ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価・動画配信 - 798ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

みさき

みさきの感想・評価

4.0
久しぶりにこんなにも夢中になり引き込まれる映画に出会いました。ここ最近観た映画で一番です。正直あまり期待していなかったのですが、期待以上でした。

信念を貫く強さと主人公の優しさは戦場にいく前から涙無しでは観ていられませんでした。戦場シーンもあたかも自分がその場にいるかのような気分にさせる迫力と緊迫感があり、生々しさがより引き立っていました。

日常生活で悩んだ時にこの映画を思い出したら生きているだけ幸せと悩みがちっぽけに思えるかもしれません。
Hinano

Hinanoの感想・評価

4.3
スコアを数字で付けてはいけない気がするけど、感覚的に4.3にしておきます。試写会にて鑑賞。

上映後身が硬直したのは初めてで、直後なにを考えれば良いのか分からなかった。呆然としちゃった感じ。でもこの酷さも事実。日本人がまるで黄色い猿のように描かれていたのは少し気になった点。。描写が過激でプライベートライアンを越すと評されているのも納得。

お互い殺しあうために戦っていて、(経済は儲かるかもだけど)誰も幸せにならないからもう戦争は繰り返して欲しくない。アメリカ、日本どちらの側に立つでもなく、あくまで主人公ドスの人を救う信念を描いてありました。

目をつむりたくなったけど、しっかり焼き付けた。見れてよかったです。
のり

のりの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて視聴しました。

舞台は第二次世界大戦の沖縄。

主人公のドスは自ら兵役に志願するが、銃を持たずに戦火に身を投げる。
銃を持たないのはキリスト教の”殺人が最大の罪である”という教えを信じ、ドスはその信念を曲げたくないから。

正直自分や大切な人が殺されそうになったらその信念を曲げてでも銃を持ち、守ろうとするのが人の性だと思う。

しかし、ドスは違う。
彼は人を殺すことではなく、衛生兵として負傷兵を一人でも救うことで戦友の命を救い、そして自らの信念を守り続けた。

ただ、葛藤があったのも確か。
彼と同じ部隊の負傷した戦友を助けるため、運搬途中で命を落とした時には放心していた。
それでも、周りで負傷し、自らを呼ぶ戦友を助けるために彼は治療を続けた。


戦争という人の命が簡単に奪われていく状況で、何故彼は信念を曲げずに行動し続けられたのだろうか。
その点を考えながら是非見て欲しい作品。
衝撃にまだ震えが止まらない
自国の兵士だけではなく
日本兵まで救う
こんな人が実在したとは
日本兵が殆ど描かれないので反日に見えるかもしれないけど
非常に中立な映画だと思う
spring

springの感想・評価

4.2
こんなに自然と涙が出た映画は初めてかもしれない。主人公のどんなに周囲に冷たい目で見られても自分を曲げない強さ、家族の温かさ、誰かの役に立ちたいという気持ち、なにもできない無力感と情けなさ、戦争の悲惨さ、人が人ではなくなる瞬間の恐怖… 前半は少し笑いもあったけど、後半軍に入隊してから戦地での場面は一瞬も気が抜けなく2時間ちょいが本当あっという間だった。日本側からではなく、アメリカ側から見た沖縄戦は今までと違う視点を持つことができてよかったと思う。でも、どちら側の映画でも戦争はいけないということは共通していると思う。また、この話が実話であるということにはすごく驚いた!!
この映画は、ぜひあの迫力を映画館で味わってほしい!!
ティホ

