みうさん

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャーのみうさんのレビュー・感想・評価

-
とりあえずニコラスホルトを観にいきました。ライ麦畑だけは読んでないサリンジャー。そのライ麦畑の執筆をメインとしながら、割ともれなくサリンジャーの生涯を描いている作品でした。もうちょっとドラマチックにしようと思えばできたのかな…という気もしないではない。サリンジャーのちょっと特別な感じのする価値観のようなものが全体を貫いていた。ライ麦畑、ちゃんと読もうと思いました(映画が公開されるまでに読もう読もうと思いながら、結局読まなかった)サリンジャーが師事したストーリー誌のバーネット(ケヴィンスペイシー)との関係、エージェントのオールディング(サラポールソン)との関係、家族との関係。最後まで認めない父と応援してくれた母。背が高く独特な神経質さと傲慢さのあるサリンジャーをアメリカ訛りで演じたニコラスホルト良し。スペイシーとポールソンが良かった。スペイシー勿体無い。クレア(ルーシーボイントン)との出会いのシーンはとても良い。
シネマカリテ スクリーン1 C列
2019/01/19