藍色夏恋の作品情報・感想・評価

「藍色夏恋」に投稿された感想・評価

犬君

犬君の感想・評価

4.2
台湾のザラついた夏の色。忘れてしまった感情を思い出させてくれる。ラストが秀逸な自転車映画
キムタクがいきなり出てくるの笑った
メグ

メグの感想・評価

3.5
一昔前の少女漫画に出てきそうなシチュエーションかなぁ?

夜のプールとか、体育館とか、落書きとか・・・
懐かしい匂いはそこらここらに散らばってます。

夏の恋のお話だけれど、この映画の夏は
じとじとした梅雨やピーカンのぎらぎらした夏じゃなくて
初夏って感じのすがすがしさかな。

映像の中でも緑がとても綺麗だったし、
光の加減もすごく良かった。

全体的にちょっとフランス映画っぽい感じの作りかな?
時間は90分弱でコンパクト。
初々しくてみずみずしい清涼感抜群の映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

「もし、いつか、1年後か3年後、男を好きになり始めたら一番に知らせろ。」
親友の憧れの君にラブレターを仲介して渡してあげることから始まった恋?の物語。ちょっと不思議系の演出とか、可愛らしいピアノ曲がいい雰囲気を醸し出していて、大好きな「花とアリス」(2004)を思い出しました。でもこっちの方が早いから「花とアリス」が影響を受けてるという方が正しいのでしょう。
          *
友達以上、恋人未満?な関係になった台湾の高校生モン・クーロウ(♀)とチャン・シーハオ(♂)。ぶっきらぼうな態度しかできないモン・クーロウ。いきなりのセリフ「私にキスしたくない?」とか、自分の秘密を教え合ったりとか。たわいもない会話、ケンカ、仲直り。自分の気持ちを素直に伝えることができて何か楽しい。一人になると相手のことが脳内で一杯になる。自分の気持ちに戸惑う思春期だけのあの感じ・・・
          *
こういう初々しいお話は、とっくにそんな時代を通り過ぎてしまった大人たちの方が、きっとキューンとなるのでしょう。言葉ではとても伝えられない感覚ですね。
          *
     *** *** ***

彼のシャツが風にそよぐのを見ながら私は考えた
1年後か3年後か5年後に、二人はどう変わっているか?

きっとあなたは、明るくて、誠実で、カッコよくなっている
何年後かに会うあなたは、午後3時の日差しの中
青い正門の前でニキビ顔で微笑み
私が元気? と言って駆け寄ると、うなずくだろう

3年後か5年後か、あるいはもっと先の私は
どんな大人になっているだろう?
体育の先生や、母のようだろうか

眼を閉じても私の姿は浮かんでこない
でも、あなたの姿は見えてくる

     *** *** ***
          *
ラストの詩と自転車シーンの清々しさ! お互いを尊重しているピュアな感じが伝わってきて、若いっていいよね~、とオジサンはつくづく思いましたw
fukumochi

fukumochiの感想・評価

3.8
音楽がすごくいい。主演二人も。大袈裟すぎず、自然にぐっときました。木村拓哉も、切ないけどあるあるです。夏にまた観直したい。
sea

seaの感想・評価

-
あまりにも眩しすぎて終始泣きそうになる この気持ちを忘れたくないな 台湾映画はじめて観たけど本当よかった わたしはここにいる
やっと観ることができた!

そしてよかった!

いやぁ青春だね。これぞ青春。
青春は普通の思考では理解できないこともやっちゃうからね。

そして、この作品、すごくキレイだった。背景も音楽も。

なんか好きだな、この作品。
また観たい!
momo

momoの感想・評価

4.0
なんて瑞々しい映画だろう。で終わるのも何なので、もう少しだけ。20代前半?に観たあの頃はなんだかサラリと観終わる映画だなと思った覚えがある。けれど今観ると印象は変わるもので、大人になった私が鑑賞中に得た感覚は「持っていたものがいつの間にか無くなっていたことに気付かなかったことに気付かされた感」←ややこしい。と、「その何かしらをこれからまた取り戻せるのだろうかという変な不安感」。なんとなく覚えている懐かしい光に胸がやられてしまった。1年後か3年後か10年後また観たいなぁと思う映画。
>|