になった本人映像が出てくることにより、この話が『実話』であることを強く意識付けられました。

主演のアンドリュー・ガーフィールドの演技も見事。アメイジングスパイダーマンは2でコケてそのまま打ち切りになってしまいましたが今作ではそういう負のイメージを払拭したと言えるくらいの迫真の演技でした。
ハクソーリッジ
アメリカが作ってるからアメリカ軍は美しい、日本軍は野蛮っていう目線で作られてたけどいろんな考えがあるし戦争自体どんな理由があってもダメだし人ひとりの命の重さとか色々考えさせられるこういう映画が若い世代に戦争の悲惨さとか伝えてくれるんだろうなぁ
Shiren

Shirenの感想・評価

4.3
・太平洋戦争沖縄戦の前田高地の戦いの実話。死兵と化した日本軍兵士が人海戦術の白兵戦を仕掛けてくる中盤以降の戦闘描写は「プライベートライアン」と同等レベル。しかも米軍の対戦相手は我が国日本なので鑑賞にはそれなりの覚悟が必要。
・米軍が兵器の携帯と殺傷行為を否定する自軍兵士の存在を条件付きではあるが認めてしまう史実もなかなか凄い。普通に考えれば宗教上の理由とは言え戦闘行為を否定する人間に入隊を許可すること自体、他の兵士に余計な負担を与えてしまうし、一つ間違うと組織崩壊につながりかねない。主人公の処遇に最終的な判断を下す准将の采配にはただただ感心する。
・同じ激しい戦闘を描く「プライベートライアン」では一人の二等兵を救出するために多数の兵士が犠牲になるが、「ハクソーリッジ」では一人の二等兵(しかも非武装の)が多数の兵士を救出する話になっている。映画としてこの対比はなかなか興味深い。
れいや

れいやの感想・評価

4.0
宗教に強い信仰心と信念を持った主人公が戦場で神様に語りかけた時、神様は『沈黙』やった。『沈黙-サイレンス-』でも思ったけど結局人を助けるのは人で宗教は心の支えなんかなと。主人公は、その心の支えである宗教への信仰心、信念があったからこそ1人も殺さず多くの仲間を助ける事が出来たんかなと思った。アンドリューガーフィールドまじでパードレ(意味不明)。
それにしても戦争の描写怖すぎぃぃ。これが現実やったっていうのが信じられへんし今もどこかで起こってるのは悲しい。それも宗派は違うけど主人公が大切にしてきた宗教がきっかけで起こってるなんて。。宗教について色々と勉強したいって改めて思ったわマジで。
ただ、1番びっくりしたんは"もやい結び"が出てきた事かな(笑)しかも、後半は"もやい結び"が大活躍!これが無かったらこの映画は無かったんちゃうかなってくらい。1つ言うと主人公の"もやい結び"は間違ってて"二重もやい"に近かったよね。でも身体縛着には"二重もやい"は適してるからあれで良かったね(わかる人にはわかるはず)。
taku

takuの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

映画の前半部分はデズモンドの衛生兵として志願するまでの半生と訓練の中での葛藤とここまではまだそんなに殺伐としたシーンはないのですが、舞台が沖縄へ移り壊滅した舞台の代わりにハクソーリッジを攻め落とすところからが本番、崖を登ってから腹わたがぶちまかれてたり腕や足が千切れた死体が散乱して居たりとかなり血生臭い展開のオンパレードですw
グロが苦手な人は結構キツイかも?
そんな血生臭いくて周りが敵だらけの中でも武器を取らず命を救うことに命を賭ける姿勢は感動しました、自分達を殺そうとする日本兵の命も救おうとして居たところも素晴らしいです。

物語では度々聖書に関連したことが出てくるのですが、最後のデズモンドと日本の将校?の自決との対比を見る限り、信じた神の教えの違いがあの時代の戦争なのだなぁと改めて感じました。