レジデントの作品情報・感想・評価

レジデント2015年製作の映画)

Sorgenfri/What We Become

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:81分

2.6

あらすじ

デンマークの首都コペンハーゲンからほどなく北にある閑静な住宅街。平和な日常が流れるこの町に、突如不穏な空気が漂う。はじまりは、不審死を遂げた老人の死体が消えたこと。その一件から、パトカーが何台も街を駆け抜け物々しい雰囲気になる。ついに街は制限区域となり、ここに住むディノ一家をはじめ住人たちは家から出ることを禁じられる。テレビでは、この区域に原因不明の感染病が蔓延していると報じていた。しかし、ディ…

デンマークの首都コペンハーゲンからほどなく北にある閑静な住宅街。平和な日常が流れるこの町に、突如不穏な空気が漂う。はじまりは、不審死を遂げた老人の死体が消えたこと。その一件から、パトカーが何台も街を駆け抜け物々しい雰囲気になる。ついに街は制限区域となり、ここに住むディノ一家をはじめ住人たちは家から出ることを禁じられる。テレビでは、この区域に原因不明の感染病が蔓延していると報じていた。しかし、ディノの息子グスタフは、恋人のソニアに会うため夜中に家を抜け出してしまう。そこで彼が見たものは、感染者となり街をさまよう近所の住人たちと、彼らを銃殺する国防軍の姿だった…。

「レジデント」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

施設集団感染からの〜地域隔離からの〜全滅。感染映画ではよくあるパターンだから普通〜( ˊ̱˂˃ˋ̱ )こんなもんだ。
Ri

Riの感想・評価

2.9
うん、まぁよかった。化け物との戦いよりもいきなり訳も分からず隔離されて日々過ごす人らの心理を重点的に描かれているようで面白かった。でもやっぱなんか物足りなかった
ジャケには、ライフルを構えたハゲ!
ハゲといえば、活躍して世界を救う存在。♪
…しかし、このライフルは見捨てた仲間の物で、
それでオバちゃんを脅して食料を奪い取ります。
残念ながらヒーロー要素は期待できません!

主人公の青年・グスタフ。彼の“活躍”により、
町の人達を戒厳令で拘束していた、国防軍を撤退させる事に成功!
やったぜ、グスタフ!お前こそヒーローだ!
…まぁそのお蔭で、“次の脅威”に包囲されることに。☆

オススメキャラはやっぱり、エンケンママですかね。(笑)
娘であるヒロインにメッタ刺しにされるトコとか。

残り12~13分でようやくゾンビ群団に襲われるんだけど、それ無しでも充分成立してたかもです。
しっかりと組み立ってる作品だと思います。

「この状況下でセックス?」とか言うてはる皆さん。いやいや、
しないならしないで「早よセックスしろ」とか思うんでしょ?(笑)

ニノスに捧ぐ
かりん

かりんの感想・評価

1.5
記録 とりあえず息子アホ。息子だけではないですけども笑
住民たちに明かされない謎の感染病が拡がり、軍により閉鎖、管理される片田舎の町。感染者は施設に収容され、未感染者は不安を抱えながらも静かに自宅隔離。だったのが、思春期の好奇心強いだけの息子が、父親の意に背いて勝手をやらかし、町と一家を破滅へ追い込んでしまうホラーにありがちなことがやはり起こってしまうわけだ(苦笑)実はちょっと気弱なお父さんに、怖いの?とかのたまいながら、息子おまえ何もしとらーん!というか、食料も配給制だったのに勝手に自宅に招いた隣家の可愛い娘さんとセックスしようとしてるとか、状況全然わかっとらんやろー!(苦笑)
お父さんがゲスな行動に走るのも生存本能の為、家族の為と思えば責めきれないけど、息子はもっと反省しなさい!(苦笑)

ゾンビ映画としてグロも控えめで地味なくらいだけど、不穏な雰囲気は良かった。しかしこの息子、腹立つわ~(笑)
茶姐

茶姐の感想・評価

2.0
すごーく小粒なゾンビ映画
舞台は閑静な住宅街のみ
そして登場人物もほんの数件の家族のみ

自分勝手な主人公達にあまり共感も出来ず、大したストーリーも無く、ついでに感染者達の活躍もあまり無いという実に地味な映画でした
北欧産ゾンビ。

なにがなんだか わからん内に感染拡大。

地味だよ。

simple is best?
蛇苺子

蛇苺子の感想・評価

2.0
酷くつまらないご近所ゾンビ祭り。
ただそれだけ。
あの状況下で普通ウサギ探したりセックスする?突っ込みどころ満載でした。
>|