ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャーの作品情報・感想・評価

「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」に投稿された感想・評価

つん

つんの感想・評価

3.5
わたしにとって人生のバイブルである『ライ麦畑でつかまえて』
何度も何度も読み、何冊も買って、いつも近くに寄り添っている本。
本人の中にないものは作品に出ないと思うから、こんなに好きな本の作者にはとても興味がある。

この本を読み続けて20年目くらいで、ハッとした。
「ホールデンの文章は統合失調症のそれじゃないのか!?」
その答え合わせをする為にもこの映画は観てみたかった。

ウーナ・オニールはものすごいな!
まさか、サリンジャーと付き合いながらチャップリンと結婚するなんて!
オーソン・ウエールズも夢中になってたと聞くから相当魅力的だったんだろうな。

軍隊に入って戦争に行ったら、亡くなっても地獄、生き残っても地獄だといつも思う。
人間がやることじゃないことはやるべきじゃない。
統合失調症とは言わなくても、明らかに精神を病みながら書いた本だったんだ。

ジョン・レノンに自分のことを歌ってると言いに来る人もいるし、サリンジャーに自分のことを書いてると言いに来る人もいる。
そこまで、人の心に入り込む作品だからこそ、リスクも高くなるんだろうなぁ。

ホールデンに慰められるのは書いた本人もそうなんだと知れて嬉しかった。
もう100回は読んでるけど、また新しい気持ちで読める。
kojiメン

kojiメンの感想・評価

3.0
実話映画。
戦争を体験して、フラッシュバックの病になりながらも、作家の道を一貫する主人公。
作家、画家は、変人が多いと聞くが、正にその通り。
にしても、あのタイムの表紙にまでなってる人。かっこいいわ。
みやん

みやんの感想・評価

4.0
なんか
よく
分からんけど好きな感じの
映画でございました🙏
サリンジャーしかり
ウーナオニールの生涯に興味を持ちました🙋
しっとりとした映画でございました🙏
tunako

tunakoの感想・評価

3.2
サリンジャーさんてめんどくさいやつなんだね。孤独がひしひしと。重たい映画
Toshiki

Toshikiの感想・評価

4.0
2019/10/13
きらあ

きらあの感想・評価

4.0
こういう伝記的作品好きなんだな自分と自覚した一作。史実に忠実で、サリンジャーがいかにホールデンを愛してるかが分かった。

よき師との出会いと、痛烈な失恋と、創作が大好きであるという自覚の芽生えと、それから戦争と…。人の成長と人生そのものを見ているようでサリンジャーに寄り添って観ることができました。

いい映画だった!
SD

SDの感想・評価

3.7
「ライ麦畑でつかまえて」で有名なJ・D・サリンジャーの半生を描いた映画

小説を書きながらも、戦争に参加させられたり、それによる苦悩も描かれております。
この映画を観た後に、またライ麦畑を読んだら本のイメージも変わりそうです。
Sadao

Sadaoの感想・評価

4.0
『ライ麦畑でつかまえて』を読んでない人は、読んで見たくなる作品。良作。
cc

ccの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

それをしても出版できないかも
一生不採用で終わるかも

自分に問うてみろ

君に 生涯を賭して物語を語る意思はあるか

“国民の意識をすくいとり
彼らの苦痛に声を与えたのです”

ほんとそうだね
>|