リベンジ・リストの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

リベンジ・リスト2016年製作の映画)

I Am Wrath

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:92分

3.1

あらすじ

悪党よ、お前の罪は、お前の死でしか償えない。目の前で強盗に妻を殺害された失業中の中年男。容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らす男は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。やがて、…

悪党よ、お前の罪は、お前の死でしか償えない。目の前で強盗に妻を殺害された失業中の中年男。容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らす男は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。やがて、妻の死に隠された巨大な陰謀を知ったとき、男の怒りは臨界点を突破する―。

「リベンジ・リスト」に投稿された感想・評価

ジョン・ウィック、ジャック・リーチャー、イコライザー、あとは若干96時間も入ってるか、それのジョン・トラヴォルタ版。
トラヴォルタは素早いアクションというより物量でごり押しするイメージなのであまり合っていないと思った。

敵全てが「獲物を前に舌なめずり」の3流。
なぜそこで撃たない、撃ってたら終わってたのに、と、なぜか敵の肩を持ってしまうほどの情けなさ。

とても懐かしい感じの内容だった。
トラヴォルタのシワ隠しやら生え際の方が気になってしようがなかった。
ひっそりと暮らしてた元特殊工作員の妻が路上強盗に殺され組織や汚職警察に復讐するお話

「どう解決したい?楽な方かつらいほうか」
今週はワールドカップやら普段やりなれてない仕事なんかが重なって、頭ボーッとしたりして。

そんな時でも映画は観たい。

というわけで、頭使わなそうな(^_^;)この映画をチョイス。トラボルタ主演の復讐もの、ってデジャヴ感いっぱいですが。。。

ビックリしました。

なんかあまりに捻りがなくて(笑)

これならボーッとしてる頭でも大丈夫!

妻を殺されたトラボルタがマフィアの加部に阻まれ、警察さえ手を出せない犯人に復讐していくお話。

これフリだな、と思うとちゃんとフリだし、伏線だなと思うとちゃんと伏線。わかりやすい(笑)

工夫はトラボルタ一人だけでなく、バディがいること。基本協力者のハズなんですが。。。

トラボルタより圧倒的に仕事できるし、なんなら強すぎ!

なので、トラボルタ無双的なカタルシスがなかったのは残念。

それと90分の尺の映画にしてはエピローグが長い! 後日談あんなにいらないよな、と思いつつ。

でもこういう映画、必要ですよね。頭使う映画はキツいときもありますのでf(^_^)
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

2.1
え?もう終わったの?
風来坊

風来坊の感想・評価

3.0
ジョン・トラボルタが久々に本格アクション映画に主演という触れ込みで観ましたが…それほどでもなかった…。本格アクションとは少し言い過ぎですね。
裏社会で凄腕だった男が堅気になり、事件が起きて再びかつての世界に復帰というのは最早ありがちな展開だけれど王道で好きなのですが、この映画は主人公の無双というより相棒の存在が大き過ぎてどうも乗れない部分があります。硬派な路線と思いきやコメディに見えてしまうのも残念。

ちょっとお話しにスピード感が足りないですね…。時間を割く所が違う気がします。どうせなら復讐を決意する苦悩とかで時間を使った方がもっとお話しに深みが出たように思えます。もっと早く遺品整理していたら良かったんじゃね?と思ったり(´・ω・`)?

アクションシーンは少しもっさりしている気がしますが、スタイリッシュな映像もあって迫力があり悪くないです。相棒のキャラも面白い、主役を喰ってしまっているのが玉にキズですが。
スカッとするのでリベンジ物としては上出来。物足りなさとB級感が漂いますが、B級アクション映画好きとしては普通に楽しめました。
123

123の感想・評価

3.0
20180701
相棒の貢献率100000%
強盗に妻を殺された自動車工場の工場長が、事なかれ主義の地元警察に愛想を尽かし、自ら銃を取り、街のダニども全員死刑に処す…というお馴染みのビジランテ映画かと思いきや、中盤から「舐めてた相手が実はCIAでした」系の展開になる。リベンジ・アクションというより、サスペンス寄り。相棒のクリストファー・メローニが抜群の存在感でトラボルタを食っている。最近のB級映画の良い部分を取り入れており、痛快テイストの午後ロー案件作品になっている。
2018.7.1 WOWOW(録画)(吹替)
LAGUNA

LAGUNAの感想・評価

3.2
WOWOW鑑賞

どこかでみた感じの内容。
この前みた「完全なる報復」みたいな設定で家族を殺された男が復讐する話。

トラさん一人じゃ絶対無理だっただろうけど、相棒がここぞというときにあらわれるのがかっこよかった。
>|