リベンジ・リストの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

リベンジ・リスト2016年製作の映画)

I Am Wrath

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:92分

3.1

あらすじ

悪党よ、お前の罪は、お前の死でしか償えない。目の前で強盗に妻を殺害された失業中の中年男。容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らす男は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。やがて、…

悪党よ、お前の罪は、お前の死でしか償えない。目の前で強盗に妻を殺害された失業中の中年男。容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らす男は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。やがて、妻の死に隠された巨大な陰謀を知ったとき、男の怒りは臨界点を突破する―。

「リベンジ・リスト」に投稿された感想・評価

ジョン・ウィック、ジャック・リーチャー、イコライザー、あとは若干96時間も入ってるか、それのジョン・トラヴォルタ版。
トラヴォルタは素早いアクションというより物量でごり押しするイメージなのであまり合っていないと思った。

敵全てが「獲物を前に舌なめずり」の3流。
なぜそこで撃たない、撃ってたら終わってたのに、と、なぜか敵の肩を持ってしまうほどの情けなさ。

とても懐かしい感じの内容だった。
トラヴォルタのシワ隠しやら生え際の方が気になってしようがなかった。
Nanami

Nanamiの感想・評価

2.0
革ジャン血の気高め男の復讐劇
Katotake

Katotakeの感想・評価

2.8
トラボルタさんのヘアスタイル
AyakaKasai

AyakaKasaiの感想・評価

3.4
内容はともかく、殺しがスマートすぎて納得いかないけど…オチは良い
リストにどんどん人が増えていく。
王道の復讐劇で楽しめた。
youjiohira

youjiohiraの感想・評価

3.5
復習ものが見たくて、ググってたらたどり着いた作品。トラボルタ久々に見た。
megu

meguの感想・評価

2.9
予告が面白そうだっただけに…
ちょっと期待しずきてしまったかな。
悪くないんだけど、イマイチ!
トラボルタさんがどうしても悪役顔。笑
娘役があまりにも危機感なさすぎて、
びっくり‼️
あと、相方さんすっごいね。
良い相方もったわ。無敵!
自分の店に押入られた時、何人かやっつけるんだけどすご〜い。
ザン

ザンの感想・評価

3.7
大きなものに楯突いてしまっていたか。トラボルタはレーガンのお面のようだな。相棒デニスいい人過ぎる。
atsu

atsuの感想・評価

3.0
トラボルタのカツラが気になってしょうがないが、それはともかく、シンプルで分かりやすいアクション映画。特に何が起こるわけでもなく、大したどんでん返しがあるわけでもない。でも、そんなもんでしょ。
yy22

yy22の感想・評価

-
2018 WOWOW
妻を殺され、憤怒に駆られる復讐鬼をジョン・トラヴォルタが力演。元特殊部隊工作員の主人公が、悪党たちをひとりひとり始末していくリベンジアクション。
>|