ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 537ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

 第一次大戦に従軍し、心に傷を負い、アルコール中毒に苦しむ父。戦友が眠る墓地にたたずみ、亡き友と対話する場面は、これから起きる出来事を予感させる。一方、暴力を振るわれながらも、従軍前の優しかった夫の本来の姿を信じて、懸命に愛する母。その母にまた暴力をふるう父に対し、銃を向けてしまった事件をきっかけに、デズモンドは生涯武器を持たないと決心する。
 自軍の撤退にもかかわらず、戦場に残り、もう一人、救わせて下さいと神に祈りながら、負傷のために置き去りにされている仲間を、崖の下へと運び出す場面は、良心的兵役拒否者という言葉から連想する臆病者とは真逆の、本物の英雄だ。
 『沈黙-サイレンス-』でアンドリュー・ガーフィールドが演じていたロドリゴは、幕府の厳しいキリシタン弾圧下、迫害を受け、命を落としていく信徒がいるのに、神がただただ黙っている事実に、信じる力を疑い始めるが、ここでのアンドリュー(デズモンド)は、信じる力を疑わない。
new

newの感想・評価

4.1
ヴァージニア州で育ったデズモンドは神を信仰し、決して人を殺めてはいけないと信念を持っていた。
彼は、衛生兵ならば自分も国の力になれると考え軍に志願する。
彼は信念を守るため銃を一切持たずに、激しい沖縄戦の戦場ハクソーリッジへと赴いた。

TOHOシネマズ新宿にて試写会で鑑賞。
見終わった後にどっと疲れが来た…。それほど重く考えさせられる映画。前半はデズモンドの生い立ちや、ひととなりが、故郷や軍での訓練を通じて描かれており明るい部分も見えて比較的軟らかい内容。
しかし後半戦場に入ってからは、一転。息もつけない様な戦場での戦いはこれが戦争映画ということを一瞬で思い出させられた。
「プライベート・ライアン」を超える戦場シーンと謳われていた今作。なるほど、たしかに現在の技術を使ってより臨場感あり、より凄惨に戦場が描かれていました。

戦場で一人命を懸けて命を救うデモンズに心をうたれました。「もう一人救わせてください」と祈りながら、仲間を救う姿はまさしく英雄と呼ぶにふさわしい。
しかし、最後の最後で少し納得いかなかったです。
戦争の悲惨さを訴える映画であるはずなのに、デモンズに救われた仲間が奮起して日本兵を殲滅するシーンがあること。そもそも、この映画ではちょこちょこ日本兵を天皇に心酔するイカれた狂戦士の様に描かれている。確かに、かつての日本にはその様な考えがあり命もいとわず汚い戦術を取っていたのも事実である。しかしハクソーを制圧し、日本兵が腹を切るシーンは必要があったのだろうか…。
まるで、仲間を傷つけた憎き日本を負かせてやったぞと言わんばかり。
アメリカ兵も日本兵も両方を救おうとしたデズモンドの行いを綺麗に描くのは良いが、戦争は互いに、被害者であり、加害者であることを忘れてはいけないと思います。
regency

regencyの感想・評価

4.5
デズモンド・ドスという実在の人物を描くと同時に、メル・ギブソンのこれまでの半生を辿っている。
敬虔な主人公はもちろん、アル中でDVな親父も素のメルギブにある要素。
そして後半で繰り広げられる阿鼻叫喚の戦闘シーンを経て英雄となるデズモンドは、まさに『マッドマックス』であり『ブレイブハート』であり、『パトリオット』であり『アポカリプト』という、メルギブのフィルモグラフィが詰まっている。
ヴィンス・ヴォーンの絵に描いたような鬼軍曹ぶりも最高。これはメルギブ版『フルメタル・ジャケット』でもあった。
戦争の悲惨さと自分のすべきこと、つまり信念を貫くことの大切さを学べる映画
ワタル

ワタルの感想・評価

4.0
『ハクソー・リッジ』のアンドリュー・ガーフィールドは映画序盤いつもに増してモゴモゴニヤニヤしゃべるから「たしかにコイツが入隊してきたらめっちゃ腹立ちそうだな・・・」って思うんだけど終盤の彼の「信念」に完全に涙腺を破壊されてしまった。監督メル・ギブソン、信頼できる男よ・・・
David

Davidの感想・評価

3.8
特別に反日的とは思いませんでしたが、ご先祖さまにあたる人たちと主人公達が戦うのは複雑な気分になります。
その複雑な気持ち分0.5ポイントほど下げてしまいました…。
沖縄の戦記なども読んでいたので、敵として描かれる日本兵の中にはもちろん、好き好んで戦場にいる人たちだけではないこと、戦場の後ろで民間人が巻き込まれていること、そんなことを想像しながら観てました。
戦争が本当に避けることができない選択肢なのか?慎重に問うためにも、戦争映画は観る価値があると思います。
takaaki

takaakiの感想・評価

4.0
メルギブソンというとアポカリプトのイメージが強く相当グロいのを覚悟してましたが、結構大丈夫。不衛生さという点はリアルだけども。。でもストーリーとしては割と美談です。
試写会にて。
もう少し各キャラ掘り下げても良かったかなと。
作品自体は良質でした!
穂洋

穂洋の感想・評価

4.3
2016/06/08@スペースFS汐留 試写会

絶対に劇場で観るべき
ryucas

ryucasの感想・評価

4.0
Filmarks試写会で鑑賞。

武器に触れないという信念を持つ主人公ドスは、いったいどうして軍に志願したのか。第二次世界大戦の沖縄という最前線で、衛生兵として多くの人を救うことができたのか。
彼の信念と戦地に赴くこととは、およそ相容れないように思える。
しかしながら、リアルに描いたという戦闘シーンがあることにより、ドスが激戦地において信念を貫いて行動し、多くの人を救けたということが、説得力をもって響いた。