ティホの感想・評価

3.8
試写会にて。
見終わって、ドスンと重たい気持ちになった。そして、タイトルの意味さえ知らなかったのが恥ずかしく思えた。
今の世の中に伝えて行きたい映画だと思った。
戦闘シーンのリアルさに、実際そこにいるかのようで、ハラハラしっぱなしだったが、
殆どCGを使ってないというからこそ出るリアル感なのだろうか。生々しかった~
yukamero

yukameroの感想・評価

4.0
filmarks試写会にて鑑賞。

戦場シーンの凄まじさ、リアルさ。
まるで自分がその場にいるようでした。
一瞬で何人も亡くなっていく。
本当に地獄のよう…

戦場シーンが終わると、隣の人が「ふーっ」って息を漏らしてた。
私もだけど皆きっと息を吐くのを忘れるほど体に力が入って観ていたに違いない。

戦争映画だけど信念が軸になっていて、「沈黙」を少し思い出しました!
あのような状況で信念を貫く凄さ。実話というのが本当にすごい。
前半のドスの生い立ちが丁寧に描かれてるのも良かったです!
ドスのお父さん、泣けました。

日本兵をそこまで悪く書くこともなく、あくまでドスに焦点を当てた描かれ方だった事が
やはり日本人としては良かったです。

今は戦争が遠いものではなくなってしまったからこそ、観て思う事がある。見る必要性のある映画だと思いました。
Yasunori

Yasunoriの感想・評価

3.9
少年時代、日常の日々、そして認められてからの戦地のシーン、どれも見応えある映像でしたよ。それぞれのシーンで映画のジャンルが変わるような印象。主人公ドズの日常時のフニャフニャ感とか、訓練シーンは大丈夫なのかなー、なんて思ったけど戦争シーンは迫力ある映像と残酷なシーンの連続でホラー映画より怖くなる。気づいたらドズがフニャフニャしてない。すげぇ頼もしい。最後は戦争のシーンがこれでもかと続く。当たり前だけど日を跨ぐんだよね。滅入るね。これが今の時代の見せ方なのかなー。どっちが悪いって描き方じゃないよね。日本兵の命を惜しまない狂気な感じとアメリカ兵の火炎機や大砲バシバシ使う鬼畜っぷりを並列に表現。死んでいく表現も並列。見てる方も主人公も仲間たちも、みんな、これはなんなんだろうって虚無感の先にある答えを。沖縄じゃなくてこれはオーストラリアで撮影か。
Nash

Nashの感想・評価

3.8
アンドリューガーフィールドの爽やかな笑顔や軍隊に入ってからの時にコミカルな訓練シーンが印象的な中盤までから一転、沖縄戦に入ってからの凄まじく過激な戦闘シーンで鑑賞後はヘトヘトに。
武器を持たず仲間の命を救った主人公の信念の強さはもちろん感動モノでしたが、いとも簡単に命や身体を奪っていく戦争の悲惨さの方が心に刺さる作品でした。
スコセッシの『沈黙』に続き、ガー君ことアンドリュー・ガーフィールドが信仰心の篤さを携え日本で酷い目に合う(役を演じる)第2弾『ハクソー・リッジ』を試写会にて鑑賞。
…壮絶というより凄惨。久々に生々しい戦争シーン、かつ実話という重みが圧倒的だった。尋常でない信念がもたらす勇気に目汗を禁じえず。

139分ごときで長い…など甘っちょろいわと言わんばかりにスクリーンは火炎放射で一掃され、累々と築かれる身切れた兵士。銃弾の雨を避けあって繋がれる信頼を見る頃には時間を忘れていた。

マチズモの巣窟たる戦場で、ヘタレ扱いされようと煙たがられようと「銃を持たない」信念を貫いた存在は稀有というより奇矯で、故に熱い。

見る前は衛生兵が衛生兵の領分のもと戦場で負傷者を救う話だと思っていたので、軍規のグレーゾーンを這いつくばって軍人となり(そんじょそこらの気概ではない)頑なまでの信仰心で戦火の中に飛び込んでいく姿に驚愕した。
アメリカ兵は、死を厭わぬように向かってくる日本兵をクレイジーだと恐れていたけれど、デズモンドの篤さもまた信仰心のない私にはその類に思えた。