奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールの作品情報・感想・評価

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール2017年製作の映画)

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:99分

3.3

あらすじ

奥田民生を崇拝する35歳、コーロキ。おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動になったコーロキは、慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも次第におしゃれピープルに馴染み奥田民生みたいな編集者になると決意する!そんな時、仕事で出会ったファッションプレスの美女天海あかりにひとめぼれ。 その出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった…。あかりに釣り合う男になろうと仕事に力を入れ、嫌われないようにデ…

奥田民生を崇拝する35歳、コーロキ。おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動になったコーロキは、慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも次第におしゃれピープルに馴染み奥田民生みたいな編集者になると決意する!そんな時、仕事で出会ったファッションプレスの美女天海あかりにひとめぼれ。 その出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった…。あかりに釣り合う男になろうと仕事に力を入れ、嫌われないようにデートにも必死になるが常に空回り。あかりの自由奔放な言動にいつも振り回され、いつしか身も心もズタボロに…。コーロキはいつになったら奥田民生みたいな「力まないカッコいい大人」になれるのか!?そしてもがく先にあかりとの未来はあるのか!?

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

男からみた女の子のたまらないしぐさや表情をとても上手に撮る監督だ。
キャスティングが微妙に笑かす。
妻夫木君もいい男なのだが、出版やアパレルの業界人にしては垢抜けていないコーロキという役所が見事。水原希子は、ノルウェイの森の画面で見た時からなんだこのかわいさは?感があったのから、今回の役は、アパレルのプレスというよりはタイトル通りすべての男を狂わせるガールがぴったり。モデルさんだし少し楽に演じることができたのではないかと。
若干のネタバレもしつつ見てたのだが、(3人目は編集長しかいない。)パーティ会場でのシーンは、びっくり。顔を切られた時は、えっ?えっ?えっ?そっち?ってなった。
もちろん劇中は、奥田民生の曲が、ガンガンかかりまくってたので、民生は、気持ちいいだろうなぁと思いながら見る。
ますみ

ますみの感想・評価

3.0
いい女だけど最悪。だけどわかってんのに惹かれてしまう。水原希子の悪い女の巧さ。
恋愛映画と思ってたけど全然違う、理想の男になるまでの物語。
自分を偽るわけではなく、飄々としていたあかりも奥田民生だったんじゃないかなって思った。
maeda

maedaの感想・評価

-
安藤サクラやっぱり良い◎
鮎

鮎の感想・評価

3.7
ずっと見たくてやっと見れた!
キスシーン多すぎだよ、、きこちゃん可愛くてあざとくて男からしたらハマる感じの女子の鏡、、すごい。
でもなろうとは思わないし私じゃ無理だなあ(笑)
妻夫木聡女々しい演技うますぎん?
emi

emiの感想・評価

2.0
「魔性の女」との恋によって成長する青年の物語。水原希子のキュートな魅力とファッションは観ていて楽しいが、妻夫木聡のキャラクターに魅力が乏しくストーリーも面白みに欠ける。「奥田民生」もあまり生きてない。
まり

まりの感想・評価

3.0
水原希子がりかちゃん人形だった
あ

あの感想・評価

2.0
内容うっす!笑
水原希子綺麗。水原希子のこの役柄、、3人男掛け持ってました的な人、世の中にいるのかな。
YokoGoto

YokoGotoの感想・評価

2.5
ー願望、妄想の世界なのでしょうが、非現実的すぎてついていけないー

『カメラを止めるな!』の大ヒットは、インディーズ映画には、隠れた名作があるんだよ!ってことを思い出させてくれた。このように、インディーズ映画に光が当たることは素晴らしいと思っている。

何を隠そう、大根仁監督の『恋の渦』も、その一つであり、私に『インディーズ映画っていい!』と思わせてくれた作品の一つでもある。

大根仁監督の『恋の渦』は、役者も無名だったし、どこから見ても映画女優や映画俳優って思わせるようなキャストではなく、とてもリアリティの感じられるキャストで構成された映画だったので、無性に感情移入して観られた映画であった。

さらには、シナリオも、特別な出来事ではなく、普通の合コンから始まる普通の話であったものの、物語の角度の当て方が絶妙に面白く、シナリオや編集がとても良い。何度観ても、何時観ても、爆笑できてしまう作品が『恋の渦』。

そんな大根仁監督の作品だったので、観てみた本作。

たしかに、男の願望というか妄想というか。監督の過去作である『モテキ』にも通じる、ある意味、男のファンタジーをのせた恋模様なのであるが、あまりにも、登場人物のキャラが非現実的すぎて、やりすぎというか、リアリティに欠けすぎるというか。

どうしてもついていけなかった。

『恋の渦』のように、インディーズ映画でもないし、有名所の俳優も使っているし、作品自体は、こちらのほうがお金もかかっているし、観客動員数も多いのだろうが、私の好きな映画は、『こうじゃないほう!』って思ってしまいました。

大根監督の作品は、『恋の渦』以外も、何作か観てますが『恋の渦』以外は、ちょっと違う....って感じなのは、なぜなのでしょう?。
千紘

千紘の感想・評価

3.5
チューし過ぎだけど思ったより面白かった。私も水原希子と付き合えたら気も狂いますね。
なんぼちゅーすんねん!ってつっこみたくなる。笑

"奥田民生"になりたいの民生像が、ぜんぜん見えてこないのが、残念ポイントです…

振りまわされっぷりには、友達とけたけた爆笑でした!笑
けどやっぱ劇中歌はよき◎
そして希子ちゃん小悪魔似合いすぎスタイルよすぎ!
>|